工場勤務・製造業を辞めたい理由とおすすめの転職先を紹介

工場 辞めたい

この記事は有料職業紹介事業として厚生労働大臣の許可を受けている株式会社しごとウェブ(許可番号:13-ユ-306679)が制作しています。

単調できつい工場勤務を辞めたいと思ったときに

「工場を辞めて大丈夫かな?」

と悩みませんか?

筆者はこれまで約10年ほど製造業の人事を経験し、現場応援などで製造現場の仕事を担ってきました。

工場勤務の仕事は黙々と1人で打ち込むという性質があり、人によっては精神的に追い詰められたり将来に不安を感じ辞めたいと感じてしまうのではないでしょうか。

工場勤務の仕事は変化が起こらず単調で環境的にも体力的にもきつい仕事です。

一方で昨今の風潮として製造現場に対して「考える力を持て!」という方針の経営者が増加傾向にあります。

1人で黙々とやっていれば良いという仕事が減り、なぜか事務職のようなコミュニケーション能力を求められてしまった結果、工場を辞めたいと感じる社員も多いです。

その結果、工場勤務者の辞めたい原因が複雑化しているのも事実でしょう。

この記事では、「工場を辞めたい」と考える方に辞めるべきかどうか、工場から転職先を探す方法について紹介していきます。

工場から転職したいけど、どんな仕事をやりたいか決まっていない場合はマイナビジョブ20’sなどのエージェントに面談するだけで適職についての提案が受けられるため、一人で悩んでしまう人はぜひ相談してみてください。

この記事のポイント

  • 工場勤務は単純作業に飽きる、給料が安いなど11個の理由がある
  • 工場を辞めるかの判断基準は、年収が上がる見込みがあるか・人と関わる仕事や変化のある仕事をしたいか・事務職がしたいかの3つに
  • 工場のような誰でもできる仕事ではなくスキルが付いたり高単価な仕事を探したい方はindeedのような求人掲載型ではなく製造業界で就業経験がある方がアドバイザーとなってくれるフミダス製造の利用がおすすめ
  • 人と話すのが苦手な人・1人で仕事をしたい人・変化のある仕事が苦手な人・受身の人は工場を辞めない方が良い

工場勤務・製造業を辞めたいと思う理由11個

工場勤務を辞めたいと思う理由

「工場の仕事を辞めたいけれど、これは甘えなのだろうか。他の人はどんな気持ちで働いているのだろうか」

と気にしていませんか。

工場勤務を辞めたいという気持ちになることは甘えではありません。

なぜなら、製造の仕事を辞めたいと思ったことのない製造現場の社員に会ったことがないためです。

筆者は約10年間、製造業の人事として製造現場の正社員や期間工などの採用をし、社員フォロー計画において製造現場で働く従業員の悩みや愚痴を聞いてきました。

工場勤務を辞めたいと思っている人は製造現場の90%、1万人いたら9,000人ほどがつまらない、しんどいという不満を抱えて働いているという感触でした。

工場の仕事には労災リスクや、不良品を出したときの不具合対応、人間関係のしんどさなど環境側面や、人に起因するリスクなどがあるためです。

具体的には、以下のように辞めたいという気持ちを抱えている人がいます。

  • 単純作業に飽きる
  • 職場環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • 品質の悪い商品を連発するラインにおり、上からの締め付けが厳しい
  • 生産技術の入れた機械の性能が悪い
  • 労災を起こしてしまう
  • 給料が安い
  • 残業が多い
  • やりがいを感じない
  • 高卒では出世が遅いと知ってしまった
  • いつまで体力が続くのか不安。30歳で少ししんどくなる。

