【転職したいけど失敗したくない方へ】スキルや目的がなくても転職を成功させる秘訣とは

公開日: / 更新日:

転職したいと考えている方は

「転職したいけど、どんな理由なら大丈夫なのかな?」

「転職したいけどスキルがない。大企業に転職できるのかな?」

「転職したいと思ったら何をすればいいの?」

と悩んでいませんか?

私は約10年間、採用担当者を経験し転職希望者の採用を行ってきました。

その経験からお伝えすると面接では「転職理由」が大きな評価項目となります。

ただ、なんとなく「転職したい」という方は転職理由が非常に曖昧で、必ず面接に落ちていました。

また、もし仮に内定をもらえたとしても、曖昧な理由から転職した会社だと

「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性も高くなります。

せっかく転職するなら、転職後の人生が有意義なものになる方がいいですよね。

この記事では転職のリスクや失敗しがちな理由を含め、転職を決めたらどう動けばいいのかを解説します。

もしなんとなく「転職したい」と考えている方は必ず最後まで読んで失敗を回避するようにしてくださいね。

5分程度で読むだけで、転職での失敗の確率を劇的に下げることができる強い味方になるはずです。

【転職を成功させる裏技】

後悔のない転職をしたいのであれば、まず一番最初にやってほしいのは、

「転職エージェントに登録すること」です。

転職エージェントは、必ずしも絶対に転職すると決めていなくても利用することができます。

漠然と、「転職したい・・・でも・・・」と悩んでいる方は一度相談してみましょう。

アドバイザーと話していく上で、

「本当に今の会社を辞めて転職するべきか」

「転職するなら、どんな企業が自分に合っているか」

を明確にしていくことができます。

さらに、理想の企業に入るための転職のノウハウも叩き込んでもらえます。

全てのサービスは無料なので、安心して転職活動を進めることができますよ。

筆者が特におすすめしたい転職エージェントは、マイナビエージェントです。

企業情報に詳しいアドバイザーがあなたの希望にマッチした職種や、求人を提案してくれます。

少しでも迷っている方はぜひ利用してみてください。

>マイナビエージェントで転職相談する

マイナビエージェント

転職したいけど失敗したくない!会社を辞めるリスクを解説

「転職をしたいから辞めようかな」と考えている方は、「とりあえず転職」という考え方を捨て去りましょう。

日本では転職をするたびに転職しにくくなります。

企業から「またすぐ辞めるのかな…」と思われ、高い採用費と育成コストをかけても採用したいと思われなくなるためです。

まずは転職する前に「なぜ転職するのか?」をはっきりさせましょう。

うつ病の方であれば冷静な判断ができるまで転職は控えましょう。

転職よりもまずは休職をして心と身体を休ませてあげましょう。

目的によっては転職ではなく異動かもしれません。

転職はリスクがあるため実際に働いてみると「こんなはずではなかった」ということは多々あります。

そのような状況でももし転職目的が明確にあれば「◯◯を達成するまで頑張ろう」と主体性が生まれます。

逆に転職目的がない場合は「合わないから辞めようかな」と短期離職になります。

そうするとどんどん転職がしづらいキャリアとなります。

「転職で失敗する人にはどんな特徴があるの」と気になりませんか。

次は、転職で失敗しがちな人の特徴5個について解説します。

転職で失敗しがちな人の特徴5個

転職で失敗しがちな人の特徴5個として、以下の特徴があります。

  • 転職目的がない
  • スキルがない
  • 年齢の割に実績がない
  • ネガティブな転職理由の人
  • 職種チェンジしたい人

特に失敗する人の最大の特徴としては「転職目的がない」という方が圧倒的に多いです。

転職したいけど何がしたいかわからないような状態で転職するのは失敗の元となります。

書類選考でも「興味があります」「誰よりもがんばります」といったあいまいな志望動機が多く落ちやすいです。

面接でも転職の動機、志望した動機に具体性がなく開始10分で不合格が決まってしまいます。

「転職で何を実現したいのか?」を明確にしておきましょう。

また、年齢を重ねている割にはスキルが低い方や実績がない方は即戦力にならないと判断され落とされやすいです。

20代ならともかく、30代・40代で転職したいけどスキルがない人は、内定が取りにくくなります。

企業に正しく評価されるために、自分がどんな役割でどんな成果を出したのかしっかり伝えられるようにしましょう。

ネガティブな転職理由の方も転職に失敗しやすいです。

人間関係や、仕事内容への不満は言わない方が得策です。

どんなホワイト企業でも不満は出てきます。

全員がまったく不満のない企業はありません。

そのため不満を中心に転職する方は敬遠されるでしょう。

職種を変えたいという人も要注意です。

なぜなら、職種を変えてしまえば待遇は一気に下がる可能性が高くなるためです。

さらに成長するかどうかの伸びしろも評価されるため実際の行動や実績がないと採用されづらいでしょう。

転職の失敗については「転職の失敗は回避できる?人事が教える転職失敗の確率を激減させる5つの方法」で詳しく紹介しているため合わせてご覧ください。

