既卒の就職方法

【既卒の求人サイト厳選8個】職歴なしから正社員になるコツは「組み合わせ」が重要

更新日:

「既卒向けの求人ってどうやって探したらいいんだろう」
「既卒で就職活動をしようと考えているけれど、どれが既卒向けなのか全くわからない」

既卒枠の求人を探したいけれど、どう探せばいいのか分からないという方は多いです。

私は10年間人事を担当しており、既卒向けに求人を出すことも多々ありました。

結論を言うと、既卒向けの求人は基本的には既卒専門の転職エージェントに依頼することが多く、

「自分で既卒向けの求人を探すよりもエージェント経由で見つける」のが一番早いと言えます。

既卒専門の転職エージェントを活用することや、既卒専門の転職サイトを活用すれば既卒向け求人を探すことは容易です。

ですが企業は新卒者を優先的に採用する傾向があります。

そのため、既卒者が正社員就職を勝ち取るためには、就活対策が必要となります。

この記事では既卒者向け求人の探し方や、正社員就職するための成功法を紹介しています。

既卒者が効率的に就活できる方法をお伝えしているので、最後まで読んでください。

最短で正社員に就職

社会人経験がないからと正社員就職を諦めることはありません。

社会人未経験者が利用できる就職支援サービスがあることを知っていますか?

利用実績15万人以上就職成功率80.4% ハタラクティブ なら

未経験OKの求人が多いため経験不問、人柄重視ですぐに正社員内定が決まると評判です。

「自己分析であなたの強みを見つける」

ハタラクティブはプロの目線で最短で就職できる就活方法を伝授してくれます。

既卒の就活に限界を感じた、自信を持って就活したい、そんな人におすすめです。

>就活に自信がないときの無料相談ハタラクティブはこちら

ハタラクティブ

目次

【既卒の求人探し決定版】4つのサービスで職歴なしから正社員の内定をゲット

「そんなに厳しい状況の中で、どうやったら内定が取れるのだろうか」と不安にさせてしまったかも知れませんが、対応策はあります。

既卒向け就活支援サービスを展開するジェイックなどの転職支援会社では内定確率はなんと80.3%以上を謳っています。

ハタラクティブや就職shopなどの会社は人事担当者とコミュニケーションをとって、採用意欲の高い会社を探し当てて求人を紹介するので、確率が倍増します。

また、本音を話すと既卒の採用は、採用担当者は転職エージェントに頼り切っています。

新卒採用・中途採用、給与計算や働き方改革への対応で忙しい中、既卒の通年採用まで入ってきたらパンクしてしまいます。

既卒向けのエージェントに頼ることで、楽をしたいという本音もあります

既卒求人は基本的に、既卒専門の転職エージェントと、既卒専門の転職サイトに集まっています。

既卒を採用しようと考えた場合に、ハローワークなどに掲載すると色んな会社が求人を出してしまっており、埋もれてしまうことが多いため、既卒に特化した転職エージェントに依頼することが多いです。

