ハローワークのカラ求人とは?見分け方とスムーズな求人探しのコツを紹介

公開日: / 更新日:

カラ求人とは採用していないにも関わらず求人が出ているものを指します。

ハローワークでいい求人を見つけたと思ったら、カラ求人でがっかりしてしまいますよね。

「ハローワークインターネットサービスで見た求人に応募しようとしたらもう採用充足したと言われてしまった」

「実際に面接にいったら全く条件が違っている。ハローワークの求人チェックはどうなっているの」

このような経験をした方も多いのではないでしょうか。

ハローワークインターネットサービスで見た求人に応募しようとしたらもう採用充足したと言われてしまった

実は私はこれまで約10年間、採用担当者としてハローワークを活用し、不本意にもカラ求人を出してしまったことがあります。

例えば、

  • 採用担当者が採用が決まっていたのに連絡をハローワークにし忘れた
  • 一度求人を出してそのまま出しっぱなし

といったケースです。

私の落ち度とはいえ、それだけハローワークは求人チェック機能が弱いということです。

このような背景からカラ求人を事前に判断・回避し、最短で転職する方法を理解することができます。

もっと言えば、ハローワークの求人は質が良いと言えません。このあたりの説明と対策を本記事でしていきます。

スムーズに気になる求人を見つけ出し、内定を取りたい方はぜひ最後までご覧ください。

カラ求人を確実に回避する方法

「せっかく行きたい企業を見つけたのに申し込んだらカラ求人だった」

やる気十分で申し込んだのにカラ求人だと落胆してしまいますよね。

ハローワークは求人掲載料が無料なためチェックも甘くカラ求人が一部存在しているのです。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントです。

転職エージェントはエージェントが求人を紹介し、就職できたら企業からお金をもらうビジネスモデルです。

そのため、カラ求人の紹介は無く、転職サポートも充実しており、あなたに合った求人を紹介してくれます。

筆者のおすすめはワークポートです。

ワークポートはIT求人に強く、独自の非公開求人も多くあるため、未経験からでも自分の可能性を広げることができます。

もちろん無料で相談から転職までのサポートを受けられます。

もうカラ求人の可能性を疑わず、安心して転職活動をしたいという方は登録だけでもしておきましょう。

>ワークポートへの無料登録はこちら

ハローワークのカラ求人とは?分かりやすく意味や存在する理由を解説

ハローワークのカラ求人とは、採用する気もないのにハローワークに求人が出ていることを指します。

応募しようと窓口に行くと「もうその採用は終わっていた」と言われて無駄足を踏むケースがあり、これを「カラ求人」といいます。

また、応募してみると求人内容と全く違う労働条件を提示されて無駄足を踏む場合もカラ求人といえます。

JAIC

カラ求人の目的はなに?存在する理由を解説

カラ求人の目的は、

  • 経験の浅い素人の人事、採用担当者の面接練習目的
  • 求人願いの取り消し忘れ

の2つあります。

有料の求人媒体を使うとお金がかかってしまうため、ハローワークに求人を出して練習のために面接をするという企業も存在します。

また、単純にとっくの昔に内定を出していたのに求人停止願いをハローワークに採用担当者が出していないというケースもあります。

意図的にカラ求人が存在しているわけではないといえます。

また、助成金目当てで出しているなどという根も葉もない噂が出ていますが、人事担当者としては、そんなことはほぼあり得ないと断言しておきます。

助成金自体はハローワーク経由でなくても、申請すれば貰えるためです。

参考:トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)|厚生労働省

次は、カラ求人が存在する理由について解説します。

カラ求人は違法?なぜ減らないの?

