30代フリーターはやばい?採用担当者が教える企業の需要やスムーズな就活法

公開日: / 更新日:

30代フリーターは就職できる?

30代になると

「30歳を超えてずっとフリーターだけど就職は出来るのかな?」

「30代でまだフリーターをしているけど、将来が不安だ。どうすれば良いのだろうか」

と深く悩んでいませんか?

30歳を超えてずっとフリーターだけど就職は出来るのかな?

今まで目標や夢を追いかけてフリーターとして頑張ってきた人も多いと思います。

ひとつお伝えしたいのは、就職はあきらめるということではありません。

正社員になることで生活の不安を払拭し、夢を目指し続けることも可能です。

私はこれまで約10年間、企業で採用担当者をしてきました。

その中で何回か30代のフリーターの方を採用した経験もあります。

結論をお伝えすると就活のコツさえつかめば、フリーターであっても正社員として就職可能です。

就活も夢も、諦める必要はありませんので安心してください。

ただ、35歳以上の方の就活に関しては特に、「戦略が必要」になってきます。

この記事はその点も踏まえて、30代フリーターの方が就職に成功するテクニックを網羅していきます。

30代でも未経験OKの仕事は限られ希少ですし、フリーター以外の一般の転職者もライバルです。

この記事を最後まで読んで、戦略を立てて臨みましょう。

できる限り失敗を少なくスムーズに就職して、安定した正社員になりましょう!

就活に必要な知識と戦略

30代フリーターの就活に必要なのは知識と戦略です。

20代のフリーターと同じように就職活動をしてもうまく行きません。

30代なりの就活の進め方を知り、戦略立てたアプローチをしましょう。

とは言え、右も左もわからない状態から、知識と戦略と言われても困ってしまいますよね。

そんな方にぜひ利用してほしいのが就職支援サービスです。

むしろ、就職支援サービスを利用することが1つ目の就活戦略と言っていいほど、重要です。

30代の方に特におすすめの就職支援サービスは、ジェイックです。

ジェイックは職歴の少ない30代の方に向けての就職支援講座、30代カレッジを開催しています。

30代の就職活動で意識しなくてはならないことや必要な情報を漏れなく教えてくれる心強いサービスです。

さらに、講座受講後には優良企業との面接を書類選考免除で受けることができるのも魅力です。

うまく行けば、最短2週間で内定を獲得できます。

できるだけ早く正社員になっておきたい30代の方にピッタリのサービスですね。

全てのサービスは無料で利用できるので、ぜひ登録して活用してください。

就職は1日でも若い方が、成功の可能性が上がります。

明日より今日、明後日より明日・・・あなたが一番若いのはいつでも今日です。

できるだけ早く動き出して、就職を成功させましょう。

また、企業側も年内に採用を終わらせたいと考えていることが多いです。

今年度の採用目標人数を達成できていない企業の、採用に関する熱量が高い今が狙い目です。

チャンスを逃さないようにしましょう!

30代フリーターで「いつか正社員を」と考えている人は今すぐ動くべし

30代フリーターで「いつかは正社員に」と考えている人は、今すぐに就活を始めましょう。

年齢を重ねるほど、就職しにくくなっていくためです。

特に35歳を超えると、即戦力になれるような職歴を持っていない人以外は、面接に通りにくくなっていきます。

有名な上場企業や社員数が2,000名を超えるような大企業では、31歳を超えるとアウトなところもあります。

今日より明日、明日より明後日の方が確実に就職には不利になっていきますので、1日でも早く就活をしましょう。

フリーターから実際に正社員になった事例を見たい方はこちらの記事「【事例アリ】フリーターから正社員就職するには?採用担当者が徹底解説」もチェックしてみてくださいね。

次はさっそく、30代フリーターの方に向けての就活戦略を解説していきます。

34歳までの方、35歳以上の方で大きく就職方法が変わってきます。

まずは34歳までの方について紹介します。

DYM就職

34才までのフリーターなら就職支援サービスを利用すべし!80%が正社員になれる

「どうすれば正社員になれるのかな」と気になっていませんか。

実は、34歳以下であれば就職支援サービスを活用することで、80%が正社員になることができます。

ちなみに就職支援サービスを使わなかった場合の就職成功率は約20%と驚くほど大きな差があります。

就職支援サービスを使わないで就職することの難しさは目に見えていますね。

「就職支援サービスを使うとなぜそんなに成功率が上がるの?」と気になりませんか?

