【経験者談】転職エージェントに見捨てられるのは本当?理由や回避法・対処法の全て

公開日: / 更新日:

「転職エージェントに見捨てられるって本当なのかな?」

「どうして転職エージェントに見捨てられるの?理由やケースを知りたい」

「転職エージェントに見捨てられた。連絡が来ない。どうすればいいの?」

と気になりませんか。

筆者も某転職エージェントを利用していましたが2回ほど電話を受け損ない、その後サポート終了を通知されて見捨てられた経験があります。

他にも最初はたくさん求人紹介していた担当者から一切、提案をもらえなくなると言う経験は何回もあります。

このように結論転職エージェントに見捨てられることはよくある話です。

ですが、見捨てられる理由を知って対策すればなんの問題もありません。

この記事では転職エージェントに見捨てられる理由の紹介と回避法・対処法を紹介しています。

もし

「転職エージェントに見捨てられるかも知れない」

「転職エージェントにみすてられた・・・」

と不安になっている方はぜひ、最後まで一読して安心して転職活動をできるようにしましょう。

転職エージェントに見捨てられるのは本当?

転職エージェントに見捨てられるのは本当?

転職エージェントに見捨てられるのは本当の話です。

筆者も某転職エージェントを転職活動で活用したときに電話を2回ほど受け損ない、その後サポート終了を通知されて見捨てられた経験があります。

筆者としては、

「仕事しながらの転職活動において、たった2回電話をとれなかっただけでサポート終了とは上から目線の商売だなぁ」

と思い、某転職エージェントは放っておいてマイナビエージェントを活用したところ正社員数3,000名以上の大企業に人事として転職できました。

マイナビエージェントでは少し電話を取り損ねてもサポート終了などはなかったです。

担当者によっても対応が変わって来る点だとは思いますが少なくとも転職エージェントに見捨てられることは事実です。

上記以外にも転職エージェントに見捨てられるパターンがありますので次で紹介していきます。

転職エージェントに見捨てられた状態とは?

転職エージェントに見捨てられた状態とは?

転職エージェントに見捨てられるパターンとしてはいきなりのサポート終了だけではなく、あまり積極的に転職活動を手伝ってくれない状態も含みます。

具体的には転職エージェントに見捨てられた状態とは、以下のような状態です。

  • 状態1:転職エージェントからの連絡がない
  • 状態2:提案される求人が少ない

それぞれについて解説します。

状態1:転職エージェントからの連絡がない

登録して初回の面談が終わって求人に応募していっているのに全く連絡がないパターンは見捨てられている状態です。

転職エージェントが積極的に連絡してこないということは転職できる可能性が低いと判断されている可能性が高いです。

出来るだけ自分から転職エージェントに連絡をし、求人の提案を促すようにしましょう。

状態2:提案される求人が少ない

提案される求人が少ないというのも見捨てられている状態です。

地方や年代にもよりますが求人は多くあります。

それにもかかわらず求人の紹介が少なければ「この人は転職をできる見込みがない」と思われ、あえて連絡が来ていない状況と言えます。

求人の紹介がなければ転職活動を前に進めることは難しいため転職エージェントの担当者と希望条件などを改めて話し合い、求人紹介してもらうことが重要です。

ところで「転職エージェントは、なぜそんな不義理なことをするの?」と気になりませんか。

次は、転職エージェントに見捨てられる現象が起こる背景について解説します。

転職エージェントに見捨てられる現象はなぜ起こる?カギは人材ビジネスの仕組みにあり

転職エージェントの裏事情

転職エージェントに転職希望者が見捨てられる原因には人材ビジネスの仕組みが影響しています。

実は転職エージェントは原則、転職者から料金をとれません。

これは労働基準法第6条という法律で仕事に応募する人からはお金をとることを禁止しているためです。

参考:労働基準法 第6条 中間搾取の禁止 | e-Gov法令検索

そのため転職エージェントは労働基準法6条に違反しないように企業側からお金をもらう仕組みとなっています。

具体的には転職エージェントの紹介で企業に転職者を紹介した場合、転職者の年収の35%を企業から支払ってもらう仕組みとなっています。

例えば年収500万円の転職者を転職エージェントの紹介で企業に入社した場合、175万円(年収500万円の35%)を企業は転職エージェントに支払うということです。

このようなお金の流れのため、売上を伸ばしたい転職エージェントは下記のような傾向となります。

  • 転職できる人を優先的に対応する
  • 早く転職する人を優先的に対応する
  • 年収の高い人を優先的に対応する
  • 転職者が多い地域・職種・業界に注力する
  • お金を支払ってもらえる企業の意向を優先に汲み取る

