500名の面談から教える「仕事がつらい」と感じる原因の傾向とは?対策法も合わせて紹介

公開日: / 更新日:

仕事がつらくて悩んでいる方は

「仕事が辛い。原因は何かを知りたい」

「仕事がつらくて辞めたい。どうすれば良いの?」

と悩んでいませんか。

筆者はこれまで約10年人事を経験し、500名以上から「仕事がつらい」という悩みの相談を受けてきました。

悩みを聞いていると、仕事がつらい原因には実は特徴があります。

具体的には仕事がつらい原因は

  • 職場が自分に合っていない
  • 職種が自分に合っていない

この2つが大半です。

より広く原因を捉えると人間関係の悪さや環境的な要因が多いでしょう。

もちろん、自分自身が改善しなければいけないこともあります。

ですが、環境を変えだけでストレスから開放されることもあります。

この記事では仕事がつらい原因の傾向を知り、対処法が分かります。

もし、仕事がつらいと悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

仕事が辛いと感じる7つの原因を解説!

仕事が辛いと苦しむ人が多くいます。

自分自身を責める方も多いですが、実はそうでないことが大半です

なぜなら仕事が辛いと感じる原因の多くは、

  • 自分自身の強みが活かせない
  • 自分自身の価値観と企業文化が合っていない

といったことを多く見受けられるためです。

お金を得る手段であるため無理して働く方も多くいます。

ですが、毎日のことであるため自分らしく働けていないと窮屈さを感じるようになります

小さなストレスが積りに積もって、最終的には仕事の辛さにつながっていきます。

ここでは「仕事がつらい」と感じる原因を具体的に紹介していきます。

筆者が10年の人事経験から仕事が辛いと感じる傾向をまとめています。

仕事がつらい原因は、以下の7つです。

  • 原因1:人間関係が悪い
  • 原因2:労働環境が悪い(暑い寒い汚臭)
  • 原因3:仕事量が多い・残業が多い
  • 原因4:仕事の難易度が合わない
  • 原因5:勤務体系が悪い
  • 原因6:セクハラ・パワハラがある
  • 原因7:社風が合わない

それぞれについて解説します。

該当していないか、ぜひチェックしてください。

原因1:人間関係が悪い

人間関係の悪い職場ではそれだけで仕事をする気力が削がれます。

たった1人いるだけでギスギスし、会話も減れば協力もしなくなっていきます。

前向きな発言をしても否定されるのであれば、

「余分なことも言わず黙々と仕事に打ち込むしかない」と思います。

人間関係が少し悪いだけで前向きさが減り辛いと感じる機会が多くなるでしょう。

原因2:労働環境が悪い(暑い・寒い・汚臭)