転職で失敗しがちな人の特徴5個

  • 転職目的がない
  • スキルがない
  • 年齢の割に実績がない
  • ネガティブな転職理由の人
  • 職種チェンジしたい人

次では転職の失敗を回避するためにどのように転職目的を決めるかを紹介していきます。

転職したい人は明確な転職目的を決めよう

転職したい人は明確な転職目的を決めるようにしましょう。

転職目的がないと転職後に失敗するためです。

何を求めて転職したのかが分からない状態で転職しても失敗するだけです。

休日日数を増やしたいのか、給料を増やしたいのか、人により転職の目的は様々です。

役職を向上させたい、どうしてもやってみたい仕事がある、なども明確な転職の目標となります。

目的がないと、たとえ転職成功しても満足できず結局、また転職をするハメになります。

転職目的をはっきりさせるためにも、自己分析を徹底的に行ってください。

自己分析を深めていけば、

  • 転職目的がはっきりする
  • ビジョンが明確なため面接の受け答えが好印象になりやすい
  • 価値観を再認識し物事を俯瞰的に見れるようになる

など、これからのキャリアにおいて非常に大きなメリットになります。

しかし、今すぐに自己分析をしろと言われてもどうやればいいかわからないですよね。

そんな方は、誰でも簡単に自己分析を深められる方法を以下の記事にまとめていますので不安な方は必読です。

どうしても自分一人で不安と言う方は転職エージェントなどの転職サービスを利用するのも一つの手ですよ。

転職の必要性はあるか?異動や副業の手段も検討しよう

転職目的を決めたら必ず「転職の必要性があるのか?」を自問自答しましょう。

うつ病になりそうだと思って転職しても転職先の企業も同じかもしれません。

上司が嫌だったとしても転職先の上司はもっとひどいかもしれません。

転職してみないと転職先が良いかどうか分かりません。

さらに転職先ではこれまで現職で築き上げた信頼や地位も失い全て0からのスタートとなります。

異動や副業などの手段も検討できないのかしっかりと考えるようにしましょう。

本当に会社を辞める必要性があるのかどうかから吟味していくことをおすすめします。

「転職したいけれどスキルがない」と悩んでいませんか。

次は、転職したいけれどスキルがない人のとれる対策について解説します。

転職したいけどスキルがない人はどうすればいい?

転職したいけれどスキルがない人に関しては、以下の2つの方法がおすすめです。

  • 26歳までなら未経験で転職して現場で覚える
  • 27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

それぞれについて解説します。

26歳までなら未経験で転職して現場で覚える

26歳までであれば未経験での転職もしやすい年齢です。

大卒であれば、卒業後3年以内の人は第二新卒として扱われ、新卒枠での転職がしやすくなっているためです。

資格取得などで時間を費やすのであれば、未経験で転職し現場でスキル習得するほうが得策です。

ただし未経験での転職は面接の選考は難しくなります。

企業は未経験のあなたが将来成長すると見越して採用します。

つまり伸びしろを見て採用の是非を検討します。

そのため、伸びしろがあると思われるように意欲、行動、今後のキャリアイメージを伝えるようにしましょう。

ちなみに未経験OKの求人に応募しなければ内定が出る確率は低くなります。

そのため未経験OKの求人を中心に応募しましょう。

例えば、ハタラクティブジェイックでは未経験OKの求人が豊富です。

必ず登録して利用することをおすすめします。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら
ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

他にも20代でスキルに不安があるのなら、「転職でスキルなしだと20代でも厳しい?何歳まで可能?採用担当者の評価とは」の記事も是非ご覧ください。

27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をするようにしましょう。

27歳以上となれば企業も未経験者を採用して育成するリスクが高くなってくるためです。

未経験であってもできる限り実績や成果物を準備するようにしましょう。

「自分で学習して本気で成長したい」と思われたら採用がぐっと近くなります。

また、転職エージェントで未経験OKの求人を提案してもらいましょう。

特に、未経験OKの職種が多いワークポートがおすすめです。

特にIT系の求人が豊富で、未経験でIT系職種にチャレンジしたい方にはおすすめの転職エージェントです。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

30代で未経験の職種に強い転職エージェントは、こちらでも紹介しているので興味のある方は併せてご覧ください。

転職したいけどスキルがない人におすすめの方法

  • 26歳までなら未経験で転職して現場で覚える
  • 27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

ところで「自分はどれくらい転職しやすいのかな?」と気になりませんか?

