働くのが怖いと感じる原因とは?克服法を知って一歩踏み出すには

「働くのが怖い」原因は7つ!4つの克服法で着実に乗り越えよう

この記事は有料職業紹介事業として厚生労働大臣の許可を受けている株式会社しごとウェブ(許可番号:13-ユ-306679)が制作しています。

ニートで働いたことがない人や、人とコミュニケーションを取ることに苦手意識がある人で、働くのが怖いと感じている人は少なくありません。

これまでに受けたパワハラやストレスから、働くことに恐怖を感じる人もいます。

働くのが怖いという悩みは甘えと捉えがちですが、決してそうではなく本人にとってはとてもつらい問題です。

人事や採用担当を10年していた経験から言えば、働くのが怖いと思う原因には特徴があります。

この記事では働くのが怖いという原因を特定し、どうすれば怖いと思わずに働けるか、対策方法についても解説しています。

働くのが怖い、勇気が出ないという方はこの記事を最後まで一読ください。

働くのが怖いけど一歩を踏み出したい方へ

就職を考えているけどまず何をしていいのか分からない、勇気が出ない方は就職支援サービスを利用することをおすすめします。

例えばマイナビAGENTでは働くのが怖い方の就職支援を行なっており実績もあります。

また大手マイナビグループなので求人数も豊富で、フレックスや未経験可のテレワーク相談可能求人など幅広い職種や条件の求人が用意されています。

同じ境遇の方の就職事例を聞くこともできますし、もし就職活動をするのであれば、ご自身の働くのが怖いと思う原因と職歴などから続けていける仕事を一緒に探したり、一番難しい『選考書類の書き方』や『面接対策』までのサポートを無料で受けることができます。

オンラインや電話での面談も可能なので、遠方の方や外出することが怖い方でもまずは相談してみましょう。

>3分で登録 マイナビAGENTに無料で相談

監修者
 

高橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。

働くのが怖いと悩む社員の面談を何度もしてきた中で、働くのが怖いと思う理由や、対策を紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

働くのが怖いのは甘えではない!

働くのが怖いと思っていることを「甘え」だと思って自分を責める必要はありません。

誰しも新しいことを始める時は不安に感じるものですし、人によっては怖いと感じることもあるためです。

人間関係がうまくいかなかった経験があったり、人より自信がなかったりすればなおのこと働くことに不安感を持つこともあるでしょう。

働くことが怖いと思う自分と向き合って、対処法を見つけることによって少しでも怖いという気持ちを減らしていくことが大切です。

まずは働くのが怖いと思う原因を知ることからはじめましょう。

働くのが怖いと感じる原因

「働くのが怖い」と感じる原因は大きく7個

私は人事として10年間、約50名ほどの働くことが怖いという方々の相談を受けてきました。

働くのが怖いという相談をする人の特徴として、自分自身でも原因を把握しきれていないということが多々あります。

働くことが怖いと感じる原因については、以下の8つに分類されます。

  • ニートで働いた経験がない
  • 無職の空白期間が長い
  • 面接が怖い
  • 同僚・上司・お客様との対人関係が怖い
  • 仕事がうまく行かなかったときのトラウマがある
  • 求人票の職務をこなせる自信がない
  • 精神的に不安定で働くのが怖い
  • ADHDなど発達障害で生きづらさを感じている

それぞれについて解説します。

ニートで働いた経験がない

ニートで働いた経験がない

就職した経験がないニートの方は働くのが怖いといった不安を感じる傾向にあります。

インターネットなどでブラック企業の情報を目にしたり、違法な残業などのニュースや過労死の報道があると「余計に怖くなってしまう」危険性がありますが、実際問題として人が死ぬほど苛烈に働く必要がある職場は少ないです。

