仕事したくない!と感じる原因とは?年代別の対処法も紹介

この記事は有料職業紹介事業として厚生労働大臣の許可を受けている株式会社しごとウェブ(許可番号:13-ユ-306679)が制作しています。

この記事で分かること
  • 仕事したくない理由
  • 仕事したくない時対処法
  • 仕事したくない人におすすめの他の稼ぎ方
  • 解決しない場合はマイナビAGENTで相談し適職探しをする

仕事したくない。働きたくないという悩みに苦しんでいませんか?

仕事をしたくないと感じているときは、仕事をしたくない理由を知り自分の適性にマッチした仕事選びが重要です。

この記事を読めば、仕事をしたくないと感じる理由やその対処法がわかりますので、ぜひご一読ください。

監修者
 

高橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。

仕事したくない!働きたくない!と感じる理由

仕事したくない!働きたくない!仕事やりたくないと感じる理由

仕事がしたくない理由は「仕事がつまらない・興味をもてない」「仕事が誰のためになっているかわからない」「仕事内容や給料の将来性に強い不安を感じる」「人間関係が辛い」「うつ病、適応障害などの精神障害」が多い傾向です。

仕事したくないと考えてしまうことは決して甘えではありませんが、安易に転職をしてしまってはまた同じ失敗を繰り返す可能性があります。

まずは、仕事をしたくないと考える理由を深堀してみましょう。

仕事がつまらない・興味をもてない

仕事がつまらない・興味をもてない

仕事がつまらなくて毎日が苦痛という理由で仕事したくない方は多くいます。

ルーチンワークばかりの仕事であったり興味の持てない仕事内容の場合は仕事をつまらないと感じることは多くなるでしょう。

ルーチンワークは創意工夫の余地がなく、しかもミスをすると怒られるようなものばかりです。

筆者も給与計算が苦痛すぎて、人事の仕事はしたくないと思っていました。

昇進していくとルーチンワークから解放され、楽しく仕事ができたため昇進を待つという選択肢もありです。

特に、工場や公務員、社会のインフラ的仕事はルーチンワーク化され歯車のような働き方になることが多く仕事がつまらないと感じるでしょう。

創意工夫ができるクリエイティブな仕事や裁量権のある仕事探しを検討することで解消する可能性があります。

仕事にやりがいを感じられない

仕事が誰のためになっているか分からず、やりがいを感じないから仕事をしたくない方もいます。

実際には必要としている仕事だからこそ、あなたは給料を払ってもらえます。

そのため誰のためにもなっていない仕事はなく、やりがいを見つける工夫も大切と言えるでしょう。

成長が嬉しい、稼ぎたい、人の役に立ちたい、同僚と良い仕事をしたい、などやりがいは人によって大きく変わります。

もし今の仕事にやりがいを感じないと悩んでいるなら、dodaの適職タイプ診断サービスを受けるのもおすすめです。

こちらの適職診断ツールは、現在の勤め先に関する質問もあるため「いまの満足度」についても知ることが出来ます。

それでも仕事がつまらないと感じるときは自分自身の価値観が何かを見つめ直すところから始めてみましょう。

価値観の自己分析として重要なのは、自分自身がどうしたいのかを知ることです。

したいことは何か、反対にしたくないことは何かを考えます。

そうすることで今の自分に必要なことが見えてきます。

仕事内容や給料の将来性に強い不安を感じている

いまの仕事に将来はないと感じて仕事をしたくないと感じる方も多くいます。

「このまま仕事を続けていても将来性ないしお先真っ暗」と、日に日に仕事のモチベーションも低下し、仕事がしたくなくなりますよね。

そんな方は仕事は仕事と割り切って投資や資産運用により将来的な金銭の不安を解消していくといいでしょう。

詳しくは「仕事したくない人はお金を貯めて1億円の資産運用を目標にしてみよう」で解説しておりますので必ずご覧ください。

もし、仕事も充実させて将来性のあるキャリアを歩みたいという方は転職エージェントに一度相談してみるといいでしょう。

転職エージェントではさまざまな仕事を把握しているため、将来性のある業界やあなたの適性にあった仕事を紹介してもらえます。

マイナビジョブ20’sなど若手向けでフランクに相談できるサービスもあります。

相談することで多くの選択肢を得られるため一度相談してみましょう。

人間関係が辛い

「仕事自体は好きだけど人間関係が嫌だから仕事をしたくない」という人は実は非常に多いです。