求人を探す側だけではなく、求人を出す側も既卒向け求人は実は苦労しています。

そこで、既卒専門の求人を扱っている就職支援サービスを紹介します。

特におすすめなのが、以下の就職支援サービスで、

  • ハタラクティブ
  • ジェイック
  • 就職shop
  • リクナビダイレクト既卒版

の4つを使って効率的に求人情報を収集しましょう。

職歴なし、未経験OKの求人に特化しているハタラクティブ

ハタラクティブはニート・フリーターなど職歴なしの方に強い就職支援サービスです。

職歴が少ない方もチャレンジしやすい未経験歓迎求人を常時2,300件取り揃えていて、15万人以上の方が利用しています。

自己分析サポートに力を入れたキャリアカウンセリングはマンツーマンで綿密に行ってくれます。

プロの目線であなたのことを深く分析してもらえるので、

「空白期間が長く就活のやり方がよく分からない」という方も改めて自分を良さを見直すことができます。

自己分析で自分の強み・良さに気づくと、自信を持って面接でも受け答えができます。

筆者も人事担当として実際にハタラクティブ経由で面接に来た人を30名ほど面接した経験がありますが、質問への切り返しが上手いと感じました。

内定後のアフターフォローも手厚く、二人三脚で就職獲得をサポートがしてくれます。

おすすめ度
4
求人数
常時1000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全

自己分析・企業研究・ビジネスマナーなど「就活のコツ」をジェイックで受ける

ジェイックでは就活支援を行っており、企業人事の心理を把握して、効率的な支援をしてくれます。

ジェイックでは自己分析を徹底的に転職支援員が行ってくれます。

企業研究なども手伝ってくれるほか、メーカーや商社など、安定して長く働ける優良企業とのみ取引しており、飲食店やアミューズメント業界(パチンコ業界など)は紹介しないと断言しており、ポリシーを持っています。

また、ビジネスマナーを1週間かけて研修してくれる営業カレッジを運営しており、かなりの熱量と時間をかけてビジネスマナーを研修してくれます。

企業にとっては既卒を採用するにあたってビジネスマナーを身に着けるさせるためにかかるコストは非常に高く、ビジネスマナーを身に着けた人材を採用できるのであれば非常にありがたいといえます。

自己分析の方法論を伝授してもらえるうえに、何度もフィードバックを行って完璧な自己分析になるまで何度も添削してくれます。

また、企業研究に関してもメーカーと商社を中心に求人を集めているため、ブレない企業研究方法を教えてくれます。

ビジネスマナー講座を1週間受けることで、名刺交換から挨拶の方法、笑顔で話すコツなど、必要な社会人基礎力を身に着けることができます。

ビジネスマナー講座を修了したら、書類選考一切なしでお見合い形式面接に参加できます

お見合い形式面接に参加できれば即日内定が出ることもあるため、非常に楽に正社員になることができます。

JAIC
おすすめ度
5
求人数
非公開(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫広島宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく

大手リクルートが運営する書類選考なしの就職Shop

就職Shopはリクルートが運営する大手転職サイトです。

書類選考も免除となり非常に有利です。

求人は未経験者が対象ですので、社会経験不問のない方におすすめのエージェントです。

業界最大手の運営会社で、利用者実績は10万人以上、約8,500社の求人を扱っています。

面接対策セミナーや個別面談などあり、支援が充実しているエージェントです。

利用者は主に20代の方がメインですが、年齢制限が特にないため働く意欲のある若者なら利用できます。

リクルート運営ということで、大手企業の求人を多く保有しています。

>就職shopはこちら

既卒の求人数はリクナビダイレクト既卒版で確保!