働いた経験がないということで過度に恐怖を感じてしまい、働くことが怖くなります。

無職の空白期間が長い

無職の空白期間が長いと働くのが怖くなる上に、面接で空白期間について厳しく聞かれるのではないかとさらに及び腰になります。

空白期間があることに対して罪悪感を持っている方が多いため、追及されることを恐れることが多いのです。

また、空白期間が長いと果たして職場復帰したところで定年まで働けるのかどうかが怖くなるという方も多くいます。

無職の空白期間が長ければ長いほど、実際にやっていけるのかどうか不安になり、働くことが怖くなります。

また結婚・出産で一度仕事を退職された30代40代の主婦の方も、社会から離れた期間の長さから再就職する時に怖くなることがあります。

空白期間があることで働くことが怖くなります。

面接が怖い

面接が怖くて働けないと不安に感じている方も多くいます。

「何ができるのか?」「本当に貢献できるのか?」といった質問に対し自信を持って回答できず不安だらけになるのではないでしょうか。

実際、筆者が面接をしていると目を合わせられない方や汗が止まらない方など様々な方がいます。

圧迫面接や嫌な態度を取られ、面接が怖くて就職活動自体が怖くて働けないという状況になってしまう方も多くいます。

面接の恐怖感を克服するには企業からの質問に対して自信をもって回答できるように対策する必要があります。

マイナビAGENTなどの就職支援サービスは業界や職種の基礎知識や各企業に合った自己PR方法を無料で利用できるので面接の対策法としておすすめです。

同僚・上司・お客様との対人関係が怖い

同僚・上司の人間関係が怖い

同僚が上司、お客様が怖くて働けないと感じる方は非常に多いです。

実際に就職するまでは人が怖いと感じたことがない人も多くいます。

人間関係に挟まれて疲れてしまった結果、働くことが怖くなってしまいます。

働きたい気持ちはあるのに、人間関係で悩んで仕事に行けなくなるのはとても勿体ないですよね。

最低限の人間関係で仕事をしたいという方には人と関わらないでできる仕事もあるため選択肢にいれてみましょう。

仕事がうまく行かなかったときのトラウマがある

仕事がうまく行かずに叱られたり、冷ややかな目で見られると働くことが怖くなります。

特に周囲からの手助けがない環境で長く仕事をしてきた方は、仕事でミスをしたことがトラウマ的な体験となっている方も少なくありません。

仕事がうまくいかず、冷ややかな目で見られてしまうと、また同じことが起こりそうで怖いと思ってしまうことがあります。

責任感がある方や真面目な方ほど自分を責めてしまう傾向があり、また失敗してしまうことを考えすぎて働くのが怖くなります。

求人票の職務をこなせる自信がない

求人票の仕事内容をこなせる自信がなくて、働くことが怖くなる人もいます。

求人票に書かれている文言は、実は採用担当者も意識せずに強い言葉を書いてしまっていることがあります。

「リーダーシップがある人を求む!」というような内容や、淡々と業務内容を書かれた求人票を見てしまうと職務をこなせる自信がなくなり恐怖感すら感じる方もいるでしょう。

しかし、実際はかんたんな仕事内容であったり、しっかりと指導をしてもらえるため問題ないケースも多々あります。

そのため求人票を見て悶々と悩むのではなく就職支援サービスで相談しながら仕事選びをしましょう。

例えばハタラクティブでは適職探しを一緒に行い、その条件にあう求人探しをサポートしてもらえます。

仕事内容も具体的に教えてもらえるため、入社後の食い違いも最小限に就職を進められるでしょう。

精神的に不安定で働くのが怖い

適応障害やうつ病などから働くのが怖いと感じる方も多くいます。

心の病気の影響で、自分に価値がなく感じたり考え方が否定的になってしまうため、働くことに対してさらに恐怖を感じてしまうためです。

