ニートの就職方法

【空白期間が不安な方へ】面接での答え方のコツと正社員への就職方法

更新日:

「空白期間に何もしてこなかったから、何を面接で聞かれるか不安だ」
「空白期間が長すぎて書類そのものを書くことができない。何を書けばいいの」

ひきこもり・ニート・フリーターの方は、これから就職しようと考えた時に

「空白期間が長すぎて、どう説明したらいいか分からない」と不安になる方が多くみえます。

「ブランクが長すぎて、また仕事ができるのか正直自信がない」

ともしに考えてしまったとしても、諦めずに、肩の力を抜いて進めていきましょう。

私はこれまで約10年間、採用担当者を経験してきましたが、就職状況は日々改善しています。

そのため、採用担当者も応募者の空白期間を大きく問題にしないという状態になっています。

ひきこもりやニートの方も就職しやすい状況となっているので、空白期間があったとしても多くの方が社会復帰されています。

しかし、当然面接では採用担当者に空白期間に何をしてきたのかを明確に説明できるようにしておく必要があります。

この文章を読めば、採用担当者を納得させる空白期間の説明方法が分かり、正社員として就職する方法が分かります。

ポイントをおさえて理解できれば、

「きっと出来る」と実践に向けて自信が出てくると思いますので、ぜひ最後まで一読ください。

目次

ひきこもり・ニートなど空白期間があっても正社員になれる!その3つの理由

「引きこもりやニートになってしまって空白期間が長くなってしまった。」

「もう一生引きこもりでいきていくしかないの?」と不安になっている方は多いです。

よく相談を受けますが、結論からお伝えするとニート・引きこもりでも就職することは可能です。

理由としては、

  • 若手不足
  • 中小企業やIT系企業では、意欲重視
  • フリーター・第二新卒・既卒などの就活支援を活用すれば就職率は80%を超える

という3つの要素があるためです。

それぞれについて解説します。

理由1:若手が不足!「30歳まで新卒」を導入する企業も多数

リクルートを筆頭に、30歳まで新卒として採用する企業も出現しました。

ライブドアニュースによると、リクルートの他には、東急エージェンシーなど、様々な大手企業がこの取り組みに参画しています。

大手企業でさえも人手不足で30歳までの人材を採用しないといけない危機的な人手不足にあるといえます。

参考:企業で広がる「30歳まで新卒採用」 取り組みに見る「光と影」を考察

理由2:中小企業・IT系では「履歴書の経歴」よりも「意欲・人柄」を重視している

中小企業やIT企業ではそもそも年次などによる一括昇給、終身雇用制度などがあまりなく、10年昔から、フリーターなどを正社員として採用しています。

大企業はすでに社内にいる人材との兼ね合いがあるため、なかなか門戸を開かれていませんでしたが、中小企業は社内にいる人材も新卒一括採用ということもありません。

そのため、社内の社員とのバランスを考えなくて良いので、採用されやすいのです。

理由3:フリーター・第二新卒・既卒などの就活支援を活用すれば就職率は80%を超える

フリーター・第二新卒・既卒であっても、就職支援会社を活用すれば内定率は80%を超えます。

ジェイック・ウズキャリ・いい就職ドットコムなどは若年層で職歴のない方や弱い方でも80%以上を内定させることに成功しています。

活用するかしないかで正社員内定に雲泥の差が出るでしょう。

既卒向けの求人がそもそも見つけにくい中で、就職支援会社はしっかりと求人を集めていきます。

JAIC
おすすめ度
5
求人数
非公開(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫広島宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