既卒向けの求人はリクナビダイレクト既卒版を活用するようにしましょう。

既卒向けの求人は、普通の転職サイトに掲載しても、なかなか応募者が見つけてくれないという事情があるため、リクナビダイレクト既卒版に集まっています

>リクナビ既卒版はこちら

コラム:地域に根ざした既卒求人の探し方はハローワーク

地元の既卒者向けの求人を探す上では便利なハローワークですが、少なくとも採用担当者が転職するときにハローワークを活用することはあり得ません。

ブラック企業求人が多いためです。

体感としては、採用担当者などの就職市場に精通している人が転職する際には、

  • 転職エージェント経由が1位
  • 転職サイト経由が2位
  • 最後の手段として活用するのがハローワーク

です。

ハローワークは求人のチェック機能などが著しく低下しており、本当におすすめできません。

まだ10年前であればちゃんとした公務員の方が責任をもってハローワークで求人窓口を担当していました。

しかし今のハローワークの窓口にいらっしゃるのは嘱託の非正規職員の方ばかりで、私が採用担当として求人票を出しに行ったときも

「うっかりミスを頻発される、書類のチェックミスがある」など正直いい対応をされた事がなかったです。

就職という一生を決める大切な決断を任せるなら、いい就職.comのような、しっかりとした就職支援を行ってくれる会社を活用するようにしてください。

次は、既卒向け求人は単純に求人を見るだけの方法で探そうとすると、失敗する理由をお伝えします。

【要注意】既卒は求人だけみる方法では失敗する!その4個の理由

「リクナビダイレクト既卒版なんてあるんだ!便利だな、じゃあエージェントは面倒だから、サイトだけで就活を済ませてしまおう」と考えないようにしてください。

既卒の就活は、1人だけではかなり難しいです。

その理由について解説していきます。

いい就職ドットコム

既卒の就活は厳しい!内定率は45%程度

マイナビによると既卒の内定率は45%程度であり、おおむね成功確率は半分以下の確率となっています。

参考:マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

企業側も出来れば新卒の人材を採用したい!という思惑があるため、既卒採用への意欲は高いものの、なかなか踏み出せずに新卒採用を優先するという事情が背景にあります。

既卒の内定率を下げる4個の理由

「求人はたくさんあるのに、なぜそんなに内定率が低いの」と不思議になると思います。

実は、求人はあるけれど、応募者側の準備不足で既卒は内定率が下がっています

新卒で入社しなかったという理由の説明方法や、就職意欲の有無など、ネガティブな要素があるためです。

  • 入社してからの定着率に不安がある
  • 業界研究や企業研究の不足から生じる面接での受け答えの浅さ
  • 自己分析の甘さ
  • ビジネスマナーへの不安が払しょくできない

それぞれについて解説します。

理由1:入社しても定着しないと思われる

既卒者は、新卒段階でどこの企業にも就職しなかったことで、就労意欲が欠けていると邪推されることも多々あります。

採用担当者の認識では、新卒よりも既卒のほうが早期離職など定着への懸念があります

理由2:業界・企業の分析ができておらず受け答えが浅い

「うちの業界は斜陽産業でいまは儲かっているけれど将来は苦しい可能性が高い、理解しているのかな」という発言をする方が既卒の中にはかなりの数います。

業界分析をしていれば、厳しい現状を理解した上で、自分なりの考え方を答えられるのですが、

「うちは将来的には厳しい可能性があるけれど、どう考えて勤務しようと考えていますか」いった質問に答えられない方もいます。

業界研究・企業研究をしっかりしていないから、浅い答えをしてしまい、面接に落ちてしまいます

理由3:自己分析ができておらず入社後に成長・活躍が見えない

「本当にうちの会社に入って仕事がしたいのかな」と感じてしまうような志望動機と自己PRを話す既卒の子が多々います。

自己分析が甘いと、入社後に成長・活躍が見えないだけではなく、入り口の段階で弾かれることも多々あります。

しっかりと自分自身がどんな仕事をしたいのかなどを考え、自己分析を徹底するようにしてください。

理由4:ビジネスマナーなど基礎的なスキルを知らない

「え?まだそんなレベルなのか。もう他の新卒の子は苦労しながらも仕事をしているぞ」

というレベルの既卒者に面接で遭遇することが本当に多いです。

例えば、挨拶の仕方、名刺交換の仕方など、基礎的なビジネスマナーがなっていないと採用する側は非常に不安になります。

特に筆者が面接していて感じるのは挨拶をしない既卒の方が思った以上に多いことです。

面接会場である会社では全員が面接官だと考えて動いたほうが良いので、必ず挨拶は徹底するようにしてください。

既卒の就活についてよくある事例と質問をみたい方はこちらの記事「「既卒・職歴なし」から正社員就職!採用歴10年で得られた成功パターンを公開」をご覧ください。

次は、既卒の内定率を45%から80%以上にアップさせる具体的な方法について解説します。

必ず内定できますので、絶対に読んでいってくださいね!

既卒の内定率をグッと高め成功する方法は「就活支援✕行動力」

既卒が就活を失敗しやすい理由ついては先述した通りです。

では既卒者が内定を獲得するためにはどうしたらいいの?と気になりますよね。

既卒者の内定率を一段と上げるコツとしては就活支援を上手く活用することと、自分から積極的に行動することが重要です。

具体的な対策としては以下の3つです。

  • 求人の探し方は「既卒OKの求人」を狙え!
  • 失敗して当たり前!行動力(挑戦✕行動量✕時間)で突破せよ!
  • あなただけの強みを探す「自己分析」で選考を突破!

それぞれについて解説します。

求人の探し方は「既卒OKの求人」を狙え!

