おすすめ転職サイト・転職エージェント

転職サイトは登録だけでも大丈夫?注意点と回避法の全て

更新日:

転職サイトの登録にあたり

「転職サイトは登録だけでも大丈夫?営業されたくなくて・・・」

「情報収集だけしたい。転職サイトに登録だけしてもいいのかな?」

「転職サイトに登録したときの注意点を知りたい。なんだか怖くって・・・」

と気になっていませんか。

私は約10年間、採用担当者を経験し転職サイトに求人情報を掲載してきました。

そして私自身も複数回の転職を経験しております。

その経験からお伝えすれば転職サイトは登録だけしておいても全く問題ありません。

ほとんどの転職サイトや転職エージェントは「今は検討しているだけ」という人の利用も歓迎しているためです。

そのため「情報だけ知りたい」という方にも丁寧に対応してもらえます。

ただし、注意点もあります。

場合によっては在籍企業から転職していることがバレたりすることもあります

ほんの少し注意するだけで回避できますので必ずこの記事を一読して、失敗せず賢い転職サイトの利用方法を覚えておきましょう

最高の転職をするためには情報収集がカギです。

Contents

転職サイトは登録だけでも問題なし

「転職サイトに登録だけして情報をみたい」という方も全く問題ありません。

登録だけしたからと言って規約違反ということはないため気軽に利用して大丈夫なサービスです。

実際、転職サイトには登録だけして活動していない人が一定数以上いることが前提となっています。

実際に、採用担当者が転職サイトを活用する際には登録者数だけではありません。

アクティブユーザー数を吟味して活用するかどうかを検討するほどです。

つまり、転職サイトは登録しておくだけでも問題ありません。

ハローワークよりも転職サイトがおすすめ

転職サイトの登録に躊躇してハローワークを利用する方もいますが要注意です。

利便性を考えればハローワークよりも民間の転職サイトを活用するほうが賢明です。

例えばハローワークは求人紹介を受けるだけでもとても不便です。

なぜなら、毎回ハローワークの窓口へ行き求人票を発行してもらう必要性があるからです。

さらに無料で掲載できるため求人の質も低く、

応募してみたら実は募集していなかった」

というカラ求人も多くあります 

カラ求人についてもっと知りたい場合は「ハローワークのカラ求人とは?見分け方とスムーズな求人探しのコツを紹介」も合わせてご覧ください。

ハローワークのカラ求人とは?見分け方とスムーズな求人探しのコツを紹介

カラ求人とは採用していないにも関わらず求人が出ているものを指します。 ハローワークでいい求人を見つけたと思ったら、カラ求人でがっかりしてしまいますよね。 「ハローワークインターネットサービスで見た求人 ...

続きを見る

さらに言えばハローワークを好ましくないと考えている企業も存在しています。

ハローワークで失業保険を受けるためには、必ず月に2回以上の面接をこなす必要性があります。

そのため、失業認定のために面接を受けに来る人が多いことが事実です。

結果、本気度が低いと判断されて民間の転職サイト経由よりも不合格になる確率が高くなります。

筆者がかつて転職活動をしていたときに同じ求人をハローワークとリクナビNEXT両方で受けてみました。

少しだけ時期をずらして、先にハローワーク、後日リクナビNEXTにエントリーして時差を設定しました。

結果、ハローワーク経由は書類選考に落ちましたが、リクナビNEXT経由は書類選考合格でした。

これくらい、ハローワークを使うと不利になるということです。

自分から不利になることをするのは辞めておきましょう。

ところで転職サイトに登録したデメリットが気になっていませんか? 