それぞれについて解説します。

単純作業に飽きるから辞めたい

単純作業に飽きてしまい、もう品物を見るのも嫌で辞めたい状態になってしまう方は非常に多いです。

工場の仕事は同じことを高いレベルで繰り返して生産性を上げることが重要となります。

ミスなく早く同じ工程を繰り返すことが求められるため、単純作業の果てには自分自身が機械と同化するような感覚を持っている方もいます。

実際、工場にはとてつもなく触覚にすぐれた熟練工がおり、鉄板の厚さなどをミリ単位まで触るだけで分かってしまうという機械よりも優れた人材がいるほどです。

熟練工の領域まで行けば仕事が楽しくなるとは思いますが、熟練工になるまでは20年近い時間がかかるため、熱意を持てないという人もいます。

このような方には日々の仕事が単純作業に感じ、飽きて工場を辞めたいと感じてしまうようです。

職場環境が悪いから辞めたい

職場環境が悪い、具体的には暑い・寒い・臭いといった環境要因で工場を辞めたいという人がいます。

なんとなく安定したメーカーに入ったけれど仕事が想像以上にしんどかったというパターンです。

工場の仕事の実態を知らずに覚悟なしで入社してしまった方に多い状態です。

特に新卒入社で大企業の製造業などに配属されてしまったタイプに多い傾向にあります。

暑い・寒い・臭いといった原因は取り除くことが難しいため、出来れば異動願いなどを出すようにしましょう。

会社によっては品質管理や生産管理などの事務仕事に異動することができます。

人間関係が悪いから辞めたい

人間関係が悪いという理由で工場を辞めたいという人は少数派ながら存在します。

なぜなら、仕事中は人と関わりませんが、品質大会(特にQC大会)などではチームを組む必要性があるためです。

ただ作業をしているだけではなく昨今は製造現場に考える力を求めている経営者も増えました。

「俺たちは黙々と仕事をしたいし、人と話したくないから工場を選んだのになぜ」と理不尽に感じている方も多いです。

思わぬタイミングで発生する品質大会などで人間関係が疲弊し、疲れ切っている工場の方は多いです。

対策は品質大会で3番手あたりの入賞を狙うことです。

あまりに凝ったクオリティを維持すると、次第に役員からのプレッシャーが増え、勝手にコミュニケーションを増やされます。

無難な改善案を6コ作ったら2か月に一度ペースでリリースするようにしましょう。

正直なところ、毎回画期的な品質改善はできません。

無理なく小出しにネタをストックし放出して、無理をしないようにしましょう。

製造職の本分は高品質な製品を大量に生産することであり、品質大会に精を出すことではありません。

品質の悪い商品を連発するラインにおり上層部からの締め付けが厳しいから辞めたい

品質の悪い商品を連発するラインにおり、上層部(経営陣)からの締め付けが厳しいという理由は実は重いウェイトを占める退職理由です。

なぜなら、一度悪い商品を連発するラインだと目を付けられると、チェック工程ばかりを増やされて残業が増えるためです。

特に自動車産業や重機産業では品質不良を多発するラインに対しては「品質特別監視職場」「品質非常事態職場」と命名され改革のために本社から工場に大量の要求がなされることになります。

