新卒とは?既卒vs第二新卒・新卒扱いの期間・最終学歴の差など全て解説

公開日: / 更新日:

新卒とは?既卒vs第二新卒・新卒扱いの期間・最終学歴の差など全て解説

「新卒の定義を詳しくしりたい。自分は新卒として就活していいのかな?」
「新卒のうちに就職したほうが良いと聞くけれど、それはなぜだろう」

新卒の定義や新卒がなぜ有利なのかは、毎年多くの就活生が疑問に思っています。

新卒の定義を詳しくしりたい。自分は新卒として就活していいのかな?

新卒は企業にとって毎年必ず必要な採用対象のことです。

特に大企業では新卒を、毎年一定の人数を必ず採用するため、新卒時に出来れば就職したほうが良いという認識が就活生の間では根強いですね。

有名大企業では、新卒以外では滅多に入社できないという企業も多いです。

大企業に入ると教育もしっかりしていますし、ブランド力からその後の転職も進めやすいです。

私はこれまで約10年間採用担当者として採用活動をしてきましたが、新卒ブランドは絶大ですし、いま振り返ると新卒の段階でもっと就活を真剣にやればよかったかなと採用していて感じています。

この文章を読めば採用担当者の目線が分かるため、新卒とは何かが理解でき、新卒で就職することにいかにメリットが大きいかを理解することができます

行きたい企業がないから内定を取っているにも関わらず、入社せずに既卒で就職しようと考えている方は、絶対に読まないと後悔します。

新卒とは?「高校や大学を卒業して、1日も空けずに企業に入社する学生」のこと

「新卒って具体的にはどんな人のことを指すのだろうか」と改めてその定義について考えてしまう学生の方も多いです。

新卒とは「高校や大学を卒業して、1日も空けずに企業に入社する学生」のことを指します。

つまり、卒業してすぐに会社に入社する人材を新卒と定義しています。

空白期間もなく、他社での就業経験もないので、企業に非常に好まれる存在が新卒です。

次は、新卒の年齢制限について解説します。

既卒になっても新卒扱いされる期間があり、

新卒に年齢制限はない!ただし27歳くらいまでが一般的な新卒のイメージ

新卒に年齢制限は特にありません。

しかし、一般的には大卒なら25歳くらいまで、大学院卒なら27歳までを新卒と扱います。

企業によって扱いが違いますが、最も歓迎されるのは大学・大学院をストレートに卒業している人材です。

浪人しても新卒扱い?3浪でも新卒就活で苦労しない?

浪人しても新卒扱いされます。

3浪すると流石に京大等の難関国立大学以外では苦労します

他の新卒よりも3歳年を食っている分、それだけ努力した成果を見せて欲しいと考える面接官が多いですね。

留年・休学しても新卒扱い!ただしポジティブな振り返りは必要

留年・休学をしても新卒扱いされますが、企業によっては留年した人材を嫌います。

留年するとそれだけ勉強をサボっていたという印象を人事に与えます

必ずなぜ留年したのかの理由をポジティブに振り返るようにしましょう。

大学の制度によっては留学をすると単位が取れず絶対に留年してしまうなど制度の欠陥というものもあります。

特に留年した場合は、理由をしっかりと伝えられるようにしましょう

コラム:第二新卒とは一度就職してすぐに離職した人のこと

第二新卒の採用が最近では盛んなので耳にしている方も多いと思われます。

第二新卒とは、企業に一度就職して3年未満の勤続年数で会社を退職したか、退職する予定で転職活動をしている人材を第二新卒と呼びます。

新卒以上、経験者未満の人材を第二新卒という呼び方にしている企業もあります。

社会人経験が若干あるため、採用後に教育コストが省けるため、中小企業からは人気の人材像です。

次は、新卒扱いされる年齢とは一体いつまでなのかを解説します。

いつまで?新卒扱いされる年齢とは?

「いつまで新卒扱いされるのだろうか。30歳でも新卒なの?」と悩まれている方も多いです。

実は、新卒の年齢に関しては、企業ごとに全く扱いが違います

大学をストレートで卒業して22歳の人材だけが新卒だという考え方をしている企業もあれば、27歳くらいまでなら初就職なら新卒だよねと非常に年齢に関しては定義が曖昧です。

新卒扱いされる年齢が何歳までかを知りたい場合、企業の採用担当者に直接電話して確かめるのが一番早いです。

また、こちらの記事「【新卒枠を逃すな】採用における新卒の意味は卒業後3年以内に新卒枠で入社する人材」でも新卒の意味について詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

人手不足のいま、既卒でも就職できる!

