仕事をすぐ辞める人の共通点7個!もう失敗したくないあなたへ

公開日: / 更新日:

仕事をすぐ辞める人の共通点

「また仕事をすぐ辞めてしまった。病気なのかな?」

「私は仕事が続かない人間なんじゃないか」

「何をやっても続かない私は、社会不適合者なんじゃないか」

と悩んでいませんか?

また仕事をすぐ辞めてしまった。

筆者は人事を10年経験してきましたが、1年以内の短期離職はリスクが大きいと感じます。

日本は勤続年数による給与決定が主流であり、1つの職場に落ち着けない人と言う悪印象を持たれてしまうためです。

しかし、仕事をすぐに辞めてしまっても自分を責める必要はありません。

仕事をすぐ辞めてしまうのは、あなたが悪いわけではなく仕事が合っていないだけです。

長く仕事を続けるには「自分に合った仕事を知ること」が最重要です。

もしあなたに合った仕事に就ければ、強みを活かして活躍できる人材になれます。

この記事では、仕事をすぐに辞めてしまう原因や対処法をわかりやすく解説しています。

原因や事例から自分を見つめ直すことであなたに合った本当の仕事がきっと見つかります

10分ほどで読めますのであなたの人生を充実させるきっかけにしてくださいね。

長く働くなら定着率に着目

「仕事をすぐ辞めてしまう」

と悩んでいる方は、次の職場を決める際も、

「また人間関係の悪い職場に当たったらどうしよう」

「ブラックで給料も低い会社は嫌だ」

と、不安でいっぱいになりますよね。

しかし、どれだけ企業分析しても実際に入社してみなければわからない事柄も多いものです

そんなときにチェックすべきなのが「定着率」です。

定着率が高いほど、「入社した社員がすぐに辞めずに安定して長く働いている会社」ということです

ただし定着率は基本的に公表されておらず、一人でチェックするのは相当大変でしょう。

そこでおすすめしたいのが18-34歳の方を対象としているジェイックという就職支援サービスです。

ジェイックは定着率の悪い求人は紹介せず、なんと定着率90%以上の実績があります。

つまり転職のプロが認めた働きやすい会社の求人しか取り扱わないということです。

もちろん無料で利用でき、なんと書類選考もありません。

「次こそは良い環境で仕事を充実させたい」

そう思うならジェイックをフル活用すべきと断言します。

>ジェイックに無料で相談する

また、DYM就職もおすすめです。

精度の高い提案と、サポートを受けることができることに定評があります。

一部選考免除で優良企業の選考が受けられる求人もありますので、合わせて登録して効率よく適職を探してくださいね。

>DYM就職に無料で相談する

仕事をすぐ辞める人の原因と対処法

仕事が続かない。どうすれば辞めないようになるのだろうか?」と悩んでいる方はたくさんいます。

長く仕事を続けるには、まずは「自分にあった仕事を知ること」が最優先です。

そのためには自己分析が必須です。

あなたにとって本当に必要な仕事を選ぶ時、まずは自分自身と向き合う考えの軸が必要となります。

自己分析をし、「今ここ」にいる自分自身を追究していくことは働く上でも大きな指針となります。

自己分析の仕方は「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」で詳細に解説していますので必ず実践してください。

もし、

「自己分析は苦手・・・。何をやったらいいか分からない」

という方もあきらめず絶対に自己分析をして下さい。

自己分析ができていないと適正のない仕事内容や企業文化で一生働くことになります

そのため「自己分析をしたいけど、できない・・・」

という方は、まずは無料のキャリア相談を利用してみましょう。

例えば、ポジウィルキャリアでは

  • 自己分析の仕方
  • 適職な仕事の提案
  • 理想の働き方と現実の間にあるギャップ分析とその対策

について担当者からアドバイスをもらえ、自分にあった仕事やキャリア計画を立てることができます。

一人で悩まず取り組むことが充実した仕事探しのコツです。

相談枠が限られますので少しでもより良い仕事に就きたい方は一度相談することをおすすめします。

>ポジウィルキャリアの無料相談はこちら

次は、会社を辞めても大丈夫なパターンについて解説します。

基本的に、筆者はステップアップ転職はOKだと考えています。

ステップアップ転職する人は仕事をすぐ辞めてもいい!ただしリスクはなくならない

ステップアップ転職する人は仕事をすぐ辞めてもいい!