カラ求人は厳密にいえば詐欺罪にあたる可能性があります。

採用する気もないのに求人を出しているので該当する可能性があります。

ただし、詐欺罪は立件することが難しいため、現実的には法律違反で訴訟することは難しいです。

また、カラ求人が減らない原因としてはハローワークがカラ求人をチェックする求人チェック機能を持たないために起こっています。

本来は求人を受け付ける段階で、カラ求人かどうか、今現在も求人をしているのかどうかのチェックはハローワークがするべきであり、ハローワークが果たすべき責任を果たしていないから起こっています。

次は、本気の求人を探すなら転職サイトがおすすめである理由について解説します。

本気の求人を探すなら転職サイトがおすすめ

企業が本気で人材を探している求人を探すなら転職サイトをおすすめします。

転職サイトは求人広告掲載依頼をすれば必ずお金がかるので、基本的にカラ求人が存在しないためです。

実際に、広告枠ごとに50万円から100万円までの結構な金額がかかっています。

まず100万円近い大金をドブに捨てる経営者はいませんので、必ず採用しようとするでしょう。

早く転職したいのであれば、なおさら民間の求人サイトで求人をチェックすることが近道になります。

次では、求人量が豊富で大手や地元企業を持っている求人サイトを紹介します。

是非参考にし、カラ求人を回避しつつ優良企業を見つけ出してくださいね。

おすすめ転職サイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職サイトとしては最も高い知名度を誇っています。

新卒でリクナビを使っていた方が、なんとなく登録しているサイトであるといえます。

掲載料金は高めで、カラ求人はないといえますね。

>リクナビNEXTはこちら

おすすめ転職サイト2:マイナビ転職

マイナビ転職は製造業の転職に強く、大手企業の本社採用の求人も掲載されています。

また、転職サイトの中でも知名度が高く、優良企業の求人が掲載されています。

掲載料金も高額なため、カラ求人はないといえます。

>マイナビ転職はこちら

カラ求人を回避しつつ転職活動を有利に進めたいのなら転職エージェント

カラ求人を避けつつ転職活動を有利に進めたいのなら転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは、転職者に求人を紹介し、転職に成功したらその企業からお金をもらうビジネスモデルです。

そのため、転職エージェントからしたら利益にならないカラ求人は取り扱っていません。

転職サイトは確かにカラ求人が回避でき、求人数も豊富でしょう。

しかし、

  • 自己分析
  • 企業分析
  • 面接対策

これらを自分でこなさなければなりません。

転職エージェントならこれらの対策を全て無料でサポートしてくれます。

しかも、ヒアリングを重ねてあなたに合った求人を紹介してくれますので企業とのミスマッチも起こりにくいのです。

ですので、転職エージェントは登録しておくだけでも損はないと断言できます。

筆者のおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

  • マイナビエージェント
  • ハタラクティブ
  • ワークポート

順に紹介していきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは業界大手のマイナビが運営する転職エージェントです。

大手や有名企業の求人も多く、特にメーカーに強いのが特徴です。

エージェントが企業の人事と密にコミュニケーションをとっているので内部の濃い情報も知ることができます。

転職活動に迷ったら登録しておけば間違いない転職エージェントと言えるでしょう。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験の求人を幅広い職種で取り扱っています。

そのため、未経験から違う職種に挑戦したい人にはうってつけでしょう。

やりたい仕事がなくても、専任のアドバイザーがあなたに最適な求人を紹介してくれます。

新しい自分になりたい方は一度相談だけでも受けて見ることをおすすめします。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートはIT業界に特に強い転職エージェントです。

もともとIT業界専門であっただけあり、IT求人が豊富で、未経験にも対応しています。

また、無料のプログラミングスクールも開講しているので、スキルがなくても挑戦することができます。

転職してスキルのある社会人になりたい方は一度相談してみてくださいね。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

次は、ハローワークでのカラ求人の見分け方について解説します。

【こんな求人に気をつけろ】空求人の見分け方を解説!

「カラ求人なんてどうやったら見分けることができるのかな」と悩んでいませんか。

実は、カラ求人の見分け方を解説すると、単純な方法で見分けることができます。

大切なことは求人票の矛盾を見抜くことです。

具体的には、以下のような方法です。

  • 求人票が矛盾している
  • 1年中、募集をしている求人

それぞれについて解説します。

見分け方1:求人票が矛盾している

カラ求人は採用担当者が書類をちゃんと作っていません。

求人票におかしな記載が必ずでます。

具体的には、即戦力を募集していると記載されているのに未経験者歓迎の文字が躍っている場合などです。

「即戦力大歓迎!未経験者でも応募可能なので応募してください」ならまだ矛盾していませんが、明らかな矛盾が認められる求人は警戒するようにしましょう。

[バナー_ハタラクティブ_2]

見分け方2:1年中、募集をしている求人

ハローワークの求人には応募可能期限が記載されています。

ギリギリの求人や応募可能期限が1年中となっている企業は要注意です。

必ず窓口の職員さんに、書類選考などの応募前に求人応募可能かどうかをチェックしてもらうようにしてください。

次は、カラ求人の面接の特徴について解説します。

カラ求人の面接はある?特徴や対処法は?

