転職サイト

20代後半のおすすめ転職サイトはどこ?スムーズな内定をGETするための選び方

更新日:

20代後半のおすすめ転職サイトは?

20代後半の転職にあたり、

「20代後半の転職サイトはどれを使えばいいの?」

「20代後半におすすめの転職サイトを知りたい」

「20代後半の女性の求人が多い求人サイトはどこ?」

と気になりませんか。

20代後半の転職サイトはどれを使えばいいの?

筆者はこれまで10年ほど採用担当者を経験し、20代後半の方たちの面接を何度も行ってきました。

その経験からお伝えすると20代後半の転職サイトは総合型の大手転職サイトと20代専門の求人紹介を併用することがおすすめです。

大手転職サイトには大企業求人があることに加えて取り扱い求人数が多いため優良企業や高待遇の企業に転職できる確率が高くなります。

さらに20代に特化した転職サイトを活用することで「20代を採用したい」と考えている企業に出会え、内定もスムーズに出やすい傾向があります。

この記事を読めば具体的にどの転職サイトを利用すべきかを理解できます。

20代後半でどの転職サイトを選べば良いか迷っている方はぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

20代後半に強いおすすめ転職サイト5選

20代後半の方は

  • 大手転職サイト
  • 20代に特化した転職サイト

を選ぶようにしましょう。

大手転職サイトは求人数が単に多いだけでなく大企業の求人掲載などの優良求人もあるためです。

また20代専門の転職サイトであれば最初から20代を狙って求人を出している企業と出会えるので効率よく転職活動を行うことができます。

具体的には、以下の転職サイトがおすすめです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • doda
  • re就活

一方で第二新卒やフリーターなどの既卒者を対象とした転職サイトはおすすめできませんのでご注意ください。

以降では上述した具体的に20代後半におすすめな転職サイトをそれぞれ解説していきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手マイナビのグループであるだけではなく、20代後半に人気で利用者の1/3が20代後半となっています。

マイナビエージェントの年齢比率

参考:マイナビエージェント

つまり20代後半の転職事例を多く見ている転職媒体のため、求人選びや面接での受け答えもより的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

20代後半の方の転職支援に慣れているということで良い対応に期待できますね。

マイナビエージェント
おすすめ度
2
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界№1の転職エージェントのため20代後半の求人も豊富に確保し幅広い選択を提案してもらえる転職サイトです。

マイナビ同様に、知名度の高いリクルート社が運営しているため大手企業や有名企業の求人も多く取り扱っています。

ただし、優良求人の大半は非公開求人のため登録しなければ求人を見ることすらできません。

非公開求人は10万件以上抱えているため選択肢を増やすためにも登録は必須です。

「まずはどんな求人が紹介してもらえるのかを知りたい」という方におすすめです。

リクルートエージェント
おすすめ度
2
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートが運営する転職サイトです。

担当者が付くリクルートエージェントと違いリクナビNEXTは担当が付かず全て自分自身で転職活動をする必要があります。

どちらも無料であるため筆者としては転職に不慣れな方であればリクルートエージェントの利用がおすすめです。

リクナビNEXTでは求人探しができる他に自己分析の支援ツール「強み診断サービス」が利用できます。

参考:グッドポイント診断|リクナビNEXT

質問に答えていくことで具体的にどんな職種に向いているのかなどを診断できます。

また求人は自分で探す以外にもスカウト受けることができます。

特に転職サイトによっては「本当にこの採用担当者は私の職務経歴書を読んだのか」というようなひどいスカウトが来ることがありますが、リクナビネクストのプライベートオファーは信頼性が高く好待遇な求人のスカウトがきます。

求人をいち早く自分で探して見てみたいという方におすすめです。

>リクナビNEXTへの登録はこちら

doda

dodaは関西の大手企業や老舗の安定企業から信頼の厚い転職サイトです。

筆者は関西資本の大手企業や老舗企業で採用担当を経験しました。

その経験からお伝えするとdodaは人事課長などの採用に関して権限を持つ方の評価が高く活用していました。

交流会で情報交換した関西の採用担当者も同様であったためdodaは非常に関西での採用に信頼のある転職サイトです。

また全国規模で見ても管理部門やエンジニアといった知的労働性の高い求人に強いためスキルが評価されやすい職種の方にもおすすめです。

doda
おすすめ度
2
求人数
11万件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円以上

  • 幅広い業種・職種に向けて、良質な求人を紹介してもらえる総合転職エージェント
  • 保有する求人は約10万件と業界トップクラスの求人数を保有
  • 特に大阪・関西在住者の方におすすめ!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