次の章で解説していきます。

転職サイトへの登録のデメリットは2つ

転職サイトの登録だけでえ大きな問題はありませんが強いてあげるなら以下の2つのデメリットがあります。

  • 会社バレのリスク対策をする必要がある
  • 転職サイトを1つしか利用しないと偏った情報しか入ってこない

それぞれについて解説します。

会社バレのリスク対策をする必要がある

転職サイトに登録すると在籍企業の採用担当者にバレる可能性が少なからずあります。

名前など個人情報は公開されていませんが年齢や職務経歴・自己PRなどから

「あれ、この人って◯◯さんじゃないかな?」

と分かることもあります。

実際、筆者はスカウト作業で特定した経験があります。

採用担当者によっては

「あいつ、転職するらしいぞ!」

など会社内で噂が流れることもあるでしょう。

そのため会社バレのリスク対策をとる必要があります。

在籍会社の採用担当者が自分からプロフィールを見れなくする機能があるので、それを活用するようにしましょう。

転職サイトに登録したら在籍企業から見れなくするだけです。

転職サイトを1つしか利用しないと偏った情報しか入ってこない

転職サイトを登録するときに失敗しがちな点が1つのサービスしか利用しないということです。

転職成功で一番重要なポイントは「情報」です。

求人情報は各社違い意外と大手転職サイトであっても網羅しきれていません。

結果1つのサイトだけで転職活動をすると偏った情報しか入ってこず優良企業の求人を見逃すことになるでしょう。

「情報だけ知りたい」というフェーズなら3つ程度は登録しておくことをおすすめします。

デメリットの紹介の次は注意点です。

みなさん転職サイトを上手く活用できていないことがあるため、しっかり把握しておいてください。

転職サイト登録のデメリットまとめ

  • 会社バレのリスク対策をする必要がある
  • 転職サイトを1つしか利用しないと偏った情報しか入ってこない

絶対守って!転職サイト利用時の注意点は5個

転職サイトを利用する際に、一番やってはいけないことは、会社バレです。

うっかり自分の連絡先携帯電話番号ではなくて在籍企業の電話番号を掲載している人もいます。

具体的には、以下の5つの注意事項を意識しましょう。

  • 注意点1:在籍企業のメールアドレスや電話番号を登録しないこと
  • 注意点2:職歴は詳細に記載すること
  • 注意点3:自身が特定されるような情報は記載しない
  • 注意点4:転職は情報が全て!気軽に登録して情報収集から始めよう
  • 注意点5:転職活動中であることは口に出さない。登録したことも言わない。

