【半年の就活で就職が決まらない方へ】採用担当者が教える致命的な3つの原因とは

公開日: / 更新日:

【半年の就活で就職が決まらない方へ】採用担当者が教える致命的な3つの原因とは

就活してお祈りメールばかりが届き半年も経つと就活に焦りを感じ

「就職が決まらない!一生懸命就活しているのになぜだろう?」

「この先、就職が決まるか不安・・・」

「就活が決まらない原因はなんなの。理不尽すぎて嫌になってくる」

と極度の不安や悩みを抱える方が多くいます。

就職が決まらない!一生懸命就活しているのになぜだろう?

一生懸命就活をしているのに内定が決まらないと、焦りも出るし嫌になりますよね。

私はこれまで約10年間、採用担当者を勤めてきましたが、内定が決まらない人には致命的な弱点があります。

  • 企業をよく調べていない(企業分析不足)
  • 自己分析が甘く何をしたいのか自分自身を理解していない

といった点です。

自己分析と企業分析を徹底することで自分が本当にやりたい仕事が分かり、仕事を決めることができます。

この記事は就活が決まらない原因や就活でおさえるべきポイントについて紹介しています。

「就活が決まらない」と嘆いている方も、ぜひ最後まで読んで効果的な就活を実践してくださいね。

就職が決まらないあなたへ

「就職が決まらない。いつまで就活を続けたらいいの?」

「自分を必要としてくれる企業なんてあるのかな」

と、就職がなかなか決まらないと焦りますよね。

しかし、内定が出ない原因がわからないまま1人で就職活動を続けても効率的ではありません。

一人で悩み続けるのではなく就活のプロである

「就活支援サービス」に相談してみてください。

筆者のおすすめは大手リクルートが運営する就職shopです。

就職shopは一人一人に寄り添って最後までサポートしてくれることに定評があり、一つずつ不安を解消してくれます。

また、書類選考なしで面接に進めるため、学歴やスキルにとらわれない素のあなたで挑戦することができます。

無料で利用できるため、就活がうまくいかないと悩んでいる方なら決して損しない就職支援サービスでしょう。

あなたも就職shopに相談して納得のいく形で内定を獲得しませんか。

>就職shopで就職を決めたい方はこちら

就活が決まらない原因を致命的な順番で紹介!

「就活が決まらない原因っていったい何なんだろうか」と不安になっている方も多いと思います。

不安があることも分かりますし、どうやったらよいのか分からないと悩んでいることも分かります。

しかし、漫然とただ書類を書いて、面接に呼ばれたら面接に行くだけを繰り返していませんか。

就活が決まらない原因として、以下のことが原因で面接で採用担当者の心に響かず落ちているケースがあります。

  • 自己分析ができていない・浅い・甘い
  • 業界・職種が絞りきれていない
  • 学生気分が抜けておらず企業選びが甘く受け身

それぞれについて解説します。

自己分析ができていない・浅い・甘い

自己分析ができていなかったり、浅く甘いと、内定が出にくくなります。

そのため、自己分析でまず業界・職種・将来の方向性について分析する必要があります。

どんな業界に入るのかも知らずに入社して、合わなかった場合すぐに辞めることになる可能性があります。

また、職種についても同様です。

どんな仕事でもいいから正社員になりたいということは素晴らしいことですが、実際になってから仕事をするのは自分自身です。

むしろ自己分析さえしっかりしていれば自分に合わない変な企業に引っかかる可能性を低くできます。

将来のことを考えて、自己分析をしっかりとやってください。

さらに自己分析が甘いと、面接官に将来の活躍の姿を示せず、面接に落ちることになります。

具体的には

  • 会社でどう成長し貢献するか
  • 会社に定着する人材かどうか
  • 困難なときに乗り越える力があるのか

といったものが面接官に伝わりません。

自分自身の過去をしっかりと振り返り、これからどうなっていきたいのかをハッキリさせておきましょう。

自己分析のやり方は様々な方法があり、本やセミナーが開催されるほど深いものです。

面倒くさがらずに、かならず自己分析だけやるようにしましょう。

筆者のおすすめの方法を「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」で紹介していますので内定を取りたい方は一読し、実践してください。

【超重要】就職が決まってないなら就職支援サービスで自己分析の支援を受けるべし!