この3つの理由があると分かれば、「空白期間を突破するための方法を知りたい!」と思いますよね。

早速ですが、次の章では空白期間を人事に納得させる方法を伝授します。

空白期間を突破するためには「誰もが客観的に納得できるストーリー」が必要

「書くことが何もないのだけれど、どうすれば内定が取れるの?」

「空白期間を書けばマイナスにとられてしまうようで辛い」

とニートやフリーターの方から本当によく相談を受けます。

ですがもし、人事が納得できるような

「空白期間中のあなたのストーリー」あれば、あなたの人となりが見え、人事の納得性がアップします。

ストーリーをしっかりと伝えることで人事の共感を得ることができ、あなたという人が印象に残ります。

「誰もが客観的に納得できるストーリー」を作ることが重要で、これにより劇的に内定率がアップします

他人が納得するようなストーリーを描くためには、支えとなるブレない軸が必要となります。

例えば自分自身を見直して、過去の出来事や、今の自分の状況、これから先の目的が明確に見えてきたとします。

それを誰かに伝えられるようにストーリーを組み立てて、自分なりにまとめることが必要となります。

自己分析はとても大切な過程ですので、必ず行ってください。

自己分析の詳しいやり方については

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」こちらの記事で紹介しています。併せてご覧ください。

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

続きを見る

ではストーリーの作り方を4つのステップで説明していきます。

STEP1:空白期間を選択した価値観を知る

企業の人事が知りたいのは「なぜ空白期間を選んだのか」という理由です。

例えば、「新卒で就職するのが一般的だったけれど、バンドマンをしていた(夢を追いかけるため)、公務員試験を目指していた」というようなストーリーが必要です。

高校を選んだ理由などの選択基準も1つずつ掘り下げていきましょう。

例えば、高校では「スポーツに力を入れている学校だったから選んだ」など、振り返ると自分自身の価値観が分かります。

ハタラクティブ

STEP2:空白期間を過ごした振り返りをする

空白期間は「バンド活動を行い、アルバイトをしながら夢を追いかけていた」のであれば、

「それで将来は食べていけると考えていた」など、自分自身の活動と考えについての振り返りを行います。

また、ニートや引きこもりだった場合は、その期間をどんな気持ちで過ごしていたのかを振り返ってください。

例えば「夢を追いかけているとはいえ、世間から置いて行かれるような焦燥感を感じた」

ということもあれば「同級生が必死に働いてかなりしんどそうにしている。まだ就職はできなくてもいいかも」

といった気持ちがあると思います。

なぜ空白期間を選んだのか、という軸をこの振り返りの中で探していきます

STEP3:STEP2の振り返りの根拠となる具体的なエピーソードをピックアップする

振り返りを行ったときに、バンド活動や、ニート期間をしていたときに起こった出来事をまとめて、エピソードにしてみます。

「バンド活動を行っても全くお客さんが集まらず、結果が見えずに安定したサラリーマンをしたい」と思ったことや、

「ニートをしていたが両親も定年退職をしてしまい、いよいよ自分が働かないといけなくなった」など出来事をまとめます。

自分自身を就職に駆り立てた決定的なエピソードを振り返ってみて下さい。

STEP4:STEP1〜3をストーリーとしてまとめる

STEP1から3をまとめて、ストーリーにしてみます

「新卒の時点では就職することを選ばず、バンド活動をすることで夢を追いかけることを選択した。」

「その時はバンド活動を通して実現したいことがあり、バンド活動で生活することが夢だった。」

「現実的には全くバンド活動は振るわず、結局はサラリーマンをして安定した生活をしたいと思うようになった。」

こうして整理すると、安定した生活を送るためにサラリーマンになりたいということになります。

空白期間が長いと就職・転職時に深い自己分析が必要となる

空白期間が長いと就職・転職時に深い自己分析が必要となります。

「なぜその空白期間を選んだのか、どのような心理に陥って就職したいと思うようになったのか」

など深く掘り下げて自分の求めているものを知ることが必要となります。

安定した生活を送りたいなど、なぜそのように思ったかをしっかりと自己分析をするようにしましょう。

自己分析の納得感が高いほど、自分が選んだ道に自信がわきあがり志望動機などに迫力がでてきます

もっと深く自己分析をやりたい方は「【ブレのない天職探しをしたい方】自己分析のやり方を全解説(どこまでも深く)」こちらの記事でも一読ください。

【ブレのない天職探しをしたい方】自己分析のやり方を全解説(どこまでも深く)

続きを見る

それでも「自己分析って苦手…。」という方も多いと思います。

自分自身と向き合って深く分析するという事は、想像以上に根気とエネルギーを必要とします。

苦手だという方には自己分析をサポートしてくれる就職支援サービスを利用するのも手です。

まずおすすめしたいのは、UZUZです。

ウズウズでは自己分析のお手伝いや、あなたの適性を知るための個別カウンセリングを無料で受けられます

カウンセリングはビデオ通話や電話でも受けられるので、ご自宅にいながらでカウンセラーのアドバイスをもらえます。

>UZUZキャリアサポート「かんたん無料登録はこちら」

この他にも、次の章では就職エージェントの就職支援を受ける方法について詳しく紹介していきます。

私も実は、転職エージェントで自己分析指導を受けているのですが、

「まさかここまでやってくれるとは」というレベルの自己分析指導をしてくれます。

「自己分析がなかなか終わらない」と悩んでいる人は、絶対にチェックしていってくださいね!