それぞれについて解説します。

注意点1:在籍企業のメールアドレスや電話番号を登録しないこと

転職サイトの連絡先は自分のメールアドレスと電話番号を記載しましょう。

うっかり会社のアドレスなどを登録してしまう人がいるためです。

転職が認められているような社風の会社でもない限り、会社の番号やアドレスで登録をすることは避けましょう。

うっかりとスカウトメールなどが会社のアドレスに届くこともあり得ます。

ちなみに社内SEは社員のメール内容をチェック出来てしまうため、注意が必要です。

注意点2:職歴は詳細に記載すること

せっかく転職サイトに登録するならプロフィール欄はしっかり記載しましょう。

職歴を詳細に記載すると、企業からのスカウトや転職エージェントからの提案が多くなります。

企業がスカウトメールを送信する前段階では、職歴のチェックを重点的に行うためです。

特に職種の経験において

  • 経験年数
  • 役割
  • 成果

などを記載することをおすすめします。

経理であれば「決算業務・月次処理を主担当で5年」など記載しておきましょう。

転職者は自分の知っている業界・職種から選ぶ傾向がありますが、スカウトをもらえることによって選択肢が広がります。

最良の選択をするためにも「提案してもらえるだけの情報量を登録しておく」ことが重要です。

注意点3:自身が特定されるような情報は記載しない

自身が特定されるような情報は、職歴欄には記載しないようにしましょう。

職歴欄自体はスカウトサービスを活用している企業であれば閲覧可能なためです。

職歴欄には以下のことの記載は避けましょう。

  • 取引先名
  • 参加プロジェクト名

上記の2つは、採用担当者ではなくとも社内の人間が見れば「うちの社員だな」とバレてしまうレベルの情報です。

仮に会社名の検索除外機能を活用したとしても、職歴に会社が特定されるような情報を書けば特定されます。

注意点4:転職は情報が全て!気軽に登録して情報収集から始めよう

転職活動において重要なのは情報です。

転職サイトに登録するだけで情報を大量に仕入れることができるため、気軽に登録して情報集めをしましょう。

後回しにしたりめんどくさがったりして情報を手に入れられないことが最悪です。

もしかしたら、自分にマッチした会社があるかも知れません。

注意点5:転職活動中であることは口に出さない。登録したことも言わない。

口は禍の元です。

転職活動をしている、転職サイトに登録したなどの話は会社の同僚にも話すことはないようにしてください。

「あいつ、転職活動しているみたいだな」

という噂が立つと、真剣に仕事をする気がないと思われる可能性が高くなるためです。

転職のことを口にするのは転職が決まってからにしましょう。

ここまでで転職サイトの登録のデメリットや注意を理解していただいた思います。

次は、転職サイトのメリットについて紹介していきます。

転職サイト利用時の注意点まとめ

  • 在籍企業のものでなく、自分のメールアドレスと電話番号を記載する
  • 職歴は詳細に記載する
  • 自身が特定されるような情報は記載しない
  • 面倒がらず、気軽に登録して情報収集から始める
  • 転職活動中であること、転職サイトに登録したことは口に出さない

 

転職サイトの登録だけで得られるメリット

転職サイトに登録するだけで得られるメリットは次のとおりです。

  • 膨大な「非公開求人」を見ることができる
  • 転職エージェントや企業から提案・スカウトが来る
  • 転職のノウハウやセミナーなどの案内をしてもらえる
  • 面接対策や履歴書・経歴書のチェックを個別にしてもらえる
  • コラム:転職サイトを見ていると今の会社がマシに見えるかも知れない

それぞれについて解説します。

膨大な「非公開求人」を見ることができる

転職サイトには転職エージェントと比較して膨大な求人が掲載されています。

なぜなら転職サイトでは転職エージェントのように高い報酬支払がないためです。

仮に500万円の人材が転職エージェントを活用したとしましょう。

その場合、紹介料が150万円かかるのに対し、転職サイトなら50万円程度で済みます。

さらに非公開の求人が多い点も見逃せません。

大手企業や知名度の高い企業は求人を掲載すると殺到するためわざと非公開にします。

少しでも意欲の高い方を募集したいからです。

他には公開できないプロジェクトの求人など競合他社に知られたくない求人も多数です。

転職サイトに登録しなければ絶対に見れない求人が大半ですので転職したい方は登録必須と言って良いでしょう。

転職エージェントや企業から提案・スカウトが来る

転職サイトの登録だけで提携している転職エージェントや、企業からの直接スカウトを受ける機会が得られます。

特に職歴がある方には非常に有利な転職となることが多いです。

職歴をベースに企業や転職エージェントがスカウトしてくるため、スムーズに内定に至ることもあります。

スカウトをもらうことで今まで検討していなかった業界や職種も選択肢となります。

盲目的な転職は失敗しやすいためスカウトはおすすめです。

転職のノウハウやセミナーなどの案内をしてもらえる

転職サイトに登録すると、セミナー情報や最新の転職ノウハウを得ることができます。

特にセミナーは良い情報源です。

現在の転職市場の市況などを報告してくれたり、採用が活発化している企業、業界の情報を得られます。

ハローワークで面接指導を受けるよりも有利な対策ですよ。

面接対策や履歴書・経歴書のチェックを個別にしてもらえる

転職サイトでは、申込制ですが、面接対策や履歴書・経歴書のチェックをしてくれるサイトがあります。

なかなか転職エージェントに足を運ぶ時間がないという方には非常におすすめです。

オンラインで相談に乗ってくれるところもたくさんあるため、自分のペースで転職活動をすることができます。

特に採用担当者目線で履歴書チェックを受けられるのは大きなメリットですね。

5年前にはなかったサービスです。

コラム:転職サイトを見ていると今の会社がマシに見えるかも知れない

転職サイトを見ていると、いま所属している会社が良い会社に見えることが多々あります。

社員食堂があったり、ボーナスがある会社に在籍している場合などは特にそう感じる可能性が高いです。

本当の零細企業になるとボーナスどころから給料も20万円を切っていたりします。

退職金もないケースが多数です。

転職活動は自分の会社を客観的に評価する良いきっかけにもなります。

他の会社が魅力的に見えるようであれば迷わず転職し、自社としっかり比較してみましょう。

自分の会社はまだマシなんだと思える人は、踏みとどまるのも良いことですよ。

次は、会社バレを防げるおすすめの転職サイトを紹介します。

転職サイトの登録だけで得られるメリットまとめ

  • 膨大な「非公開求人」を見ることができる
  • 転職エージェントや企業から提案・スカウトが来る
  • 転職のノウハウやセミナーなどの案内をしてもらえる
  • 転職サイトを見ていると、現職がましに見えるかもしれない