「そんなこと言われても出来ないからこんなに悩んでいるんだ!」と思っている方も多いと思います。

自己分析を実は1人でするのには限界があります。

自分の持っている自分に対するセルフイメージと周囲の思っているあなたのイメージは異なることが多いはずです。

就職が決まっていないなら、就職支援サービスの自己分析サービスを活用するようにしてください。

就職支援サービスでは自己分析を支援するサービスがしっかりと用意されています。

新卒であれば就職shopキャリアチケットというサービスを活用してみましょう。

既卒であれば、ジェイックという就職支援サービスがあります。

後述の「おすすめの就職支援サービス2つ」で詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてください。

自分ひとりで自己分析が出来ない、と悩んでいる時間があれば1秒でも早く登録してアドバイスを受けたほうが良いといえます。

参考:仕事が決まらない!原因と傾向/対策を使って不安から脱出【コロナ不況】

就職支援サービスでは、採用担当者目線でアドバイスを貰えるため、以下のようなメリットがあります。

  • 書類選考の通過率が大幅にアップする
  • 自分のしたい仕事が見つかり、企業も見えてくる
  • 前向きで成長を感じられる志望動機や自己PRにつながる
  • 入社後の困難を乗り越えるモチベーションに繋がる

採用担当者目線でのアドバイスを受けることができるため、飛躍的に就活で有利になります。

1人で悩むのではなく、他者の意見を取り入れましょう。

業界・職種が絞りきれていない

業界・職種が絞り切れていないという問題は実はとても深刻なものです。

私は10年間でミスマッチ離職した人を100名以上見てきました。

仮に採用されたとしても業界・職種を絞り切れずミスマッチしている人は短期離職というリスクがあります。

短期離職することはキャリアに大ダメージを与える選択肢を選ぶことになります。

思い入れのない会社に入ったとして65歳の定年を迎える日まで働くことはできるのでしょうか。

また職種が絞り切れていないと、何をしたいのかが分からない、しかも仕事のイメージも全くできません。

その結果、曖昧な志望動機・自己PRとなります。

これでは採用担当者に響かず、仮に曖昧な志望動機・自己PRで採用されたとしても短期離職が待っています。

ここまで想像し、しっかりと業界・職種を研究して絞るように意識してください。

学生気分が抜けておらず企業選びが甘く受け身

学生気分が抜けていない方は企業選びが甘く受け身になりがちです。

入社する企業の、企業規模・必要な裁量や環境・経営者に求めることがはっきりしていません。

どんな企業でもいいから入りたいという気持ちは理解できますが、

「この人はどこの企業でも良いのだな」と思われてしまいます。

就職はご縁と言われていますが、結婚相手に求めるものがあるように、企業に求めるものもあるはずです。

そのため、会社に求めることがはっきりしていないことは受け身であると言わざるを得ません。

また企業に求めることは一方的ではなく、キャリアは自分の手で勝ち取るものだと考えて下さい。

  • 企業の育成カリキュラムがない
  • 給与が低い
  • 仕事内容がよく理解できていない

上記のような不満を一方的に持つのだけでは成長しません。

自分の手で成長を手に入れることが大切であると認識して、

「その上で自分に合わない」と思えば受けなければ良いのです。

企業に選ばれるのではなく、選ぶのはあなたであるという意識を持しましょう。

そうすれば主体性を持って成長できたり、企業への貢献の期待につながり内定を得やすくなります。

次は、就活のポイントについて解説します。

就活のポイントとして、客観視が一番重要です。自分の頭の中だけで完結するのではなく、アドバイスをもらったり第三者の目を入れるようにしましょう。

就活のポイントは「客観視」。できない方は相談することが最短・確実!