労働環境が悪く仕事が出来ないという問題があります。

冷暖房が効きすぎたり、執務室にまでタバコ臭が入ってくることもあるでしょう。

暑い・寒い・汚臭がするといった職場では会社の上層部に現状を報告し、改善を促しましょう

あまりの暑さに熱中症になってしまうような職場であれば、職場に大きな問題があります。

原因3:仕事量が多い・残業が多い

仕事量が多い・残業が多い職場は疲弊します。

心も体力も疲れ果て、朝から元気がないどころか会社にも行きたくないと感じると思います。

特に仕事量や残業が多い状態がいつまで続くか分からない状態に陥ると途端につらくなります。

つらいと感じる大半は、仕事を受け身でしているときです。

自らスケジューリングしたような仕事ではそれほど辛いと感じません。

一方で、人から振られた仕事では辛いと感じやすくなります。

そのため、裁量によって辛さが変わってくるとも言えます。

原因4:仕事の難易度が合わない

仕事の難易度が自分の許容レベルを超えている場合、仕事を辛いと感じることがあります。

仕事ができない自分に対して自信がなくなっていきますし、仕事ができないことで周囲の目が怖くなるでしょう。

ときには「どうやって質問すれば良いか分からない」と悩み、相談すらできなこともあると思います。

そして、仕事の難易度が高いにも関わらず誰もサポートしてくれない職場の場合は孤立まで感じることになります。

「仕事がつらい」と感じる場合は仕事の難易度が適正かをチェックしてみましょう

原因5:勤務体系が悪い

勤務体系が合わない場合、きついと感じる方は多くいます。

とくに夜勤については合う・合わないがはっきりしており、

「夜勤がつらくて辞めた」という方は後を絶ちません

事実、夜勤のある職場などではメンタルヘルス疾患に罹患する社員が増える傾向にあります。

勤務体系そのものにリスクがあるためです。

交代勤務に従事している従業員には特別な健康診断を実施することが求められているほどです。

勤務形態が自分に合っているかを再確認し、体調にあった仕事を選びましょう

原因6:セクハラ・パワハラがある

セクハラ・パワハラがある職場は基本的にストレスの温床となります。

受け手側がどう感じるかといった主観的なものが多く、会社経営者側が問題に気づかないということもあります。

セクハラ・パワハラが過去に問題になっていない企業であれば、対策を求めることで改善する可能性があります

一方で、過去にもセクハラ・パワハラが存在しつつも無関心な状態であれば、

「ハラスメントが常態化する社風」ということも考えられます

この場合は転職も選択肢の1つとして検討していきましょう

原因7:社風が合わない

自分の価値観と社風が合わない場合は仲の悪い夫婦のようなものです。

全ての面において価値観が合わないためストレスを感じることでしょう

基本的には社風を変えることは非常に困難です。

そのため、

  • 自分が価値観を変える
  • 自分の価値観に合う企業へ転職する

の選択肢しかないのが実情です。

部署異動によって社風が変わるほど大組織の場合は、異動も有力な選択肢の1つとなります。

今一度、会社の理念やビジョンが自分の価値と一致するかチェックしてみましょう

以上が、仕事が辛いと感じる原因でした。

以降では仕事をより良くする方法について紹介をしてきます。

辛い仕事から脱出したい!解決するには自己分析を徹底して対処する

「仕事がつらい…どう対処すればいいの」と悩んでいる方は多いです。

ここでは辛い仕事からの脱出方法について紹介します。

具体的には以下の2つの方法があります。

  • 自分らしく働ける環境を知る
  • 自己分析を徹底して対処する

ぞれぞれについて紹介します。

自分らしく働ける環境を知る

仕事のつらさを取り除くためには、自分自身がどんな職場を望んでいるかを知る必要性があります

なぜなら、自分自身がどんな風に仕事をしたいのかを知らなければ実現に向けて行動できないためです

また、新卒入社して同じ会社に長く勤務している人は良くも悪くも他の企業を知りません。

そのため、新卒入社した企業で「仕事が辛い」と悩んでいる方は様々な企業があることを理解しましょう。

日本には企業が420万社ほど存在するためあなたに合う企業も必ずあるはずです。

参考:日本の企業数について|中小企業庁

次は、辛い仕事から脱出するための自己分析について解説します。

自己分析を徹底して対処する

辛い仕事から脱出するためには、自己分析を徹底することが重要です。

自分自身がどんな環境でどんな仕事をしたいのかが理解できていないと、環境を選ぶ基準も分かりません

筆者のおすすめはサニー・ハンセンの4L理論から自分を理解することがおすすめです。

4L理論とは次の4つLの要素の組み合わせが大切だとしています。

  • Labor(仕事)
  • Leaning(学習)
  • Leisure(休暇)
  • Love(愛)

参考:サニー・ハンセンの4L理論の紹介|やまもと まさき|note

人によっては「仕事が人生の全てである」という人もいます。

一方で、「定時に帰ってプライベートを充実させることが人生の全て」という人もいます。

このような価値観はおおよそ上記の4つのLで表されるというのが4L理論です。

あなたは、4つのLの要素のうち、何を重視し、何に意味を感じませんか?

4つのLをどのように重要視しているかを知ることとにより、自分の価値観が見えてきます

非常に簡単なため、ぜひ試してみてください。

ただ、人によっては「難しい」と感じることもあるでしょう。

また奥深いため、様々な自己分析方法があります。

このサイトでも自己分析の方法を紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてください。

また、自分で自己分析ができないと感じた方は自己分析をサポートしてもらいましょう。

おすすめは転職エージェントです。

無料で相談できる上に、登録すれば今日からでも自己分析を開始することが可能です。

次は、自己分析のサポートをしてくれる転職エージェントを紹介します。

仕事を辛いと感じる方はぜひ自己分析を通じて原因を取り除きましょう。

きっとあなたに合う仕事が見つかるはずです。

自己分析のサポートが手厚い転職エージェント

転職エージェントはサポートの手厚いところを選ぶようにしましょう。

自己分析が手厚い転職エージェントとして、以下の転職エージェントがあります。

  • 求人が豊富なリクルートエージェント
  • メーカー系に強いマイナビエージェント
  • 第二新卒やフリーターに強いハタラクティブ
  • 手軽に診断ができるグッドポイント診断

それぞれについて解説します。

求人が豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数が最も多く、名実ともNo.1と言われている転職エージェントです。

求人数が多く、登録者が多いためデータが豊富で良い自己分析をしてもらえるためおすすめです。

さらにリクルートエージェントは求人が豊富です。

そのため、自己分析を受けた上で自分にマッチした求人を複数提案してくれます

「つらくない仕事がしたい」という方はぜひ、登録してみましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

メーカー系に強いマイナビエージェント

メーカー系に強いマイナビエージェントはつらくない仕事をしたい人に向いています。

筆者はメーカー人事を約10年間経験していますが、メーカーは基本的にまったり勤務できるためです。

人間関係に関しても物を作り売れていればOKという社員が多く、サバサバした人が多いです。

人間関係が辛い人はマイナビエージェントでメーカーに応募してみてください。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

第二新卒やフリーターに強いハタラクティブ

第二新卒やフリーターの方はぜひ、ハタラクティブを活用してみてください。

ハタラクティブは未経験者が応募することが前提の転職エージェントのため、幅広い職種に応募可能です。

仕事がつらいと言っている方はたまたま職種がマッチしてないだけという可能性が高いといえます

ぜひ、ハタラクティブで未経験者歓迎の仕事に挑戦してみてください。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

手軽に診断ができるグッドポイント診断

「転職エージェントとの面談時間を取るような余裕がない」

という方はリクナビネクストのグッドポイント診断を活用しましょう。

在宅で気軽に自己分析ができます。

参考:グッドポイント診断 | 転職なら【リクナビNEXT】

リクナビNEXTに登録すると無料で、グッドポイント診断を利用することができます。

用意された設問に答えていくだけで適職を教えてもらえます

>リクナビNEXTの登録はこちら

もし「転職するのはちょっと難しい」という方は、社内異動を検討してみましょう。

転職よりも内情を把握しやすいためリスクが少なくおすすめです。

さらに社内異動であれば給与などの労働条件が変わらないことが大半です。

転職はリスキーなため避けたい、という方ぜひ社内異動を検討しましょう

まとめ

今回は、仕事がつらい原因について解説しました。

仕事がつらい原因は以下の7つです。

  • 人間関係が悪い
  • 労働環境が悪い(暑い寒い汚臭)
  • 仕事量が多い・残業が多い
  • 仕事の難易度が合わない
  • 勤務体系が悪い
  • セクハラ・パワハラがある
  • 社風が合わない

また、本文中でも解説しましたが自己分析を徹底することが重要です。

自己分析を行い、自分らしく働ける環境を探すようにしましょう。