「地方に就職して大変だったことは?」地方で暮らすデメリット4個を紹介

公開日: / 更新日:

地方で就職して大変だったことは?

地方での就職を考えたとき、デメリットの方が多いと思って諦めてしまう方がいます。

「地方は不便って聞くけど、本当に生活していけるのかな?」
「地方って求人少ないんでしょ?」

と、思っている方は多いと思います。

地方は不便って聞くけど、本当に生活していけるのかな?

確かに移動手段や娯楽など生活面でのデメリットがいくつかあり、求人数が少ないことも事実です。

ですが、人によっては「全く問題ない」というデメリットも多いでしょう。

地方に魅力を感じつつも「地方は不便そう」と思い敬遠し都市部で働く方は筆者の周りに多いように感じます。

その結果、毎日の満員電車や高い家賃、飲食店はほぼ満員などストレスの絶えない生活を送っています。

この記事では地方で就職する具体的なメリットとデメリットを知ることができ、あなたを転職成功に導く方法まで伝授します。

さらに地方か都市部か決めきれない方のために「地方都市」と言った選択肢を紹介しておりますので是非最後までご覧ください。

地方で自分に合った仕事を見つける

地方で働きたいけどどこで求人を探せばいいの?」

そんな方には地方就職にも力を入れているジェイックがおすすめです。

ジェイックは就職カレッジと言う独自のサービスを行っており、職歴や転職活動に自信がない方も成功に導いています。

また、就職カレッジを受けることで書類選考なしでいきなり面接に挑むことも可能です。

しかも紹介する求人は定着率90%以上の実績があり、優良企業で長く満足して働けます。

しかも全て無料で利用できるので、相談に行くだけでも損することなくキャリアを見直すことが可能です。

地方企業と就活生をオンラインでつなぐ活動もしているので、気になる方は求人がなくなる前に早めに相談しましょう。

>登録は簡単30秒!ジェイックで正社員就職

目次

地方の就職の成功の鍵は「目的」次第

地方の就職で失敗せず成功するためには「自分が地方に何を求めているか」を明確化させることです。

地方での就職目的をはっきりとするようにしましょう。

注意点としては都会にはあるものが田舎には無いことがたくさんあります。

地方では駅前でも21時になればカフェが閉店します。

終電も早く本数は少ないです。

地方であっても「都会と同等に求めているものは何か?」という視点をなくさないようにしましょう。

筆者は大学時代~新卒時代までは東京で人事をしていましたが、転職して地方で仕事をすることもありました。

東京に比べて地方は刺激のなさは致命的ですが、30代以降は「落ち着いていていいな」という感覚になります。

年齢によっても地方に住むことに対しての感覚は変わっていきます。

東京と地方を比較吟味して、目的をきめるようにしましょう。

次は、地方で働くメリットについて解説します。

地方に就職するメリットは暮らしやすさ

「地方に就職するメリットっていったい何だろうか」と気になっていませんか。

地方は家賃が安い・物価が安い・落ち着いて生活できるなどのメリットがあります。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 暮らしやすさ1:物価が安い!2LDKで5万円台もある
  • 暮らしやすさ2:食べ物・空気・水がおいしい
  • 暮らしやすさ3:安心・安全&公園も多く育児がしやすい
  • 暮らしやすさ4:お受験もなく公立で伸び伸び育てやすい
  • 暮らしやすさ5:庭付き一軒家も余裕