「どれだけ頑張っても内定がでないんです。これまでずっとニートだったからもうダメで無理なんですよね」

と嘆く人がなんと多いことでしょうか。

年齢は若いのに、お年寄りのように過去を嘆いていると感じてしまいます。

自分自身を客観視して自分の強みや良さ、したいことをしっかりと伝えられていないから内定が出ないのです。

内定が出ない人に共通しているのが自己分析が甘くて、そして浅く、独りよがりであるといえます。

実際に筆者が自己分析のアドバイスをすると既卒で職歴なしの20代3名が2ヶ月で正社員として内定を獲得しました。

就職支援会社も活用した上での実績ですが、就職支援会社でのアドバイスをさらに強く補強した形でサポートしました。

その結果、全員が複数社から内定を獲得しています。

就職が決まらない方は独りでの就活は得策ではありません。

自分より就職に関して知識や経験のあるプロフェッショナルに依頼するようにしましょう。

コツを掴むのに独学である必要はなく、教えてもらったほうが最短で確実であるといえます。

おすすめの就職支援サービス4つ

就職支援サービスとしておすすめなのは以下の4つです

  • 就職shop
  • キャリアチケット
  • ジェイック
  • ジョブスプリング

それぞれ特色がありますので、詳細を解説します。

就職shop

就職shop

就職shopは業界最大手のリクルートが運営する20代に特化した転職支援サービスです。

大手なだけあり、求人の質・量ともにトップクラスで、企業の内情まで非常に詳しいです。

また、書類選考なしで面接に進むことができるので、学歴やスキルに自信がなくても素の自分で挑むことができます

サポートも充実しており、あなたが就職成功する最後まで寄り添ってサポートしてくれます。

就職が決まらなくて悩んでいる方は一度相談してみて損はないサービスとですよ。

就職Shop
求人数
10,000件
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・神戸

おすすめ年代

20代30代40代

年収

~500万円

  • リクルートが運営する既卒・第二新卒向けの最大級の転職エージェント
  • 学歴・社会人経験不問のため、書類選考なしで利用できる
  • 全て直接取材した企業の求人なので内側の情報も知ることができる
【無料】公式サイトはこちら

キャリアチケット

キャリアチケット

新卒ならキャリアチケットを選んでみましょう。

リクルートが運営しているサービスです。

個別のカウンセリングを通して自己分析を支援してもらえるため、自分でも気づかない強みを掘り出してもらえます。

参考:就活で内定が決まらない人向け!原因と対処法を把握しよう

また、就職セミナーなどを開催しており、エントリーシートを採用担当者目線でのフィードバックしてもらえます。

総合的に新卒の就活の悩みを解消してもらえますので、非常におすすめです。

>キャリアチケットの公式サイトはこちら

ジョブスプリング

ジョブスプリング

ジョブスプリングも新卒の方におすすめの転職エージェントです。

ジョブスプリングは求人紹介だけでなく、就活情報サイト・企業イベントなど幅広いサービスがあります。

もし「自己分析が苦手…自分でも何がしたいかわからない」

と就活中でも悩みがある方は、ジョブスプリングで無料相談を受けてみてください。

適性検査や自己分析セミナーもあり、就活に活かせる情報をレクチャーしてくれます。

>ジョブスプリングはこちら

ジェイック

既卒(フリーター・ニート・第二新卒)の方はジェイックをおすすめします。

ジェイックは自己分析を1週間近い時間をかけて徹底的に行ってもらえるためです。

就職カレッジを1週間かけて開催しており、その就職カレッジを修了すると書類選考なしで30社との連続面接に挑むことができます。

就職カレッジ中にも、授業が終わったあとに自己分析のお手伝いをしてもらえるため、非常に手厚く自己分析をサポートしてもらえます。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