カラ求人でも面接はあります。

人事経験が10年に満たない素人の採用担当者や人事担当者のために、無料の求人で練習をしようというパターンがあります。

残念ながらこのパターンにあたってしまった場合には、応募前に見分ける方法はないといえます。

特徴としては、あまりにも質問をする面接官が面接に慣れていない場合には、カラ求人の可能性が高いといえます。

カラ求人が存在する質の悪い求人を避けたい方は民間の転職エージェントを積極的に検討しましょう。

次ではその使い分けについて解説してきます。

ハローワークと民間の転職サイト・転職エージェントは使い分けよう

「どうすればハローワークを使った転職はうまく行くのだろうか」と悩んでいませんか。

ハローワークは雇用保険の失業給付を受ける目的でのみ活用して、転職サイト転職エージェントメインにすることをおすすめします。

ハローワークは求人チェック機能が低く、応募した求人が活きているかどうか分かりません。

そのため、利用頻度を最低限度に抑えるようにしましょう

おすすめ1:失業認定日のついでにハローワーク求人に応募を3件する

雇用保険がある方の場合には、失業認定日のついでに3件以上の応募をハローワークから行いスタンプを貰うようにしましょう。

失業保険の受給要件を満たすことができますし、ついでに気になった求人に応募することもできます。

合わせて転職エージェントを活用することで、雇用保険を貰いつつ、転職活動をすることができます。

ハタラクティブ

おすすめ2:ハローワークを活用しつつ民間の転職サイトを活用する

ハローワークを活用しつつ、民間の転職サイトを活用するようにしましょう。

ハローワークで失業保険の受取が可能な場合には、失業認定日のついでにハローワークでめぼしい求人を探し、あとは民間の転職サイトから求人応募をするようにしましょう。

ハローワークをメインにするのではなく、民間の転職サイトをメインにするようにしましょう。

民間の転職サイトでおすすめできるのはリクナビNEXTマイナビ転職です。

求人サイトとは2強のため、どちらかに登録しておけば、求人の取り逃しなどが起こりにくいといえます。

ハローワークのカラ求人についてよくある質問

ハローワークのカラ求人って何?

ハローワークのカラ求人とは、採用する気もないのにハローワークに求人が出ていることを指します。

応募しようと窓口に行くと「もうその採用は終わっていた」と言われて無駄足を踏むケースがあり、これを「カラ求人」といいます。

カラ求人の目的はなに?

カラ求人の目的は、経験の浅い素人の人事・採用担当者の面接練習目的、求人願いの取り消し忘れの2つがあります。

また、助成金目当てで出しているなどという根も葉もない噂が出ていますが、人事担当者としてはそんなことはほぼあり得ないと断言しておきます。

カラ求人の見分け方はあるの?

実は、カラ求人の見分け方を解説すると、単純な方法で見分けることができます。 大切なことは求人票の矛盾を見抜くことです。

具体的には、即戦力を募集していると記載されているのに未経験者歓迎の文字が躍っている場合や応募可能期限が1年になっている企業は要注意です。

もっと質問を見たい

この他の質問については就職・転職 なんでも相談室でお受けいたします。

お気軽にどうぞ。

まとめ

カラ求人とは求人する気もないのに求人募集を続けることを指します。

意図的にではなくハローワークに出した求人の停止を採用担当者が忘れているケースもあります。

助成金等はハローワーク経由でなくとも取得可能なため、助成金目当てでハローワークに求人が出ている可能性は低いといえます。

また、経験の浅い素人の採用担当者の練習台としてハローワークを活用するということもあり得ます。

カラ求人を避けるためには、基本的にはハローワークではなく求人広告代金のかかる転職サイトを活用することをおすすめします。

ワークポート