転職の基礎知識

【転職したいけど失敗したくない方へ】失敗しがちな転職理由と回避法の全て

更新日:

転職したいと考えている方は

「転職したいけど、どんな理由なら大丈夫なのかな?」

「転職したいけどスキルがない。大企業に転職できるのかな?」

「転職したいと思ったら何をすればいいの?」

と悩んでいませんか?

私は約10年間、採用担当者を経験し転職希望者の採用を行ってきました。

その経験からお伝えすると面接では「転職理由」が大きな評価項目となります。

ただ、なんとなく「転職したい」という方は転職理由が非常に曖昧で、必ず面接に落ちていました

もしなんとなく「転職したい」と考えている方は必ず一読して失敗を回避するようにしてくださいね。

5分程度読むだけで失敗の確率を劇的に下げることができます。

ハタラクティブ

転職したいけど辞めていいの?失敗のリスクを解説

「転職をしたいから辞めようかな」と考えている方は、「とりあえず転職」という考え方を捨て去りましょう。

日本では転職をするたびに転職しにくくなります。

企業から「またすぐ辞めるのかな…」と思われ、高い採用費と育成コストをかけても採用したいと思われなくなるためです。

まずは転職する前に「なぜ転職するのか?」をはっきりさせましょう。

うつ病の方であれば冷静な判断ができるまで転職は控えましょう。

転職よりもまずは休職をして心と身体を休ませてあげましょう。

目的によっては転職ではなく異動かもしれません。

転職はリスクがあるため実際に働いてみると「こんなはずではなかった」ということは多々あります。

そのような状況でももし転職目的が明確にあれば「◯◯を達成するまで頑張ろう」と主体性が生まれます。

逆に転職目的がない場合は「合わないから辞めようかな」と短期離職になります。

そうするとどんどん転職がしづらいキャリアとなります。

「転職で失敗する人にはどんな特徴があるの」と気になりませんか。

次は、転職で失敗しがちな人の特徴5個について解説します。

転職で失敗しがちな人の特徴5個

転職で失敗しがちな人の特徴5個として、以下の特徴があります。

  • 転職目的がない
  • スキルがない
  • 27歳以上で実績がない
  • ネガティブな転職理由の人
  • 職種チェンジしたい人

特に失敗する人の最大の特徴としては「転職目的がない」という方が圧倒的に多いです。

書類選考でも「興味があります」「誰よりもがんばります」といったあいまいな志望動機が多く落ちやすいです。

面接でも転職の動機、志望した動機に具体性がなく開始10分で不合格が決まってしまいます。

「転職で何を実現したいのか?」を明確にしておきましょう。

また、スキルが低い方や実績がない方は即戦力にならないと判断され落とされやすいです。

正しく評価されるためにもどんな役割でどんな成果を出したのかしっかり伝えられるようにしておきましょう。

ネガティブな転職理由の方も転職に失敗しやすいです。

どんなホワイト企業でも不満は出てきます。

全員がまったく不満のない企業はありません。

そのため不満を中心に転職する方は敬遠されるでしょう。

職種を変えたいという人も要注意です。

なぜなら、職種を変えてしまえば待遇は一気に下がる可能性が高くなるためです。

さらに成長するかどうかの伸びしろも評価されるため実際の行動や実績がないと採用されづらいでしょう。

転職の失敗については「【転職失敗した人の事例の全て】人事が教える転職失敗の原因と回避方法とは」で詳しく紹介しているため合わせてご覧ください。

【転職失敗した人の事例の全て】人事が教える転職失敗の原因と回避方法とは

転職にあたり 「転職失敗した人はどんな人?失敗談を知りたい」 「転職失敗を回避する方法を知りたい」 「転職に失敗したら人生は終わりなの?どうすればいいの?」 と気になりませんか? 筆者はこれまで約10 ...

