経理のおすすめ転職エージェントはどこ?採用担当が教える経理に強いエージェント5選

更新日:

経理の転職エージェント!!

経理の転職で

「経理におすすめの転職エージェントはどこ?」

「大手の経理に強い転職エージェントを知りたい」

「経理のおすすめ求人はどうやってチェックするの?」

と気になりませんか?

経理におすすめの 転職エージェントはどこ?

筆者は10年ほど採用担当者を経験し、経理職の採用も多数経験してきました。

その経験をお伝えすると経理におすすめの転職エージェントは特化型の転職エージェントと大手転職エージェントとの併用をすることが成功のカギとなります

なぜなら経理のある管理部門は経営体力がある大手企業・優良企業に集中しています。

そのため、大手企業の求人を保有している大手転職エージェントも併用しないとなかなか優良な求人が見つからないためです。

さらに正しい求人選びも重要です。

最悪、不正な決算に手を貸すこととなります。

この記事では経理におすすめの転職エージェントの紹介とハズレのない求人選びも紹介します。

経理の転職に成功したい人は必ず最後までチェックしてください。

経理のおすすめ転職エージェント5選

経理おすすめ転職エージェント5選

「経理に強いおすすめの転職エージェントはないのだろうか」と気になりませんか。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

  • MSジャパン
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda
  • JACリクルートメント

それぞれについて解説します。

MSジャパン

MSジャパンは管理部門の求人のみを扱う管理部門特化型の転職エージェントであり、経理職の転職に非常におすすめです。

管理部門の求人以外を基本的に扱っていないため、登録した後にミスマッチが起こる可能性が非常に低いためです。

また、管理部門特有の採用事情にも非常に精通しており管理部門経験者かつ管理部門で転職を考えている方はまず登録してみると良いでしょう。

>経理に特化したMSジャパンへの無料相談はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェントは東京在住の経理志望者に非常におすすめの転職エージェントです。

特に東京方面であれば経理職を含めた管理部門求人が多く紹介される可能性があるためです。

筆者はかつて京都で管理部門職種で転職しようとした際に

「京都ではあまり管理部門の求人がなくて紹介する求人が少ないです。営業職求人なら紹介できますよ。」

と言われて辞退したことがあります。

担当者からは「東京ならたくさん管理部門の求人がありますよ。」

と案内されたため、東京などの首都圏であれば非常におすすめできる転職エージェントです。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントも経理におすすめの転職エージェントです。

特にマイナビエージェントはメーカーの管理部門求人を多く取り揃えています。

知名度の高いメーカーや大手も利用しているため大手企業を狙いたい方は登録して相談することがおすすめです。

管理部門に特化した部門もあり、登録することで経理職の仕事を優先的に紹介してもらうことができます。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

doda

dodaは関西では非常に企業に信頼されている転職エージェントであり、関西で経理の仕事を探したいという方には非常に向いています。

知名度が高いため、利用企業にも大手が多くおすすめです。

実際、筆者が関西資本の大企業で採用担当者をしていたとき、dodaで経理職・監査職の管理部門の方の採用をしていました。

doda
求人数
11万件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円以上

  • 幅広い業種・職種に向けて、良質な求人を紹介してもらえる総合転職エージェント
  • 保有する求人は約10万件と業界トップクラスの求人数を保有
  • 特に大阪・関西在住者の方におすすめ!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

JACリクルートメント

外資系企業の求人イメージが強いJACリクルートメントですが、実は経理の求人が非常に充実しています。

筆者もかつてJACリクルートメントで転職活動をしたことがありましたが管理部門求人が非常にたくさん紹介された経験があるためおすすめできます。

経理職の求人紹介もあり、未経験からでも挑戦できる経理職求人がありました。

JACリクルートメント
求人数
15,000件(60%が非公開求人)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

30代40代50代

年収

600万円~2000万円

  • 一人一人の専門性や可能性、希望を最大限配慮したポジションを提案
  • 外資系・海外進出企業など、グローバル転職の支援に強み
  • 業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルがあなたをサポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ところで経理の転職にあたり転職エージェントと転職サイトのどちらを利用すれば良いか悩んでいませんか?

次で解説いたします。

経理は転職エージェントと転職サイトのどちらの利用がおすすめ?

転職エージェントor転職サイトどちらがおすすめ?

経理は転職エージェントと転職サイトを比較するのであれば、間違いなく転職エージェントを利用する方をおすすめします。

内定率がアップするためです。

なぜなら経理職は採用予定人数が少なく転職エージェントの方が採用経費を抑えられるためです。

転職サイトは採用に成功しても失敗しても広告費が最低50万円程度はかかり、採用できるまで無限に経費がかかります。

転職エージェントであれば転職成功時に年収の35%を支払えば良いのでそれ以上の追加コストがありません。

また、採用コストの面だけではなく転職エージェントは採用担当者の要求するスペックを事前に理解して書類選考を少しだけ手伝ってくれるため、時間削減としても重宝している側面があります。

以上のことから経理の転職では求人掲載がされている転職サイトを利用するのではなく、転職エージェント経由で応募するようにしましょう。

参考:経理の転職をエージェントに頼むメリット・デメリット|管理部門(バックオフィス)と士業の求人・転職ならMS-Japan

次は、経理の求人選びでチェックすべきポイントについて解説します。

経理の求人選びでチェックすべき5つのポイント

経理の求人選びでチェックすべき5つのポイント!

