転職の基礎知識

製造業への転職は未経験でもOK?年収や仕事内容を経験者が詳細解説

投稿日:

製造業への転職を検討している人は

「製造業への転職は未経験でも大丈夫?仕事内容はきついの?」

「製造業に転職したら年収はいくらぐらい?どんなキャリア形成になるか知りたい」

「製造業へ転職したときの注意点やデメリットを事前に知っておきたい」

と気になりませんか?

実際、筆者の同期でも配属後に仕事がきつくて辞めてしまう方もいました。

さらに3交替勤務で生活リズムを崩して身体を壊してしまうなどの事例があります。

特に何も下調べをしないまま転職活動をスタートしてしまうと、

  • 「思っていたより仕事がきつい」
  • 「ルーティンワークが苦手だった」
  • 「意外とコミュニケーションスキルが必要だった」

など、仕事のミスマッチによって入社後に後悔してしまうことがあります

求人情報が「未経験OK」であったとしても、まずは自己分析をしっかりと行い選考に臨みましょう。

ここでは特に転職の難易度が上がる、30歳以上のミドルシニア層が製造業に転職する際の心得なども紹介しています。

製造業に転職を検討している人はぜひ一読してください。

製造業への転職は未経験でもOK!安定収入とスキルを得よう

製造業に転職しようか検討する際に

  • 「未経験でも大丈夫なのかな?」
  • 「車の免許以外資格を持っていない」
  • 「自分に勤まるか不安」

といったお気持ちになるかと思いますが、製造業は未経験の方でも転職しやすい業種です。

特にグループ会社含め、大手企業であれば充実した教育制度や資格取得を推進しています。

未経験者でも一からノウハウを吸収することができます。

製造業は顧客に対しての「品質」や、従業員の「安全」などを高いレベルで維持管理しています。

未経験者でも対応可能なマニュアル化された作業方法が強みと言えます。

求人についても業績好調な業界であれば一斉に中途採用を募集しているケースもあります。

そのような場合は選考の通過率も格段にアップします。

筆者が現在勤めている工場も入社当時業務拡大のために大量採用を行っていました。

なので異業種からの転職者が大半を占めている状態でした。

製造業の魅力は未経験者でも転職しやすいだけでなく、

  • 充実した福利厚生
  • 安定した経営基盤
  • 世間からの信頼感

など、生活する上で嬉しい充実した制度も満載ですので、特に家族持ちの方におすすめしたい業界と言えます。

では実際に、筆者が製造業に転職したときの経験談を次の項でご紹介したいと思います。

【コラム】自動車整備士から製造業に転職した体験談

自動車整備士時代に結婚した筆者は、

  • 安定収入
  • 充実した福利厚生
  • ワークライフバランス

などを求めて、25歳の時に地元の整備工場から製造業に転職いたしました。

事業拡大のタイミングに応募できたため初めから採用の間口が広かったことと、

「自動車整備士の経験を現場で活かせる」

とのことで採用して頂けることになりました。

入社時の筆者のスキルは

  • 実務でのパソコン業務経験なし
  • 工場で使用できる資格なし
  • 3交代勤務未経験

といったように工場勤務未経験であったこと、同期のメンバーも

  • ディーラー営業
  • 証券会社
  • 不動産屋

など、工場勤めとは無縁な異業種出身者ばかりでしたので、製造業は「未経験者でもOK」な業界だと肌で感じました。

中途採用者の年齢層も様々ですので、次の項では「未経験者の転職は何歳くらいまでOK?」を解説していきたいと思います。

製造業は未経験でもOK、転職を検討するポイント

  • 異業種からの転職者が大半を占めていて、未経験でも転職しやすい
  • 充実した教育制度や資格取得を推進しているのでノウハウを吸収しやすい
  • 充実した福利厚生、安定した経営、基盤世間からの信頼感がある
  • 特に家族持ちの方におすすめしたい業界

未経験からの転職は何歳まで大丈夫?