続きを見る

転職で失敗しがちな人の特徴5個

  • 転職目的がない
  • スキルがない
  • 27歳以上で実績がない
  • ネガティブな転職理由の人
  • 職種チェンジしたい人

次では転職の失敗を回避するためにどのように転職目的を決めるかを紹介していきます。

転職したい人は明確な転職目的を決めよう

転職したい人は明確な転職目的を決めるようにしましょう。

転職目的がないと転職後に失敗するためです。

何を求めて転職したのかが分からない状態で転職しても失敗するだけです。

休日日数を増やしたいのか、給料を増やしたいのか、人により転職の目的は様々です。

役職を向上させたい、どうしてもやってみたい仕事がある、なども明確な転職の目標となります。

目的がないと、たとえ転職成功しても満足できず結局、また転職をするハメになります。

転職の必要性はあるか?異動や副業の手段も検討しよう

転職目的を決めたら必ず「転職の必要性があるのか?」を自問自答しましょう。

うつ病になりそうだと思って転職しても転職先の企業も同じかもしれません。

上司が嫌だったとしても転職先の上司はもっとひどいかもしれません。

転職してみないと転職先が良いかどうか分かりません。

さらに転職先ではこれまで現職で築き上げた信頼や地位も失い全て0からのスタートとなります。

異動や副業などの手段も検討できないのかしっかりと考えるようにしましょう。

本当に会社を辞める必要性があるのかどうかから吟味していくことをおすすめします。

「転職したいけれどスキルがない」と悩んでいませんか。

次は、転職したいけれどスキルがない人のとれる対策について解説します。

転職したいけどスキルがない人はどうすればいい?

転職したいけれどスキルがない人に関しては、以下の2つの方法がおすすめです。

  • 26歳までなら未経験で転職して現場で覚える
  • 27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

それぞれについて解説します。

26歳までなら未経験で転職して現場で覚える

26歳までであれば未経験での転職もしやすい年齢です。

資格取得などで時間を費やすのであれば、まず未経験で転職し現場でスキル習得するような本心で転職してみましょう。

ただし未経験での転職は面接の選考も難しくなります。

企業は未経験のあなたが将来成長すると見越して採用します。

つまり伸びしろを見て採用の是非を検討します。

そのため、伸びしろがあると思われるように意欲、行動、今後のキャリアイメージを伝えるようにしましょう。

ちなみに未経験OKの求人に応募しなければ内定が出る確率は低くなります。

そのため未経験OKの求人を中心に応募しましょう。

例えば、ハタラクティブワークポートでは未経験OKの求人が豊富です。

こちらを中心に応募することがおすすめです。

勤続年数を伸ばしていって給与をアップさせる方法がとれるため、非常に有利な転職方法です。

27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をするようにしましょう。

27歳以上となれば企業も未経験者を採用して育成するリスクが高くなってくるためです。

未経験であってもできる限り実績や成果物を準備するようにしましょう。

「自分で学習して本気で成長したい」と思われたら採用がぐっと近くなります。

転職したいけどスキルがない人におすすめの方法

  • 26歳までなら未経験で転職して現場で覚える
  • 27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

ところで「自分はどれくらい転職しやすいのかな?」と気になりませんか?

