おすすめ転職エージェント

転職エージェントの使い方や流れを全解説!賢く使い失敗しないコツとは?

更新日:

初めての転職エージェントの利用で

「転職エージェントの使い方を知りたい。どんな流れなの?」

「転職エージェントの賢い使い方があれば知りたい。好待遇な求人を紹介してもらえる裏技はないの?」

「はじめての転職でも相談しやすい転職エージェントを知りたい」

と考えていませんか?

転職に不慣れな方は分からないことだらけだと思いますがご安心ください。

転職エージェントに登録すれば、案内に沿って進めていくだけで転職活動ができます。

ただし、転職エージェントの求人にも抜け漏れがあったり担当者の相性や当たり外れがあるため注意も必要です。

このようなデメリットを避けて転職エージェントを賢く使う方法は複数のエージェントに登録 がおすすめです。

転職を検討しはじめたら3サービスは利用しましょう。

転職に失敗する方は頼らずに独りよがりに進める方に多い傾向です。

この記事を読めば、転職エージェントの上手な使い方や転職の流れを理解できます。

転職エージェントの使い方で悩んでいる方はぜひ、最後まで読んでいってください。

Contents

転職の成功に必要な情報収集には転職エージェントが必要不可欠

転職の成功には転職エージェントが必要不可欠となります。

転職エージェントは転職をする上で重要な情報を保有し、転職者に無料で提供したりサポートをしてもらえるためです。

例えば自分の強みを知らなければ適正がなくストレスフルな仕事に生涯就く可能性があります。

また、業界を知らなければ斜陽産業や離職率の高い業界でずっと苦しみながら働く可能性があります。

企業を知らなければ企業の価値観とマッチしなかったりブラック企業につかまる可能性があるなど、今後のキャリアに大きな影響が出る可能性もあります。

転職活動は情報収集が重要であり、怠るとのちのキャリア形成に大きなダメージが出るということです。

そのため転職の検討段階から積極的に転職エージェントを利用することで転職が成功しやすくなります。

では、転職エージェントを使うにあたって目的を整理していきましょう。

転職エージェントの利用目的は4つ

転職エージェント選びや効果的な利用のためにここで目的を確認しておきましょう。

転職エージェントの利用目的は以下の4つです。

  • 目的1:転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらう
  • 目的2:転職エージェントに業界や企業の特徴・内部事情を教えてもらう
  • 目的3:内定が出やすいように書類・面接の対策をしてもらう
  • 目的4:年収や入社時期の交渉をしてもらう