巷では転職は「35歳が限界」なんて噂もありますが、少子高齢化など人材不足の煽りを製造業も受けています。

基本的には年齢制限なしで募集している企業が大半となります。

30歳を超えてもこれまでの経験やスキルに関わらず、未経験歓迎として募集しているケースもあります。

一口に「未経験」といってもあくまで工場勤務を経験したことがないという意味合いですので、

  • リーダー経験
  • アルバイトや派遣社員のマネジメント経験
  • 営業で培ったコミュニケーションスキル

など、製造業でも活かせるスキルは30歳以上の強みになる経験とも言えます。

さらに具体的に年代別のアドバイスをしていきたいと思います。

では順を追って30代の転職活動から解説していきたいと思います。

30代・未経験で製造業転職は「問題なし」

筆者が約10年間製造業で働いて思うのは、30代は若手の部類に入るということです。

世の中では30代は若手という扱いではありません。

ですが、働き盛りの20~30代が少ない会社では入社早々に現場の最前線で活躍を期待される年代でもあります。

未経験であっても前職までの経験と体力を武器にまだまだ活躍の場はたくさんあります。

なので、未経験でも安心して転職活動することが可能です。

40代・未経験で製造業転職は「問題なし」

40代ともなるとこれまでの職務経歴も重要なポイントになってきます。

たとえ製造業が未経験であっても

  • 店長などリーダー経験がある
  • アルバイトのシフト管理や面接の経験がある
  • 建築業界で体力には自身がある

といった製造業に活かせそうなバックグラウンドがあるかどうか選考の際に注目されるのです。

実際に40代で入社してきた方々の多くは上記のような

「何かしらの強み」があると思います。

そこをアピールポイントとして自分の中で整理しておくと採用する確率がグンと上がります。

40代の転職活動は改めて職務経歴の見直しから始めることを強くおすすめします。

50代・未経験で製造業転職は「条件付きでOK」

年齢が上がれば上がるほど転職活動は難易度が増します。

50代での製造業への転職は採用してもらうことを一番の軸に考えましょう。

30~40代と比べると求人数、応募条件に合致した求人も少なくなることから

「諦めずに根気よく転職活動を行うこと」

が重要なカギとなります。

その際、

  • なぜ50代で転職をしようと思ったのか
  • 長年培ってきたスキルや経験
  • 体力に自信があるか

などをしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

筆者の勤め先でも50代で社員登用された方もいらっしゃいますが、

  • 格上の若手社員と良好な関係が築ける
  • 謙虚な姿勢で日々の業務に打ち込める
  • すでに派遣社員としてリーダーシップを発揮していた

といったような特徴がありました。

年長者だからと傲慢な態度を取ったり、過去の栄光に浸って自慢話をするなどは絶対にNGです。

ここからは、製造業に勤めることで取得可能な代表的な資格をご紹介したいと思います。

製造業未経験からの転職は何歳まで?年齢別に注目したいポイント

  • 基本的には年齢制限なしで募集している企業が大半
  • 20~30代が少ない会社では、30代でも入社早々に現場の最前線で活躍を期待される傾向がある
  • 40代は製造業に活かせそうなバックグラウンドがあるかどうか選考の際に注目される
  • 50代では30~40代と比べると求人も少なくなるので諦めずに根気よく転職活動を行うこと