既卒になってしまうと不利になるとこれまでは言われてきましたが、いまは全く状況が違います。

職歴がなくても就職しやすい状況になっており、既卒専門の転職エージェントまで登場しています

需要がなければ既卒専門の人材紹介会社などは出現しませんので、いかに需要が高いかということが分かります

実際、私も人事担当として既卒専門の転職エージェントを複数利用し採用していました。

次は、高校・大学院などの最終学歴について解説します。

高専卒は高卒と同じ扱いで給与がずっと低いままということも多々あるため、しっかりと確認して就職タイミングを掴んでくださいね。

高校・大学院など最終学歴による新卒の扱いの違いを解説!

「高卒や大学院卒は、大卒新卒とは扱いが違うのかな」と疑問を持っている学生は非常に多く、よく相談を受けます。

高卒・大学院卒でも就職してすぐに1日の空白もなく企業に入社した場合は新卒扱いになります。

違いは入社後の待遇が違ってきます

高校が最終学歴でも新卒!ただし大卒と比べ配属先・初任給・昇給に差が出やすい

高校が最終学歴でも、新卒扱いになりますが、給料や仕事内容が違います。

大卒以上は幹部候補生扱いになることが多く、最終的には役員にまで出世できる道が残っています

一方、高卒の場合は部長または課長で出世が止まることが多いです。

大卒以上が事務系の仕事に就労するのに対して、高卒は、現場仕事など体力仕事をする部署に配属されます。

大学院生でも新卒!ただし大手以外では大卒と同じ待遇のケースも多い

大学院生でも卒業後すぐに入社した場合は、新卒扱いです。

大手企業では大学院卒の場合は、給与が大卒よりも高い、入社してすぐに職位が一段高いなど優遇措置を取られることが多いです。

中小企業の場合は、大卒以上はみな同じ扱いというところが多いですね。

専門学校が最終学歴でも新卒!待遇は高卒と同じ

専門学校卒は人事的には一番損な学歴であると言われています。

高等専修学校卒、高等専門学校卒ともに、学歴的には高卒と同じ扱いとなります。

専門学校卒は給与規定などで高卒と同じ扱いになり、出世も高卒と同じ扱いとするところが多いためです。

大卒・大学院卒のように学位が明確にないため、待遇としては高卒と同じです。

もしもいま高専(高等専門学校)などに通っていて就職するか大学編入かで迷っている理系の学生がいたら、迷わずに大学へ編入し、大学院まで修了してから企業に就職することをおすすめします

将来の待遇が全く違ってきます。

次は、新卒のメリットについて解説します。

新卒にある凄まじいメリットに気づいていない学生も多いので、絶対読んでいってくださいね!

