製造業の求人サイトはどこがおすすめ?採用担当が教える求人サイトの選び方

公開日: / 更新日:

製造業の求人サイトはたくさんあるため、何を選べば良いか悩んでいませんか?

製造業の求人サイトって似たような求人ばかりでどれがおすすめなのか分からない」

といった質問をよくうけます。

筆者は約10年ほど製造業の採用担当者を経験してきました。

そのため様々な製造業向けの求人サイトを利用しその特徴を把握しています。

その経験からお伝えすると採用担当者から知名度が高い求人サイトを選ぶことで良いメーカーに内定する確率を上げることができます。

製造業の採用担当者は知名度があり集客力が高いと言われている求人サイトを利用する傾向にあるためです。

これは大手や知名度の高いメーカーも同様です。

その上で、

  • 自分自身が工場の中でも残業代を稼ぎたい
  • 人と関わらない仕事を探したい

など、目的に合わせて求人サイトを活用するようにしましょう。

この記事を読めば、製造業求人を探す上で自分が活用すべき求人サイトについて理解することができます。

製造業の求人サイトで自分に合ったサイトを探している方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

採用担当者がおすすめする製造業の求人サイト

「製造業の求人サイトでおすすめのサイトはどこなの」と気になりませんか。

筆者は複数の製造業で採用担当を行っていました。

その経験からお伝えすると製造業におすすめの転職サイトは知名度が高い求人サイトです。

なぜなら企業は知名度の高い転職サイトを選ぶことで多くの応募者を得ることができます。

そのため知名度の高さ選ぶ傾向にあります。

これから求人探しをする人は知名度の高い転職サイトを選ぶことで大手や有名な企業の求人に出会いやすくなるでしょう。

ただし一概には言えない実情もあります。

転職サイトごとに特色を持っており、希望する転職先やこれまでの経験によって活用すべきサイトが異なるためです。

ここでは製造業で知名度が高くメジャーな求人サイトを紹介していきます。

具体的には下記の転職サイトです。

  • アイデム
  • 工場求人ナビ
  • 期間工.jp
  • 工場ワークス
  • しごとアルテ
  • ジョブハウス工場
  • ジョブコンプラス
  • リクルートエージェント