【国家資格ばかり】製造業で取得できる資格一覧

ここでは、製造業に転職することで得られる代表的な資格をご紹介していきたいと思います。

一度取得してしまえば定年まで重宝する資格ばかりです。

製造業に転職した暁には手を挙げてでも取っておきましょう。

【工場勤務に役立つ資格一覧表】

資格の種類 内容 難易度 実務への有効度
クレーン運転士(5トン以上は国家資格) 工場内で荷を運搬する際にクレーンの運転資格が必要になります。吊り上げ荷重が5トン以上の場合はさらに難易度の高い国家資格が必要となります。 ★★☆☆☆(5トン未満) ★★★★★
★★★☆☆(5トン以上)
玉掛技能者(国家資格) クレーンで荷を吊り上げる際に必要な資格です。一般的にクレーンの資格とセットで取得します。重量物のバランスを考えて吊り上げる必要がありますので、必ず玉掛技能者が行うことになっています。 ★★☆☆☆ ★★★★★
フォークリフト運転技能者(国家資格) フォークリフトの資格があれば車体の大きさや最大積載荷重に関係なく運転することができます。製造業だけでなく物流倉庫などでも使える王道の資格と言えます。 ★★★☆☆ ★★★★★
溶接技能者(国家資格) 部品と部品を接合するためには電気を用いたアーク溶接や酸素などを使用するガス溶接を使います。製造業では設備の配管など金属同士をつなぎ合わせる作業が頻繁にあるため持っていると重宝される資格です。 ★★★☆☆ ★★★☆☆
危険物取扱者(国家資格) ガソリンスタンドをはじめ、化学工場、石油プラントなど危険物を扱う事業所では必ず危険物取扱者を置く必要があります。甲種・乙種・丙種の3種に分かれており、危険物の種類によって必要な資格も変わります。 ★★★★☆ ★★★★☆
械保全技能士(国家資格) 械保全技能士には特級・1級・2級・3級の等級があり、3級以外は実務経験が必要になってきます。設備の保全業務全般を担当する方は必須な資格と言えるでしょう。3級以上は合格率も低いため難易度の高い希少価値のある資格です。 ★★★★★ ★★★☆☆
衛生管理者(国家資格) 作業場の衛生面を管理するために必要な資格です。業界が変わっても必ず必要な資格ですので、持っていると潰しのきく非常に重宝される資格となります。 ★★★★★ ★★★★☆

ここで紹介した資格は代表的な資格の一例です。

担当業務によっては

「高圧ガス主任者」

「特定化学物質作業主任者」

など、より専門的な資格を取得する機会があるかと思います。

是非、会社から資格取得の打診を受けたら貴重なチャンスですので快くチャレンジすることをおすすめします。

続いては、資格を取得することで得られるメリットをご紹介したいと思います。

資格取得で年収アップ&転職先が広がる

先ほどの一覧表でご紹介した通り、製造業で働くことで様々な資格を取得することができます。

ほとんどの企業では資格取得に関わる費用は全額会社負担となりますので、在籍中に取得しない手はないのです。

「資格は腐らない」と言われているように、社内の認定資格以外は他の会社でも使い回すことが可能です。

その後の転職活動にも活かすことができます。

特に国家資格は年収アップや世間からの市場価値も一気に上がります。

取得のチャンスがある方は積極的にチャレンジしてみましょう。

次に、製造業に転職する前に知っておきたいデメリットをいくつかご紹介していきます。

製造業の転職前に知っておきたいデメリットは4つ

誰もが製造業に転職することが正解とは限りません。

  • 「こんなはずじゃなかった」
  • 「思っていたより体力的にきつい」
  • 「仕事にやりがいを感じられない」

といったように個々人の適性によっては製造業が向いていない方もいらっしゃいます。

これからご紹介するデメリットにもよく目を通しておきましょう。

工場勤めを約10年経験した筆者が感じたデメリットは以下の4つとなります。

転職活動をする上での参考にして下さい。

  • デメリット1:単純作業が多い
  • デメリット2:業種によっては労働環境が過酷
  • デメリット3:3交替勤務だとライフサイクルが乱れる
  • デメリット4:年功序列要素が強い