ステップアップ転職をする人は、仕事を辞めても問題ありません。

待遇や仕事内容がグレードアップする転職をする方も同様です。

具体的には、

  • 中小企業から大企業へ行く場合
  • 今の会社じゃできない規模・役割の場合(ただし同じ職種に限る)
  • やりたい仕事が見つかりその勉強とアウトプットが1年以上できている場合

などです。

ただし、リスクはついて回ることを理解するようにしましょう。

転職回数が増えてしまうということは、それだけ後で転職しにくくなるためです。

転職回数が多い時は職務経歴書の書き方もテクニックが必要となります。

リスク(転職しにくくなる)とリターン(大企業や、待遇の良い会社で仕事ができる)を天秤にかけて転職しましょう。

ちなみに、ステップアップ転職に活用しやすい転職エージェントとしては「BIZREACH(ビズリーチ)」が非常に有名です。

ビズリーチは求人数が多く、高待遇な有名企業も多数掲載されています。

加えて「プラチナスカウト」という制度が用意されているのが心強いです。

職務経歴書を登録しておけばヘッドハンターや企業から直接スカウトメールを受け取れる可能性があります。

もちろん無料で会員になることができます。

ステップアップ転職を目指したいのであればビズリーチを上手く活用するようにしましょう。

ビズリーチ
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-306019
求人数96,000件
対応エリア全国・海外
年代20代~50代
年収400万円~1000万円以上
  • 国内最大級のハイキャリア向け転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

