【人事10年の経験】「働くのが怖い」原因は7つ!4つの克服法で着実に乗り越えよう

更新日:

「うつ病やADHDで空白期間が長くなりすぎて働くのが怖い」

「ニートで働いたことがないから、自信をもって働けないし、正社員になっても続く気がしない」

「うまく仕事できるか不安だし、周りの視線も気になる・・・」

など、精神病を患っていたり、ニートで働いたことがないと働くのが怖くなってしまいますよね。

うつ病やADHDで空白期間が長くなりすぎて働くのが怖い

人事や採用担当をしていたため、過去の失敗や苦手意識から「働くのが怖い」と感じる相談をよく受けます。

もし原因が明確で、時間が傷を癒やしてくれるのであれば、一度ゆっくり休むことを考えてください。

うつ傾向の方は、心身ともに健康な状態になるまで時間をかけて見守っていきましょう。

人事や採用担当を10年していた経験から言えば、働くのが怖いと思う原因には7つの特徴があります。

経験を重ねることで誰でも自信が出てきます。

初めから堂々と仕事をできる方なんていないです。

この記事では働くのが怖いという原因を特定し、「どうすれば怖いと思わずに働けるか」対処法について解説しています。

原因が分かれば、慌てずに落ち着いてどう行動すればいいのかが見えてきます。

堂々と働くためには、まずはブレない自分の軸を作ることが大切です。

そのためには自己分析が必要となります。

自分を理解する上で大切な要素となりますので、一度見つめ直してみましょう。

働くのが怖い、自信がない、働ける気がしない、という方はこの記事を最後まで一読ください。

笑顔で働きたいあなたへ

働くのが怖くても、正社員就職を諦める必要はありません。

社会人未経験者や空白期間がある方でも利用できる就職支援サービスがあるのをご存じでしょうか?

おすすめは就職成功率81.1%以上ジェイックです。

また、ジェイック利用者の入社後定着率は91.5%以上と非常に高い実績があります。

ほとんどの方が「入社して良かった」と思える企業で長く働けているのです。

「働くのが怖い。しっかり働けるのか不安」

と言う方でも働きやすく、あなたに合った企業を一緒に探してくれますよ。

>働くことに自信がないときの無料相談「私もジェイックで就職できました」

また、ハタラクティブも働くことに恐怖心のある方におすすめのサービスです。

ハタラクティブは、アドバイザーが親身に相談に乗ってくれることに定評があります。

あなたの性格や得意不得意に寄り添い、不安なく就職活動を進めることができるでしょう。

>ハタラクティブのカウンセリングで不安な気持ちを相談する

目次

「働くのが怖い」と感じる原因は大きく7個

私は人事として10年間、約50名ほどの働くことが怖いという方々の相談を受けてきました。

「働くのが怖いけれど、もう就職しないといけない…」

「いったいどうすれば再就職が怖くなくなるのだろうか」

働くのが怖いという相談をする人の特徴として、自分自身でも原因を把握しきれていないということが多々あります。

働くことが怖いと感じる原因については、7つに分類されます。

以下のような原因です。

  • ニートで働いた経験がない
  • 無職の空白期間が長い
  • 同僚・上司の人間関係が怖い
  • 仕事がうまく行かず叱られたり冷ややかな目で見られた
  • 求人票の職務をこなせる自信がない
  • うつ病のため自信を持って働けない
  • 発達障害(ADHD)で落ち着いて正確な仕事ができない

それぞれについて解説します。

働くのが怖い1:ニートで働いた経験がない

ニートの方など、働いた経験がないという場合も働くことが怖いと感じやすいといえます。

インターネットなどでブラック企業の情報を目にしたり、違法な残業などのニュースや過労死の報道があると

「余計に怖くなってしまう」危険性がありますが、実際問題として人が死ぬほど苛烈に働く必要がある職場は少ないです。

働いた経験がないということで過度に恐怖を感じてしまい、働くことが怖くなります。

働くのが怖い2:無職の空白期間が長い

無職の空白期間が長いと、面接で空白期間について厳しく聞かれるのではないかと怖くなります。

また、空白期間が長いと果たして職場復帰したところで定年まで働けるのかどうかが怖くなるという方も多いです。

無職の空白期間が長ければ長いほど、実際にやっていけるのかどうか不安になり、働くことが怖くなります。

空白期間が気になって就職に対してアクション出来ない人はこちらの記事「空白期間があっても正社員になれる!面接での伝え方と就職のコツを人事が解説」で面接での答え方を紹介しています。