では一つずつ解説していきます。

デメリット1:単純作業が多い

製造業は基本的には単純作業が多くなります。

自動車組立工場などのライン業務、24時間体制のオペレーション業務など、業界によって働き方は様々あります。

毎日決められたルーティンワークをこなしていくことがメイン業務となります。

なので繰り返し同じ動作を続けることが苦痛な方には不向きと言えます。

外回りの営業やフィールドエンジニアであれば毎日違う風景を見れていたかもしれません。

ですが、工場勤めの勤務体系では新鮮味は感じられなくなります。

  • 「接客業などに刺激を感じられる人」
  • 「出張や外回りの仕事が好きな人」
  • 「クリエイティブに働きたい人」

このような方々は製造業への転職はよく検討された方が良いと感じます。

デメリット2:業種によっては労働環境が過酷

製造業は業種によっては過酷な労働環境で命の危険にさらされる可能性があります。

例えば

  • 1,000度以上の溶解炉の近くで作業をする
  • クレーンやフォークリフトで数十トンの荷物を運搬する
  • 酸欠の恐れがあるタンク内での作業

などなど、数え上げればキリがないくらい危険な作業を製造業では連日連夜行っています。

製品の品質維持のために空調管理された工場や、異物混入を嫌うクリーンルームですと通常エアコンが完備されています。

ですが、工場によってはエアコンもなく夏場などは場内温度が40度以上になることも多々あります。

検討している求人の職場環境が以下の項目に当てはまるかどうか事前にチェックしておくことをおすすめします。

【代表的な工場の労働環境チェック表】

作業場の種類 職場の労働環境
暑熱職場 暑熱、多湿の屋内作業
騒音職場 機械の作動音など著しい騒音を発する作業
粉じん発生職場 鉱物、金属、岩石などの粉じんを発生させる作業
酸素欠乏危険作業 空気中の酸素濃度が低下しやすい場所での作業