自己分析はコツがある!自分で上手くできない場合は就活支援を受けよう

「いろんな本を読んだしたけれど、具体的な自己分析が出来ないな」と悩んでいる方は非常に多いです。

自己分析にはコツがあります。

まず、自己分析は自分1人ではなかなか完結しません。

他者の客観的な評価が必要になるためです。

就職支援会社を活用すると、まず2時間以上もかけてじっくりとキャリアカウンセリングを行ってくれまず。

その後も、自己分析のサポートを約2週間ほど、メールでやりとりしてくれます。

様々な就職支援会社のサポートについて解説します。

  • 自己分析の方法を教えてもらえる
  • 業界分析・企業分析の方法を教えてもらえる
  • 空白期間ありでもOKの求人を紹介してもらえる

それぞれのサポートについて解説します。

自己分析の方法を教えてもらえる

就職支援会社は、自己分析の方法を教えてくれます。

単純な自己分析ではなく、過去の高校時代からさかのぼっていきます。

「どんな体験をして、どんなときに自分自身のモチベーションがアップしたのか」など自己分析を徹底して行います。

具体的な自己分析した後に、企業の面接を受けても大丈夫だという状態まで持っていってくれます。

業界分析・企業分析の方法を教えてもらえる

業界分析と企業分析の方法を就職支援会社が独自に行い、やり方を教えてもらえます。

単純に財務諸表を読むといったレベルではなく、企業のホームページからの情報の取り方や、

「業界としてどの業界が斜陽産業なのか」「どの産業がこれから伸びていくのか」

といった非常に精度の高いピンポイントでの業界分析と企業分析の方法を教えてくれます

空白期間ありでもOKの求人を紹介してもらえる

就職支援会社は自ら足を運び、経営者とコネクションを持つことで、空白期間がある人材を採用したいと考えている企業を探しています。

既卒者を優先して採用したいと考えている企業の求人だけをしっかりと集めているので、非常に頼りになります。

もしも単独で転職サイトを経由して既卒応募可の求人に応募すると、採用確率は絶望的に低くなります。

であうが、既卒専門の転職エージェントは経験者と競うという状況が起こらないため、就職に有利となります。

コラム:内定率は80%を超えるサービスが多数!

就職支援会社としてはジェイックが内定率80.3%、ハタラクティブが80%と非常に高い内定率を誇っています。

自分の力だけで単独で就活をしても統計45%しか既卒は内定できていないという点を考えても、ここまで就職率が高いのは驚異です。

それだけ力を入れて、既卒の就職支援を行っているということです。

コラム:「何もしてない」という方は一度受けてみよう

「既卒になってからは全く何もしてこなかった」と嘆いているニートやフリーターの方は非常に多く、悩んでいる方は多いです。

実は嘆いているのはあなただけではありません。

実際に就職支援会社の説明会の会場に行くと30歳くらいの男性が「本当に就職できるのか不安だ」と就職支援会社の相談員に弱音を漏らしていました。

その相談員は「絶対に内定させる」と励ましていました。

ニートやフリーターの就職支援に非常に慣れた相談員が多いので、まずは話を聞きに行くだけでもっとアクションを起こすことが非正規脱出の第一歩です。

次は、いよいよおすすめの就職支援サービスを紹介します。

実際に私は採用側としてだけではなく、サービスを受ける側の体験もして「ここは使える!」と感じたサービスを紹介します。

絶対に最後まで見ていってくださいね。

おすすめの就活支援サービス2つ

「既卒向けの就活支援サービスが多すぎてどこに絞ったらいいのかわからない」

と悩んでアクションを起こせない方は、これから紹介するサービスを活用してください。

非常に自己分析サービスなどが充実しており、既卒者に特化した求人を紹介しているため、内定率も非常に高くなります。

おすすめNo1:ジェイック

ジェイックは自己分析を集団説明会、個別説明会の順番で行い、最終的にはメールなどで2週間にわたって自己分析の添削などをしてくれます

また、1週間開催される営業カレッジという集団研修で名刺交換のマナーや、社会人として大切な基礎研修を行ってくれます。

営業カレッジを受けると、30社の会社と連続面接に入ることになり、そこで内定が出ます。

早い人であれば1か月も経たずに就職をすることができます。

JAIC
おすすめ度
5
求人数
非公開(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫広島宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく

おすすめNo2:ハタラクティブ

ハタラクティブは丁寧な面談を行い、自己分析のサポートをしてくれます

どんな仕事をしたらいいかわからないと悩んでいる方にも親身になって相談に乗ってもらえますし、求人紹介なども自己分析を行った上で就職希望者の志向に近い求人をピックアップしてくれます。

おすすめ度
4
求人数
常時1000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全

空白期間についてよくある質問

空白期間があっても正社員になれる?