会社という小さなコミュニティの中で人間関係の構築に失敗してしまうと、それだけで居心地が悪くなってしまうためです。

嫌な上司や先輩に会うのが憂鬱で仕事に行くのが億劫な気持ちになってしまうこともあります。

人間関係は配置換えや異動でかんたんにリセットできます。

しかし、異動先にも嫌な人間がいる可能性もゼロではありません。

人間関係を築くのが面倒、という方は人と関わらないでできる仕事を探すのもおすすめですよ。

うつ病、適応障害などの精神障害がある

うつ病や適応障害などの精神的な疾患がある方は、

「仕事がしたくない、辞めたい」

とネガティブになりやすいです。

いまの時代、ストレスなく仕事をしている人はほとんどいないためです。

大きなストレスを仕事上感じてしまい、衝動的に退職する人もいます。

うつ病や適応障害になって「もう体が動かない」という状態になってはじめて人事に駆け込む人もいるでしょう。

前述したとおり、筆者としては出来れば休職して欲しいです。

しかし、退職してスッキリし、再起をかけるという方が良い場合もあります。

まずは医師に相談して、ゆっくり今後を決めて下さい。

しっかり休んで冷静な状態になってから後悔がないように判断してくださいね。

もう仕事をしたくないと感じた時の対処法

もう働きたくないと感じた時の対処法

年齢によって仕事がしたくないと感じる理由やその対処策は変わってきます。

そこで、年代別に対処法のアドバイスを紹介していきます。

20代で仕事したくないと感じた時の対処法

20代で仕事したくないと感じている方は、

  • 20代の間に未経験職種への転職
  • 興味ある分野の勉強
  • バックパッカー

など興味あることは積極的に行うようにしましょう。

20代は人生で一番自由な時間のためです。

30代、40代となると家族もできたり、即戦力を求められるため転職にすら挑戦できなくなります。

一方で20代の若さなら転職は可能です。

ただしアクティブに活動するようにしましょう。

何もしたくないのであればプランを立てて行動することから始めてみるのもおすすめです。

未経験職種を探すなら20代転職に強みがあるマイナビジョブ20’sがおすすめです。

面談で求職者の適職を一緒に見つけてくれるため、自己分析が苦手な方にもおすすめです。

未経験者でも長く安心して働けるように、研修サポートや教育体制の整った企業の求人を多く保有しているのも魅力です。

現在、無料で相談できオンラインでもカウンセリング対応をしてもらえます。

やりたいことが分からない20代の方は一度相談してみてくださいね。

30代で仕事したくないと感じた時の対処法

30代でもう仕事をしたくないと感じている場合には、早めに転職活動をするなどの行動をすることをおすすめします。

特に下記の内容に該当する方は要注意です。

  • キャリア形成できない
  • 給料が上がらない
  • 誰からも期待されない
  • 仕事に興味を持てない

日本企業は人件費の安い若者を正社員として未経験採用するため、30代は転職するラストチャンスとなることも多々あります。

終身雇用が崩壊していく中で会社にしがみつくような働き方をするのは避けた方が良いため、転職するならなるべくスキルが身につく仕事を選びましょう。

30代で手厚い転職サポートが受けられるマイナビAGENTです。

業界トップクラスの求人数で非公開求人も豊富なため、好条件や高待遇の求人が見つかる可能性が高いです。

好条件の求人でキャリアアップしたい方、職種を変えてチャレンジしたい方など、今後のライフプランでさまざまなニーズがある30代の転職にも柔軟にサポートしてくれます。

40代で仕事をしたくないと感じた時の対処法

40代で仕事をしたくないと感じる方は転職によるリスクが高いため、なぜ「仕事したくない」と感じるかの理由と向き合うようにしましょう。

40代は転職も難しい年代です。

これまでの昇給などでお給料自体も良くなっており、他でスキル・経験を活かせる環境も少ないでしょうから辞めるのがもったいないためです。

もし仕事したくないと感じる理由が

  • 業務内容
  • お客さま
  • 上司
  • 同僚
  • 部下

なら異動も検討してみましょう。

また、自分の価値観を把握して自分らしく働くことを目標にしてみましょう。

会社に仮に何十年も在籍出来ているとしたらとっくにベテランであり、多少自分のやりたいように振舞っても問題ありません。

悩むよりもいかに自分のストレスを減らして仕事をできるのかを考えるようにしましょう。

どうしても今の仕事をしたくないという方は、ビズリーチに登録してみましょう。