次では市場価値の把握方法について解説します。

転職したいと思ったら市場価値を知るところからはじめよう

転職したいと思ったら自分自身の市場価値を把握することからはじめましょう。

特に転職エージェントに登録する方法がおすすめです。

転職エージェントに登録して担当者に相談すると

「現在のスキル・経験」でどんな求人を提案してもらえるかが分かるためです。

応募できそうな年収相場もその場で教えてもらえます。

さらに、「年収を100万円上げるにはどうすればよいですか?」といった質問もできます。

現在のキャリアにどんなスキルや経験があれば転職市場での価値が高くなるかアドバイスをもらえます。

おすすめはマイナビエージェントです。

大手のため求人も転職者も多く、事例が豊富で的確なアドバイスをもらいやすいためです。

転職したい方はまず転職市場における価値を知ることから始めましょう。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

次は、早く転職したい方が確認すべきたった一つのポイントについて解説します。

早く転職したい方が相談すべき転職エージェント3選

早く転職したい方は必ず転職エージェントに相談するようにしましょう。

良い転職には良質な情報が不可欠です。

そのため自分の強みや価値観の理解、業界やビジネスモデルの理解を進めることが重要です。

自己分析をし、有力な情報を確認することでベストな転職に近づくことができるでしょう。

転職エージェントは1つに絞るよりも複数登録することがベストです。

なぜならエージェントによってそれぞれ得意な業界があったり、取り扱う求人が違うからです。

転職エージェントが保有する求人は重複するケースも多いですが、独自で確保している求人も多くあります。

複数の転職エージェントに登録すれば、自分に合った企業を見落とさずに転職活動ができます。

1つのサービスだけでは求人の抜け漏れが多く、ベストな企業に出会う確率は低いでしょう。

そのため3サービス程度、登録するのが望ましいです。

筆者のおすすめは以下の3つです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • DYM就職

迷ったらこの3つを登録しておけば間違いありません。

それでは、順に紹介していきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは業界最大手であり、多くのデータから蓄積されたノウハウを持っています。

そのため豊富な求人の中からあなたにとって的確な求人を紹介してくれるのです。

転職活動に迷ったら初めに登録しておいて損はないエージェントと言えるでしょう。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界大手で巨大な転職支援企業が運営しています。

高い知名度で、求人量を多く確保することに成功しています。

たくさんの求人に目を通してまずは転職活動のスタートを切るようにしましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

DYM就職

DYM就職はニートやフリーター等、スキルや経歴がない方に特に強い転職エージェントです。

書類選考なしでの面接が可能なので、素のあなたで勝負することが可能となります。

紹介先も優良企業が多く非常に満足度の高い転職エージェントでおすすめですよ。

DYM就職
求人数
2,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代(35歳まで)

年収

250万円~600万円

  • 第二新卒・フリーター・ニート向けの求人を多く保有
  • 上場企業・ベンチャー等多彩な求人から書類選考免除で面接可能
  • 自己分析から面接まで無料サポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

コラム:求人サイトの求人に片っ端から応募するのはおすすめしない

ここまで転職エージェントを紹介してきましたが、求人サイトの求人に片っ端から応募するのは最悪の転職活動です。

転職目的が満たされるかどうかも分からない転職をやみくもに進めても良い結果が得られることは少ないです。

たとえその方法で転職が出来たとしても、近いうちに再度転職したくなるかもしれません。

そうなると短期離職となり、再転職が厳しくなる可能性があります。

転職する時は、必ず自分の適性に合う企業なのかをじっくり分析することが大切です。

理想の転職をするためには焦らないことが重要

理想の転職をするためには焦らずに転職活動をすることが最も重要です。

なぜなら焦りは合理的な判断を狂わせベストな転職がしづらくなるためです。

そのため以下のことに注意するようにしましょう。

  • 転職先の内定がでるまでは離職しない
  • 応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く
  • 「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない
  • 半年以上の生活費を貯金しておく