マイナビの調査によれば、既卒の就職成功率はなんと45%程度です。

数字だけ見るとかなり厳しいと感じるかも知れません。

ですが既卒は就職支援サービスを活用すると80%以上の内定率に上昇します。

おすすめの就職支援サービスは記事中で紹介しています。

空白期間が3年以上あるけれど、どう答えれば良い?

空白期間に何をしてきたのかを人事は知りたいと考えており、それさえしっかりと伝えることができれば採用される確率は一気にアップします。

詳しくは記事内で解説しています。

空白期間をごまかしたり、嘘をついてもいいの?

空白期間の嘘は絶対にやめるようにしましょう。

例えば行ってもいない海外留学に空白期間中に行っていたなど経歴そのものを偽るケースです。

記事内では実例を紹介しています。

経歴詐称をしても得なことは1つもありません。

もっと質問を見たい

この他の質問については就職・転職 なんでも相談室でお受けいたします。

お気軽にどうぞ。

次は、既卒の求人での実際の内定率について紹介します。

事実を知っておくのと知らないのでは動きが変わってきますので、必ず読んでいってください。

【知っておくべき事実】空白期間がある人の就職成功率は45%程度

「既卒でも就職できそうだけど、結局のところ、既卒の就職成功率は何%なの」と疑問を持つ人も多いです。

マイナビの調査によれば、既卒の就職成功率はなんと45%程度です。

新卒は83%ですから、新卒に比べて既卒は半分程度しか内定が出ていないということになります。

参考:マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

数字だけ見るとかなり厳しいと感じるかも知れません。

ですが既卒は、ジェイックやウズキャリ既卒などの就職支援会社を活用すると80%以上の内定率に上昇します

ジェイックやウズキャリ既卒などは、企業の人事の気持ちを読み研修を行うことで、就職しやすい状態を作ることに成功しているためです。

既卒向け求人などは特に、なかなかサイトでは見つけにくいです。

ですが、就職支援会社はうまく既卒者を欲しいという企業を探してきて求人依頼を集めているため、マッチング精度が高くなっているということもあります。

次は、空白期間をどう説明すれば採用されるのかについて解説します。

「空白期間に何をしていたのか」は企業が最も知りたいことなのでしっかりと対策をする必要性があります。

JAIC

書類選考・面接で厳しくチェックされる「空白期間」の内容とは?

「空白期間が3年以上あるけれど、どう答えれば良いのだろうか」と悩んでいる既卒者は非常に多いです。

空白期間に何をしてきたのかを人事は知りたいと考えており、それさえしっかりと伝えることができれば採用される確率は一気にアップします

空白期間への対処法を伝授していきます。

チェック1:空白期間の有無は必ずチェックされる

空白期間の有無は必ずチェックされます。

空白期間があることは悪いことではありません。

ですがあまりに空白が長い場合は、精神疾患を疑われたり、何らかの犯罪に関与していたのではないかなどの憶測を呼びますので、採用担当者の不安を払拭する必要があります。

必ず対処が必要ということです。

チェック2:空白期間で何をしていたかは面接で必ずチェックされる

空白期間中に自分なりに努力してきた活動をしっかりと面接官に伝える必要があります。

「私は本当に何もしてこなかったから、アピールするものがない」と弱気になるのではなく、自分なりに頑張ったことを伝えられるようにしましょう。

例えば、職業訓練校に通っていた、アルバイトをして工夫した点・評価された点など、自分なりの努力を伝えるようにしましょう。

空白期間の面接での受け答えについてもっと知りたいという方は

【採用担当者が教える】面接での「空白期間の答え方」の突破法を伝授!心に響く事例も紹介」こちらの記事も詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