品質管理課や生産管理課から山のように改善のためのチェックシートが届き本来業務が圧迫されます。

あまりにも品管や生管からの指示が理不尽すぎるときには反発することも大事です。

チェック業務が多すぎるのであれば、チェック業務のせいでかえって品質が落ちた!と会議で主張してけん制していきましょう。

言われっぱなしで会社を辞めてしまうくらいストレスを溜めるよりも言いたいことを言ってしまいましょう。

「本社は現場にクレームをつけるだけで自分たちは汗もかかない。外野が騒いでいるだけだ」

と開き直ってしまうことも重要です。

生産技術の入れた機械の性能が悪いから辞めたい

生産技術の入れた機械の性能が悪いと生産効率が思い切り落ち、辞めたくなるほどストレスを抱えることになります。

なぜなら、生産技術の考えるマシン性能は机上の空論と化していることが多く、現場のことを考えていないことが多いためです。

現場にいざマシンを設置したときに発生するイレギュラーは全く視野に入っていないことも多々あります。

生産効率を落ちてストレスを溜めるよりも係長などから

「お前たちのせいで生産効率が落ちている!早急に対策しろ!」

とプレッシャーをかけてもらうようにしましょう。

また、生産技術のマシンが悪いのはあなたのせいではありません。

辞める必要性はないため、全力で生産技術に意見を伝えてもらいましょう。

しっかりとした生産技術部員がいる会社なら休日返上でライン改善をしてくれます。

労災を起こしてしまうから辞めたい

労災をきっかけに仕事を辞めたいと思う人は非常に多いです。

なぜなら、労災を起こすとライン稼働が止まり、生産をする以前に警察署や労働基準監督署からの監査が入ることになってしまうためです。

さらに一度労災を発生させてしまうと、警察・労基からの再度稼働許可が下りるまではラインが動かせません。

労災を起こすことによって、会社全体の利益を落としてしまうことになり、やがて職場にいづらくなります。

また、労災を発生させると経営者に懲役や罰金刑など刑事罰が課されることも珍しくありません。

参考:送検事例 平成26年度|東京労働局

参考:労働基準関係法令違反に係る公表事案|厚生労働省労働基準局監督課

自分が労災を起こしたせいで経営者が逮捕された、というような事態になればますます居場所がなくなります。

労災だけは起こさぬように作業内容を見直すことが大切です。

給料が安いから辞めたい

工場の給料が安いから工場を辞めたいという方は多くいます。

工場は残業で稼ぐ事が多く、残業が80時間あれば月50万円近い給料が得られます。

一方で、残業が全くなければ手取り17万円ということも珍しくありません。

そのため給料が安いという方は残業が少ないとも言えるえしょう。

生産回復の時期まで耐えるか転職を検討することがおすすめです。

もし生活費が足りない場合は、辞めるのではなく労働組合のある会社であればほぼ無利子で100万円程度は労働金庫からお金の借り入れが可能です。

お金を借りて残業が必要なほどの生産回復までやり過ごしましょう。

残業が多いから辞めたい

残業が多いという理由でメーカーを辞めたい人は意外にも多くいます。

残業がなければ生活できないレベルの給料であることがメーカーでは多い一方、残業が多いと生活に余裕そのものがなくなるためです。

筆者も現場応援時に月80時間残業に挑戦しましたが、帰ったら寝るだけの生活を繰り返すことになりました。

筋肉痛や頭痛などもしましたし、体力的に土日も遊びに行く気力が出ません。

ただ、必ず閑散期が来るため、なんとか繁忙期を乗り切るようにしましょう。

定時上がりばかりしていると、ラインごと廃止されて出向や人事異動、リストラの対象にもなりかねません。

忙しいことは良いことだとポジティブになることも大切です。

残業が多いということは、それだけあなたが会社から必要とされているということです。

やりがいを感じないから辞めたい

「製造業の仕事にやりがいを全く感じない!なんでこんなにつまらないのだろうか」という言葉は筆者が良く現場から聞いた言葉です。

製造業の仕事はお客様からの反応がほぼないため、手ごたえを感じないというケースが多々あります。

一方で仕事がつまらないと愚痴を言うのは20代から30代前半の若者です。

年齢を重ねると事務職など変化の多い仕事に配属されることでこの種の愚痴は消えていきます。

中長期的な視点でみたときにやりがいを感じないのは若手のときだけと認識した上で辞めるか在籍し続けるかを検討してみましょう。

高卒では出世が遅いと知ってしまったから辞めたい

「高卒では出世が遅いと知ってしまってやる気がなくなってしまった」と辞めていく人はメーカーに多い事例です。

なぜなら、従業員規模が1,000名を超えるような大手メーカーでは学歴で出世できる限界が決まっていることも多いためです。

大卒はすぐに出世してずるいと感じ、やってられないと辞める人が多いのです。

実際問題として大卒の3年目と高卒の10年目の給料が変わらないということも多々あります。

このように高卒で出世が遅い方は工場を辞めたいと考えている方が多くいます。

いつまで体力が続くのか不安。30歳で少ししんどくなる。

「いつまで体力が続くのか不安で辞めたい。30歳になって少ししんどくなってきた」

という悩みを持ち辞めたいと考えている方も多くいます。