既卒の求人を直接探したい場合は、「既卒OKの求人」のみを探すようにしましょう。

おすすめはリクナビダイレクト既卒版です。

求人数が1万社以上あり、既卒向けの求人のみを扱っているで非常に便利です。

普通のリクナビネクストなどの転職サイトを見ても、既卒向けの求人がどれかを探すだけでも苦労します。

効率よく就活を進めていくためにも、既卒者向けの求人に絞り込んで数をこなしていきましょう。

リクナビダイレクト既卒はこちらから

失敗して当たり前!行動力(挑戦✕行動量✕時間)で突破せよ!

「失敗したらどうしよう」と不安になる気持ちはとてもよく分かります。

不安を打ち消すには行動を起こすしかありません。

頭の中だけで就活失敗などの悪いイメージを持つと考え方がドンドン悪い方向に向かいます。

  • 複数のエージェントを併用して面接の数をこなす
  • 就職支援サービスに相談して就活のコツを受ける

など就職成功をサポートしてくれるサービスを活用して、とにかく動くようにしましょう。

就活エージェントはエージェントによって保有している求人が異なります。

求人情報を見落とさないためにも複数のエージェントに登録することがおすすめです。

理想は2~3サービスの利用をおすすめしますが、とにかく行動して挑戦しないと、成功はやってきません

既卒の就活で有利な時期を知りたい方はこちらの記事「【既卒の就活】既卒から正社員就職は厳しい?内定率を倍増させる就活のやり方を全公開」も参考にしてください。

既卒から正社員就職は厳しい?内定率を倍増させる就活のやり方を全公開
【既卒の就活】既卒から正社員就職は厳しい?内定率を倍増させる就活のやり方を全公開

「大学を卒業したけれど内定がないままに卒業してしまった。就職できるのだろうか」 「既卒扱いって言われたけれど、就職できるのか不安だ」 たしかに既卒になってしまうと、新卒よりも就職難易度が上がってしまい ...

続きを見る

就活支援サービスに相談することで、選考書類の書き方や模擬面接などの就活対策も教えてもらえます。

担当者は企業の人事担当者などと直接やり取りをしているため、

「企業がどういう人物を求めているか」などの企業情報にも強いです。

1人で就職活動を勝ち取るのは自信がないという方は、エージェントのサポートを受けてください。

就活のプロと二人三脚で挑戦すれば、スムーズに就活できて内定率も一段と上がります。

あなただけの強みを探す「自己分析」で選考を突破せよ!

正社員就職を成功するためには自分の強みをアピールする必要があります。

書類選考や面接でも、志望動機や自己PRがしっかり作り込まれていないと面接の質問に対して受け答えがうまく出来ず

「会話のキャッチボールが成立しない」ということもあります。

正社員内定に必要なポイントとして、

「なぜ既卒になってしまったのか」

「これからどうしたいのか」は明確に伝えられるようにする必要があります。

面接官を納得させるために、これまでの人生を振り返り、これからどう働いていきたいのかを突き詰めるようにしましょう。

自己分析の納得感が高いほど、自分が選んだ道に自信がわきあがり志望動機などに迫力がでてきます。

自己分析は徹底することが必須です。

就職支援サービスでも自己分析の方法論を伝授してもらえますが、「転職支援」が目的の転職エージェントは自己分析のサポートは簡易的です。

もっと深く自己分析をしたいという方にはキャリア相談で高評価なポジウィルキャリアがおすすめです。

「あなたの人生を売り物にしない転職のパートナーがいる」というキャッチフレーズの通り、二人三脚で転職活動を進めることができます。

  • 手厚い質の高いサポートを転職が決まるまで受けたい
  • 転職活動に自信がない
  • 自分の適性にあった理想の転職を叶えたい

といった方々におすすめです。

サービスの利用にあたっては有料となりますが、相談は無料です。

転職活動を自信を持って進めたいという方はキャリア相談サービスを受けてみるのも手です。

>ポジウィルキャリアの無料相談予約はこちら

最後に、おすすめの既卒求人サイトを紹介します。

良いサイトを厳選していますので、積極的に活用してくださいね。

おすすめの既卒求人サイト

既卒で就職に成功するためには、既卒を対象としているサービスをとにかく使うことが大切です。

良い既卒求人サイトほど、実は人事担当者の手間を省く傾向にあります。

ジェイックの営業カレッジは、1週間の研修で企業側が不安視する「ビジネスマナー」を鍛えていますし、リクルートダイレクト既卒版は、既卒の求人をどこに出したら良いか迷う人事の手番を省いています。