その理由は、「未経験の人でも正社員採用したい!」という企業を中心に求人を集めているからです。

当然、ブラック企業や離職率の高い業界は紹介されません。

そのため就職支援サービスに登録することで、一気に内定に近づきます。

その中でも以下の就職支援サービスが特におすすめです。

  • 個別サポートが手厚いジェイック
  • 35歳までのフリーターの就職に強いDYM就職
  • 豊富な職種から選べるハタラクティブ

それぞれ登録している企業に違いがあるので複数登録して活用しましょう。

それぞれについて解説します。

JAIC

おすすめ1:個別サポートが手厚いジェイック

ジェイック

個別サポートが手厚いジェイックは非常におすすめです。

ジェイックが開催する就職カレッジを1週間受講すると優良企業30社との集団面接会に参加することができます。

しかも書類選考は免除という特典つき。

人によっては登録してから1か月から2ヶ月で正社員として内定を獲得することも可能です。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ2:35歳までのフリーターの就職に強いDYM就職

DYM就職

DYM就職は35歳までのフリーターの方の就職に強い就職支援サービスです。

就職率が96%と非常に高いことが特徴です。

さらに、入社後3年の離職率が3%と低く、それだけ多くの利用者が満足のいく就職ができているということになります。

未経験歓迎の求人が多いため、職歴に自信のないフリーターの方も安心して利用できます。

DYM就職
求人数
2,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代(35歳まで)

年収

250万円~600万円

  • 第二新卒・フリーター・ニート向けの求人を多く保有
  • 上場企業・ベンチャー等多彩な求人から書類選考免除で面接可能
  • 自己分析から面接まで無料サポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ3:豊富な職種から選べるハタラクティブ

豊富な職種から選べるハタラクティブはおすすめです。

ジェイックは営業職の求人を主に紹介しています。

対してハタラクティブではIT系の求人紹介があるなど、IT業界に興味のある方にも対応しています。

「営業職には興味ない」という方は、ハタラクティブが適しています。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

番外編:プログラミングスクールでスキルを身につける

プログラミングスクールでスキルを身に着ける方法もあります。

スキルを身につけつつ、就職先を紹介してもらえるスクールに通うのも非常に良いですね。

ITエンジニアは全職種の中でも一番求人倍率が高いため、転職しやすい職種です。

実際、「転職保証付き」といって転職できなければ受講料を全額返金するスクールも出てきています。

30歳からITエンジニアへ転職した実績が豊富で「転職保証付き」のTECH::EXPERTがおすすめです。

非常に人気ですので、受講枠を超える方もいます。

少しでも気になりましたらまずは無料相談するこをおすすめします。

>TECH::EXPERTの無料相談の申込みはこちら

次は、35歳以上の就職戦略について解説します。

35歳以上になるといきなり正社員は難しいですが、地道にスキルアップしていく方法があります。

「プログラミングスクールに行きたいけど費用が気になる」

と言う方はワークポートが運営する「ミンスク」がおすすめです。

ミンスクなら無料でプログラミングスクールが学べるだけでなく求人の紹介まで手厚くサポートしてくれます。

リスクを最低限にして転職を成功させたいかたには非常に魅力的なサービスと言えるのではないでしょうか。

少しでも気になる方は一度ワークポートに相談してみて下さいね。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

次は35歳以上の方の就職戦略を解説します。

35才以上のフリーターの就職戦略は3個

「35歳以上は就職できないの」と、これまでの記事を読まれていると不安になってしまったかも知れません。

35歳以上であっても、戦略次第では正社員になることができます。

具体的には、以下の方法です。

  • 職業訓練校で手に職をつける
  • 紹介予定派遣に申し込み経験を積む
  • 期間工もおすすめ!400万円の年収と経歴が得られる

それぞれについて解説します。

ハタラクティブ

職業訓練校で手に職をつける

職業訓練校で手に職をつけることで採用されやすくなります。

筆者がおすすめするのは、事務系コース以外のコースです。

事務系コースではあまり即戦力扱いされずに、就職に結びつかないことが多いです。

就職しやすいのは

  • 溶接施行技術科
  • 電気設備

など、資格と勉強がそのまま企業で活かしやすいものです。

特に現場仕事は資格がないと仕事が出来ないものが多いため、ぜひ、狙ってみて下さい。

参考:求職者向け職業訓練のご案内(京都の場合)