製造の仕事は体力勝負の側面があるため、深刻な悩みです。

製造現場の管理職も「製造は体力が全てだ」と断言する人も存在するくらい体力は重要な要素となります。

ただし、高卒勤務12年目の30歳あたりで班長職になるため現場仕事はなくなることが多いです。

実際、筆者の勤務していた三菱ロジスネクストなど製造業の仕事で年を取ったのに現場でこき使われている人は見たことがありません。

正社員がいつまでも体力を酷使する製造現場にいるわけではなく、年数を重ねれば現場従業員を管理する立場になっていきます。

なお、机仕事になった瞬間に

「やっぱり現場仕事の方が気楽だった。現場に帰りたい!」

と直訴してくる管理職が多いことも知っておいた方が良い事実です。

人間はないものねだりをするということです。

体力を酷使しているときは現場仕事が嫌だと言っていても、精神力を使う管理側に回ると「やはり現場が気楽だ」となるのです。

工場勤務・製造業を辞めたいと思った時の対処法

先に工場勤務・製造業を辞めたいと思う理由を紹介しましたが、何もせずに辞めてしまうことはおすすめしません。

後ほど辞めるべきか判断する基準をお伝えしますが、それ以外の場合は対処法を紹介しますので、まず辞めたい理由が解決するか試していただき、将来のキャリアや生活に影響を与えないように慎重に行動するようにしましょう。

1. 職場環境や人間関係で辞めたいと思った時

暑い・寒い・臭いなどの職場環境や職場の人間関係など、働く環境の問題の場合は、まず直属の上司に相談しましょう。

上司に相談し辛かったり、問題が解決されない場合は人事部に報告することも可能です。

さらに人事部にも相談し辛い場合は、労働組合や公共の相談機関(厚生労働省総合労働相談コーナー等)も利用できます。

また、働く環境の改善見込めない場合は転職を検討することも選択肢の一つです。

2. 仕事内容で辞めたいと思った時

単純作業に飽きたりやりがいを感じない場合は、上司や人事部に配置転換の相談をしてみたり、他の職種に就くことを検討してみましょう。

後述しますが、工場にとどまった方がいい方もいますので、慎重に行動するようにしましょう。

現在仕事内容の問題や今後どんな仕事に就きたいのかを整理し、仕事を辞める前にまず転職エージェントなどの就職支援機関に相談しましょう。

無料で利用できますし、ご自分のキャリアや目標を踏まえてどのような転職先があるかも教えていただけます。

>マイナビAGENT
>マイナビジョブ20’s に相談

3. 給与が上がらなくて辞めたいと思った時

給与が安い、上がらないなどの給与面での問題は直属の上司に相談してみましょう。

会社の給与体系に沿って待遇は変わっていきますが、納得いかない場合は自分の成果や業績、貢献度を伝え、待遇について提案してみましょう。

最終的に問題が解決しなくても相談することで悩みが解決することもあるかもしれません。

また勤続年数が増えても会社によっては希望の給与への到達が難しい場合があります。

もし改善が見込めない場合、給与水準が高い会社への転職を検討することも一つの選択肢です。

工場勤務・製造業を辞めるべきか判断する基準は3つ

工場勤務を辞めるべきか判断する基準

「工場勤務を辞めるかどうかの判断基準はどう決めれば良いのだろうか」と気になりませんか。

いきなり工場を辞める、と決めてしまう前に自分自身がどのようなキャリアを歩みたいのかを明確にするようにしましょう。

なぜなら、この先どう変わっていきたいかを決めなければ、辞めるかどうかの判断がつかないためです。

また、年収をアップさせることができるのかも考える必要性があります。

工場を辞めるかどうかの判断基準として、以下の3つがあります。

  • 年収が上がる見込みがない
  • 人と関わる仕事や変化のある仕事をしたい
  • 事務職がしたい場合

それぞれについて解説します。

年収が上がる見込みがない場合

年収が上がる見込みがない場合は工場勤務を辞める基準の1つとなります。

年功序列が色濃く残る工場勤務では、若いうちは年収が低いですが長く務めるほど給与や退職金が増えて行きます。

つまり、工場勤務では勤続し続けるほど有利となります。

しかし、ものづくり産業が衰退しているため、工場によっては在籍期間が長くても年収や退職金が上がらない企業があります。

その場合、工場に長く在籍する金銭的なメリットはないため退職すべき一つの判断軸となるでしょう。

老後には2,000万円必要と言われています。

退職金が2,000万円以上かどうか今のうちにチェックしておきましょう。

人と関わる仕事や変化のある仕事をしたい場合

人と関わる仕事や変化のある仕事をしたい方も工場勤務を辞める1つの基準となります。

なぜなら、工場の仕事はメンバーが固定されていて変化が少なく、人と関わるといっても限定的となるためです。

年齢を重ねるほど、工場勤務から脱出しづらくなります。

工場勤務の働き方に飽き、もっとチャレンジしたい方は早めに転職する必要があり工場勤務をやめる基準となります。

事務職がしたい場合

勤続年数を12年以上あり事務職を希望する方は工場を止める基準となります。

自動車業界・重機業界では事務職に高卒は12年目あたりで事務職に昇格異動することが多いですが、それを超えても変化がなければ事務職へのキャリアチェンジはできないからです。