それぞれについて解説します。

暮らしやすさ1:物価が安い!2LDKで5万円台もある

地方は物価と家賃が圧倒的に安いというメリットがあります。

東京であれば1Kで9万円以上する物件も珍しくありませんが、2LDKでなんと家賃5万円代の物件もあります。

もちろん駐車場も安く3,000円/月程度で借りることができます。

工業地帯であればガソリンも安いでしょう。

このように物価も東京に比べて安いため、生活費が安くなります。

暮らしやすさ2:食べ物・空気・水がおいしい

地方の良い点として、食べ物・空気・水がおいしいというメリットがあります。

東京に住んでいると気づかないかも知れませんが、特に空気は地方の方がおいしいです。

春・夏・秋に木や花の匂いがします。

また、飲食店も地方は非常に美味しい店がそろっています。

地方に住むと味覚が研ぎ澄まされます。

暮らしやすさ3:安心・安全&公園も多く育児がしやすい

地方は育児がしやすいです。

都会では混み合って駐車場を探すような大きめの公園も地方なら独り占めのように使えます。

田んぼや畑で生き物や植物に触れ、農家の方とも気軽に挨拶でき、色々教えてもらうこともあります。

夏にちょっと挨拶しただけで袋一杯の野菜をもらうことも度々経験しました。

昔からの住宅地であるため富裕層も貧困層も関係なく暮らしています。

構える必要なく暮らすことができるでしょう。

暮らしやすさ4:お受験もなく公立で伸び伸び育てやすい

都会では少しでも偏差値の高い学校に行くことがステータスとなっています。

ですが地方ではあまり激しい競争がありません。

都会では偏差値の高い子供はいい学校に行き良い教育を受けます。

逆に偏差値の低い子供はいわゆる不良校と言われる学習環境の整わないところで過ごすしかありません。

そのため劣等感を感じやすいです。

3ヶ月おきにテストの点数に一喜一憂するよりも、心豊かに育てたいと思っている方には地方はおすすめです。

公立に行くのが当たり前の環境で、運動も勉強もゲームも子供たちがイキイキと過ごしています。

暮らしやすさ5:庭付き一軒家も余裕

東京都内では庭付き一戸建ての家を買おうとすると5,000万円から1億円程度のお金が必要となります。

しかし、地方にいけば1,700万円程度で新築の庭付き一戸建てを購入することも可能です。

しかも地方の方が土地が広い。

余分に300万円程度かければかなりの贅沢ができます。

住宅コストに関しては地方の圧勝です。

無理して定年まで働く都会暮らしと無理せず1,700万円で住宅を取得した過ごし方では、人生が全く違います。

あなたはどちらを選びますか?

                                           \登録は簡単30秒。人生を見直すきっかけに!/      

地方で暮らすメリットまとめ

  • 物価が安いので、月にかかる生活費の負担が減る。
  • 食べ物・空気・水がおいしいので、感覚が研ぎ澄まされる。飲食店もおいしい店が多い。
  • 安心・安全なので育児がしやすい。
  • 公立の学校に行く子供が多いので、お受験がなくのびのびと子育てができる。
  • 都会に比べて土地が広くコストも低いので、庭付きの一戸建てを購入することもできる。

さて、ここまでは地方の良いところばかり書いてきましたが、もちろん、地方にはデメリットもあります。

次は、地方特有のデメリットを紹介します。

地方の就職はデメリットも多い!覚悟しておくべき4個

「地方が暮らしやすいのは分かったけど、デメリットもあるんでしょ?」と思っていませんか。

確かに地方は車がないと生活できないという大きなデメリットがあります。

他にも以下のようなデメリットがあります。

  • デメリット1:就職先が少ない。大手の支店に入れば東京へ異動になることもある
  • デメリット2:勉強会などコミュニティーが少ない
  • デメリット3:車がないと生活できない
  • デメリット4:娯楽がない

それぞれについて解説します。

デメリット1:就職先が少ない。大手の支店に入れば東京へ異動になることもある

地方はまず仕事が少ないです。

仕事がないというほど深刻なことはありませんが、若者が好きなIT系の企業などがあまりありません。

大企業の支店や工場もありますが、数は限られます。

さらに大企業の支店に最初は地方勤務ができたとしても、人事異動で東京本社に移動することもあり得ます。

地方で就職口を見つけてから移住するようにしましょう。

ただし、最近では地域限定社員などの制度を採用している企業があります。

また、大企業の地域限定社員で地元勤務しつつボーナスも貰えるなど好待遇で地方勤務できるケースもあります。

デメリット2:勉強会などコミュニティーが少ない

勉強会などのコミュニティーが少ないです。

筆者も東京で人事をしていたときは、他の会社の人事担当者交流会などに参加して勉強をしていました。

地方の会社に転職した後は、他社情報が勉強会を通して入って来なくなったことで、苦労したことがあります。

このような人のつながりは少なくなります。

デメリット3:車がないと生活できない

地方は車が必須です。

東京では車があるとむしろ邪魔になることが多いですが、地方では車は足です。

車がないと病院まで行くのが不便ですし、コンビニも遠かったりします。

地方に住む場合、中古自動車屋で20万円くらいの軽自動車を購入することをおすすめします。

デメリット4:娯楽がない

地方は娯楽がありません。

駅前であっても21時くらいで閉店します。

居酒屋も場所によっては少し無理して電車に乗って行く必要があるでしょう。

映画館は都市部にまで出向く必要がありますし、ゲームセンターなども小さいです。

ただし、パチンコ屋はたくさんありますので、パチンコが休日の趣味の方はなんとかなるかも知れません。

コラム:Amazon・楽天のおかげで買い物は問題なし!