このように無料で情報の提供とサポートをしてもらえる転職エージェントですが、営利企業のサービスでもあるため高年収で早く転職する方を優先とする傾向にあります。

そのため、転職エージェントに見捨てられる原因は転職しない・できないであろう人材を手厚くサポートしても売上とならず無駄足を踏んでしまうと思われてしまうところにあります。

実際、筆者も採用担当者として転職エージェント経由の応募者の履歴書などを見ていましたが、企業の要求を満たさない経歴の方はあまり見かけたことがありません。

つまり、転職エージェントは内定が出る確率が高い人材ばかりを優先して企業に紹介しているということですね。

「じゃあ、転職エージェントに見捨てられないためにはどうすればいいの」と気になりませんか。

実は見捨てられる原因を逆手にとれば求人を多く提案してもらえることもできます。

次は、転職エージェントに見捨てられないためのコツを7つ紹介していきます。

転職エージェントに見捨てられないためのコツ7つ

転職エージェントに見捨てられないためのコツ

上述のとおり、転職エージェントは高年収で早く転職する人を優先して対応します。

その傾向を逆手にとった下記のコツで見捨てられず求人を提案してもらうことができます。

  • コツ1:返信は可能な限り早くする
  • コツ2:電話にはできるだけ出る
  • コツ3:提案された中から1つでも求人に応募する
  • コツ4:求人選びの基準を明確に
  • コツ5:提案される求人が少ない場合は条件を緩める
  • コツ6:謙虚な姿勢が大切
  • コツ7:積極的に転職エージェントに提案を依頼する