仕事は会社に残った人が死ぬ気で回していく。最優先すべきは自分の人生。

「私が辞めたらこの仕事は誰がやるんだろうか」と思いつめていませんか。

仕事は会社に残った人間が死ぬ気で回していきます。

あなたが辞めても他の誰かがあなたのあけた穴を埋めます。

それが会社組織であり、辞めた人を採用・アサイン・育成するのが企業の経営陣の仕事です。

すぐに気持ちを切り替えるのは難しいかもしれませんが、自分の人生を1番に考えてください。

転職が決まったなら辞めた職場のことは振り返らず、勇気を持って前に進みましょう。

次は、絶対にしておくべきリスクヘッジを紹介しておきます。

これができていないと、焦りから不本意な転職となってしまいますので注意してください。

退職するなら次の職場を先に見つけるべし

「もうこの会社は我慢できない!」とすぐに会社を辞めてはいけません。

必ず次の職場を見つけてから、転職するようにしましょう。

ベストな退職日についてはこちらの記事「退職日の決め方はいつがいい?得するタイミングと損しない円満退職のコツ」を参考にしてみてください。

うつ病などを発症している人は、会社に傷病手当金を申請して休職をして冷静になりましょう。

病気の病態で人生の大きな判断をすることは絶対にやめておきましょう。

また、残業時間が月30時間以内なら、在籍ながらの転職活動をおすすめします。

残業時間が短ければ比較的、平日の遅い時間帯でも面接してくれる会社があるため面接にいきやすいためです。

次の職場を決めずに辞めた場合、転職期間が長引くほど「焦り」が出てきます。

焦りが出ると、家族や友人・転職エージェントなどから急かされ、結果的に

「妥協した企業・仕事内容」に就職する確率が高くなります。

不本意な転職はまた「すぐ辞める」ことに繋がるため、必ず次の職場の内定を得てから退職しましょう。

次の職場を効率的に見つけたいなら転職エージェントを活用

「在職中に転職活動を行うべき」とお話しましたが、残業などの理由でなかなか時間を取れない方もいますよね。

そうはいっても辞めるつもりのままズルズルと続けてしまっては、年齢的に転職しづらくなる可能性もあります。

あまりにも過度な転職はおすすめできませんが、転職する意志があるのであれば早期アクションも重要になってきますよ。

そんなときこそ上手く使いたいサービスが「転職エージェント」です。

転職エージェントは基本的に無料で利用できますし、あなたの代わりに適した求人を探してきてくれます。

例えばあなたが在職中の仕事をこなしている間にも、転職エージェントはあなたのために求人検索を行ってくれるのです。

したがって転職エージェントを活用すれば、より効率的に次の職場を見つけることができますよ。

ただ転職エージェントと一口にいっても、世の中には多数のサービスが存在しています。

正直ご自身に合ったサービスを選ぶだけでも一苦労だと思います。

そこで、本当におすすめできる転職エージェントを4つ厳選しましたので、この機会に登録しておきましょう。

20代の転職に非常に強い「DYM就職」

DYM就職

DYM就職は20代の転職に強く、職歴に自信がない方にも非常におすすめです。

内定獲得まで二人三脚でサポートしてくれるため的確な求人を提案してくれます。

仕事をすぐに辞めてしまうと言う方でも相談することで長続きする求人を紹介してくれるでしょう。

また、一部選考免除の求人も多く、スキルや経歴などを見られて書類で落とされることもありません。

転職活動に不安がある方は、初めに登録しておいて損することのない転職エージェントです。

DYM就職
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-304089
求人数非公開
対応エリア全国
年代20代・30代(35歳まで)
年収250万円~600万円
  • 第二新卒・フリーター・ニート向けの求人を多く保有
  • 上場企業・ベンチャー等多彩な求人紹介が特徴
  • 自己分析から面接まで完全無料でサポート
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

18-29歳の未経験分野転職に強い「ハタラクティブ」

ハタラクティブは、18-29歳を対象にしている第二新卒向けの転職エージェントです。

完全未経験でも正社員として就職できる求人をメインに取り扱っているので、

「フリーターだけど正社員になれるか不安」

「最終学歴が大卒以下だけど大丈夫かな」

という方でも安心して利用することができますよ。

また内定率が約80%と非常に高く、最短2週間で内定を獲得することも可能となっています。

対応エリアも関東、関西、中部、九州エリアとかなり幅広く展開しています。

これまで仕事が続かず、

「思い切って未経験分野に転職したい」という方にはハタラクティブがピッタリですよ。

もちろん利用は無料です。

ハタラクティブ
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-302698
求人数常時1000件以上
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡
年代20代・30代
年収300万円~500万円
  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

18-34歳の非正規やフリーターからでも正社員に!「ジェイック」

ジェイックは10代~20代を対象としている転職エージェントです。

ジェイックの大きな特徴は「経歴や年齢に自信のない方でも十分活用可能」という点です。

若者に限らず、30代カレッジと言うサービスも運営しており、30-34歳までの方なら安心してご利用できます。

既卒、第二新卒、大学中退、フリーターに至るまで、非常に幅広いユーザーの就職支援をワンストップで提供しています。

未経験から正社員の就職成功率は約81%とかなりの高水準。

そして入社後も1年間は継続してサポートしてくれるという徹底ぶりです。

「長年職を転々としてきたけど、次こそしっかり長く働ける仕事に就きたい」という方にはジェイックがピッタリです。

対応エリアは全国で、こちらも無料で利用可能となっています。

ジェイック
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-010450
求人数非公開
対応エリア東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城
年代20代
年収~400万円
  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

20-30代メインで非公開求人多数の「マイナビエージェント」

マイナビエージェントキャプチャ

マイナビエージェントは転職業界でも言わずとしれた超有名サービスで、非常に多数の求人を取り扱っています。

マイナビエージェントの大きな特徴は「求人の多数が非公開求人」という点です。

非公開求人とは、企業のWEBサイトや転職サイトなどで一般公開されていない求人のことです。

非公開求人には大手企業や有名企業が多数含まれており、待遇もかなり魅力的な条件になっています。

大手企業に転職したいと考えているのであれば、マイナビエージェントを活用するのがおすすめですよ。

対応エリアは首都圏と関西圏で、利用も無料となっています。

ただし注意点として、マイナビエージェントは

「求人の質が高い分、転職回数があまりにも多いと求人の紹介面で不利になってしまう」可能性があります。

転職回数で不安な方は、先述した「ハタラクティブ」または「ジェイック」を利用するようにしましょう。

次は、仕事をすぐに辞めるとどんなリスクがあるかについて解説します。

マイナビエージェント
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-080554
求人数非公開
対応エリア全国
年代20代~50代以上
年収400万円~600万円
  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