買い物はインターネット通販のAmazon・楽天があります。

正直、お店に買いに行くよりも便利なので、買い物は地方も都会も変わりません。

ただし、おしゃれな家具を扱っているアンティークショップは少ないです。

次は、もし地方での生活に勇気が出ない方にどうすべきかをアドバイスいたします。

ポイントは「地方都市」です。

             \登録は簡単30秒。人生を見直すきっかけに!/      

地方で暮らすデメリットまとめ

  • 就職先が少ない。特に若者に人気のIT企業は少ない。
  • 勉強会などのコミュニティーが少ない。
  • 公共交通機関が都会に比べると少ないため、車がないと生活できない。
  • 娯楽がない。

ここまでで地方で暮らすメリットとデメリットがわかったと思います。

「じゃあどうやって地方で求人を探すの」

と、具体的な探し方を知りたいですよね。

次からは地方で仕事を探す具体的な方法について解説していきます。

地方で仕事を探す方法を人事が徹底解説

「地方での仕事探しはどうすればいいの?」と思っている方も少なくありません。

実際のところ、東京に比べると、当たり前のように求人は少ないです。

しかし、探し方次第で良い会社を見つけることは可能です。

大きく分けると以下の2種類の探し方があります。

  • 地方に強い転職エージェントで求人を探す
  • 10万人以下の地方なら就活支援サービスを追加で利用する

順に解説していきます。

地方に強い転職エージェントで求人を探す

地方に強い転職エージェントは以下の通りです。

  • 求人の量を確保できるリクルートエージェント
  • 地元のエージェントかたスカウトが受けられるビズリーチ
  • 地方で隠れた優良企業が見つかるエンエージェント
  • 34才以下ならジェイックとハタラクティブ

それぞれについて解説します。

求人の量を確保できるリクルートエージェント

リクルートエージェントで求人の量を確保するようにしましょう。

リクルートエージェントは全国展開しているエージェントです。

業界では最大手となっているため、活用すると地方でも仕事が見つかります。

特に大手ほど大手のリクルートエージェントを利用しています。

地方で仕事探しをしたい方はまずは登録しましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

地元のエージェントからスカウトが受けられるビズリーチ

ビズリーチで地元のエージェントの提案を受けてみましょう。

ビズリーチは登録するとエージェントからスカウトメールが届きます。

地元の企業からオファーが来たり、地域の転職エージェントから連絡がきます。

まずは登録し、出会いを得られる状況を作りましょう。

ビズリーチ
求人数
96,000件
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

400万円~1000万円以上

  • 国内最大級のハイクラス転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

地方で隠れた優良企業が見つかるエンエージェント

エンエージェントは大手の求人は限られていますが、中小企業の紹介能力に長けています。

そのため地方の中小企業の求人が豊富で、隠れた優良企業の提案が受けられるのです。

世間的にあまり知られていない企業と出会えますが早い者勝ちです。

もちろん無料でサービスを受けられますので、早めに登録して地方の優良企業の求人を受けましょう。

エンエージェント
求人数
約17,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

300万円~1,000万円以上

  • 人材総合サービスを提供するエンジャパン株式会社が運営する転職エージェント
  • 求人数は多くないながらも質の高い求人を提案
  • 優良な中小企業の求人が多数
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

34才以下ならジェイックとハタラクティブ

フリーターや第二新卒の方ならジェイックやハタラクティブといった就職支援を活用するようにしましょう。

34歳以下であれば未経験でも正社員で採用する求人を紹介してもらえ、内定率も80%以上と非常に高水準です。

就職支援サービスを活用することで、地方都市の優良企業の求人紹介を受けることができます。

人事目線でのサポートも充実しており、早期内定を目指せます。

就職支援サービスは10社以上ありますがおすすめはジェイックとハタラクティブです。

ジェイックはビジネス研修が受けられ、書類選考パスなどのメリットがあります。

社会人としての自信がない方ににおすすめです。

また、ジェイックは地方企業と就活生をつなぐ活動にも力を入れています。

参考:「地方企業と全国転勤可能な就活生とのオンライン面接会」第2回 6/5(金)に開催!|ジェイック

地方で働きたいのなら地方就職への支援を行っている転職エージェントの利用が成功の近道でしょう。

ハタラクティブは専任のアドバイザーからマンツーマンでサポートを受けられます。

また、実際にハタラクティブが取材した会社のみを紹介しています。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら
ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