紹介予定派遣に申し込み経験を積む

紹介予定派遣は正社員採用の検討をするために、まずは派遣社員として働く仕組みです。

この紹介予定派遣を利用し、経験を積んでみましょう。

出来るだけ自分の希望の職場へ入れるように、紹介予定派遣で仕事を紹介してもらいましょう。

おすすめの紹介予定派遣を扱っている会社としてテンプスタッフ等の会社があります。

テンプスタッフでは女性向けの求人も多く扱っています。

>テンプスタッフの登録はこちら

期間工もおすすめ!400万円の年収と経歴が得られる

もしも正社員になるまでに自信をつけたい場合には、期間工に挑戦してみましょう。

期間工では初年度から年収400万円を得ることができ、職務経歴がつきます。

期間工の仕事を満了まですることができれば、根性と体力が身につきます。

期間工.jpでは期間工の仕事を入社お祝い金付きで紹介されています。

ぜひ、資金を貯めることと自信をつけるために活用してみて下さい。

期間工を経験すると正社員として営業職や製造業の生産管理、保全業務等で採用されやすくなります。

またお金を貯めたあとに難しい資格を取得して専門職として再就職される方もいます。

>期間工の求人一覧はこちら

「就活の戦略と言っても、30代に需要はあるの?」と不安ですよね。

次では、30代フリーターの需要について解説します。

需要自体は高くなっているので、ぜひ、参考にして自信をつけてください。

30代フリーターの需要を採用担当者が解説

「実際のところ、30代のフリーターなんて採用しているの」と不安になっていませんか。

実はフリーターの需要は急騰しています。

筆者は採用担当者として2017年ごろから肌身に感じていますので、断言できます。

その背景には新卒採用で人が集まらない、職歴のある第二新卒は大手に持っていかれるということがあります。

その結果、中小企業が積極的にフリーター・ニートの正社員採用を進めています。

つまり、「いま」動けば正社員になりやすい状況です。

中小企業にも優良な会社はたくさんあります。

まずは中小企業に入社してから、職歴を積んで大企業を狙うという戦略もとれます。

30代フリーターの方もこの機会にとりあえず正社員で会社に入り、職歴を積むことを強くおすすめします。

ワークポート

30代フリーターで正社員を目指すなら1日でも早く動こう

30代で正社員を目指すなら、1日でも早く行動を起こすようにしましょう。

人生で今日が一番若く、一番就職しやすい日です。

年齢を重ねるほど、正社員として採用される確率はドンドン下がっていきます。

もう30代だと嘆く前に、就活をするようにしましょう。

その嘆きがもう40代だ、になってからでは全てが手遅れになってしまいます。

とりあえず応募しようと考えるようにしましょう。

DYM就職

コラム:30代女性フリーターも正社員を諦めるのはもったいない!

30代女性でも諦めずに正社員採用を狙いましょう。

実は女性歓迎の求人もとても多いのに、なぜか女性が来ないことに悩む採用担当者も少なくありません。

筆者の経験では、女性は体力では男性に劣るものの、企業に合わせた働き方ができる柔軟な方が多いです。

ただ、「受け身」という側面も併せ持っているので、そのイメージを払しょくする必要があります。

具体的には、面接の場で

「男性よりも頑張って同等に仕事をこなす自信がある」

とアピールすることで採用される確率がぐんとアップします。

JAIC

30代の女性の方はよく、

「正社員なんて無理だろう」

と諦めている人がいますが、ぜひ正社員にこだわって就活を進めてください。

正社員であれば男性と変わらず年収も高く、解雇されづらく、キャリアと経験が積めます。

40代になってしまうと就職するのはさらに難易度が上がります。

できるだけ30代のうちに正社員になれるように就活をすすめましょうね。

次は耳が痛いかもしれませんが、フリーターでい続けることのリスクについても触れていきます。

30代フリーターが知っておくべき5つのリスク

フリーターでいることのリスクはただ年齢を重ねるだけで、金銭的・社会的地位が下落していくことです。

しっかりとリスクを把握・認識し、就活に向き合うことが大切です。

具体的には、以下のようなリスクがあります。

  • 求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる
  • 正社員との年収の差が大きく開いていく
  • 結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい
  • 年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる
  • 兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