また結婚・出産で一度仕事を退職された30代40代の主婦の方も、再就職する時に怖くなることがあります。

空白期間があることで働くことが怖くなります。

ハタラクティブ

働くのが怖い3:同僚・上司の人間関係が怖い

同僚や上司との人間関係が怖いという方は非常に多いです。

実際に就職するまでは人間関係は分からないことが多いです。

人間関係に挟まれて疲れてしまった結果、働くことが怖くなってしまいます。

働きたい気持ちはあるのに、人間関係で悩んで仕事に行けなくなるのはとても勿体ないですよね。

最低限の人間関係で仕事をしたいという方には人と関わらないでできる仕事もあります。

人と関わらない仕事16選!人間関係に疲れない楽な働き方とは」こちらの記事で詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

働くのが怖い4:仕事がうまく行かず叱られたり冷ややかな目で見られた

仕事がうまく行かずに叱られたり、冷ややかな目で見られると働くことが怖くなります。

特に周囲からの手助けがない環境で長く仕事をしてきた方は、仕事でミスをしたことがトラウマ的な体験となっている方も少なくありません。

仕事がうまくいかず、冷ややかな目で見られてしまうと、また同じことが起こりそうで怖いと思ってしまうことがあります。

責任感がある方や真面目な方ほど自分を責めてしまう傾向があり、

「また失敗してしまった…次も上手く行かなかったらどうしよう」と働くのが怖くなります。

働くのが怖い5:求人票の職務をこなせる自信がない

求人票の仕事内容をこなせる自信がなくて、働くことが怖くなる人もいます。

求人票に書かれている文言は、実は採用担当者も意識せずに強い言葉を書いてしまっていることがあります。

【リーダーシップがある人を求む!】

というような内容や、淡々と業務内容を書かれた求人票を見てしまうとそれだけで恐怖感が出ます。

「働きたいけどこの内容の職務は自分には無理かな」と働くのが怖くなってしまいます。

求人票の職務をこなせる自信がない時は就活エージェントに一度相談してみるのも一つの手です。

就活エージェントには専門のキャリアアドバイザーがいるので

「この内容の仕事ができるか」などの悩みも親身になって相談にのってくれます。

あなたが気になっている求人は実際どんな仕事なのか、就職のプロが丁寧に企業分析して教えてくれます。

おすすめはハタラクティブです。

未経験OKの求人が多いので、職歴がない方やこれから社会復帰をされる方に多く利用されています。

エージェントがあなたの得意や強み、適正を考慮して職務内容とマッチした求人を提案してくれます。

働くのが怖いときほど、自分に自信がなかったり、求人に対しての情報収集や分析が出来ていない可能性が高いです。

「ハタラクティブの無料面談で、自分の強みに気づいた」

「エージェントで求人内容を説明してもらうと、職務内容も分かりやすく応募してみたいと思った」

客観的にアドバイスしてもらうことで自信を持って就活することができます。

ハタラクティブを活用して正社員未経験・フリーターニートの方が就職されています。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

働くのが怖い6:うつ病のため自信を持って働けない

うつ病になると、自信を喪失してしまうということが産業医からお聞きした話で分かっています。

私は精神科医ではありませんが、人事として産業医と連携してメンタルヘルス対策に尽力してきた過去があります。

病気のせいで働くことが怖いという状態になってしまい、社会復帰が遠ざかってしまいます。

うつの代表的な症状として不眠や不安感、自分を責め続けるなどがあります。

詳しく知りたい方は「代表的なうつ病の症状」こちらをご覧ください。

働くのが怖い7:発達障害(ADHD)で落ち着いて正確な仕事ができない

発達障害(ADHD)は落ち着いて仕事をすることができず、正確な仕事をすることが難しい病であるといえます。

落ち着いて作業ができないと職場で注意されることも増えてしまうため、自信喪失をする原因にもなりえます。

特に工場などで正確な作業を求められる職場で働いている場合には、致命的であるといえます。

発達障害で落ち着いて仕事が出来ないことが原因で、働くことが怖くなる人もいます。

ここまで働くのが怖いと感じる原因についてお話しました。

次は、仕事への恐怖に根本から向き合うための方法について解説します。

仕事への恐怖をなくすための対策なので、ぜひ読んでくださいね。

「どうすれば良い?」怖い原因から見る4つの対策

「どうすれば働くことの恐怖をなくすことができるのか」と不安になっていませんか。

働くことが怖い気持ちは分かりますが、向き合わなければ一生そのままです。

働くのが怖い場合には、原因を知り、対策をするようにしましょう。

対策としては、以下の4つの対策があります。

  • 仕事が上手くできるか不安なら適職診断で自分に合った仕事を探す
  • 就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談
  • うつ病・発達障害など疾病があるなら就労移行支援に相談
  • 人間関係に不安なら合う環境を探す!ただし批判・悪口は厳禁