10万人以下の地方の就活は追加で地方就職支援サービスを利用しよう

人口が10万人を切っている地域で就職する場合、ハローワークを活用しましょう。

地方の企業ではハローワークに求人が集まる傾向にあります。

都市部ほど採用活動では活発ではないため、無料で活用できるハローワークが地方では活況です。

ハローワークの「地方就職支援コーナー」を利用する

ハローワークの「地方就職支援コーナー」を利用してみましょう。

東京と大阪に設置されており、地方へのUIJターン希望者向けに求人を紹介しています。

地方就職に興味のある方は、一度、足を運んでみましょう。

また正社員経験がない45歳未満の方であれば、わかものハローワークが利用可能です。

わかものハローワークとは?ハローワークとの違いやニートが利用すべき理由を解説」に記事がありますので合わせてご覧ください。

厚生労働省の委託事業である「LO活」を利用する

もっと自然が豊かな地方就職に興味のある方は、厚生労働省の委託事業である「LO活」を活用してみましょう。

LOCALと就活を合わせてLO活という名称になっています。

しっかりと説明をしてもらえ、実際に数日間住んでみる体験もできます。

事例も豊富なため参考になるでしょう。

本格的な地方での生活に興味のある方は、ぜひ、足を運んでみましょう。

地方か都市部以外の選択肢も!迷った方は地方都市がおすすめ

「地方にいく勇気がないなぁ」と考えてしまった方もいるかも知れません。

都会の利便性を捨てがたいのはよく分かります。

そのため、地方の良さも感じつつ都市の快適さを得られる地方都市の検討をしてみましょう。

新幹線が止まる主要都市に30分に移動でき、住みやすく今後の人口減少も起こりづらいエリアを紹介します。

以下のエリアごとに紹介をします。

  • 関東エリア
  • 関西エリア
  • 中部エリア
  • 北九州エリア

それぞれについて解説します。

具体的におすすめの地方3個

具体的におすすめの地方3箇所を紹介します。

住んでみれば東京と比較しても大きなデメリットがなく、地方生活をエンジョイできるエリアを紹介します。

地方といっても色々ありますので、ぜひ、チェックしてみてください。

\登録は簡単30秒。人生を見直すきっかけに!/

関東エリア

関東エリアでおすすめなのは、以下のエリアです。

  • 神奈川県鎌倉市
  • 千葉県印西市
  • 千葉県柏市

神奈川県鎌倉市は非常に風光明媚な街であり、人気の町です。

千葉県印西市は東京から40キロ程度の位置にあるため、東京の会社に通勤しやすいです。

千葉県柏市は、柏レイソルの試合場などがあります。

柏市は日立関係者の寮がある関係で私も住んでいましたが、東京まで通勤可能です。

駅前が発達しているので、お買い物なども楽しいです。

もっと他の地方都市を知りたい方は「自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」」を参考にしてみてください。

関西エリア

関西エリアでおすすめなのは、以下の地域です。

  • 京都府京都市
  • 滋賀県近江八幡市
  • 兵庫県明石市

京都府京都市は、非常に住むのに便利です。

地方といっても下京区であれば車は不要です。

滋賀県近江八幡市は非常にのどかなところです。

地方といってもダイハツ滋賀工場(ダイハツ竜王)、三菱ロジネクスト(前身はTCM。

TCMの大看板がJR近江八幡駅の目立つところにあります)

といった正社員を1万以上抱える大企業が複数あります。

滋賀県は、実は大企業のマザー工場をたくさん抱えているため、仕事にも困りません。

兵庫県明石市は、非常に穏やかな人たちが住んでいる町です。

神戸まで電車で30分以内で出られますし、子育てに力を入れています。

また、実は子供の数がとてつもなく多く、小さな子供をたくさん見かける珍しい地方です。

中部エリア

中部エリアでおすすめなのは、以下の地域です。

  • 長久手市
  • 安城市
  • 刈谷市
  • 岐阜市

長久手市は名古屋まですぐ出ることができます。

子育て世帯も多く流入し、非常に活気に満ちています。

安城市は自動車産業の工場が多くあり、働き先が豊富です。

刈谷市はトヨタ自動車の発祥の地であり、自動車産業のメイン拠点となっています。

岐阜市は、非常に自然に恵まれた地域です。

地価も安いため、住宅を購入する場合には、非常に良いですね。

もっと他の地方都市を知りたい方は「ランキング一覧<名古屋>|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」」を参考にしてみてください。

北九州エリア

北九州エリアでは、以下の地域がおすすめです。

  • 北九州市小倉地区
  • 北九州市戸畑地区
  • 北九州市八幡東地区
  • 北九州市八幡西区

九州全体として、自動車産業が進出したことで雇用が安定してきています。

またIT系企業などが九州に本社を持ってくるなど、躍進している地域でもあります。

また、北九州市は住みやすい街ランキングの一位に番付されるなど、非常に良い住環境があるとされています。

移住を考えるのに良いですね。

次は、地方における仕事の探し方について解説します。

まとめ

地方の生活はのメリットとして、空気や食事が美味しいというメリットがあります。

受験戦争なども少なく、のんびり育児できるところも魅力です。

一方で車がないと生活できないというデメリットもあります。

仕事の量が少ないというのもなかなか地方に移住できない原因となっています。

地方への移住を考えている場合、出来るだけ地方都市といわれる便利なところに住むようにする方法があります。

また、仕事の確保については大手の転職エージェントを活用するなど、都市部とは違い受けられる求人を出来るだけ確保するような就活方法が求められます。