ビズリーチは登録するだけで、あなたのスキルや経験に応じスカウトが来ます。

そのため、自分の市場価値を理解でき、誰も教えてくれないあなたの可能性が見つかるかもしれません。

良くも悪くも今の会社にとどまる判断材料になりますので、登録して損はありません。

ニートなど無職で仕事したくないと感じている方の対処法

ニートなどの無職状態で仕事をしたくないと感じている方もいると思います。

根本的な解決をするには自己分析を通じて自分の価値観を理解する必要があります。

自分自身がどんな仕事をしたいのかが明確でないとどんな企業の求人を見ても興味を持てないためです。

もし自己分析の方法に悩んでいる方は就職支援サービスで自己分析を手伝ってもらう方法がおすすめです。

担当者から様々な切り口で質問を受け、適性や該当する仕事を紹介してもらえます。

重要なポイントとしては自己分析に終わりがないということです。

まずは選ばず仕事をしてみるという行動力も大切となってきます。

働いていると「どんなときに喜びを感じるのか?」「どんなときに落ち込むのか?」と自分の価値観が見えてきます。

怖い、うまくできないかもと感じるのは最初だけです。

入社して2週間も経てば仕事にも環境にも慣れることが出来ます。

仕事したくない人におすすめの稼ぎ方

仕事をしたくないからと言ってお金がないと生活ができなくなりますよね。

そんな方におすすめのお金の稼ぎ方や仕事を紹介します。

  • 資産運用
  • アフィリエイター
  • 内職
  • 治験

ひとつひとつ解説します。

資産運用

仕事をしたくない人はお金を貯めて1憶円の資産運用を目標にしてみましょう。

日本は資本主義社会であり、労働者を脱出するためには投資でお金を増やすことが実は一番働かなくても良くなる可能性を秘めているためです。

労働者として企業で働いて元手となるお金を貯蓄し、余裕資金を投資に回していきます。

資産運用で食べ行ける可能性も出てくるような金額として、1億円を目標に資産運用を行ってみましょう。

投資信託で運用して5%程度の運用利回りで年間500万円(税引き後400万円)です。

これだけ年間の収入があれば気楽に過ごすことができるでしょう。

1億円はすぐには貯まりませんが、貯蓄を投資に回しながら運用していくことで後半は大きく伸びていきます。

まずは資産運用に回すお金を用意するために、例えば期間工で働くと寮費が無料のため3年程度で1,000万円を貯蓄する人もいます。

決して無理な目標ではないため一歩を踏み出してみましょう。

>トヨタ期間工の求人はこちら

アフィリエイター

仕事をしたくない人におすすめなのは、アフィリエイターです。

ブログを開設し、商品やサービスを紹介することで中間マージンを得る仕事でお金を稼ぐことができます。

好きなものや興味のあるものを紹介するだけでお金になるので、仕事をしている感覚なく始めることが可能です。

生活ができるまで稼ぐためには知識や努力も必要ですが、初期投資もほとんどかからないので始めやすい仕事といえるでしょう。

内職

コツコツとした作業が苦手でない方には内職がおすすめです。

シール貼りやテープ起こしや部品の検品など様々な内職があります。

収入としては出来高制なので、自分のペースに合わせて気分が乗ったときに作業ができるので、働きたくないという方にぴったりと言えます。

デメリットとして、1件当たりの単価が低いことが多いため高収入は望めない点があります。

治験

仕事をしたくない方には、治験で稼ぐのもおすすめです。

治験とは、新薬を実際に試して、効果や安全性を確認するための臨床試験で、広く募集されています。

本来はボランティアの扱いですが、時間的拘束や体調管理への負担の対価としてお金が支払われるという仕組みです。

自身の健康管理にもつながる上、社会貢献もできてお金も稼ぐことができるので、仕事をしたくない方にはうってつけです。

【コラム】在宅での仕事は向き不向きがある

在宅での仕事に憧れる人もいますが、基本的に普通のサラリーマンよりも大変な側面もあります。

やる気がでずサボってしまうことや、誰も指導してくれずキャリアの幅が広がらないということがあるためです。

また、筆者もサラリーマンとして人事を約10年経験した後に自営業をしていますが孤独です。

サラリーマンをやっているよりもメンタルを壊しがちになったり、疑心暗鬼になったりします。

さらにはお金のことに恐怖を感じたりと孤独になるとロクなことを考えません。

確かに在宅勤務に憧れる気持ちは充分に分かります。

しかし、やってみると普通に会社に出勤していたほうが気楽だったということにもなりかねません。