それぞれについて解説します。

対策1:仕事が上手くできるか不安なら適職診断で自分に合った仕事を探す

仕事が上手くできるか不安がある場合には、適職診断で自分に合った仕事を探すという方法もあります。

適職診断はおそらく100以上はあるため「どれを使うか?」が大切です。

参考:【一番当たる適職診断】15サイトを徹底比較したNo1の適職診断とは – IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方

筆者のおすすめはキャリアインデックスの適職診断です。

キャリアインデックスでは、39の質問に答えることで、あなたの適職を診断してもらうことができます。

実際に診断をしてみると自分に向いている職種をデータと共に掲示してもらえます。

ぜひ、トライしてみてください。

>適職診断(無料) | キャリアインデックス

さらにニート脱出へのきっかけを掴みたい方は「【採用担当が教える】ニート脱出のきっかけ・方法・事例(20代・30代)の全て」もあわせて読んでみてください。

対策2:就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談

就業経験がない方、長い空白期間が不安な方は、就職支援サービスに相談するようにしましょう。

就職支援サービスの詳しい内容については、就職支援サービスの内容もあわせてご覧ください。

就職支援サービスの中でも、ジェイックという就職支援サービスがおすすめです。

ジェイックは就業経験のない人材や、長い空白期間のある人材に対して求人紹介をするサービスを展開しています。

また、就職カレッジという一週間かけて行われる研修で人事目線での書類の書き方や面接指導を受けることができます。

ビジネス基礎力養成のための授業を受けることができるため、働いたことがなくても不安なく就職できるようになります。

就職カレッジを修了すると書類選考なしで連続20社と面接を受ける権利を得ることができます。

そのため、就職にあたって書類選考で落とされるという怖さもありません。

ジェイック
求人数
非公開(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫広島宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

対策3:うつ病・発達障害など疾病があるなら就労移行支援に相談

うつ病や発達障害などの疾病がある場合には、就労移行支援施設に相談するようにしてみて下さい。

大企業では法律によって障害者雇用率が定められているため、就労移行支援施設に相談すれば、仕事を紹介してもらえる可能性があります。

また、大手企業名と障害者採用とGoogle検索すると応募画面が複数でてきますので、直接応募するという手段もあります。

参考:障害者雇用率制度|厚生労働省
参考:障がい者採用 | 村田製作所

対策4:人間関係に不安なら合う環境を探す!ただし批判・悪口は厳禁

人間関係に不安があるなら、自分に合った環境を探そうと努力してみて下さい。

ただし、転職活動での面接の場では、前職の上司の批判や悪口を言わない方が良いといえます。

他責で転職するのではなく、自分自身がより良い方向にいくために転職活動をすると考えるようにしましょう。

より詳しく知りたい方は「【ニート200人と面接して分かった】社会復帰できる人・できない人の違い」も参考にしてみて下さい。

自分に合った環境を探すという意味では、業界最大手のエージェントを活用することが大切であるといえます。

おすすめはリクルートエージェントです。

日本で一番大手の転職エージェントであり、求人数が非常に豊富です。

自分に合った環境を探すためには、まずはリクルートエージェントで求人を探すことからはじめましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

【コラム】働くのが怖いなら自己分析を徹底的にやる

働くのが怖いと思うのにはさまざまな要因があると先述しました。

漠然と「何が原因かはっきりは分からないけど怖い…」という方もみえると思います。

原因が分かれば対策が見えてきますので、自信を持って働けるようになります。

自己分析は自分だけでもできますし、転職エージェントでも自己分析のサポートをしてもらうことも出来ます。

もし短期間で「本当に自分にあった仕事がしたい」と考える方はポジウィルキャリアという相談サービスを利用してください。

キャリアカウンセラーが「あなたがどう生きたいか?」という観点から自己分析をサポートしてくれます。

あなたの中の「こうあるべき」を解きほぐして、あなたの強みや可能性を引き出してくれます。

ポジウィルキャリア短期間で変わりたいという方におすすめのサービスです。

まずは無料のキャリア相談から利用できるため、相談してみるだけでも自己分析の手助けとなります。

>ポジウィルキャリアの無料相談予約はこちら

該当する理由がない方は働いてみるところから始めよう

これまで紹介してきた対策5つの中に該当する理由がない方は、まずは働いてみるところから始めましょう。

挑戦して経験を重ねることで、自然と恐怖感が取り除けるようになります。

日本の企業は基本的に学校に近い文化があり、入ってみたらなんとか定年まで働けるような仕組みになっています。

とりあえず働いてみる、という観点からマイナビエージェントで就職活動をしてみましょう。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