筆者も、もしも新卒のときにこのメリットに気づいていたら後悔はなかったなと思うほど新卒はメリットいっぱいです。

新卒は就職しやすい!3個のメリットを活かそう

新卒の最大メリットは、職歴がなくても将来性だけで大企業に採用されることです。

また、他には、

  • 企業に育成してもらえる
  • 採用人数が多い

など、中途採用者では滅多に得ることができないメリットを享受することができます。

新卒のメリット1:経歴がなくてもポテンシャルで採用してもらえる

新卒は職歴が全くなくても、ポテンシャル採用が大前提となっています。

新卒は採用段階の能力を見るのではなく、将来の伸びしろなどを判断して採用してもらうことができます。

そのため、大企業で中途採用では滅多に入れないと言われるような企業を受けることができ、採用される可能性も非常に高くなります

新卒のメリット2:新人研修が充実し未経験でも合格しやすい

新卒は新人研修が非常に充実しています。

大企業で文系なら半年間、理系なら1年間は研修でお給料とボーナスがもらえます

座学も多く、定時で終わるため、非常に恵まれた状態で社会人生活のスタートを切ることができます。

お金をもらいながら定時上がりで勉強させて貰えるようなことは、新卒以外では滅多にあり得ません。

新卒のメリット3:募集人数が多い

中途採用になると、一つの職種に対して募集人数が1人ということも多々あります

しかも、応募者が殺到するため、倍率は簡単に10倍を超えます。

それに対して新卒であれば、募集人数が大企業であれば500名から1,000名を超えることもあります

非常に採用されやすいですね。

コラム:時間があるなら様々なインターンを経験して自分に合う仕事を探そう

新卒の学生時代のうちに絶対に様々な企業のインターンを経験しておくべきです。

筆者が一番後悔しているのは、簡単に内定をとれた企業に入社してしまったことです。

上場しているし、従業員も正社員が1万人以上はいる大企業だということで入社を決めましたが、いま思えばもっと他の企業をインターンしたりして、たくさん見ておけばよかったと思っています。

企業の規模やお給料よりも、自分に合った会社を探し方がよっぽど大事です。

入社した会社で65歳まで働く可能性もあると考えて、広い視野で就職活動をしてみてくださいね。

次は、新卒でなかなか内定が出ない場合に活用できる就職支援サービスについて解説します。

内定が出ない方は就職支援サービスを受けよう!

新卒でもなかなか内定がでないというケースは、面接対策や履歴書の書き方が間違っているなどの原因が考えられます

客観的な立場からアドバイスを受けられるキャリアチケットジョブスプリングというサービスがおススメです。

新卒向け就活支援サービスでは、

  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 自分自身の適性にあった会社の求人紹介
  • 自己分析のお手伝い

など豊富な支援をしてもらえます。

どちらのサービスも就職セミナーなどが開催されているため、

なかなか内定がでないと悩んでいる新卒の方は、積極的に活用するようにしましょう。

就活のための情報収集やノウハウのレクチャーが受けられますよ。

>キャリアチケット公式サイト

>ジョブスプリング公式サイト

次は、おすすめの就職支援サービス3つを紹介いたします。

就職支援サービスの中でも最も優良な3つなので、しっかりチェックしていってくださいね。

おすすめの就職支援サービス3つ

就職支援サービスは新卒で就職したい若者と、新卒を採用したいと熱意の高い企業をマッチングさせるサービスです。

特に最近では、学生の適性により沿った求人紹介を行う就職支援サービスが活発なっています。

サービスを紹介していきます。

1位:ジェイック

ジェイックではワンデイ教育プログラムを実施しており、新卒で就職に悩む若者の悩みに寄り添うサービスを展開しています。

ワンデイ教育プログラムでは挨拶の仕方など、企業に入社してからを見据えて教育研修をしてくれます。

紹介される求人はメーカーと商社が中心であり、いわゆるブラック企業が多いアミューズメント(パチンコ産業など)や不動産業界の求人は紹介しないという方針で活動を行っています。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

2位:DYM就職

DYM就職は既卒、第二新卒を始めとした20代の若者に特化した転職エージェントです。

サービス満足度90%を誇り、質の良い求人が多いと評判です。

独自の厳しい基準を設けてブラック企業の求人を排除していることも特徴の一つです。

大企業以外にも福利厚生も充実した優良な中小企業の求人を多く保有しています。

書類選考なしで面接に進める求人もあるので職歴に自信がない方にもおすすめです。

DYM就職
求人数
2,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代(35歳まで)

年収

250万円~600万円

  • 第二新卒・フリーター・ニート向けの求人を多く保有
  • 上場企業・ベンチャー等多彩な求人から書類選考免除で面接可能
  • 自己分析から面接まで無料サポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

3位:ハタラクティブ

ハタラクティブは、若者の採用支援を行っています。

ハタラクティブの特徴としては、マッチングに重きを置いており、若年層の就労支援に力を入れています

登録したら即日電話をしてくるなど、誠実な対応を心がけている会社です。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

まとめ

新卒の定義は、学校を卒業してすぐに企業に入社する学生のことを指します。

年齢については企業によって定義が異なり、企業ごとにどこまでを新卒とするのかは変わります。

一般的には大卒で22歳の若者が世間では新卒と呼ばれています。

学歴によっては新卒扱いで入社しても昇格と昇給などの面で高卒・大卒・大学院卒で区別されることが一般的です。

新卒でどうしても内定が出ないと悩んでいる場合は、新卒向けのエージェントを活用するようにしてください。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。