タクシー業界からの転職先はどこがおすすめ?求人の探し方と選び方の全て

公開日: / 更新日:

タクシー業界から転職を考えている人は転職先の業界や職種選びに苦労しているのではないでしょうか。

特にタクシードライバーは勤務体系や待遇が特殊です。

不安定かつ長時間労働、不規則勤務などがあるため、うんざりしている方も多いと思われます。

そのため転職するにあたっては改善したい重要ポイントを認識することが大切です。

もし、タクシードライバーの歩合給制度で生活が安定しないという方は営業職・セレモニースタッフや接客業といった選択肢があります。

また、運転の経験を活かしたい、煩わしい人間関係がない方が良いという方はトラックドライバーや警備員を選ぶことで人間関係の少ない仕事をすることができます。

この記事を読むことでタクシードライバーからの転職先と選び方が分かるようになります。

タクシードライバーから転職したい人はぜひ一読をおすすめします。

タクシードライバーのおすすめ転職先

タクシードライバーから転職するにあたって重要なことは、タクシードライバーならではのメリットとデメリットを認識し、タクシードライバーよりメリットの多い転職先を探すことです。

タクシードライバーの特徴としては

  • ハード
  • 不安定

というデメリットがある反面、

  • 気軽に1人だけで仕事が出来る
  • ノルマを達成すれば高給を狙える

というメリットがあります。

そのため

  • 1人で出来る仕事をしたいのか?
  • どれくらい稼ぎたいのか?

といった条件から転職先を検討してみましょう。

また、せっかくタクシー運転手をしてきたキャリアを活かせないか検討することをおすすめします。

タクシーから転職するにあたっておすすめな転職先は以下の7つです。

  • トラックドライバー
  • 介護
  • セレモニースタッフ
  • 警備員
  • 営業
  • 清掃
  • 接客

それぞれ、職種ごとのメリットとデメリットをまじえて解説します。

トラックドライバー

トラックドライバーはタクシードライバーの仕事における運転技術を活かせる仕事のため、おすすめです。

トラックドライバーの仕事には大きく2種類があり、

  • 大型トラックのドライバー
  • 中型以下のトラックのドライバー

があります。

トラックはどれだけ多くの積荷を運べるかによって収入が変わるため、大型トラックのドライバーは収入が高くなる傾向にあります

また、大型のトラックドライバーになりたいという方は必ずフォークリフト運転免許を取得しておきましょう。

なぜなら、大型貨物の荷物を運ぶドライバーは積荷をする際、フォークリフトを運転出来た方が便利なためです。

フォークリフトの運転免許はコマツや三菱ロジスネクストの各工場で取得することが可能です。

転職活動の準備期間中に、取得することをおすすめします。

運転スキルをトラックドライバーで活かせいないか検討してみましょう。

>トラック運転手求人サイト「トラQ」

介護

介護は正社員雇用されやすく今後も需要が見込まれる仕事のためおすすめです。

需要が増える一方で担い手が少ないため介護の仕事では慢性的な人手不足であるため採用されやすいのです。

特に力が出る若い方は人気です。

介護の仕事は、高齢者の方の日常生活の補助をする仕事です。

高齢者の食事準備や入浴の補助・移動の補助、買い物の代行などを行います。

他には介護の送迎を行う運転手の仕事もあり時給が高いですが稼働時間数が少ないため稼げないという側面があります

送迎の仕事よりも、実際に介護を行う仕事の方が安定して収入を得ることができます

介護の仕事で正社員になり、安定した生活を送りましょう。

セレモニースタッフ

セレモニースタッフの仕事は、葬儀場にてご遺族の方たちが無事に葬儀を終えられるようにサポートする仕事です。

高齢化社会のために利用者数は増加傾向でかつ人の不幸は予想がしづらいため、常に人員を確保する必要性があり正社員も多くしています

正社員雇用で固定給が出るため、安定した仕事となることが多いです。

ただし、お通夜などは夜19時以降が基本となるため、不規則な勤務になってしまう可能性が高いです。

ご遺族に配慮した立ちふるまいを求められるため人生経験が豊富な方も採用される傾向にあります。

警備員

タクシードライバーから警備員に転職するにあたっては、1号業務の警備員をおすすめします。

なぜなら、1号業務は施設警備員を行うことになり、仕事量が安定しているためです。

仕事が常にあることで正社員雇用されやすいのも魅力です。

警備員の仕事は、1号業務から4号業務に別れています。

  • 1号業務:施設警備
  • 2号業務:雑踏警備・交通誘導警備
  • 3号業務:貴重品運搬業務
  • 4号業務:身辺警備(ボディーガード)