それぞれについて解説します。

コツ1:返信は可能な限り早くする

転職エージェントへの返信はできる限り早くするようにしましょう。

筆者も経験がありますが、返信が遅いとサポート終了を言い渡す転職エージェントが存在するためです。

参考:転職エージェントの担当者との電話やメールのやり取り | リクルートエージェント

実は急に連絡がつかなくなる転職者は多くいます。

そのため転職エージェントも連絡がつかなくなった方から順次サポートを打ち切っています。

そのため、即レスとまでは言いませんができれば24時間以内に返信するようにしましょう。

コツ2:電話にはできるだけ出る

転職エージェントからの電話にはできるだけ出るようにしましょう。

電話を早く取らないと最悪はサポート終了を言い渡される可能性があるためです。

筆者も電話をとれずに2日ほど経過したらサポート終了を連絡されたことがあります。

特に転職エージェント経由の面接直後の電話には必ず早く出るようにしましょう。

コツ3:提案された中から1つでも求人に応募する

転職エージェントに求人を提案されたら1つでも求人に応募するようにしましょう。

応募しない転職者には求人を紹介しなくなっていくためです。

よくあるパターンは、求人を紹介された後に「ここに応募したい」という求人が見つからず、自宅で確認してくださいといって連絡がなくなるパターンです。

あまり興味がなくても面接の練習や企業見学も兼ねて応募がおすすめです。

転職活動を進める中で自己分析や仕事への理解が深まったり、企業が求めている人物像が把握できたりとプラスとなることが多くなります。

ちなみに、仮に内定が出ても内定を承諾するかは個人の自由のため、内定が出たあとに断れば問題ありません。

コツ4:求人選びの基準を明確に

転職にあたり求人選びの基準を明確にするようにしましょう。

特に職種・業界などの基準は明確にして伝えないと転職エージェント側も「どんな求人を紹介すれば良いのか分からない」という状態になることがあり得るためです。

職種や業界だけではなく「地元で働きたい」といった勤務地などで絞るなど、自分の中で譲れない軸を伝えて求人紹介してもらうようにしましょう。

コツ5:提案される求人が少ない場合は条件を緩める

提案される求人が少ない場合は条件を緩めるようにしましょう。

条件にこだわりを持つことは悪いことではないですが、求める条件が高すぎると紹介される求人量が少なくなることもあるためです。

条件がきつい場合は転職エージェントから「この条件ですと求人はこれだけになります・・・」と言った形で、求人量が多くないことが伝えられます。

その場合は自分の中で絶対に譲れない条件以外は少し譲歩して求人を探してもらうようにしましょう。

コツ6:謙虚な姿勢が大切

転職エージェントは謙虚な姿勢で接しましょう。

無料でサポートしてもらえるからといって高圧的な態度をとると「面接がうまくいかなそうだな」と判断されてしまい求人の紹介数が少なくなることがあるためです。

反対に「この人は面接にさえいけばなんとかなりそうだな」と思ってもらえれば多少要求を満たしていなくても求人紹介をしてもらえる可能性が高くなります。

コツ7:積極的に転職エージェントに提案を依頼する

転職エージェントからの連絡を受け身でまつのではなく、転職者側から積極的に求人の提案を転職エージェントに依頼してみましょう。

転職エージェントは一人で何人も対応し、忙殺されています。

新しい人を対応しているうちに単に忘れてしまうこともあります。

定期的に積極的に提案依頼をすることで求人を紹介してもらえるでしょう。

また積極的な人の方が

「この人は転職する気があるのだな。早く転職するかも。」

と思ってもらえます。

もし転職エージェントに見捨てられても他の転職エージェントを使えばOK

もし転職エージェントに見捨てられても他の転職エージェントを使えばOKです。

転職の可否を決定するのは企業の採用担当者であり転職エージェントはありません。

転職エージェントは数十以上あるため、1サービスにこだわる必要はないのです。

参考:人材紹介会社を何社利用していますか?|ワークポート

また、ノルマに追われて高年収で早く転職する人を効率よく支援する転職エージェントは転職者にとって良いサービスとはいえません。

一生を左右する重要な転職において余裕のない転職エージェントに見捨てられることは「かえってラッキーだったかも知れない」と筆者はいまでも思っています。

転職エージェントに見捨てられたおかげで他の転職エージェントを活用でき、筆者はベンチャー企業の人事部から再度、大企業の人事部に転職することができました。

次は、面倒見良く転職サポートしてもらえる転職エージェントについて解説します。

面倒見よくサポートしてもらえるおすすめの転職エージェント6つ

面倒見よくサポートしてもらえるおすすめ転職エージェント

面倒見良くサポートしてもらえるおすすめの転職エージェントとして、以下の6つがあります。

  • 20代でキャリアに自身がない方は、いい就職ドットコムがおすすめ
  • 未経験OKの求人探しならワークポートがおすすめ
  • 求人にこだわりたい方は業界最大手のリクルートエージェントがおすすめ
  • 大企業や有名メーカーを希望ならマイナビエージェントがおすすめ
  • 大阪の転職ならdodaがおすすめ
  • 年収600万円以上のハイキャリアならJACリクルートメントがおすすめ

それぞれについて解説します。

20代でキャリアに自身がない方は、いい就職ドットコムがおすすめ

20代でキャリアに自信がない方には筆者は「いい就職ドットコム」を強くおすすめします。

筆者は採用担当者として「いい就職ドットコム」を活用させていただきましたが、第二新卒者や既卒者の方を中心に非常に企業研究などをしっかりとした応募者の方が来てくれました。

それだけキャリアが短い転職希望者が内定を取れるようにサポートしているということです。

また、内定後も定期的に転職エージェントの担当者の方が様子を見に来るなど非常に面倒見がよいとも感じました。

おすすめの転職エージェントです。

いい就職ドットコム
求人数
5,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代

年収

400万円~600万円

  • 新卒・既卒・第二新卒の就職支援に特化した転職エージェント
  • 未経験であっても意欲の高い若者を採用し、しっかりと育てていきたいと考える企業の求人が多数
  • 就職アドバイザーが働く環境や待遇面などをチェックしているので安心
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

未経験OKの求人探しならワークポートがおすすめ

未経験OKの求人探しならワークポートがおすすめです。

もともとはIT系企業やIT系職種の転職支援をしていましたが現在では総合型の転職エージェントに生まれ変わっています。

未経験から営業職や管理部門系職種などに転職したい、という方には非常におすすめの転職エージェントです。

IT系にも強いためIT業界に転職したい方は必ず相談すべき転職エージェントでしょう。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