それぞれについて解説します。

リスク1:求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる

日本企業は若者を採用する傾向が強いため、求人が若手向けの求人ばかりで仕事を選べなくなります。

求人で年齢制限をするとハローワークや労働基準監督署から目を付けられます。

そのため、求人票では「若者活躍中!」など20代を暗に求めていることが分かる求人が増えてきます。

年齢を指定して求人広告を行うと違法行為としてハローワークや労基署に指導されてしまうからです。

20代活躍中=20代が欲しいと暗に示しているような求人もあります。

30代で職歴なしの方は仕事が選べなくなるリスクがあります。

リスク2:正社員との年収の差が大きく開いていく

正社員とフリーターでは年収の差が大きく開いていきます。

正社員の賞与と退職金は、毎年昇給する給与をベースに組み立てられています。

正社員は勤続年数が増えるほど、貰えるお金が増えていく仕組みです。

一方でフリーターは時給しかもらえないことも多く、給与がアップしにくくなっています。

賞与も退職金もフリーターにはありません。

正社員は1年間勤務するごとに年5,000円程度の昇給があり、賞与が平均80万円程度あります。

また、退職金も中小企業であっても1,000万円程度は支給されることがあります。

正社員とフリーターは、賃金が65歳を迎えるころには1億円以上の差が開いているでしょう。

参考:生涯賃金 非正規雇用は1億円以上低い

さらにフリーターと正社員の差は年収以外の点でも大きく差が付きます。

具体的には雇用が安定し年金も倍以上もらえることができます。

もっと知りたい方は「人事がこっそり教えるフリーターと正社員の違い。差がつく9つの待遇とは?」をご覧ください。

DYM就職

リスク3:結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい

正社員になれば会社が存続する限り、65歳の定年を迎える日まで、毎月お給料が貰えます。

給料が毎月貰えるということは、生活が安定します。

そのため、結婚や出産などのライフステージを前向きに考えることができます。

フリーターは正社員に比べてお給料が安定してもらえません。

結婚や出産などのライフステージを前向きに考えることができず消極的になる可能性があります。

ワークポート

リスク4:年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる

30歳になれば年齢に応じたスキル・経験が企業から求められます。

そのため、戦力になる要素がなければ正社員になりづらくなります。

特に日本は勤続年数である程度のスキルを測る傾向にあります。

正社員としての勤務経験がなければ、スキルがないとみなされ、正社員になりづらいと言えます。

リスク5:兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

兄弟や友達が出世したりしている中、自分だけがフリーターだと居場所がなくなっていきます。

特に同窓会などに30代を過ぎて出席すると、仕事である程度の実績を残した方ばかりが集まっていたりします。

そうした中に自分1人だけがフリーターです、とは言いづらくなり、孤立する原因となります。

実際にフリーターから就職した事例を見てみたい方はこちらの記事「フリーターの正社員就職は難しい?するべき準備とおすすめの職種8選」で紹介しています。

30代フリーターが知っておくべき5つのリスクまとめ

  • 求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる
  • 正社員との年収の差が大きく開いていく
  • 結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい
  • 年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる
  • 兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

次は、いつか正社員をと考えている方へ向けたアドバイスを行います。

一日も早くフリーター脱出することが結論となります。

JAIC

まとめ

30代のフリーターは、以下の5つのリスクを背負っています。

  • 求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる
  • 正社員との年収の差が大きく開いていく
  • 結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい
  • 年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる
  • 兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

年齢を重ねるほど日本は就職がしにくい社会です。

また、正社員として働いている友人や近親者との間でギャップが出てきて、孤立化していきます。

現在はフリーターが非常に就職しやすい状況となっています。

34歳までであれば就職支援サービスを活用し、35歳以上であれば職業訓練校に通うなどスキルを身につけるようにしましょう。

おすすめの就職支援サービスは、

  • 個別サポートが手厚いジェイック
  • 35歳までのフリーターの就職に強いDYM就職
  • 豊富な職種から選べるハタラクティブ

いくつか登録して活用しましょう。

人生で今日が一番若い日です。

1日でも早く就活をしましょう。

DYM就職

関連記事