とされています。

参考:警備業務の区分|一般社団法人 全国警備協会

警備員は年齢に関して50代でも若手扱いになるほど人が少ないこともあり、一般企業では年配扱いの方でも活躍できる職種でもあります

営業

営業の仕事はタクシードライバーを経験している方におすすめです。

なぜなら、タクシードライバー経験者はノルマを達成することが当たり前という意識になっているためです。

営業職とタクシードライバーの仕事はノルマを達成しなければ良いお給料が得られない仕事であり、仕事の給与体系的には非常に似通った仕事でもあります。

そのためノルマに向き合える方はぜひ営業を検討してみましょう

営業は企業によって雰囲気が全く違うため、あなたに合った求人探しがポイントとなります。

そのため求人数が多いリクルートエージェントに相談することがおすすめです。

>リクルートエージェント無料相談はこちら

清掃

清掃の仕事は、タクシードライバーの仕事と同じく人とのコミュニケーションが少ない仕事です。

主な仕事内容はビルや商業施設の清掃を行います。

与えられた持ち場をこなして、仕事が早く終われば帰宅しても良いという現場もあります。

また、コミュニケーションといっても点呼を取るときや朝一番の作業指示を聞く程度のことです。

清掃先のビルや病院などでお客様と仲良くなることは禁じられています。

清掃は人とあまり話さなくてよいという点で、タクシードライバーと通じる点が多いです。

接客

接客の仕事は慢性的な人手不足であり、正社員雇用されやすいことがおすすめの点です。

なぜなら、新型感染症が収束しつつあるいま、人手不足が深刻化しているためです。

一時期は飲食店が一斉に休む事態になりましたが、感染が収束すると今度は一気に人が必要となります。

採用されやすく狙い目の業界です。

一方でデメリットとして、これからの新型感染症の状況次第で大きく雇用情勢が変わってしまう可能性がある点です。

接客業は感染が完全に収束すれば雇用が増えていく業界です。

ところで、タクシードライバーから転職したいという方の中には懲罰歴のある方がいるのではないでしょうか。

次は、懲罰歴のある方は異業種転職した方が良い理由について解説します。

タクシー業界で懲戒処分された人は異業界がおすすめ

タクシー業界は狭い業界です。 そのため懲罰歴が筒抜けになっているのが実態です。

もし懲罰歴がある方はタクシー業界ではなく他の業界への転職がおすすめです。

筆者はタクシー業界に勤務している方からよくお話を伺いますが、ひどい会社になると転職先のタクシー会社に懲戒情報などを流して転職を妨害する会社もあると聞きます。

明らかに個人情報保護法違反ですが、あまりコンプライアンスの行き届いていない会社もあるようです。

具体的には、以下のような方は他の業界を狙いましょう。

  • メーターを止めてお客さんの代金を横領していた人
  • タクシー会社の労組と揉めた人

それぞれについて解説します。

メーターを止めてお客さんの代金を横領していた人

メーターを止めてお客さんの代金を横領していた人はタクシー業界への再度の転職は避けましょう

なぜなら、すでにタクシー業界では悪い方向性で有名人となっている可能性が高いためです。

筆者が聞いた情報では昼食代に充てるために1メーターで降りるお客さんのお金を抜いていた方や、お客さんが乗っていないのにメーターを回してお金を横領していた人まで様々です。