コラム:娘・息子・彼氏の就職が決まらない方の対策法はカウンセリングがおすすめ

「息子や娘の就職が決まらないんだ。なんとかしてやって欲しい」

という悩みを持った親御さんは非常に多く、私も毎年、1年に6回は親戚やココナラから就職の相談を受けます。

相談が多い理由は、三菱やダイハツ・トヨタグループで人事をやっているということが親戚にも知られてしまっているためです。

親戚いわく「あんな大企業の本社人事に新卒でいきなり配属される人だからアドバイスを聞いて間違いない」ということだそうです。

ココナラからはおそらく複数社の人事経験者ということで依頼が来ています。

就職できていない既卒者の共通点は、以下のようなものが多いです。

  • 営業職が嫌
  • 何をしたいのか自分でもわかっていない
  • アルバイトばかりしていて現実を見ようとしていない

厄介なことに息子さんや娘さんは、親の言うことは聞かずに第三者の話はよく聞きます。

息子さんや娘さんが言うことを聞かないと悩んでいる場合、第三者を入れてみて下さい。

ココナラで私も相談に乗っていますし、頼れるアドバイザーの方も多くいます。

ただし、親御さんが、息子さんや娘さんのためにアドバイザーを探すにあたっての注意点があります。

  • キャリアアドバイザーの肩書に騙されないこと(お金を払えば資格はすぐ取れてしまう)
  • 1社での採用担当者経験しかない人のアドバイスは非常に偏っている(内定に結びつかない)
  • 会社名をちゃんと示している人に頼むこと(堂々と会社名を書けないということは大企業で人事を経験していない可能性がある)

出来れば複数社での採用担当者を経験をしている方のアドバイスを聞いたほうが良いといえます。

また、単純に採用担当者という肩書に騙されないようにしましょう。

本物の人事マンは採用担当だけではなく制度企画などの経験を持っています。

これも1社だけの人事経験では普遍的ではないので、出来れば複数社で経験のある方が良いといえます。

また、プロのキャリアトレーナーによるキャリアカウンセリングを受けられるポジウィルキャリアというサポートもあります。

ポジウィルキャリア

適職を本気で探したい方にはポジウィルキャリアがおすすめです。

ポジウィルキャリアは「キャリア版ライザップ」とも言われているサービスです。

お金を払ってキャリアトレーニングや自己分析などを手伝ってもらい、自分の生き方を決めるサポートをしてもらえます。

これまでの経歴や、強み、価値観を知り、それに適した仕事選びのキャリアサポートが受けられます。

初回は無料で相談ができるため、「就職が決まらない」と本気で悩んでいるなら、検討されてみてはいかがでしょうか。

プロの目線で第三者からのアドバイスを受けてみるのも手です。

>ポジウィルキャリアはこちら

次は、いまの就職状況について解説します。

いまの就職状況は若者にとって非常に有利な状況です。

臆せず行動して、内定を取ってスッキリしてしまいましょう。

【就職が決まらず不安な方へ】若手不足の現代なら内定は出る!