求人にこだわりたい方は業界最大手のリクルートエージェントがおすすめ

求人にこだわりたい方には業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

特に営業職で転職したいという方には非常に向いています。

筆者もかつてリクルートエージェントを活用していましたが、営業職求人の多さは目を見張るものがありました。

ただし、電話連絡を受け損なうなどするといきなりサポート終了を通達してくることもあるため、注意は必要です。

豆に連絡を取るようにするなどしましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

大企業や有名メーカーを希望ならマイナビエージェントがおすすめ

大企業や有名メーカーを希望ならマイナビエージェントがおすすめです。

大企業や有名メーカーの求人を持っているだけではなく親身になって自分に合った求人を紹介してくれるためです。

筆者がかつて転職活動をしていた際も「関西ではあまり人事求人がないので紹介できない」と言われていた中でも人事部の求人を紹介してもらうことができました。

幅広く提案をしてくれるため非常におすすめです。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

大阪の転職ならdodaがおすすめ

大阪の転職なら迷わずdodaを活用しましょう。

dodaは大阪資本の企業と独特の信頼関係を築き求人が豊富なためです。

筆者が大阪資本の企業で採用担当者を務めていた際にもかなり重宝しました。

doda
求人数
11万件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円以上

  • 幅広い業種・職種に向けて、良質な求人を紹介してもらえる総合転職エージェント
  • 保有する求人は約10万件と業界トップクラスの求人数を保有
  • 特に大阪・関西在住者の方におすすめ!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

年収600万円以上のハイキャリアならJACリクルートメントがおすすめ

JACリクルートメント

引用元:JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)公式サイト

年収600万円以上のハイキャリアならJACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメントは大手企業や外資系の求人紹介がメインとなっているため年収アップも実現できる可能性があります。

転職エージェント自身も非常に紳士的でガツガツした方は少ないので不安感なく活用できます。

筆者も利用したことがありますが、良い求人が見つかるとその都度、紹介してもらうことができ非常に助かりました。

年収600万円を超える転職を検討している方はぜひ利用していただきたいサービスです。

JACリクルートメント
求人数
15,000件(60%が非公開求人)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

30代40代50代

年収

600万円~2000万円

  • 一人一人の専門性や可能性、希望を最大限配慮したポジションを提案
  • 外資系・海外進出企業など、グローバル転職の支援に強み
  • 業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルがあなたをサポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

まとめ

転職エージェントに見捨てられることは本当にあります。

筆者もかつて2回ほど転職エージェントからの電話をとれなかっただけでサポート終了を通告されたことがあります。

他にも転職エージェントに見捨てられた状態とは、以下のような状態も含めます。

  • 状態1:転職エージェントからの連絡がない
  • 状態2:提案される求人が少ない

転職エージェントに転職希望者が見捨てられる現象が起こる原因として、人材ビジネスの仕組みが原因となっています。

転職エージェントには見捨てられないためのコツとして、以下の7つがあります。

  • コツ1:返信は可能な限り早くする
  • コツ2:電話にはできるだけ出る
  • コツ3:提案された中から1つでも求人に応募する
  • コツ4:求人選びの基準を明確に
  • コツ5:提案される求人が少ない場合は条件を緩める
  • コツ6:謙虚な姿勢が大切
  • コツ7:積極的に転職エージェントに提案を依頼する

面倒見良くサポートしてもらえるおすすめの転職エージェントとして、以下の6つがあります。

  • 20代でキャリアに自身がない方は「いい就職ドットコム」がおすすめ
  • 未経験OKの求人探しならワークポートがおすすめ
  • 求人にこだわりたい方は業界最大手のリクルートエージェントがおすすめ
  • 大企業や有名メーカーを希望ならマイナビエージェントがおすすめ
  • 大阪の転職ならdodaがおすすめ
  • 年収600万円以上のハイキャリアならJACリクルートメントがおすすめ

転職エージェントに見捨てられたとしても他の転職エージェントを活用すれば問題ありません。

あまり気にせず複数登録して転職活動を継続するようにしましょう。

関連記事