それぞれについて解説します。

転職先の内定がでるまでは離職しない

リスクの高い転職をできる限りリスクなく進めるためには次の転職先を決めてから退職するようにしてください。

辞めてから転職活動をすると貯金が目減りしてくるので焦ります。

「早く次を決めなければならない」という意識からブラック企業に引っかかりやすくなるためです。

必ず次の転職先という安全確保をしてから離職するようにしましょう。

応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く

応募企業ごとに必ず志望動機は書き分けるようにしてください。

志望動機を使い回すと「なぜうちの会社を選んだのか」と採用担当者が懐疑的になるためです。

志望動機の使い回しは必ずバレます。

応募企業ごとに良い点を見つけ、志望動機を作るようにしてください。

「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない

本当に心から「この会社で働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しないようにしましょう。

あまり思い入れのない企業に入社しても70歳の定年の日まで働くことができる可能性は非常に低いためです。

転職活動をすることはOKですが、内定が出たらとりあえずキープしておき、他の企業も見るようにしましょう。

半年以上の生活費を貯金しておく

転職活動を開始する前に、少し大変ですが半年分以上の生活費を貯金しておくようにしましょう。

会社を辞めて次の職場に転職しても最初の1年間はボーナスが満額支給されません。

また、仮に転職先が遠方の場合は家賃や敷金礼金などもかかります。

たとえどうしても会社を辞めたくなって退職したとしても、

「半年以上の生活費を貯金」していれば失業保険を貰いながら余裕を持って転職活動をすることもできます。

理想の転職のコツは「焦らず吟味して転職すること」です。

心と身体、お金に余裕を持って転職ができるよう上記のポイントを守って転職しましょう。

焦らず理想の転職をするために重要なこと

  • 転職先の内定がでるまでは離職しない
  • 応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く
  • 「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない
  • 半年以上の生活費を貯金しておく

【コラム】転職したい企業ランキングも参考に、後悔のない転職を

理想の企業に転職したいなら、人気の企業を知ることも大切です。

転職エージェントdodaの調べで、2021年度の転職人気企業ランキングが発表されました。

名だたる大企業が並ぶ中で、上位となったのは

  • 1位:トヨタ自動車
  • 2位:グーグル
  • 3位:ソニー

という結果になっています。

引用:【TOP300社】転職⼈気企業ランキング 総合-社会⼈が選ぶ“働きたい企業” 第1位は?|転職ならdoda(デューダ)

納得のいく転職をすることで、あなたの今後の人生が充実したものとなることを祈っています!

まとめ

転職に失敗すると短期離職を繰り返すなどキャリアに大きな傷を入れることになります。

転職で失敗しがちな人の特徴5個として、以下の特徴があります。

  • 転職目的がない
  • スキルがない
  • 27歳以上で実績がない
  • ネガティブな転職理由の人
  • 職種チェンジしたい人

目的だけは必ず定めましょう。

また、本当に辞める必要があるのかも検討しましょう。

異動や副業で好きな仕事をやってみるという方法もあります。

転職したいけれどスキルがない人に関しては、以下の2つの方法がおすすめです。

  • 26歳までなら未経験で転職して現場で覚える
  • 27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

年齢に応じて求められる実力は変わります。

転職エージェントに相談すると現在のキャリアにどんなスキルや経験があれば転職市場での価値が高くなるかアドバイスをもらえます。

おすすめの転職エージェントは以下の2つです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント

理想の転職をするためには焦らないことが重要です。

  • 転職先の内定がでるまでは離職しない
  • 応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く
  • 「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない
  • 半年以上の生活費を貯金しておく

転職先は焦らず、自分の希望する職場を探すようにしましょう。

・当サイトは転職サイト等に関する情報提供を目的としており、各転職サイト等への登録につきましては利用者自身で運営元企業にお問い合わせください。

・当サイトに掲載されている情報は各人材紹介会社の提供している情報に基づき随時更新しておりますが、最新の情報ではない可能性がございます。最新情報は各サービスの公式サイトをご確認ください。

・当サイトの内容は当サイトで紹介しているサービス等について何らかの保証をするものではありません。当サイトで紹介しておりますサービスの詳細につきましてはサービスを提供している各人材紹介会社へご確認くださいますようお願い申し上げます。

・当サイトは筆者の経験に基づいて発信しています。