もし入社して10年目であれば、もう少しで事務職昇格(準管理職)になる可能性があるため工場勤務を辞めずに在籍するのも手です。

また工場の入社年次が浅く、何年も待たないと行けない場合も転職の検討をしても良いでしょう。

工場勤務・製造業を辞めない方が良い人の特徴4選

「どんな人が工場勤務を辞めない方が良いのだろうか」と気になりませんか。

工場勤務を辞めない方が良い人は、コミュニケーション能力に自信がない人や、受け身の仕事態度の人です。

工場の仕事は真面目に仕事をこなせば評価される特殊な世界ですが、営業職や事務職は真面目で実直な人よりも効率や人の感情を読む能力が重要視されるためです。

工場にとどまった方がいい人の特徴として、以下の特徴があります。

  • 人と話すのが苦手
  • 1人で仕事をしたい
  • 変化のある仕事が苦手
  • 受身の人

それぞれについて解説します。

人と話すのが苦手

人と話すのが苦手な人は、工場を辞めないようにして下さい。

なぜなら、事務職や営業職の仕事は人とコミュニケーションを取ることが前提となっているためです。

仕事上、複数人で情報を共有し、チームプレイで仕事を進めることになります。

場合によっては他の社員と一日中連絡を取り合いながら仕事をすることもあります。

人と話すことが苦手だと成果を上げられなくなります。

1人で仕事をしたい

1人で仕事をしたい方は工場勤務を続けた方が無難です。

事務職や営業職の仕事は1人で完結させるのではなく、周囲を巻き込んで大きな成果を出すことが重視されるためです。

また、予算規模の大きな案件を1人でやっても効率が悪く頓挫してしまいます。

1人で出来ることには限りがありますし、仕事そのものが小さくなりがちで評価されにくくなります。

周囲の人を巻き込むことによってどれだけ大きな成果になるのか、良いアイデアを得られるかがデスクワークでは重要となります。

自分の仕事をどこまでも拡張する意識を持てる人がデスクワークには向いています。

一人で仕事をしたい方は工場を辞めない方が良いでしょう。

変化のある仕事が苦手

変化のある仕事が苦手な人は工場勤務を続けるようにしましょう。

デスクワークの仕事では常に仕事に変化を起こさなければなりません。

変化を楽しめる人でなければ、営業職や事務職といったデスクワークは続かないでしょう。

工場であれば生産目標達成のために尽力するには手を動かすしかありません。

設備や材料など制約が多い工場では変化が少ないですがデスクワークでは常に変化します。

変化や新しいことにストレスを感じる方は工場勤務の方が適している可能性が高いため辞めるべきではないでしょう。

受身な人

仕事態度が受け身な人は工場の仕事を続ける方が向いています。

工場の仕事であれば待機していれば、仕事が勝手に来たのではないでしょうか?