会社バレを防げるおすすめ転職サイト4つ

採用担当者を約10年間経験し、また自分自身も活用してきた経験からお伝えします。

会社バレを防げて有利な転職を可能とするのは、以下の転職サイト4つです。

  • 求人量と実績ならリクナビネクストで決まり!
  • 業界大手のマイナビ転職に相談で情報を網羅!
  • 地元密着の中小企業ならエン転職
  • 企業スカウトや幅広い提案をもらいたい方はビズリーチ

それぞれについて解説します。

求人量と実績ならリクナビネクストで決まり!

リクナビネクストは数ある転職サイトの中で、最も求人量が多いです。

リクルート運営企業という強みを活かしていますね。

とりあえず1回は使ってみようか、という企業から老舗の大企業まで採用活動に使う企業が多いです。

特にプライベートオファーという信頼度の高いスカウトメールは非常に精度が高いです。

筆者はリクナビNEXT経由で、

  • パナソニック本社人事
  • アクセンチュアの人事領域コンサルタント

の求人スカウトを受けました。

書類選考が免除されていたので、非常に楽に面接までたどり着きました。

>リクナビネクストへの登録はこちら

業界大手のマイナビ転職に相談で情報を網羅!

マイナビは実は製造業に強いという特徴を持っています。

単純に求人量でいけば、リクナビNEXTの次となります。

しかし、転職サイトとして重要な日本の基幹産業系の求人があります。

自動車業界や重機業界などが求人掲載をしていることも多いのも特徴です。

安定した待遇で働ける会社を探したいという方に向いているでしょう。

>マイナビ転職への登録はこちら

地元密着の中小企業ならエン転職

エン転職は大手企業の求人が少ない一方で地元密着の中小企業の求人が豊富です。

筆者も登録し、活用していました、。

地域で頑張っている中小企業求人を豊富に知ることができ、とても重宝しました。

地元で働きたいという方におすすめです。

>エン転職への登録はこちら

企業スカウトや幅広い提案をもらいたい方はビズリーチ

ビズリーチは基本的に情報収集段階で待ちの姿勢で転職活動を行うことが可能です。

どんどんスカウトや提案をしてもらえるため選択肢が広がっていきます。

特に年収をアップさせたいという方には非常にマッチしています。

>ビズリーチへの登録はこちら

会社バレを防げるおすすめ転職サイトまとめ

  • 求人量と実績ならリクナビネクスト
  • 製造業に強く、業界マイナビ転職
  • 地元密着の中小企業ならエン転職
  • 年収アップが狙え、幅広い提案がもらえるビズリーチ

まとめ

転職サイトは登録だけでも問題ありません。

ハローワークよりも転職サイトをおすすめします。

転職サイトへの登録のデメリットは、以下の2つです。

  • 会社バレのリスク対策をする必要がある
  • 転職サイトを1つしか利用しないと偏った情報しか入ってこない

転職サイトを活用する場合には、以下の点に注意するようにしましょう。

  • 注意点1:在籍企業のメールアドレスや電話番号を登録しないこと
  • 注意点2:職歴は詳細に記載すること
  • 注意点3:自身が特定されるような情報は記載しない
  • 注意点4:転職は情報が全て!気軽に登録して情報収集から始めよう
  • 注意点5:転職活動中であることは口に出さない。登録したことも言わない。

転職サイトに登録するだけで、以下のメリットを得ることができます。

  • 膨大な非公開求人を見ることができる
  • 転職エージェントや企業から提案・スカウトが来る
  • 転職のノウハウやセミナーなどの案内をしてもらえる
  • 面接対策や履歴書・経歴書のチェックを個別にしてもらえる
  • コラム:転職サイトを見ていると今の会社がマシに見えるかも知れない

おすすめの転職サイトは以下の4つです。

  • 求人量と実績ならリクナビネクストで決まり!
  • 業界大手のマイナビ転職に相談で情報を網羅!
  • 地元密着の中小企業ならエン転職
  • 企業スカウトや幅広い提案をもらいたい方はビズリーチ

会社バレを防ぎ、ノーリスクで転職活動を自分のペースで行いましょう。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-おすすめ転職サイト・転職エージェント

© 2020 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略