Re就活

Re就活は20代の求人に特化した転職サイトです。

職歴の浅い20代に特化した転職サイトのため、未経験OKの求人が多いことが特徴です。

「新しい職種にキャリアチェンジしたい」と考えている方におすすめです。

転職が初めての方に向けてサポートも充実しており、求人とのマッチ度や企業に直接チャットで質問することができるサービスなどもあります。

一方で、未経験OKの求人が多いためこれまでのスキルや経験を生かしてキャリアアップしたい方には不向きと言えるでしょ。

次は、20代後半の女性向けのおすすめ転職サイトについて解説します。

>Re就活への登録はこちら

20代後半の女性向けのおすすめ転職サイト3選

20代後半の女性は、

  • 結婚や出産等のライフイベントを考慮しやすい転職サイト選び
  • 女性の活躍や採用に積極的な求人が集まった転職サイト選び

がおすすめです。

「この求人に女性が応募しても大丈夫かな?」といった不安や「出産後も働きやすい制度のある会社がいい」と言った方は特に女性の求人に強い転職サイトを選びましょう。

具体的には、以下の3つがおすすめです。

  • 女の転職type
  • マイナビ転職女性のおしごと
  • パソナキャリア

それぞれについて解説します。

女の転職type

女の転職typeは東京・横浜などの関東を中心として女性向けの求人掲載を行っている転職サイトです。

特徴として求人に残業時間の有無や産休活用の事例などの女性が気になる企業情報を掲載しているところです。

また、女性管理職の有無なども求人情報として掲載されているためキャリアアップを考えている方にもおすすめです。

>女の転職typeへの登録はこちら

マイナビ転職女性のおしごと

マイナビ転職女性のおしごとは、大手マイナビグループが運営する女性に特化した転職サイトです。

イナビの知名度の高さから上場企業等の優良企業の求人が多く集まっています。

さらに全国対応のため地方の方も豊富な求人の中から選ぶことができます。

求人情報の他にも

  • 女性管理職の登用実績
  • 産休と育休の取得実績
  • 育児中の社員の在籍の有無

なども確認することができます。

現在の会社では勤務し続けることが難しいと考えている方はマイナビ転職女性のおしごとで女性のキャリアに真剣に向き合う企業を探してみましょう。

>マイナビ転職女性のお仕事への登録はこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは派遣で知名度の高いパソナが運営する転職サイトです。

2016年3月より女性活躍推進コンサルティングチームを結成して女性の転職支援に力を入れています。

企業の採用担当者も「パソナキャリアは女性向けの求人サイト」という認知があり、

るため、大手から中堅企業まで女性の求人が豊富に集まっているため、「女性向け求人を出すならとりあえずパソナキャリアに出してみるかぁ」とう人事課長がいるほど女性向けの求人サイトとして浸透しています。

そのため全国の女性求人がパソナキャリアに集まる傾向にあるため、多くの選択肢から求人を選びたいと考える方は必ずチェックしておきたい転職サイトです。

次では20代後半の転職の考え方について紹介していきます。

>パソナキャリへの登録はこちら

20代後半の転職はしやすい状況!積極的なキャリア形成がおすすめ

「20代後半って転職しやすいのかな」と気になりませんか。

筆者は採用担当を10年経験してきましたが、その経験からお伝えすると20代後半は最も転職しやすい年代層となります。

理由として、以下の3つの理由があるためです。

  • 20代後半の転職者は職歴3年以上経験者で需要が高い
  • 20代後半の転職者は将来にわたって活躍してくれると期待されている
  • 20代後半の転職者は急成長する伸びしろも期待されている