それぞれについて解説します。

アイデム

アイデムは工場求人サイトの中でもメジャーな求人サイトで利用をおすすめします。

工場の現場作業系の求人が広く掲載されており、紙媒体とWEB媒体の両方があります。

紙媒体に求人掲載するとWEB媒体がオマケ(無料)でセットされるため、結果的には両方に求人掲載されることになります。

特に工場現場の中でも正社員求人が多く掲載されていることもあり、工場で長く働きたい方におすすめです。

アイデムは11月や12月の求人閑散期に掲載料値引きキャンペーン等を実施しており、求人数が常に多い状態を維持する努力をしています。

正社員になりたい方におすすめです。

>イーアイデムはこちら

工場求人ナビ

工場求人ナビは日総工産という会社が運営する求人サイトで、工場派遣などで古い歴史をもっており40年以上の運営実績があります。

製造業の採用担当者は日総工産をよく知っているケースが多く、求人が集まる傾向にあるためおすすめです。

工場求人の中でも月給の高い期間工求人から、食品工場まで幅広い業種があります。

業種は15業種・職種は23職種の中から自分に合ったものを選ぶことができます。

自動車や電子部品工場まで幅広い業種が用意されています。

>工場求人ナビはこちら

期間工.jp

期間工.jpは、名前の通り、期間工求人に特化した求人サイトです。

期間工は勤務期間が3年と限られていますが

  • 時給が高い
  • 満了金や報奨金など一時金が多い
  • 残業代が多い

ため、短期間でしっかり稼ぐごとが可能です。

期間工.jp経由で応募することで一時金が多く出ることもありデメリットもないため期間工に興味がある方は期間工.jpを経由して応募するほうがお得です。

お金がたくさん欲しい、という方はぜひ期間工.jpを活用してみてください。

>期間工.jpはこちらから登録

工場ワークス

工場ワークスは20代から40代で工場の求人を探している方におすすめの転職サイトです。

紹介求人数も多く22,832社の求人が登録されています。

そのため寮のある求人特集やドライバー向けの求人まで幅広い職種が登録されています。

雇用形態も直接雇用から派遣社員まで自分に合った雇用形態を選ぶことが可能です。

求人があまりない地方の方は一度チェックしてみましょう。

>工場ワークスはこちらから

しごとアルテ

しごとアルテはフジアルテが運営する工場向け求人サイトであり、女性向けの求人にも力をいれています。

工場現場の作業は体力が必要なため男性向け求人が多くなりがちですが、女性が活躍中の仕事を紹介している点は魅力的です。

登録者は50,000人を超えており安心して利用できるでしょう。

派遣社員も福利厚生として社会保険に加入することが可能です。

>しごとアルテはこちら

ジョブハウス工場

ジョブハウス工場は、正社員登用ありの求人が多く正社員採用を希望している方におすすめの求人サイトです。

求人数が5万件と豊富な中で正社員求人も1万件以上あります。

より良い職場探しには抜け漏れなく求人をチェックする必要があります。

求人数が多いジョブハウス工場は自分に合った職場探しをしたい方におすすめの求人サイトです。

>ジョブハウス工場はこちら

ジョブコンプラス

ジョブコンプラスは工場の製造現場の仕事に特化した求人サイトであり、40代・50代で工場求人を探している方におすすめです。

40代・50代歓迎といった条件でかんたんに絞り込むことができます。

求人数は2万件弱保有しています。

電話応募にも対応しているため、すぐに働きたい方におすすめのて求人サイトです。

>ジョブコンプラスはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

圧倒的な求人数を保有しているため製造業の求人も豊富に確保しています。

他の求人サイトと違う点は担当者がつく転職エージェントの形式となっており

  • 原則、正社員雇用
  • 生産技術職や設計開発職といった机に座って仕事をするような求人

の案内が中心となります。

現場向けの求人探しではなくキャリアップやホワイトカラー向けの求人サイトです。

正社員として技術職で転職したい方はリクルートエージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

次では求人サイトの選び方を紹介します。

どのように選べば良いか悩んでいる方はぜひチェックしてください。

製造業の求人サイトの選び方

製造業の求人サイトの選び方では、どのような待遇で働きたいのかを考えるようにしましょう。

なぜなら、具体的な条件が決まっていないとなかなか転職活動が進まないためです。

具体的なチェックポイントは次のとおりです。

  • 仕事量は豊富か
  • 正社員求人はあるのか
  • 時給の高い求人はあるのか

それぞれについて解説します。

仕事量は豊富か

仕事量は豊富かどうかをチェックしましょう。

仕事量が豊富でないと、高待遇の求人を見逃す可能性が大きくなりますし選択肢が少ないと選考から落ちるたびに心理的な負担が大きくなります。

そのため工場に特化した求人サイトの中でも求人数が多い求人サイトを選びましょう。

正社員求人はあるのか

雇用形態へのこだわりが特にない場合は正社員をおすすめします。

会社から長期雇用を見越した教育を受けられますし安定して働くことでキャリアップにもつながります。

退職金制度がある企業であれば老後の貯蓄計画も楽になるでしょう。

工場の現場作業求人は意外と正社員になれる求人が多いです。

正社員求人を探すにあたっては求人サイトも正社員求人が多いサイトの利用が必須です。

雇用形態を正社員にした求人数が多いかどうかを必ずチェックしておきましょう。

時給の高い求人はあるのか

製造業の求人サイト選びでは時給の高い求人があるのかどうかを調べるようにしましょう。

同じ工場の仕事であっても時給が大きく違ってきます。

時給が低いと、「きつい割に安い」と不満を感じ始め、再転職に繋がりやすくなります。

時給の高い求人が多くあるか事前にチェックしておくことをおすすめします。

もし、「しっかり稼ぎたい」という方は期間工も検討しましょう。

期間工は一時金が豊富で残業代も多くさらには寮費や電気光熱費が無料のため貯金があっという間に貯まりおすすめです。

次は、製造業の求人選びで注意するべきポイントについて解説します。

製造業の求人選びで注意すべきポイント5つ

製造業の求人選びで注意するべきことは、お金だけではなく設備面です。

設備が悪いと体調不良を引き起こす可能性が高くなるためです。

具体的には、以下の5つのポイントに注意するようにして下さい。

  • 冷暖房設備はあるかどうか
  • 昼食補助はあるかどうか
  • 残業があるかどうか。ないと稼げない
  • 雇用形態のチェック
  • 工場見学で職場をチェックすべき