ですがデスクワークは機転を利かせてお客様や経営陣が望むことを積極的に提案して先回りする必要性があります。

例えば総務・庶務・秘書であれば社長やお客様が「甘いものが食べたい」と言っていたら、何を購入するのかを瞬時に判断する必要性があります。

  • 和菓子がいいのか
  • 洋菓子がいいのか
  • 飲料はお茶かコーヒーか?それともジュースか。炭酸飲料か

など、上記を瞬時に判断することはとても大切なことです。

経営者やお客様から「こいつは気の利かないやつだなぁ。仕事を任せるのが不安になる」と思われたら評価は最低なものになります。

言われる前にやるべきことをやれ、というのが事務職や営業職の世界では当たり前です。

デスクワークにおいては常に前に出て仕事をする積極性を持つ必要性があります。

仕事は与えられるものではなく、自分から探すものという意識に切り替えることが大切となります。

では、どのようにすれば工場からの転職を実現することが出来るのでしょうか。

工場を辞める前に

また、工場を辞める前にミイダスで自分の可能性診断をするのもおすすめです。

ミイダスは可能性診断という適職診断が人気のサービスです。

いくつかの質問に答えるだけで、おおよその適職や経歴から導き出した平均年収、あなたに興味を示すであろう企業数などの市場価値を知ることができます。

また、ミイダスの可能性診断結果より、あなたにフィットした会社からスカウトが届くが届く可能性もあるため、在職時に転職を検討される方におすすめのサービスです。

転職に進もうとお考えの方は、ぜひ一度ミイダスの可能性診断を利用してみましょう。

>ミイダスはこちら

工場勤務・製造業を辞めた方におすすめの職種

工場を辞めた方におすすめの仕事は、工場での経験を活かした業界や職種がおすすめです。

派遣営業

製造業に派遣スタッフを紹介する派遣営業は工場経験者に有利な仕事です。

工場勤務の経験があるため派遣スタッフのフォローや派遣先への提案をしやすいでしょう。

販売・接客業

人と接することが好きな人は販売・接客業がおすすめです。

特に開店・閉店のある店舗における販売接客業は工場のように時間を厳守しながらルーチンワークをこなしていきます。

営業ほど結果にコミットした仕事ではないため、営業にアレルギーを感じる方は販売・接客業を検討してみましょう。

警備・ドライバー

工場で黙々と一人でできる仕事が良かった方は、同じく単独で仕事が可能な警備やドライバーの仕事がおすすめです。

多少体力は使いますが工場ほどではなく、ドライバーは人手不足のため有利に転職しやすいでしょう。

工場を辞めて転職先の相談をしたい方

工場を辞めて転職先を探したい方はフミダスのような製造業からの転職に特化したサービスを利用しましょう。

事例を多く知っていたり、工場から転職したい方におすすめの転職先を教えてもらうことができます。

基本的に未経験OKの求人ばかりなため、内定も出やすいのが特徴です。

無料で利用でき、年に1万人以上が相談している実績ある転職エージェントです。

>フミダスはこちら

まとめ

今回は、工場を辞めたい理由と判断基準について解説しました。

工場を辞めたくなる理由として、以下の11個の理由があります。

  • 単純作業に飽きる
  • 職場環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • 品質の悪い商品を連発するラインにおり、上からの締め付けが厳しい
  • 生産技術の入れた機械の性能が悪い
  • 労災を起こしてしまう
  • 給料が安い
  • 残業が多い
  • やりがいを感じない
  • 高卒では出世が遅いと知ってしまった
  • いつまで体力が続くのか不安。30歳で少ししんどくなる。

また、判断基準としては以下の判断基準があります。

  • 年収が上がる見込みがない
  • 人と関わる仕事や変化のある仕事をしたい
  • 事務職がしたい場合

自分自身の進みたいキャリアを明確化し、工場を辞めるべきかどうかを決定するようにしましょう。

工場を辞めて転職先の相談をしたい方

工場を辞めて転職先を探したい方はフミダスのような製造業からの転職に特化したサービスを利用しましょう。

事例を多く知っていたり、工場から転職したい方におすすめの転職先を教えてもらうことができます。

基本的に未経験OKの求人ばかりなため、内定も出やすいのが特徴です。

無料で利用でき、年に1万人以上が相談している実績ある転職エージェントです。

>フミダスはこちら

よくある質問と回答

工場を辞めたい方が良い人は?

働き続けても年収が上がる見込みがなく、新たなキャリアを築いていきたいなら工場を辞めても良いでしょう。

特に、単純作業がほとんどの工場勤務の方ほど、スキルや人と関わって得られる経験が身に付きにくいためキャリアチェンジも視野に入れても良いです。

 

工場を辞める人は多い?

厚生労働省の令和2年の調査によると、製造業への入職者が636,000人に対して離職者は765,500人とされているため、実際に工場を辞めている人は多いと言えます。

しかし、産業全体の離職率が14.2%なのに対して、製造業の離職率は9.4%となっているため、実際は辞めていく人の割合は少ない傾向にあります。

監修者

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。