内定後に配属される職場の見学を行うケースが一般的ですので、自分に勤まりそうか判断するためにも必ず自分の目で職場環境の確認を行いましょう。

デメリット3:3交替勤務だとライフサイクルが乱れる

24時間365日フル稼働の工場であれば、3交替勤務に所属して24時間のローテーションシフトで対応することになります。

24時間を4班で回す「4班3交替」が主流であるため、朝・昼・晩と週替わりで勤務形態が変わります。

そのため、慣れない方は睡眠不足で体調を崩してしまいます。

筆者も夜勤のシフト時に子供がうるさくて寝れない、近所の騒音で寝付けない、と苦労したのを今でも覚えております。

もし製造業に転職を検討している方は、求人情報が3交替勤務の職場に配属される内容か事前に確認しておきましょう。

デメリット4:年功序列要素が強い

日系大手の製造業であれば年功序列要素がベースとなっていることから、階段を一歩一歩上るような昇給スピードになります。

仮に成果主義が導入されていても基本的には「年齢順」「入社した順」で昇給するのが一般的です。

「現場の人間がどんなに頑張って働いても昇給昇格に影響を与えるほどの結果を残すのは難しい」

と、筆者も約10年間工場に勤めていますが感じます。

  • 「営業のように個人の成果を正当に評価して欲しい」
  • 「30代で管理職を目指したい」
  • 「年収1,000万を目指したい」

という出世欲やバイタリティーの高い人は製造業には向いていないと言えます。

続いては、製造業にも種類がたくさんありますので業界別の特徴をご紹介したいと思います。

製造業の転職前に知っておきたい4つのデメリットまとめ

  • 単純作業が多い
  • 業種によっては労働環境が過酷
  • 3交替勤務だとライフサイクルが乱れる
  • 年功序列要素が強い

【一目でわかる】製造業の分類と働き方

一口に製造業と言っても業界は様々です。

ここでは製造業の種類やどんな働き方をしているのか簡単に解説していきたいと思います。

  • 「私はクリーンルームでの単純作業が向いていそう」
  • 「創意工夫をして現場の改善活動をしたい」
  • 「体力に自信あるので3交替勤務で稼ぎたい」

などなど個々の転職における軸があると思いますので、イメージを膨らましながらご覧下さい。

【業界別の働き方一覧】

製造業の種類 業務内容 職場環境
化学・石油化学 医薬品、洋服の繊維、食料品の原料などに使用される原材料を製造します。現場では主にライン作業や装置のオペレーション業務がメイン業務になります。 危険な有害物質や高圧ガスなどを使用する工場では危険と隣り合わせの業務もあります。
機械・金属・鉄鋼 原料となる鉱石の精錬や加工を主に行います。自動車、船舶、プラント、電子材料など様々な分野で使用する金属の生産やリサイクルを行い日本のモノづくり産業を支えています。 力仕事や3交替勤務といった重労働が多いことから男性の割合が大半を閉めます。空調設備が完備されていない職場は夏場は暑く、冬場は寒い過酷な労働環境です。
自動車・自動車部品 自動車やバイク、それらに使用する部品の組み立てをライン作業で行います。自動車やバイクが完成するまでには様々な工程があるため、募集している求人内容も多岐に亘ります。 安定操業をするために徹底的に無駄を省いた作業効率が求められます。個々の創意工夫よりも決められた作業をきちんとこなすことが求められる環境です。時間管理も厳しいため就業時間中はフル稼働になります。
電子・半導体 スマホ、パソコン、家電など生活の身の回りにある電子機器の製造を行います。基盤やコンデンサーなど精密機械を取り扱うため、作業スピードよりも正確さが求められる仕事です。 安定した高品質を供給し続けるため、コツコツと地道な作業が得意な方が向いています。空調管理されたクリーンルームなどもありますので女性でも作業しやすい環境と言えます。
食品・飲料 パン、お菓子、加工食品など普段人が口にするような食料品の製造を行います。異物混入や食中毒など細心の注意を払わなければならないので衛生面に特に気をつかう産業です。 作業前には身体全体をクリーンにし、異物混入を防ぐために工場内への物品の持ち込みも制限されます。一度でも製品に不具合が生じれば会社に多大な損害を与えてしまうため、とても神経の使う仕事です。
製薬・化粧品 病気の際に服用する医薬品や、メイクやスキンケアに使用する化粧品の生産を行っています。医薬品、化粧品ともに膨大な数の製品が世の中に流通しているため、検品や包装作業の点数も総じて多くなります。食品・飲料業界同様に人が直接触れるものですので細心の注意が求められます。 他の業界に比べて重労働が少ないため、女性でも勤めやすい産業です。正確さと繰り返しの単純作業を希望している方におすすめです。品質維持のため空調管理されていますので1年通じて過ごしやすい環境となります。

ここでご紹介したのはあくまで一例ですが、製造業で働くと言ってもこれだけの業界があります。

個々の適正に応じて業界を選ぶことで、採用後のミスマッチを大幅に下げることができます。

上記の一覧表を参考に、転職で叶えたい軸をしっかりと捉えてから応募をしましょう。

ここからは、実際に転職活動で心強いパートナーとなる、転職エージェントの活用法をご紹介します。

転職活動は製造業に特化したエージェントの活用がカギ

未経験で製造業に転職するとき、一人で仕事を探し回るのは大変だと思います。

まずは転職エージェントという心強いパートナーを見つけ出すことから始めましょう。

特に製造業に強い転職エージェントに相談すればあなたにピッタリな求人情報を無料で提供してくれます。

  • 「今回がはじめての転職」
  • 「転職回数が多くて不安」
  • 「資格を持っていない」

というような方でも、カウンセリングを通じてキャリアの棚卸しから行い転職活動の方向性を導き出してくれます。

ハローワークや折り込みチラシの求人情報から探すよりも遥かに効率よく仕事探しをすることができます。

是非とも転職エージェント活用しましょう。

次の項では筆者が実際に使ってみて良かった転職エージェントをご紹介します。

転職エージェント活用のおすすめポイント

  • 製造業に強い転職エージェントに相談すればあなたにピッタリな求人情報を無料で提供してくれる
  • ハローワークや折り込みチラシの求人情報から探すよりも遥かに効率よく仕事探しをすることができる

