転職エージェントとの面談時の服装はスーツの必要がある?私服でNGな服装とその理由

公開日: / 更新日:

転職エージェントとの面談の服装は?

転職エージェントとの面談にあたり

「転職エージェントと面談する服装は何がいいの?スーツじゃないといけないの?」

「転職エージェントとの面談にジーパンでも大丈夫?私服はだめ?」

と気になりませんか?

転職エージェントと面談する服装は何がいいの?スーツじゃないといけないの?

結論からお伝えすると転職エージェントと面談では可能な限り面接時に近い服装がおすすめです。

なぜなら転職エージェントは常識的な人物から優先して職業紹介を行う傾向にあるためです。

転職エージェントは紹介した人物が企業に採用されて売上が発生しています。

そのためカジュアルな私服の場合、「この人、内定がでなさそう」と判断されて担当者からの転職サポートにおいて手を抜かれる可能性があります。

この記事を読めば、

  • 転職エージェントとの面談時の服装を何にすれば良いか?
  • 服装の重要性

を理解することができ面談に適した服装を選ぶことができます。

転職エージェントとの面談時の服装について気になっている方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。

転職エージェントとの面談の服装はスーツを着用する必要ある?

転職エージェントとの面談時にスーツを着用することは必須ではありません。

引用:転職エージェントの担当者との面談時の服装 |リクルートエージェント

ですが転職エージェントとの初回面談時には服装はスーツを着用するのが無難です。

最近では「見た目で人を評価しない」という傾向はありますが、そういった方が全てではありませんし、どうしても初見でイメージを持ってしまうものです。

実際、転職エージェントの収入源は企業からの紹介料です。

企業に紹介者が採用されて初めて転職エージェントは収入を得ます。

服装から「この人はスムーズに内定がでず苦労しそうな人だ」と判断されると転職支援も弱くなる可能性があります。

服装の見た目で損をせず転職エージェントから最大限のサポートをしてもらうためにもできる限りフォーマルな服装をおすすめします。

必ずスーツである必要はありません。

夏はクールビズで問題ありません。

オフィスカジュアルで可能な限りフォーマルさを出しましょう。

キャリアカウンセリングや模擬面接もオフィスカジュアルが無難

初回面談以降のキャリアカウンセリングや模擬面接の服装もオフィスカジュアルが無難です。

面接本番時に近い服装で模擬面接を受けることでより緊張感をもって面接対策をすることができるためです。

特に本番とスーツの服装にすることで

  • ネクタイのゆがみ
  • 靴の汚れ、靴紐のゆるみ
  • 肩のフケ
  • 背広のシワ
  • 時計の有無

などなど、気になる点を率直に指摘してもらえます。

筆者は何度も面接をしており特に服装に関してそれほど気にしてはおりませんでしたが、肩のフケだけはどうしても気になりました。

事前にはらっておけば良いだけなのですが、それに気づいていないとなると

「客観的な視点を持てない方なのかな」と勘ぐってしまいます。

キャリアカウンセリングや模擬面接でも可能であればオフィスカジュアルや本番同様のスーツがより良いです。

次はジーンズに対する印象について解説します。

転職エージェントの面談でジーパンの服装は大丈夫?

転職エージェントの面談時に「ジーパンは大丈夫?」と気になりませんか。

結論からお伝えすると面談でのジーンズは避けましょう。

やはり印象の良し悪しが影響します。

筆者が採用担当者として転職エージェントと会話していたとき

「ジーンズはあまり良い印象がないですよね。アルバイトの面接のような感覚になってしまって」

といったやりとりがありました。

採用担当者である筆者も同感です。

ジーンズではなくスラックスなどビジネス向きの服装をした方が印象は良く、その後のサポートの手厚さも変わってくるでしょう。

ところで最近ではWeb面談・オンライン面談が流行ってきました。

次ではオンライン面談で好まれる服装について解説します。

オンライン面談でも襟付きの服装がおすすめ

オンライン面談では襟付きの服装を選ぶようにしましょう。

オンラインで友人同士でもないのにTシャツや派手なガラのシャツを着てしまうと

「ちょっと変わった人なのかな」と思われる可能性があるためです。

常識的な恰好を心がけてオンライン面談に挑むようにしましょう。

また、映り込むものにも配慮しましょう。

筆者は面接にも関わらずマクドナルドのドリンクを飲む方がいて絶句した経験があります

サンダルや短パンなどは絶対NG!