それぞれについて解説します。

20代後半の転職者は職歴3年以上経験者で需要が高い

20代後半の転職希望者は職歴が3年以上あり、企業からの採用需要が非常に高い年代です。

20代という若さから柔軟性や入社後の伸びしろにも期待されており最も採用されやすい年代です。

これまでの成果やスキルがある程度形になっている点と意欲が重視されます。

履歴書や職務経歴書ではその点を丁寧に記載しましょう。

20代後半の転職者は将来にわたって活躍してくれると期待されている

20代後半の転職者は素直さが残っているため、企業文化の理解が早かったり素直に企業文化に沿って行動してもらえると期待されています。

ある程度社歴のある企業では新卒組で入社した人材が幹部社員となるケースが多々ありますが、20代後半の転職者も将来の幹部候補として期待される面があるということです。

特に最近では転職者を積極的に迎い入れ、外部のスキルや多様性を取り入れる動きが出ています。

参考:トヨタ、採用の5割中途に|日本経済新聞

また、20代後半の方は転職しにくくなる30代の直前のため「今後は転職せずうちの会社にいてくれる可能性が高いだろう」という期待もあります。

20代後半の転職者は急成長する伸びしろも期待されている

20代後半の転職者はまだまだスキルや人間性の面で伸びしろがあると期待されています。

採用担当として何人も採用してきた筆者の経験からも前職での経験との相乗効果で目を見張る活躍を何度も目の当たりにしてきました。

そのため、「この人は化けるかもしれない」と思わせることが20代後半でうまく内定を取るコツです。

過去にある程度の実績があったり、自分自身で考えて行動した職歴があると期待も高まります。

必ず過去の職歴を棚卸しをしてアピールできるようにしておきましょう。

次は、20代後半で未経験転職するコツについて解説します。

20代後半で未経験転職は厳しい?重要な3つのコツ

「20代後半で未経験転職は難しいのかな」と気になりませんか。

結論から言えば、20代後半での未経験転職は少し難易度が高いです。

企業の採用担当者は即戦力を期待して採用をする傾向にあるためです。

しかし、以下の3つのコツを実践すれば難しくありません。

  • 転職目的を1〜2つに絞り込み明確にする
  • 可能な限り経験を活かせる職種・業種に転職する
  • 意欲の高い志望動機を持つこと

それぞれについて解説します。

転職目的を1〜2つに絞り込み明確にする

転職目的を多くしすぎずに1つまたは2つに絞り込んで明確化することで未経験転職成功への道は拓けます。

理由として、転職目的が明確であれば苦労の乗り越えられるためです。

未経験職に挑戦となると、転職後に1年〜3年程度は苦労することになります。

経験していない仕事の連続となるため、予定どおりに進まないことは多くあります。

ときには自分より若い方に教えを請う必要もあるでしょう。

未経験職の場合は年収等の待遇も落ちることになります。

このようなストレスフルな環境でやり抜くには、明確な転職目的が必要です。

採用担当を10年してきた経験上、転職目的はポジティブで誰でもわかりやすい理由の方ほど成果を出している方が多くいる傾向です。

ぜひポジティブでわかりやすい転職目的をもって未経験職にチャレンジしてみましょう。

可能な限り経験を活かせる職種・業種に転職する

未経験の転職といっても、これまでの経験を活かせる職種への転職であれば未経験でも転職できる可能性は高くなります。

転職先の職種や業種に親和性があると判断されれば内定が出る可能性があるためです。

例えば人事や法務の仕事をしていた方が経理などの職種に転職するケースです。

同じ管理部門系職種であり、人事の中にも給与計算や労働保険料算定などの経理に近い仕事内容のものがあります。

可能な限り職種経験または業種経験を活かせる職種にチャレンジするようにしましょう。

意欲の高い志望動機を持つこと

未経験の仕事に転職するときは何よりも志望動機が最重要視されます。

これまでの経験がない分、志望動機に熱意を見出さないと採用するかどうかのジャッジが難しくなるためです。

未経験の仕事では、はじめての業務ばかりとなります。

自分から調べて行動できるような方でなければ、企業も困ってしまいます。

「入社したあと、自ら分からない点を調べて先輩社員からノウハウを吸収しそうだな」と思わせるような志望動機であれば未経験であっても内定が出やすくなります。

言葉だけではなく、過去の行動や成果物として見える状態となっている志望動機の場合は劇的に内定率がアップするでしょう。

まとめ

今回は、20代後半におすすめの転職サイトについて解説しました。

20代後半には以下の転職サイトがおすすめです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • doda
  • Re就活

また、20代後半の女性には以下の転職サイトがおすすめです。

  • 女の転職type
  • マイナビ転職女性のおしごと
  • パソナキャリア

20代後半は転職しやすいのでぜひ転職サイトを活用して転職成功を目指しましょう。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

-転職サイト

© 2021 しごとウェブ転職