無理に働くことを決めてしまうと、病気が悪化する可能性に不安も感じることでしょう。

不安定になった原因が何にせよ、新しいことを始めるということは大きなストレスとなるので焦らず休養することが大切です。

まずは病気を治して、前向きな気持ちになれるようになったら復帰を考えましょう。

参考:うつ病|厚生労働省

ADHDなど発達障害で生きづらさを感じている

ADHDやその他の発達障害や、その可能性がある方は働くのが怖いと思う傾向が強くあります。

周囲に理解を得られずつらい思いをしてきた中で、働くことでまた周りに迷惑をかけたり失望させてしまうのではないかと考えるためです。

実際、正確性を求められる検査業務であったり、危険性が高い製造現場では落ち着いて働くことが難しいADHDの方にとって適性の合わない職場になる可能性もあります。

もし発達障害などの障がいがある場合、障害者雇用の実績がある企業などを探して再就職を検討してみるのも一つの方法です。

また地域の就労移行支援施設でサポートを受けながら、無理なく環境働けるづくりから始めるのも手です。

就労移行支援施設の探し方については記事内の発達障害など疾病があるなら就労移行支援に相談で詳しく紹介しています。

働くのが怖いけど一歩を踏み出したい方へ

働くのが怖いけど、一歩を踏み出す勇気がほしい。でもどうすれば良いかと悩んでいませんか。

行き詰まった方は、上手くいった方の事例を聞くことから始めてみましょう。

例えばマイナビAGENTなどの就職支援サービスでは同じように働くのが怖い方の就職支援を行なっており実績もあります。

全てのサービスを無料で利用可能で、これまでに対応した働くことに恐怖感がある方の就職事例を聞くこともできるでしょう。

情報が集まっているところに相談することから一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

マイナビAGENTはこちら

「働くのが怖い」を克服する方法

「どうすれば良い?」怖い原因から見る4つの対策

働くのが怖くて転職活動など前向きに動けないと悩んでいませんか?

おすすめは怖いと感じる理由を知ることです。

理由を知ることで下記のような克服方法が見えてきます。

  • 仕事が上手くできるか不安なら適職診断で自分に合った仕事を探す
  • 就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談
  • うつ病など精神疾患があるなら適切な治療を受ける
  • ADHDなど発達障害などある方は就労移行支援に相談
  • 人間関係が不安なら合う環境を探す!

仕事が上手くできるか分からず働くのが怖いなら適職診断で自分に合った仕事を探す

仕事が上手くできるか不安がある場合には、適職診断で自分に合った仕事を探すという方法もあります。

適職診断はおそらく100以上はあるため、どれを選ぶかが大切です。

おすすめの適職診断はこちらの記事にまとめてあるのでぜひ参考にしてください。

筆者のおすすめはミイダスです。

本格的な診断アプリで、可能性診断では適性はもちろん認知バイアスの診断から考え方の癖が分かり客観的な選択につなげられます。

また、利用者の経歴の類似性から年収を診断できたりあなたに興味があるであろう企業数が算出されます。

>ミイダスで適職を知る

適職診断で強みを生かす仕事探し

転職エージェントは無料で求人紹介をしてくれるだけでなく、転職についての相談も親身になって聞いてくれます。

  • 自分のやりたいことを仕事にしてもいいのか不安
  • 今の仕事が誰のためになっているかわからない
  • 自分の強みを最大限に活かした仕事で成功したい
アドバイザー
適性が分からずに、自分にできる仕事はないと悩んでいませんか?