次では市場価値の把握方法について解説します。

転職したいと思ったら市場価値を知るところからはじめよう

転職したいと思ったら自分自身の市場価値を把握することからはじめましょう。

特に転職エージェントに登録する方法がおすすめです。

転職エージェントに登録して担当者に相談すると

「現在のスキル・経験」でどんな求人を提案してもらえるかが分かるためです。

応募できそうな年収相場もその場で教えてもらえます。

さらに、「年収を100万円上げるにはどうすればよいですか?」といった質問もできます。

現在のキャリアにどんなスキルや経験があれば転職市場での価値が高くなるかアドバイスをもらえます。

おすすめはマイナビエージェントです。

大手のため求人も転職者も多く、事例が豊富で的確なアドバイスをもらいやすいためです。

転職したい方はまず転職市場における価値を知ることから始めましょう。

>マイナビエージェントはこちら

次は、早く転職したい方が確認すべきたった一つのポイントについて解説します。

早く転職したい方は確認すべきたった1つのポイント

早く転職したい方は早めに転職エージェントに相談するようにしましょう。

良い転職には良質な情報が不可欠です。

そのため自分の強みや価値観の理解、業界やビジネスモデルの理解を進めることが重要です。

自己分析をし、有力な情報を確認することでベストな転職に近づくことができるでしょう。

転職エージェントは1つに絞るよりも複数登録することがベストです。

なぜならエージェントによってそれぞれ得意な業界があったり、取り扱う求人が違うからです。

転職エージェントが保有する求人は重複するケースも多いですが、独自で確保している求人も多くあります。

複数の転職エージェントに登録すれば、自分に合った企業を見落とさずに転職活動ができます。

1つのサービスだけでは求人の抜け漏れが多く、ベストな企業に出会う確率は低いでしょう。

そのため3サービス程度、登録するのが望ましいです。

リクルートエージェントは業界大手で巨大な転職支援企業が運営しています。

高い知名度で、求人量を多く確保することに成功しています。

たくさんの求人に目を通してまずは転職活動のスタートを切るようにしましょう。

>リクルートエージェントへの登録はこちら

反対に、求人サイトの求人に片っ端から応募するのは最悪の転職活動です。

転職目的が満たされるかどうかも分からない転職をやみくもに進めても良い結果が得られることは少ないです。

たとえその方法で転職が出来たとしても、近いうちに再度転職したくなるかもしれません。

そうなると短期離職となり、再転職が厳しくなる可能性があります。

転職する時は、必ず自分の適性に合う企業なのかをじっくり分析することが大切です。

理想の転職をするためには焦らないことが重要

理想の転職をするためには焦らずに転職活動をすることが最も重要です。

なぜなら焦りは合理的な判断を狂わせベストな転職がしづらくなるためです。

そのため以下のことに注意するようにしましょう。

  • 転職先の内定がでるまでは離職しない
  • 応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く
  • 「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない
  • 半年以上の生活費を貯金しておく

それぞれについて解説します。

転職先の内定がでるまでは離職しない

リスクの高い転職をできる限りリスクなく進めるためには次の転職先を決めてから退職するようにしてください。

辞めてから転職活動をすると貯金が目減りしてくるので焦ります。

「早く次を決めなければならない」という意識からブラック企業に引っかかりやすくなるためです。

必ず次の転職先という安全確保をしてから離職するようにしましょう。

応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く

応募企業ごとに必ず志望動機は書き分けるようにしてください。

志望動機を使い回すと「なぜうちの会社を選んだのか」と採用担当者が懐疑的になるためです。

志望動機の使い回しは必ずバレます。

応募企業ごとに良い点を見つけ、志望動機を作るようにしてください。

「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない

本当に心から「この会社で働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しないようにしましょう。

あまり思い入れのない企業に入社しても70歳の定年の日まで働くことができる可能性は非常に低いためです。

転職活動をすることはOKですが、内定が出たらとりあえずキープしておき、他の企業も見るようにしましょう。

半年以上の生活費を貯金しておく

転職活動を開始する前に、少し大変ですが半年分以上の生活費を貯金しておくようにしましょう。

会社を辞めて次の職場に転職しても最初の1年間はボーナスが満額支給されません。

また、仮に転職先が遠方の場合は家賃や敷金礼金などもかかります。

たとえどうしても会社を辞めたくなって退職したとしても、

「半年以上の生活費を貯金」していれば失業保険を貰いながら余裕を持って転職活動をすることもできます。

理想の転職のコツは「焦らず吟味して転職すること」です。

心と身体、お金に余裕を持って転職ができるよう上記のポイントを守って転職しましょう。

焦らず理想の転職をするために重要なこと

  • 転職先の内定がでるまでは離職しない
  • 応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く
  • 「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない
  • 半年以上の生活費を貯金しておく

まとめ

転職に失敗すると短期離職を繰り返すなどキャリアに大きな傷を入れることになります。

転職で失敗しがちな人の特徴5個として、以下の特徴があります。

  • 転職目的がない
  • スキルがない
  • 27歳以上で実績がない
  • ネガティブな転職理由の人
  • 職種チェンジしたい人

目的だけは必ず定めましょう。

また、本当に辞める必要があるのかも検討しましょう。

異動や副業で好きな仕事をやってみるという方法もあります。

転職したいけれどスキルがない人に関しては、以下の2つの方法がおすすめです。

  • 26歳までなら未経験で転職して現場で覚える
  • 27歳以上なら実績や成果物を作ってから転職活動をする

年齢に応じて求められる実力は変わります。

転職エージェントに相談すると現在のキャリアにどんなスキルや経験があれば転職市場での価値が高くなるかアドバイスをもらえます。

おすすめの転職エージェントは以下の2つです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント

理想の転職をするためには焦らないことが重要です。

  • 転職先の内定がでるまでは離職しない
  • 応募企業に向き合い志望動機は時間をかけて書く
  • 「働きたい」という企業が見つかるまでは内定に応諾しない
  • 半年以上の生活費を貯金しておく

転職先は焦らず、自分の希望する職場を探すようにしましょう。

 

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-転職の基礎知識

一人で悩まず就職支援を受けませんか?
マンツーマンで手厚く支援

© 2021 しごとウェブ転職