【採用担当者が教える】面接での「空白期間の答え方」の突破法を伝授!心に響く事例も紹介

続きを見る

チェック3:すぐに辞めないか必ずチェックされる

「採用しても仕事が大変だといってすぐに辞めたりしないかな」と空白期間が長すぎると面接官に不安を与えます。

特にアルバイト生活で職を転々としている場合などは、厳しいチェックが入ります。

アルバイトの経験を職務経歴書に書く場合、辞めた理由などはしっかりと記載するようにしてください。

もちろん面接時でも分かりやすい説明が必要です。

チェック4:自ら努力するかチェックされる

「会社に入れば会社が全てを面倒みてくれる」という甘い考えは見透かされます。

企業側としても採用した後に教育研修を入念に行わないといけない人材よりも、自分のキャリアは自分の力で切り拓く人材を好みます

ただし、既卒の場合は新卒に近いため、会社によってはしっかりとOJT研修などを行う企業も多いです。

まとめ:入社後に意欲高く・粘り強く努力する人かどうかチェックされる

入社後に自分から積極的にキャリアを切り拓き、粘り強く努力する人であれば、入社してからも頑張ってくれると人事は考えます。

企業に自らのキャリアを切り拓いてもらうのではなく、自分自身でキャリアは築き上げるものであるという認識を持つようにしましょう。

また、会社をすぐに辞める人材ではなく、何度失敗しても挑戦できる人材が好まれます。

空白期間は必ずチェックされます。

そのため、その期間に努力した出来事があれば積極的に話すようにするなど、空白期間をどんな風に過ごしたのかも伝えるようにしましょう。

【要注意】学歴・経歴を重んじるような業界・企業ではほぼ落ちる。企業選びが重要

学歴や経歴を重要視する企業では面接にたどり着くまでに落とされる確率が高くなります。

企業選びをしっかりと行うようにしましょう。

例えば、財閥系の大企業では学歴と経歴を重視する傾向にあります。

頭の柔軟な中小企業や、IT系の企業など、過去の経歴を問わずこれから頑張ってくれれば問題ないと考えている企業を選んで受けることが大切です。

コラム:空白期間の嘘・ごまかしはNG!バレた悲惨な経歴も紹介

空白期間の嘘は絶対にやめるようにしましょう。

例えば、空白期間に行ってもいない海外留学に行っていたなど、経歴そのものを偽るケースです。

私も過去に何名かを採用して痛い目を見ているので実例を紹介しておきます。

海外留学をしていたというアピールをする既卒者を採用したことがあります。

結果、海外とのやり取りをする部署に配属しましたが、まったく英語ができないというクレームが所属長から飛んできました。

実は海外留学などをしておらず、TOEICの点数もなんと300点台で、経歴全てが嘘であることが分かりました。

解雇にはなりませんでしたが最終的には海外営業を外されて、居場所がなくなり半年で退職となりました。

経歴詐称をしても得なことは1つもありません

JAIC

要チェック!こんな空白期間の履歴書・説明は落とされる

「この子は何をアピールしたいのだろうか」という履歴書と説明は落とされる可能性がアップします。

履歴書に単純に空白期間を書くのは問題ないのですが、工夫をするようにしましょう。

具体的には、空白期間のブランク期間に、アルバイトをしてきたなど、少しでもしてきたことを書くようにしましょう。

引きこもりやニートであったとしても「家事手伝い」など何か書ける事はあります。

落とされるケース1:何をしてきたか明確でない履歴書

無職期間に全く何も書かずに、空白のままに出すことは避けるようにしましょう。

もしも全く書けることがなかったとしても、自分なりに体力維持のために

「ランニングや筋力トレーニングをしてきた」という風にすぐに働けるように準備してきたと書いておいた方が賢明です。

ニートやフリーターの方で採用担当者が気にしているのは意外にも体力面です。

週5勤務が可能なのかを採用担当者が懸念しているからです。

体力面アピールは意外にも有効ですのでぜひ試してみてください。

落とされるケース2:待遇ばかり求める内容の記述

ごくまれにあるのですが、既卒やフリーターの方が待遇を求めて、年収○○万円以上などと空白欄に書き入れるケースがあります。

既卒の場合は、正社員としての職歴がないため、扱いとしては新卒と同じです。

空白欄に待遇を書くことは避けるようにしましょう。

落とされるケース3:アルバイトを転々としてきた履歴書

アルバイトを何度も何度も辞めている場合、履歴書に正直に書くのはいっそ辞めておきましょう

よく目にするのですが、コンビニのアルバイトを何度も転々とする履歴書も印象が良くないです。

せめて一番長く続いたアルバイト先を書くなどしてください。

正社員になってからも同じように辞められたらどうしよう、と人事に恐怖心を抱かせますので気を付けてくださいね。

ハタラクティブ

まとめ

空白期間があることは大きな問題ではなく、なぜ空白期間を選んだのかの理由付けを行う必要があります

フリーターやニートをしていた期間は空白期間ではありますが、なぜ正社員にならなかったのかを明確にして、次の行動を起こすようにしましょう。

ジェイックのような就職支援会社を活用することで内定率は80%を超えますので、積極的に活用するようにしてください。

-ニートの就職方法

© 2021 しごとウェブ転職