サンダルや短パンなどの服装はNGです。

ビジネスの場にサンダルや短パンはNGです。

例え服装が自由なベンチャー企業であっても上場をしているようなきちんとした会社であればサンダル・短パンをNGにして会社が多くあります。

特に転職エージェントが入居するビルは一等地のためビルの規定でラフな格好を制限しているところもあります。

そのような場に短パンやサンダルで相談は相応しくありません。

服装で損することがないように気を付けてください。

女性は派手な髪型やネイル、アクセサリーにご注意を

女性は派手な髪型やネイル、アクセサリーに注意するようにしてください。

本人は気にされていない方が多いようですが、派手なネイルや髪型、アクセサリーをされている方がいます。

転職エージェントでは企業の社風も把握しているため、社風に合わない格好の場合、その求人は紹介されません。

アパレル業界などの特定の業界以外は派手なファッションを好む企業はあまり存在していません。

選択肢は多いことに越したことがありませんのでビジネスに合わせた格好にすることをおすすめします。

次は、面談におすすめの服装を画像と共に紹介していきます。

面談におすすめの服装

「結局、面談に行っても問題ない服装ってどんな服装なのかな」と気になりませんか。

採用担当者を約10年経験した筆者的にはできれば冬場はスーツ、夏場はノンネクタイが好ましいと感じています

面談におすすめの服装として男女それぞれ3つの服装を紹介します。

男性編

男性の面談はオフィスカジュアルな服装を選びましょう。

男性の服装

引用:転職エージェントとの面談って?現役転職エージェントが服装から準備まで気になることに回答!|求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ

男性の面談におすすめの服装を3着紹介します。

1枚目は無難なスーツスタイルの服装です。

真夏などを除けば基本的にはスーツを選択するようにしましょう。

最も悪い印象がなく誠実な印象になります

参考:スーツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AOKI(@aoki_official2016)がシェアした投稿

2枚目はノンネクタイのスタイルです。

真夏などでネクタイをするのが苦しい季節にはネクタイをする必要はありません。

ただ、企業との面接時にはネクタイをする方が良いでしょう。

参考:ノンネクタイ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AOKI(@aoki_official2016)がシェアした投稿

3枚目はオンライン向けの服装です。

家でジャケットを羽織るのが嫌だな、という方はラフすぎない恰好を心がけるようにしましょう

家で着用するので硬い素材よりも柔らかい服の方がリラックスできます。

参考:オンライン向け

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AOKI(@aoki_official2016)がシェアした投稿

次は、面談時の服装の女性編です。

女性編

女性の面談の場合も華美でないオフィスカジュアルが基本です。

女性の服装

引用:転職エージェントとの面談って?現役転職エージェントが服装から準備まで気になることに回答!|求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ

女性の面談におすすめの服装を3着紹介します。

1枚目の画像ではオフィスカジュアルを紹介しています。

アクセサリー等も派手過ぎず清潔感があります

参考:オフィスカジュアル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AOKI(@aoki_official2016)がシェアした投稿

2枚目の画像はスーツです。

ビジネス向きの服装であり、転職エージェントとの面談だけではなく実際の面接時も活用できる便利な服装です。

参考:スーツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AOKI(@aoki_official2016)がシェアした投稿

3枚目は夏場に活用できる服装です。

夏場は暑いため、少しラフな格好でも問題ありません

参考:夏場

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AOKI(@aoki_official2016)がシェアした投稿

カバンはA4書類を入れやすいものがおすすめ

転職エージェントとの面談時にA4書類を入れやすいサイズのカバンがおすすめします。

初回面談時には転職エージェントのパンフレットや個人情報に関する同意書、紹介求人の資料を渡されることが多いためです。

受け取った書類を収納できるカバンを選ぶようにしましょう

面談時には転職目的を明確にしておくと効果的

面談時には転職目的を出来る限り明確にしておくようにしましょう。

面談時に服装に気を遣うことは悪いことではありませんが、転職目的を明確に出来ていないとうまく求人紹介を受けられない可能性があるためです。

何のために転職するのかを明確にして初回面談に挑むようにしましょう。

まとめ

今回は、転職エージェントとの面談時の服装について解説しました。

特に本文中でも紹介しましたが迷ったらスーツを選びましょう。

転職エージェントは常識的で内定が出やすい人材を優先して紹介するためです。

夏場など暑い季節にはクールビズなどを選んで問題ありません。

参考文献

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。