それぞれについて解説します。

冷暖房設備はあるかどうか

工場の仕事を選ぶにあたっては冷暖房設備があるかどうか必ずチェックしてください。

工場の仕事は外的環境で働きやすさが大きく変わるためです。

夏場に熱中症を引き起こすような職場であるにも関わらずスポットクーラーすらなく、暑熱対策が実施されていないような職場は避けましょう。

冬場も同様です。

寒い環境にも関わらず暖を取る設備が配置されていない職場では風邪をひきやすくなります。

昼食補助はあるかどうか

昼食補助があるかどうかに注目してください。

事務系のサラリーマンと異なり、忙しい工場現場の従業員は食堂で昼食をとることになるためです。

昼食代の補助があれば1食200円以内で昼食をとることも可能です。

年単位で見れば手取りに大きな差がでます。

残業があるかどうか。ないと稼げない

工場の仕事では残業があるかどうかを面接で必ずチェックする必要性があります。

なぜなら、残業代で稼ぐのが工場仕事の特徴となっているためです。

残業代があればお給料が多くなり豊かな生活を送ることができますが、残業代がなければ生活が苦しくなります。

残業をさせてもらえるかどうか必ず面接時にチェックしましょう。

雇用形態のチェック

年齢が若い20代・30代は求人応募時に雇用形態はしっかりと確認するようにしましょう。

若ければ最初から正社員になれることも多いためです。

契約社員や派遣社員も時給が高いため悪くはありませんが、工場の正社員としてスキルを身に付ければ他の会社に転職するときも有利となります。

若い方は正社員求人を狙いましょう。

工場見学で職場をチェックすべき

入社前に必ず工場見学をして、職場をチェックするようにしましょう。

なぜなら、入ってから暑い寒い汚い臭いなどがあるときついためです。

工場の求人は求人票だけでは分からない部分が多々あります。

環境面のチェックは必ず行うようにしましょう。

筆者は製造業において現場の方の採用経験が10年近くありますが、薬品の臭いに耐えきれないと初日で辞めていく人を見ています。

工場見学で暑さや寒さ、臭いなど環境部分は事前確認しましょう。

「こんな場合はどうすればいいの」といった細かな質問がある方もいると思います。

次は、製造業の求人サイトに関する質問に答えます。

製造業の求人サイトに関する質問

工場求人に関して待遇面は分かりやすい反面、未経験者は大丈夫なのかなど様々な疑問が出ることがあります。

筆者がよく受ける質問は下記のとおりです。

  • 複数の求人サイトを利用した方が良いですか?
  • 未経験でも応募できますか?
  • 女性でも製造業で勤務できますか?
  • 資格があると有利ですか?

それぞれについて解説します。

複数の求人サイトを利用した方が良いですか?

複数の求人サイトの活用は必須です。

なぜなら、良い求人が特定のサイトだけに掲載されていることはあり得ないためです。

つまり優良は求人を見逃す可能性が高いです。

複数のサイトに登録することで理想に近い求人に出会うことができます。

転職の検討段階から最低でも2つは利用し見逃さないようにしておきましょう。

未経験でも応募できますか?

筆者は工場人事の経験がありますが、工場で経験者はほとんどいません。

10名採用したら2名くらい経験者がいるという割合です。

未経験であっても2か月もすれば1人でラインを動かせるようになります。

全く心配ありません

女性でも製造業で勤務できますか?

女性でも製造現場で働くことは十分可能です。

なぜなら、電子部品工場や食品工場では女性従業員が活躍しているためです。

また、自動車や重機などの重い製品を扱う現場でも検査場など軽作業があります。

筋力がなくともできる仕事があります。

資格があると有利ですか?

資格があると有利になる職種があります。

例えば、フォークリフト運転免許などです。

フォークリフトがあれば倉庫内作業もできるため採用されやすくなります。

まとめ

今回は、製造業の求人サイトについて解説しました。

製造業の求人サイトでおすすめは以下の求人サイトです。

  • アイデム
  • 工場求人ナビ
  • 期間工.jp
  • 工場ワークス
  • しごとアルテ
  • ジョブハウス工場
  • ジョブコンプラス
  • リクルートエージェント

サイト選びのポイントは以下の3点です。

  • 仕事量は豊富か
  • 正社員求人はあるのか
  • 時給の高い求人はあるのか

求人選びのポイントは以下の5つです。

  • 冷暖房設備はあるかどうか
  • 昼食補助はあるかどうか
  • 残業があるかどうか。ないと稼げない
  • 雇用形態のチェック
  • 工場見学で職場をチェックすべき

自分に合った求人サイトを選びましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。