それぞれ紹介していきます。

1位:ハタラクティブ

ハタラクティブは、若者向けの転職支援に強みを持った転職エージェントです。

登録者の93%が20代の若年層ということもあり、若者の気持ちに寄り添った転職支援サービスを展開しています

未経験者向けの求人に強く、既卒者から正社員就職を目指すならまず登録することをおすすめします。

おすすめ度
4
求人数
常時1000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全

2位:ジェイック

ジェイックは自己分析を丁寧に行って、個人に合った会社を紹介するサービスを展開しています。

営業カレッジで1週間の時間を確保する必要性はありますが、1週間耐えることが出来れば書類選考なしで面接にたどり着ける上、30社の企業と1日で最終面接をすることができます

かなり内定しやすいといえますね。

JAIC
おすすめ度
5
求人数
非公開(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫広島宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく

3位:就職shop

就職shopは大手リクルートが運営しています。

就職shopの求人に応募した場合、経験や資格などを見る書類選考がありません。

ジェイックは営業職がメインとなりますが、就職shopでは8,500社の求人を保有していて営業職以外も多いです。

紹介してくれる求人は100%エージェントが訪問取材している企業のため、安心して紹介を受けられる点もおすすめです。

>就職shopはこちら

4位:リクナビダイレクト既卒版

リクナビダイレクト既卒版は、既卒向けの求人のみを集めたサイトです。

どこで既卒者を採用しているのかがわからず迷っている既卒者は必ず登録しておきましょう。

なお、卒業後3年以内の人しか登録できない仕様に見えるかも知れませんが、それより以前の卒業生でも登録できるので気にせず登録することをおすすめいたします。

>リクナビダイレクト既卒版はこちら

5位:ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒は、非常に担当者が丁寧な対応をする転職エージェントであるといえます。

実際に採用側から見ても、ウズキャリを経由して面接に来る既卒の子は「受け答えがしっかりできる」という定評があります

>ウズキャリ既卒はこちら

6位:いい就職ドットコム

実はレア求人もあるのが、いい就職ドットコムです。

既卒向けの転職エージェントはどうしてもメインが営業職の求人に偏りますが、いい就職ドットコムは企業の人事と独自のパイプを築いています

私が中堅印刷会社で人事をしていた時代にも、よく活用させていただいていましたが、職歴なしの既卒の若者を総務に採用したり、技術として採用したこともありました。

「営業職はどうしてもやりたくない」という方はぜひ使ってみて下さい。

いい就職ドットコム
おすすめ度
4
求人数
5,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代

年収

400万円~600万円

  • 新卒・既卒・第二新卒の就職支援に特化した転職エージェント
  • 未経験であっても意欲の高い若者を採用し、しっかりと育てていきたいと考える企業の求人が多数
  • 就職アドバイザーが働く環境や待遇面などをチェックしているので安心

7位:キャリトレ

キャリトレは20代向けの転職サイトです。

レコメンド機能などがついており、自分に合った求人をサイトがピックアップしてくれるなど、マッチングを重視した転職サイトです。

>キャリトレはこちら

8位:Re就活

Re就活は20代の転職に強いサイトです。

就職博を頻繁に開催しており、登録しておくとダイレクトメールで開催のハガキが頻繁に来るので、参加してみてください

非常に活気がある上に、参加している企業は大企業が多いです。

企業側が高い参加費用を払って参加しているので採用意欲が旺盛です。

>Re就活はこちら

まとめ

既卒の求人を探す場合はエージェントに頼るのが一番の近道であるといえます。

求人を出す人事側もどこに求人を出すのかでいつも迷っています。

既卒向けの転職エージェントと就活サイトに求人は集まる傾向にあります

積極的にサイトとエージェントを利用して、既卒の就活で内定を勝ち取りましょう。

-既卒の就職方法

© 2021 しごとウェブ転職