就職が決まらず不安になっている方は多いですが、2019年現在の状況では少なくとも悲観する必要はありません。

若者そのものが企業内におらず、欲しいという企業の方が多いためです。

私も採用現場にいて痛感しましたが、

「職歴のない若者を就職支援サービスに依頼して大金を払ってまで採用したい」

という経営者がここまで増えたことは、この10年間の中で初めてです。

若者不足な状況について解説します。

大手企業も中小希望も人手不足

厚生労働省の人手不足の現状把握によると、大手企業から中小企業に至るまで若者がおらず、人手不足に苦しんでいます。

参考:人手不足の現状把握について|厚生労働省

34歳以下の若者の入職率が大企業も中小企業も上がっていることが資料から理解できます。

実際に中小企業の採用現場では人手不足の現状は強く感じており、

「34歳以下の若者が求人に応募してきただけでもラッキー」だと思わず声に出してしまうような状態になっています。

毎月高止まりする有効求人倍率に戦々恐々としながら企業が求人広告を出しているのが現状です。

既卒者は採用されるかどうかを悩むかというよりは、どの会社に行くのかしっかり選ぶことが大切であるといえる状況です。

日本では年齢が若いというだけでそれだけ採用されやすいということです。

ニート・フリーターでも新卒枠で募集している

ニート・フリーターでも新卒枠で募集をしている企業があります。

厚生労働省主導で、卒業後3年以内の既卒者は新卒枠での応募受付を努力義務として企業に通達しています。

参考:3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!|厚生労働省

仮に大学を卒業してい待っていても、新卒扱いで採用される可能性は非常に高いといえます。

ニート・フリーターでも新卒枠で仕事に応募できることを知っておいてください。

既卒を新卒枠として募集している大手企業の探し方を「新卒枠で採用する既卒採用350社の大手求人の探し方&リストを大公開!」で紹介しています。

中途より新卒枠で入社したほうがキャリアとしては有利ですので必ずチェックしてください。

望めば必ず就職先はあります。

ニート・フリーターをしていたからといって、諦めるようなことはないようにしてください。

30才まで新卒枠で募集している企業が増えてきている

日経新聞ではリクルートを筆頭に30歳まで新卒枠で募集している企業が増えてきていると報道しています。

参考:30歳まで「新卒」 リクルートなど大手、採用広げる|日本経済新聞

これまでは学校を卒業してしまったら中途採用者枠での採用選考に挑むしかなく、中途採用者枠は即戦力になれる職歴のある人材だけでした。

現在は29歳であれば新卒採用枠に応募することができます。

人手不足に伴い、企業側も態度を軟化させているといえます。

次は、就職を絶対に決めるために必要な行動力について解説します。

とにかく内定を獲得するためには、行動が重要になってきます。

諦めずに最後まで戦いましょう。

就職が決まる・決まらないはコツつかみ&行動量の差

就職が決まるかどうかは、コツをしっかりつかむことと、行動量をアップさせられるかどうかにかかっています。

コツを掴むためにはまず、就職支援サービスをうまく活用するようにしましょう。

就職支援サービスの履歴書・職務経歴書の添削サービスや面接の練習、カウンセリングで自己分析を徹底するようにしましょう。

また、行動量としてはあきらめずに半年間は活動を続けるようにしましょう。

自己分析をして、求人をしっかりと精査して、面接を受ける、面接のフィードバックを受けて改善することで内定が出る状態に近づいてきます。

キャリアチケットでは、新卒対象の就職支援サービスですが、面接に落ちたあとに面接に落ちた理由などのフィードバックを受けることが可能です。

行動してフィードバックを受け、内定獲得まで全力で動いてみて下さいね。

よくある質問

就職が決まらない方からの良くある質問をまとめました。

就活が決まらない理由がわかりません

就活が決まらないと悩んでいる方に多いのが、

  • 自己分析ができていない
  • 業界・業種の希望が曖昧
  • 企業選びが甘く、受け身なのが伝わる

面接官はたくさんの就活生を見ているので、上記のような方はすぐわかってしまうのです。

就活で大切なポイントは何ですか?

就活でとても大切なのは、「自分を客観視すること」です。

自分の長所や短所、向いている仕事ややりたい仕事を理解し、人に伝えられるようになりましょう。

独りよがりでは内定は出ません。

早く内定を取るにはどうしたらいいですか?

ひとりで就活を進めてうまく行かないのであれば、就職支援サービスを利用しましょう。

就職支援サービスでは自己分析やエントリーシートの添削もしてくれます。

新卒の方にはキャリアチケット、既卒(フリーター・第二新卒等)の方にはジェイックをおすすめします。

子供の就活がうまく行かない・・・どうしたらいいですか?

ご自身にも経験があるかもしれませんが、子供は親の言うことは素直に聞かないものです。

第三者に相談してみることをおすすめします。

ただし、アドバイザーにも良し悪しがあります。

おすすめのサービスはポジウィルキャリアです。

プロの目線から、お子さんの今後の人生の軸を知るためのアドバイスをしてもらえます。

まとめ

一生懸命就活をしても決まらないのは能力がないということではなく、うまく自分を面接官に売り込めていないだけです。

  • 自己分析を徹底すること
  • 職種や業界研究をすること
  • 学生気分を抜く努力をすること

以上の3つで内定できる確率はアップします。

特に自己分析は最重要ですが、自分ひとりだけでやるのは難しいと言えます。

就職支援サービスやアドバイスを受けることで一気に自己分析が出来るようになります。

おすすめの就職支援サービスは、

  • 新卒ならキャリアチケット
  • 既卒(フリーター・ニート・第二新卒)ならジェイック

利用することで格段に内定を取れる確率が上がるのでぜひ利用しましょう。

自分にマッチした会社で長く働けるように、しっかりと就職活動を行いましょう。