社会人経験がない・職歴に自信がないとき、適職が見つからずにストレスで疲弊してしまう方が多いです。

まずは状況を打開するために、適職についての提案が受けられるハタラクティブの無料相談を受けてみることをおすすめします。

就業経験無し・長い空白期間で働くのが怖いなら就職支援サービスに相談

就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談

就業経験がない方、長い空白期間が不安な方は、就職支援サービスに相談するようにしましょう。

就職支援サービスの詳しい内容については、就職支援サービスの内容もあわせてご覧ください。

どこに相談したら良いのかわからないという方は、就職カレッジという就職成功率81.1%以上を誇るサービスがおすすめです。

就職カレッジは就業経験のない人材や、長い空白期間のある人材に対して求人紹介をするサービスを展開しています。

ビジネスマナーや履歴書・面接対策も学ぶことができる研修もあるため、「入社後にビジネスマナーで失敗しないか?」という不安が解消できます。

就職後も1年間は担当者が定期的に連絡をくれるため、仕事の悩みを気軽に相談できる点でも心強いサービスだと言えます。

求職者に寄り添ったサポートでアフターフォローも充実しています。

うつ病など精神疾患があり働くのが怖いなら適切な治療を受ける

働くことが怖くて、もしかしたら自分はうつ病かもしれないと思う方は、勇気を出して心療内科等を受診しましょう。

放置することで万が一ますます悪化してしまったら、復帰は遠のくばかりです。

しっかりと休養を取り適切な治療を受けることで、働くのが怖いという気持ちも少し楽になる可能性もあります。

現在仕事をされている方であれば通院して診断書を提出することで、休職という選択肢も生まれます。

うつ病は甘えや怠けではないので、自分を責めずに治療して完治を目指しましょう。

ADHDなど発達障害があり働くのが怖い方は就労移行支援に相談

発達障害などの疾病がある、またはその疑いがある場合には、就労移行支援施設に相談するようにしてみて下さい。

大企業では法律によって障害者雇用率が定められているため、就労移行支援施設に相談すれば、仕事を紹介してもらえる可能性があります。

障がい者向けの転職エージェントを利用して求人を探す方法もありますが、大手企業名と障害者採用とGoogle検索すると応募画面が複数でてくるため、直接応募するという手段もあります。

参考:障害者雇用率制度|厚生労働省
参考:障がい者採用 | 村田製作所

お住まいの地域で就労移行支援施設を探したいという方はLITALICO仕事ナビに相談してみてください。

LITALICO仕事ナビでは働くことに不安のある方が安心して就労できるように、様々なお仕事サポートをしてくれます。

パソコン操作の基礎訓練や、軽作業トレーニング、ビジネスに必要なコミュニケーションを練習するプログラムなども実施しています。

仕事復帰をしたいけれど体調がなかなか安定しない、人間関係が不安、など働く上での不安を相談することもできるため、気軽に相談してみてくださいね。

LITALICO仕事ナビ無料相談はこちら

人間関係が不安で働くのが怖いなら合う環境を探す

人間関係に不安なら合う環境を探す!ただし批判・悪口は厳禁

人間関係に不安があるなら、自分に合った環境を探す努力をしてみて下さい。

なるべくコミュニケーションの少ない仕事を探したり、自分に合った仕事を探すことが大切です。

より詳しく知りたい方は「人と関わらない仕事22選!正社員や高収入が狙えるおすすめの仕事を厳選紹介」も参考にしてみて下さい。

自分に合った環境を探すという意味では、転職エージェントを利用して相談することも大切であるといえます。

例えばマイナビAGENTという20代向けの転職エージェントでは、精度の高い適性診断を受けることができ、働くのが怖いという方にとって何が怖くて何が怖くないのかを適切に図った上でできる仕事の提案を受けることができます。

自分に合った環境を探すためには、まずは登録して恐れずにできる仕事が何かを探すことからはじめましょう。

企業数は421万社あるため失敗しても再チャレンジすれば大丈夫

企業数は421万社!失敗しても再チャレンジすればOK

「就職に失敗したらどうしよう」と悩んでいませんか。

日本に一体何社の企業があると思いますか。

中小企業庁の発表によると日本には421万社もの企業が存在していると発表されています。

参考:日本の中小企業|中小企業庁

421万社もあれば一社くらい、自分に合った会社があると希望が湧きませんか。

仮に失敗しても、今度は420万9,999社の中からまた、頑張って選んでいけばよいだけです。

過度に不安になるのではなく、積極的に行動していきましょう。

就職・転職は「仕事・同僚・上司」の組み合わせ次第!