いまは会社を解雇されただけで済んでいますが、もしも会社に刑事告訴されると逮捕される可能性もあります。

メーターを止めてタクシー代金の横領をしてしまった方は他の業界に転職することがおすすめです。

タクシー会社の労組と揉めた人

タクシー会社の労組と揉めた人は、タクシー業界そのものから転職した方が良いです。

なぜなら、タクシー会社の労組は機能していない労組が多い傾向にあるためです。

各タクシー会社に労組があるにも関わらず、タクシー会社は残業代未払い訴訟において最高裁で敗北しています

参考:残業で歩合減るのは「法を逸脱」 最高裁が審理差し戻し|朝日新聞

本来、労働組合が主体となって裁判以外の方法で会社と交渉して得なければならない残業代を、外部の弁護士が勝ち取ったという形になります。

労働条件の向上は裁判で勝ち取るものではなく、本来は労組が主体となって勝ち取るものです。

つまり、タクシー業界は労組の存在意義が問われることになります

このような業界のため不満が溜まってしまうことはある意味、当然だと思います。

タクシー業界の労組など業界自体に対して不信感がある方はいっそ業界ごと変えてしまうことをおすすめします。

では、どのようにすればタクシー業界から納得のいく業界に転職することが出来るのでしょうか。

次は、良い転職を実現する方法について解説します。

未経験の業種かつ職種はリスクが高く避けることがおすすめ

一般的には未経験の業種かつ職種はリスクが高くなる傾向にあるため、避けることをおすすめします。

なぜなら、これまでの経験が活かすことができないため採用されづらいですし、採用されても苦労することが多いでしょう。

その結果、再転職することになった場合は短期離職のため更に内定が獲得しづらくなります。

以上のことから異業種かつ異職種のしごとは避けましょう

ところで、どのようにすれば良い企業を探せるのか気になりませんか。

次は、内定確率をアップさせる方法について解説します。

仕事が見つからない場合は転職エージェントに相談がおすすめ

よい仕事が見つからない場合はスキルや経験に合わせて求人紹介してもらえる転職エージェントへの相談がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントは転職希望者の適性やキャリアを勘案してベストな転職先を提示してくれるためです。

「正直、これまでの転職は自分勝手にやっていて、すぐに採用される業界ばかり受けていた」という方におすすめです。

転職エージェントは転職活動でより良い条件で転職するための具体的な転職の流れを用意してくれます

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ

それぞれについて解説します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

有名なリクルートが運営するグループ企業であり、特に営業職の求人に強いためおすすめです。

業界最大手で求人数が多い分だけ未経験者向け求人も多くなります。

また、これまでの経験を活かした転職をしたい方にもオールマイティで活用できる転職エージェントです。

リクルートエージェントで転職活動を成功させましょう。

リクルートエージェント
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-010258
求人数25万件(非公開20万件)
対応エリア全国・海外
年代20代~50代以上
年収200万円~1,000万円
  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは丁寧なキャリアカウンセリングで支持されている転職エージェントです。

20代・30代から支持されており、初めての転職でも安心して利用できるためです。

転職に慣れていない方や、これまで自己流のやり方で転職活動をしてしまい転職を繰り返してしまっている方に特におすすめです。

未経験者歓迎の求人も多く登録されており、良い企業に未経験で就職したい方におすすめです。

マイナビエージェントを活用して、じっくりと自分に合った企業を探しましょう。

マイナビエージェント
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-080554
求人数非公開
対応エリア全国
年代20代~50代以上
年収400万円~600万円
  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

ビズリーチ

ビズリーチは経験を活かして良い企業に転職したい方・未経験でも好待遇の仕事を探したい方におすすめの転職サイトです。

ビズリーチは、スカウトを待つ形式のため、経験を活かせる意外な企業からスカウトオファーが来ることも珍しくありません。

思ってもいない仕事内容や勤務地の企業からオファーが来ることも多々あります。

転職で待遇アップを考えている方はぜひ、ビズリーチに登録してみましょう。

ビズリーチ
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-306019
求人数96,000件
対応エリア全国・海外
年代20代~50代
年収400万円~1000万円以上
  • 国内最大級のハイキャリア向け転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら
監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。