転職にはリスクが付き物です。

失敗の確率を減らすためにも求人をしっかりとチェックしましょう。

経理の求人選びでチェックすべきポイントとして、以下の5つがあります。

  • ポイント1:企業規模をチェック
  • ポイント2:過去に粉飾決算等でニュースになったことがないかチェック
  • ポイント3:経理担当者の人数をチェック
  • ポイント4:上司はプロパー(新卒)かどうか確認すべき
  • ポイント5:スキルアップできるかどうかをチェック

それぞれについて解説します。

ポイント1:企業規模をチェック

経理職で転職するときは必ず企業規模をチェックするようにしましょう。

企業規模によって給料が決まってくるためです。

経理職を筆頭に管理部門は利益を生まない部門なので、企業規模として正社員500名を切っているような企業だと給料が極端に低くなる可能性があります。

給与面を重視する方は必ず企業規模をチェックするようにしましょう。

ポイント2:過去に粉飾決算等でニュースになったことがないかチェック

応募する企業が過去に粉飾決算等でニュースになったことがないかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

不正な経理をすることを強いられる可能性があるためです。

特に粉飾決算などをしていた会社で経理などをすると、もう転職できなくなる可能性もあります。

会社や会社の経営者に前科がないかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

ポイント3:経理担当者の人数をチェック

経理担当者の人数を入社前に必ずチェックするようにしましょう。

理由として、経理担当者の人数が少なすぎると仕事の負担が大きいためです。

正社員が何万人もいるのに経理担当者がたった数人といった企業は避けるようにしましょう。

ポイント4:上司はプロパー(新卒)かどうか確認すべき

経理部門の上司がプロパー(新卒)かどうかは絶対に確認するようにしましょう。

もし上司が新卒入社組ではなく銀行からの出向組であるケースでは、出世することが絶望的なためです。

大手・中小企業を問わず経理部の部長職は銀行出向組がいるというケースがあります。

なぜいかというと、銀行出向組を受け入れることで企業にとっては銀行からの融資が有利になるためです。

ですが、銀行から出向してきた方はモチベーションが低い傾向で成長しづらい傾向にあります。

経理部門の上司が銀行の出向者となっている企業は避けるようにしましょう。

ポイント5:スキルアップできるかどうかをチェック

スキルアップできる仕事内容かどうかは必ずチェックするようにしましょう。

ずっと仕訳ばかりやらされるならばスキルアップしようがないためです。

スキルアップできない環境ではたらいた場合、再転職が難しくなりリストラにおびえて会社にしがみつくような働き方となってしまいます。

そうならないように必ず財務や税務などの難しい仕事に挑戦させてもらえるのかは聞いておくようにしましょう。

「経理以外の仕事も考えているけれど、どうすればいいのかな」と気になりませんか。

次は、経理から異職種に仕事をする方法について解説します。

経理以外の仕事も視野にいれるならビズリーチでオファーをもらおう

引用:ビズリーチ

経理以外の仕事も視野に入れるならビズリーチでオファーをもらうようにしましょう。

ビズリーチは完全にスカウト待ちの転職サイトですが、意外なオファーがたくさん来る傾向にあるためです。

経理から営業職など他の職種へのお誘いがある可能性もあるので、必ず登録しておくようにしましょう。

求人掲載していない企業からオファーをもらうことも多々発生するでしょう。

ビズリーチ
求人数
96,000件
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

400万円~1000万円以上

  • 国内最大級のハイクラス転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ところで「経理に未経験から転職するためにはどうすればいいの」と気になりませんか。

最後に、経理に未経験で転職する方法について解説します。

経理未経験でも簿記2級の資格取得で採用されやすい

経理未経験でも簿記2級の資格取得で採用されやすくなります。

総務人事などは経験が全てと言われる部門ですが経理職は

  • 素早く仕事を出来れば良い
  • 正確でさえあれば良い

など求める仕事の内容が違います。

経理は

  • 正確に数字を入力すること
  • 数字をしっかりと読むこと

が重視される部門なので経験があまり問われず、さらに資格保有となれば将来への専門性も期待され採用されやすくなります。

そのため管理部門の中でも経理職は未経験から一番採用されやすいという性質を持っています。

まとめ

今回は、経理転職に必須の転職エージェントについて解説しました。

特に本文中で紹介した以下の5つの転職エージェントは経理職求人があるためおすすめです。

  • MSジャパン
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda
  • JACリクルートメント

各転職エージェントが経理職求人を豊富に取り扱っています。

また、経理職転職では会社の規模や会社の経歴に注意するようにしましょう。

うまく転職エージェントを活用し、経理職での転職を成功させるようにしましょう。