就職・転職は「仕事・同僚・上司」の組み合わせ次第!

働くことの不安は多かれ少なかれ誰にでもあります。

なぜかというと仕事は「仕事・同僚・上司」の組み合わせで、運の要素が多くあるためです。

つまり仕事の内容はある程度コントロールできますが、お取引先や同僚・上司・経営者の考え方までは入ってみないと分かりません。

失敗する可能性は誰にでもあるものの、実際に働いてみないと成功か失敗かは判断がつきません。

もし慎重になってしまうのであれば有効な手段としては入社前に事前に会社にお願いして一緒に働くメンバーと話し合いができる場を設けてもらうという行動を起こすことも大切です。

内定が出たらすぐに入社するのではなく、慎重に人間関係について探りを入れられるチャンスを得られるように行動するようにしましょう。

会社の風土に自信を持っている会社なら申し出を受けてくれます。

可能な限り職場を見せてもらうようにしましょう。

具体的には、会社の内定を獲得したら、入社前に「職場見学をさせて欲しい。同じ職場の人たちとお話をする席を設けて欲しい」と申し出るようにしましょう。

「入社させてもらう」という意識ではなく、「こちら側が会社を審査する」

という目線で企業について出来るだけ理解する場を設けてもらうようにしましょう。

言いづらい場合はいい就職ドットコムの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

「有給インターン」という制度があり、採用されるまえに実際に働いてみることができます。

まとめ

働くのが怖いという人にとって大切なことは原因を知り、対策を行うことです。

しっかりと原因を分析して、自分なりに対策を立てて、就職活動をしてみましょう。

この記事で紹介したおすすめのサービスは、

  • 就職カレッジ
  • ハタラクティブ
  • マイナビAGENT
  • いい就職ドットコム

無料で利用できるので、いくつか登録して使い比べてみましょう。

日本には421万もの企業があります。

421万社ある企業の中から、自分に合った1社を見つけ出すことができれば就職は成功であるといえます。

失敗を恐れず、自分に合った会社を探し出しましょう。

よくある質問と回答

どうすれば再就職が怖くなくなりますか?

まず働くのが怖いと感じる原因を理解するところから始めましょう。

再就職にあたっては、転職エージェントに相談することをおすすめします。

悩みに応じて適切な職種や求人のアドバイスをもえらえるでしょう。

それでも怖いと感じる場合は主観的な問題もあるため心理カウンセラーに相談することも検討してみましょう。

働くのが怖いときの対策はありますか?

対策としては、以下の4つがあります。

  • 仕事が上手くできるか不安なら適職診断で自分に合った仕事を探す
  • 就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談
  • うつ病・発達障害など疾病があるなら就労移行支援に相談
  • 人間関係に不安なら合う環境を探す!ただし批判・悪口は厳禁

働くのが怖くなる要因はさまざまです。

キャリアカウンセリングなど無料で利用できるサービスもあるため、一度相談して誰かに話すことも有効な対策となります。

人間関係に不安があります

もし慎重になってしまうのであれば有効な手段としては入社前に事前に会社にお願いして一緒に働くメンバーと話し合いができる場を設けてもらうという行動を起こすことも大切です。

内定が出たらすぐに入社するのではなく、慎重に人間関係について探りを入れられるチャンスを得られるように行動するようにしましょう。

可能な限り職場を見せてもらうようにしましょう。

就職に失敗したらどうしよう

中小企業庁の発表によると日本には421万社もの企業が存在していると発表されています。

421万社もあれば一社くらい、自分に合った会社があると希望が湧きませんか。

仮に失敗しても、今度は420万9,999社の中からまた、頑張って選んでいけばよいだけです。

過度に不安になるのではなく、積極的に行動していきましょう。

監修者

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。