大手のエージェントでまずは自分に合った会社を探してもらうようにしましょう。

まずはアルバイトから、と考える人には「【不安別に紹介】ニートにおすすめのバイト先と面接突破の方法」におすすめのバイト先を詳しく書きましたので参考にしてください。

次は、仕事を選ぶときに重視するべきことと、仕事を選ぶ上で大切にするべきことについて解説します。

企業数は421万社!失敗しても再チャレンジすればOK

「就職に失敗したらどうしよう」と悩んでいませんか。

日本に一体何社の企業があると思いますか。

中小企業庁の発表によると日本には421万社もの企業が存在していると発表されています。

参考:日本の中小企業|中小企業庁

421万社もあれば一社くらい、自分に合った会社があると希望が湧きませんか。

仮に失敗しても、今度は420万9,999社の中からまた、頑張って選んでいけばよいだけです。

過度に不安になるのではなく、積極的に行動していきましょう。

ニート脱出に向けてもっと知りたい方は「【ニートから就職したい方へ】採用担当者が教えるニート脱出の就活テクニック」に詳しく取り上げているのでこちらも読んでみて下さい。

もし一人で就活するのが不安なら、就活エージェントの就職支援サービスを受けてみてください。

就職・転職は「仕事・同僚・上司」の組み合わせ次第!

働くことの不安は多かれ少なかれ誰にでもあります。

なぜかというと仕事は「仕事・同僚・上司」の組み合わせで、運の要素が多くあるためです。

つまり仕事の内容はある程度コントロールできますが、お取引先や同僚・上司・経営者の考え方までは入ってみないと分かりません。

失敗する可能性は誰にでもあるものの、実際に働いてみないと成功か失敗かは判断がつきません。

もし慎重になってしまうのであれば有効な手段としては入社前に事前に会社にお願いして一緒に働くメンバーと話し合いができる場を設けてもらうという行動を起こすことも大切です。

内定が出たらすぐに入社するのではなく、慎重に人間関係について探りを入れられるチャンスを得られるように行動するようにしましょう。

会社の風土に自信を持っている会社なら申し出を受けてくれます。

可能な限り職場を見せてもらうようにしましょう。

具体的には、会社の内定を獲得したら、入社前に

「職場見学をさせて欲しい。同じ職場の人たちとお話をする席を設けて欲しい」

と申し出るようにしましょう。

「入社させてもらう」という意識ではなく、「こちら側が会社を審査する」

という目線で企業について出来るだけ理解する場を設けてもらうようにしましょう。

言いづらい場合はいい就職ドットコムの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

「有給インターン」という制度があり、採用されるまえに実際に働いてみることができます。

いい就職ドットコム
求人数
5,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代

年収

400万円~600万円

  • 新卒・既卒・第二新卒の就職支援に特化した転職エージェント
  • 未経験であっても意欲の高い若者を採用し、しっかりと育てていきたいと考える企業の求人が多数
  • 就職アドバイザーが働く環境や待遇面などをチェックしているので安心
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

働くのが怖いについてよくある質問

どうすれば再就職が怖くなくなるなりますか?

まず働くのが怖いと感じる原因を理解するところから始めましょう。

10年の人事経験から原因は7程度あります。

記事中で解説していますのでまずは原因を正しく理解してから対策していきましょう。

人間関係に不安があります

もし慎重になってしまうのであれば有効な手段としては入社前に事前に会社にお願いして一緒に働くメンバーと話し合いができる場を設けてもらうという行動を起こすことも大切です。

内定が出たらすぐに入社するのではなく、慎重に人間関係について探りを入れられるチャンスを得られるように行動するようにしましょう。

可能な限り職場を見せてもらうようにしましょう。

就職に失敗したらどうしよう

中小企業庁の発表によると日本には421万社もの企業が存在していると発表されています。

421万社もあれば一社くらい、自分に合った会社があると希望が湧きませんか。

仮に失敗しても、今度は420万9,999社の中からまた、頑張って選んでいけばよいだけです。

過度に不安になるのではなく、積極的に行動していきましょう。

もっと質問を見たい

この他の質問については就職・転職 なんでも相談室でお受けいたします。

お気軽にどうぞ。

まとめ

働くのが怖いという人にとって大切なことは原因を知り、対策を行うことです。

しっかりと原因を分析して、自分なりに対策を立てて、就職活動をしてみましょう。

この記事で紹介したおすすめのサービスは、

  • ジェイック
  • ハタラクティブ
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • いい就職ドットコム

無料で利用できるので、いくつか登録して使い比べてみましょう。

日本には421万もの企業があります。

421万社ある企業の中から、自分に合った1社を見つけ出すことができれば就職は成功であるといえます。

失敗を恐れず、自分に合った会社を探し出しましょう。

関連記事