貧乏になっても生活保護がありますが孤独や孤立で人が死ぬことはあり得ます。

仕事をしたくないと感じた時は自分に合った仕事探しをしよう

仕事をしたくないと長期間に渡って悩んでいる方は、自分に合った仕事探してみましょう。

自分に合った仕事とは、自分の強みと自分のしたいことが重なる領域の仕事のことです。

しかし、したい仕事がないのに転職をするということは大きなリスクを伴います。

以下のような4つの理由があるためです。

  • 職種や企業選びができない
  • 志望動機があいまい
  • 面接での意欲がない
  • したい仕事が定まらないため内定をとりづらく転職活動が長期化するため

何をしても満足な結果を得られず、やがて転職を繰り返して転職先もないという状態になる可能性があります。

自己分析や企業研究、職種の研究を行い自分はどんな仕事なら続けることができるのかについて考えるようにしましょう。

誰にでも強みや弱みがあり、例えば体力仕事が得意な方はデスクワークで座り続けることに苛立ちを感じるでしょう。

自分の適性に合った仕事選びがストレスのなく働くために重要です。

適性の理解には自己分析を行う必要があります。

もし「できそうもない」と感じたら、転職エージェントに相談して自己分析を手伝ってもらいましょう。

おすすめは、マイナビジョブ20’sです。

精度の高い自己分析サポートから、あなたに合った適職を紹介してもらうことができます。

20代に特化したサービスのため、早めに相談してみましょう。

30代以上の方であれば、同じ求人を共有しているマイナビAGENTに相談しましょう。

>マイナビジョブ20’sはこちら(20代の方向け)

>マイナビAGENTはこちら(30代以上の方向け)

まとめ

仕事をしたくないと感じている根本的な理由を考えてみましょう。

例えば自分自身の性格などにも着目してどうすれば仕事のモチベーションを保てるかを考えましょう。

ニートなど無職で仕事をしたくないと感じる方はまずは自己分析が必須です。

20代で仕事したくないと感じている方は、興味のあること積極的に挑戦してしてみましょう。

2未経験職種への転職、興味ある分野の勉強、バックパッカーなどどんなことでも構いません。

30代で仕事したくないと感じている場合には、早めに転職活動をするなどの行動をすることをおすすめします。

40代の方は転職よりも自分のストレスを減らして楽に仕事をするコツを身につけましょう。

もし、したい仕事がない状態で転職を検討している場合は踏みとどまるようにしてください。

結局、「仕事したくない」と感じ何度も転職を繰り返すハメになる可能性があります。

もし上手く進まない場合は転職エージェントの活用がおすすめです。

キャリア相談におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

  • マイナビAGENT
  • ハタラクティブ
  • 就職カレッジ

転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けるなどして、自分自身の適職を探してみましょう。

よくある質問と回答

仕事したくないと感じるのは甘えですか?

仕事したくないと感じるのは決して甘えではありません。ただし、安易に仕事を辞めてしまうのは危険です。なぜ仕事をしたくないのか理由を分析し、どうすれば仕事に対してモチベーションを保つことができるのかを考えてみましょう。理由を探りたいと言う方は、仕事したくない理由をご覧ください。

仕事したくないとき、どうすればいいですか?

20代の方は興味あることに積極的に挑戦することがおすすめです。例えば、未経験職種へ転職したり、興味ある分野の勉強、バックパッカーなどです。

30代の方は会社にしがみつく必要がないようにスキルが身に付く仕事を検討してみましょう。

40代の方は昇給していたり転職しにくい年齢に差し掛かっているため、仕事をしたくないと感じる理由と向き合ってください。業務内容や人間関係で疲弊している場合は異動願いも検討してみましょう。

仕事をしたくないのでニートを続けたいのですが良いですか?

ニートを続けると社会復帰しづらくなります。

将来、収入面や人間関係の疎遠さから困る可能性があります。

仕事をしたくない理由を明確にし、回避する形で仕事をすることがおすすめです。

最近では在宅での仕事も増えてきました。柔軟な働き方が選べるようになりましたのでぜひ原因と把握しましょう。

監修者

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。