【採用担当者からの警告】「仕事をすぐに辞める」リスク4個

仕事をすぐに辞めるリスク

「仕事をすぐに辞めるとどんなリスクがあるの」と気になりませんか。

仕事を短期間で離職するのは具体的に、4つのリスクがあります。

  • 仕事をすぐ辞めた回数が2回以上だと内定が出づらい
  • 失業保険を受け取れない
  • 辞め癖がつく
  • 短い在籍期間のせいでホワイト企業にいてもホワイトと認識できない

それぞれについて解説します。

リスク1:仕事をすぐ辞めた回数が2回以上だと内定が出づらい

仕事を短期間で離職した回数が2回以上あると内定が出づらくなります。

そもそも日本は新卒入社して65歳の定年まで働くという図式が成立しています。

そのため、短い期間で離職する社員が存在するというケースそのものを想定していません。

2度も早期離職をしてしまったが最後、受け入れてくれる職場がどんどん減っていきます。

リスク2:失業保険を受け取れない

失業保険を受け取れない

失業保険を受け取るには、

  • 会社都合のケースは半年以上在籍
  • 自己都合のケースは1年以上の在籍期間

が必要です。

短い期間で会社を辞めてしまえば、失業中の唯一の収入源である失業保険を受け取ることができなくなります。

出来れば1年以上在籍するようにしましょう。

リスク3:辞め癖がつく

辞め癖がついてしまうと、些細なことで転職するようになります。

特に人間関係が理由の転職は、避けるようにしましょう。

どこの職場にいってもほぼ100%に近い確率で、嫌な人はいます。

スルー出来るように人間関係を受け流せる胆力を持つようにしましょう。

リスク4:短い在籍期間のせいでホワイト企業にいてもホワイトと認識できない

残業もなく、給料も良いといったようなホワイトな仕事環境にいても、短期離職をする人がいます。

ホワイト企業にせっかくいるのに転職すると、もっとブラックな企業に捕まります。

確実なブラック企業であることが判明している場合は別です。

ですが企業体質を客観的に把握できるまで(出来れば2年以上)は会社にいるようにしましょう。

最後に、失敗しがちな人の辞め方の特徴について解説します。

筆者はたくさんの退職社を見てきていますので、辞め方で失敗したくない人は絶対に一読してください。

仕事をすぐ辞めて失敗しがちな人の特徴

仕事をすぐ辞めて失敗しがちな人の特徴

「会社を短期間で辞めてしまう人にはどんな特徴があるの」と気になっていませんか。

仕事をすぐ辞めて失敗してしまう人は、まず、自分が何をしたいのかを理解できていない傾向にあります。

具体的には、以下のような人です。

  • うつ病などの病気
  • やりたい仕事が分かっていない
  • 被害者意識が強すぎる
  • 人間関係が苦手
  • 辞め癖がついている
  • 理想が高すぎる
  • 我慢できない