未経験でも大丈夫!おすすめの転職エージェント3選

転職サイトなどでも製造業の求人は数多く見かけます。

ですが求人の数が多いからこそ、選ぶ際の判断基準が分からなくなってしまいます。

今回ご紹介するのは特に

  • 求人数
  • 充実したサービス
  • 転職エージェントの質

などが充実している転職エージェントに厳選しております。

1つの転職サービスだけですと求人の取りこぼしや転職エージェントのハズレを引いてしまったときに損をしてしまいます。

おすすめは転職活動をする際は転職サービスに2~3個登録しておくことです。

そうするとまんべんなく求人情報を集めることができます。

では一つずつ特徴を解説していきます。

おすすめ1:マイナビエージェント

転職活動を始める方はまずマイナビエージェントに登録しておきましょう。

マイナビエージェントはリクルートエージェント、dodaと同様に大手転職サイトとして豊富な求人数を常時抱えています。

特にマイナビエージェントは担当エージェントの丁寧な対応力、熱意の高さに定評があります。

すぐにでも転職したいという方の心強いパートナーとなります。

1人1人にじっくりと時間を掛けて対応してくれることもあり、実際に利用した方々の利用満足度が高い転職サイトです。

>マイナビエージェント

おすすめ2:メイテックネクスト

製造業の転職であればメイテックネクストには登録しておきましょう。

製造業を中心とした工場従事者向けの求人を豊富に取り揃えているということがメイテックネクストの最大の特徴です。

親会社であるメイテックに在籍している社員の8~9割が元エンジニア職で構成されています。

なので企業とのコネクションの深さが他の転職サービスを圧倒しています。

「元々技術者として働いていた」「製造業に転職したい」という方は迷わず登録しておきましょう。

>メイテックネクスト

おすすめ3:リクルートエージェント

転職業界No.1の圧倒的な求人数を誇る求人サイトです。

第二新卒から30~40代のベテラン層までの幅広い求職者に対応してくれるのでとても信頼もおけます。

求職者に寄り添ったカウンセリングやアフターフォローに定評がありますので、

「自身の職務経歴を棚卸しする」

そういった意味でも利用しない手はありません。

「転職活動を始めようかな」と思ったらリクルートエージェントにまずは登録してみましょう。

>リクルートエージェント

ここからは、20代で転職する際に注意点をご紹介します。

【注意】20代なら派遣社員より断然「社員登用」がおすすめ

求人情報を見ていると気になるのが「雇用形態」です。

社員のほかにも

  • 契約社員(期間の定めのある雇用形態)
  • 派遣社員(派遣会社と雇用契約を結び派遣先企業で働く)
  • 無期雇用派遣(派遣会社と期間の定めのない雇用契約を結んで働く)

というような雇用形態を目にしますが、20代の方であれば社員登用を目指しましょう。

社員であれば資格の取得推進や充実した教育環境が整っていますので、その後のキャリア形成を築くためにも非常に有利に働きます。

筆者の職場にもなんとなく派遣会社に登録して配属されている20代の方がいます。

ですが長期的に就労する意欲があるのであればまずは「社員登用」で募集している求人に応募しましょう。

真面目な方であれば派遣社員からでも

「派遣社員⇒契約社員⇒社員」

というステップで社員登用を目指せますが、社員登用までに数年は掛かるので

「どうしてもこの会社に入りたい!」という求人以外はおすすめできないキャリアプランです。

充実している転職エージェントのまとめ

まとめ

製造業への転職と言うと

  • 「専門知識がないと就職は難しそう」
  • 「体力がないと勤まらないのでは?」
  • 「仕事のレベルが高そう」

というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、安全かつ高品質な製品を安定供給するために長年培ってきたノウハウが製造業にはあります。

未経験の方でも勤まる仕事が豊富にあり、マニュアル化された作業は

「誰でも作業できること」

を重視して日々改善されていますので、経験がなくても安心して従事することができるのです。

是非とも今回の記事を参考に、安定収入と充実した福利厚生が魅力的な製造業にチャレンジしてみましょう。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

投稿日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-転職の基礎知識

一人で悩まず就職支援を受けませんか?
マンツーマンで手厚く支援

© 2020 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略