それぞれについて解説します。

うつ病などの病気

うつ病などの病気は、出来るだけ完治してから就職することがおすすめです。

退職・仕事選びなど、人生における重要な判断は健康なときにしましょう。

中途半端に治療して、就職して、そのたびに再発して早期離職して。

そんなことはいつまでも続きません。

職歴の間が空いてしまうことよりも、治療を優先しましょう。

休職し症状が抑えられるようになってから、仕事に挑戦してみて下さい。

やりたい仕事が分かっていない

どんな仕事が心からやりたいかを明確にせず退職すると失敗します。

転職先で少なからず仕事や人間関係で悩むことが出てきます。

そのときに、「また退職しよう」と安易に考えてしまうものです。

このような状態にならないためにも、意欲ある仕事選びが重要です。

なんとなくお金のためにする仕事は、あとで必ず後悔を生みます。

自己分析を徹底して、やりたいことを考えるようにしましょう。

被害者意識が強すぎる

仕事をすることに対して、被害者意識がありませんか。

仕事は他人のためにするものではなく、自分自身のためにするものです。

「お金がないから働かないとダメなんだ」というものも、もちろん仕事をする動機としては立派です。

しかし、「働かなくてはならないから働く」のではなく「自分が世の中に貢献するために働く」

と思って働くのでは、10年後に雲泥の違いがでます。

自分自身の仕事に対する意識を少しでも高めるようにしましょう。

参考:「3人のレンガ職人」のイソップ寓話から働くことの意味を考えてみた。

人間関係が苦手

人間関係が苦手で、すぐに辞めてしまう人がいます。

「あの苦手な上司は、いつになったら異動になるんだろうか」

「あの同僚や先輩さえいなければいい会社なのに」

と悩む気持ちはとてもよく分かります。

しかし、どこの会社にいっても苦手な人は出現します。

大事なのは、「職場には遊びにいっているわけではない。仕事をしに来ている」と考えることです。

黙々と仕事をして成果を上げれば、自然と雑音が消えていきます。

もう少し我慢してみましょう。

辞め癖がついている

辞め癖がついてしまうと、些細なことで辞めることになります。

どんな職場でも完璧な職場などあり得ません。

些細なことで辞めるくせがつくと、どこにいっても自分の居場所を見つけることができません。

まずは正社員として仕事を始めたら、自分の足場を固めるクセをつけるようにしましょう。

勤続年数が短くても、根を張ることはできます。

自分なりのポジションを確保して、辞めることを避けるようにしましょう。

理想が高すぎる

理想が高いことは素晴らしいことですが、職場には大勢の人たちがいます。

たくさんいる社員、全員の意識が高いということは、まずあり得ません。

経営者が発破をかけても、なかなか社員の意識が統一されることはありません。

一般社員が理想を高く持っても、社員の意識を高めることは難しいです。

うまく周囲と協調して、それなりに折り合いをつけて仕事をしていくようにしましょう。

本当の適職を見つける近道

「仕事をすぐ辞めてしまう。社会不適合者なのかな」

と、自分に自信を無くしていませんか。

ですが決して自分を決して責めないでください。

あなたにとっての適職を見つけられれば、活躍できる人材になりつつ仕事を続けられます。

しかし、一人で行き当たりばったりな転職活動をしていても適職に出会える確率は低いしょう。

筆者のおすすめの方法は転職エージェントに相談することです。

転職市場を知り尽くした転職のプロに相談することで自分では気づけなかった価値観や適職が見えてくるからです。

例えばハタラクティブと言う転職エージェントがあります。

ハタラクティブは未経験OKの求人を豊富に取り扱っているため、自分の可能性を広げることができます。

また、マンツーマンでの手厚いサポートを受けられるため、納得がいくまであなたの適職を一緒に見つけてくれます。

少しでも今の自分を変えたいのならまずは頼ってみることから始めてみませんか。

一人では見つけたらなかった価値観や天職が見つかるかもしれませんよ。

>ハタラクティブに無料で相談する

我慢できない

「なんでこんなことをさせられるんだ。辞めてやる」と、言って、我慢できずに本当に辞めてしまう人がいます。

会社員になれば、嫌なことも良いこともたくさん起こります。

嫌なことばかりに目を向けるのは避けるようにしましょう。

65歳まで働く職場なので、良いことの方に目を向ければきっと乗り越えることができるはずです。

仕事をすぐ辞めてしまう人の特徴まとめ

  • うつ病などの病気がある。
  • やりたい仕事が分かっていない。
  • 被害者意識が強すぎる。
  • 人間関係が苦手。
  • 辞め癖がついている。
  • 理想が高すぎる。
  • 嫌なことがあったときに、我慢ができない。

まとめ

仕事をすぐに辞めると、リスクが非常に大きくなります。

転職がしにくくなったり、失業保険が貰えなかったり、辞め癖がついてしまい、ホワイト企業にいてもホワイト企業と認識できず、自分からブラック企業に堕ちていく人もいます。

すぐに辞める人の特徴として、うつ病などが完治していなかったり、自己分析が甘かったり、人間関係が苦手などの特徴があります。

すぐ辞めないようにするための対策として、自分なりに会社に求める条件を決めることや、自己分析を徹底することで、自分自身が何をしたいかについて理解する必要があります。

仕事を辞めるときは、必ず次の会社を決めてから退職するようにしましょう。

いち早く次の会社を決めつつ、納得できる会社に転職するためには、転職エージェントを利用してみて下さい。

そうすることで客観的に自分に合った会社を探すことができ、内定率も上がります。

おすすめは以下の4つです。

  • ハタラクティブ:未経験転職に強い
  • ジェイック:紹介求人の定着率が90%以上の実績がある
  • ビズリーチ:登録するだけで企業からスカウトが来る
  • マイナビエージェント:求人の多数が非公開求人

自分の特徴をしっかり見極めて最適な選択ができるようにしましょう。

 

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。