それぞれについて解説します。

目的1:転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらう

転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらうことができます。

転職エージェントは膨大な数の転職支援に携わっており、自己分析手法や適職診断のデータを蓄積しているためです。

あなたの強みや弱み、価値観を加味しておすすめの職種を紹介してくれます。

さらにどの業界に転職すると今後のキャリア形成に有利なのかも相談できます。

「どんなスキルや経歴があると年収が上がりますか?」など積極的に相談してキャリアップを検討してみましょう。

目的2:転職エージェントに業界や企業の特徴・内部事情を教えてもらう

転職エージェントは業界の動向や企業の内部事情に精通しています。

企業が求める人物像は言語化しづらいため転職エージェントは何度も企業に出向き、企業が求める人物像の理解や募集の背景をヒアリングしているためです。

売上・利益が伸びて採用が活発な業界もあれば常に離職率の高い業界もあります。

企業についても新規事業の採用もあれば社内での派閥問題で離職から採用することもあります。

このような業界情報や企業の内部情報は入社前に知ることは難しく、気軽に相談できるのは転職エージェントくらいしかありません。

気になる業界・企業があれば積極的に転職エージェントに相談し、入社後に

「こんなはずじゃなかった。転職に失敗してしまった」

ということがないよう活用しましょう。

目的3:内定が出やすいように書類・面接の対策をしてもらう

転職エージェントは日々、転職者の選考結果を目の当たりにしています。

そのため「通りやすい書類」と「通りにくい書類」の目利きがあり、相談することで書類選考の通過率も高くなります。

面接も同様です。

転職エージェントに模擬面接を通してよく聞かれる質問とその回答の仕方を教えてもらいましょう。

筆者は何人も面接をしてきましたが、面接対策をしていない転職者はやはり落ちやすい傾向にあります。

とくに志望動機や転職理由を中心的に対策することでグッと通過率が高くなります。

内定が出やすいように転職エージェントに書類・面接の対策をしてもらうようにしましょう。

目的4:年収や入社時期の交渉をしてもらう

転職エージェント経由で内定が出た場合、年収や入社時期の交渉をしてもらうことができます。

特に年収交渉の効果は絶大です。

言わなければ絶対に年収は上がらないためです。

そのときの理由も重要です。

転職者が交渉すると客観的な説明は難しいですし、入社前からあまり込み入った話はしたくないでしょう。

ですが転職エージェントであれば転職市場の相場から客観的に年収交渉をしてもらえますし転職者本人が交渉するわけではないため良好な人間関係の状態で転職日を迎えられます。

転職エージェントを活用してぜひ年収を始めとした交渉をしてもらいましょう。

次は、具体的な転職エージェントの賢い使い方について解説します。

具体的な転職エージェントの賢い使い方

具体的な転職エージェントの賢い使い方として、以下の6STEPがあります。

  • STEP1:転職の検討段階から転職エージェントを利用する
  • STEP2:転職エージェントと面談し自己分析や適職のアドバイスや具体的な求人紹介をしてもらう
  • STEP3:転職エージェント経由で求人に応募しよう
  • STEP4:転職エージェントから面接対策を受けよう
  • STEP5:転職エージェントから面接後のフィードバックをもらおう
  • STEP6:内定がでたら給与や入社日の交渉をしてもらおう

それぞれについて解説します。

STEP1:転職の検討段階から転職エージェントを利用する

何はともあれ転職の検討段階から積極的に転職エージェントを利用することが賢い使い方です。

なぜなら転職の成功には情報収集が必要不可欠であり、転職エージェントなしで収集するのはほぼ不可能なためです。

自分の強み・弱み、働き方などの認識やそれを活かせる企業、その企業の今後の業界動向など知っておかなければ中長期で苦労することになります。

転職エージェントに相談することで客観的なアドバイスをもらえ、転職の方向性が決まってきます。

転職エージェントは検討段階の相談を歓迎していますので遠慮する必要もありません。

転職初期の段階で相談をするようにしましょう。

ポイント:転職エージェントは3サービスの複数利用がおすすめ

転職エージェンの注意点

重要なポイントとして、転職エージェントは3サービスの複数利用がおすすめです。

1サービスだけの利用はどうしても

  • 求人が網羅されていない
  • 提案力が低い担当者が当たる可能性がある
  • 客観性がなく強引な求人紹介を知らずに受ける可能性がある
  • 相性が悪い担当者にあたり相談しづらい

といったリスクがあるためです。

そのため最低3サービスは利用しておきましょう。

おすすめは

  • マイナビエージェント
  • リクナビエージェント
  • ワークポート

です。

マイナビエージェント・リクルートエージェントは規模が大きく総合的に求人を探しやすく、ワークポートはIT系求人や未経験職種が豊富です。

転職エージェントのおすすめは「転職エージェントのおすすめはどこ?裏事情を知る人事が選び方を伝授」も合わせてご覧ください。

転職エージェントのおすすめはどこ?裏事情を知る人事が選び方を伝授

あなたは多数ある転職エージェントに対して 「転職エージェントでおすすめはどこ?評判の良いところを知りたい」 「転職エージェントを比較して選びたい。どうやって比較するの?」 「転職エージェントってなに? ...

続きを見る

STEP2:転職エージェントと面談し自己分析や適職のアドバイスや具体的な求人紹介をしてもらう

転職エージェントと面談し、

  • 自己分析のサーポート
  • 適職の提案
  • 具体的な求人紹介

をしてもらいましょう。

自己分析や適職は意外で気付ける人は少ないです。

人と話すことで、気づきを得る経験はありませんか?

転職エージェントと対話することで気づきも出ますし、アドバイスももらえ、適職への理解も深まります。

ポイントは事前に履歴書や職務経歴書を用意することです。

履歴書や職務経歴書に書かれた内容からより具体的にアドバイスをもらえるためです。

もし、書類の書き方が分からなくてもエージェントがテンプレートの提供や記載内容の添削をしてくれます。

まずは完成度にこだわらず書類を記載してみましょう。

面談は電話面談などもありますが実際に担当者に会う方がおすすめです。

Web面談や電話面談では双方の人柄や細かな温度感が伝わらず、転職エージェントのサポートも甘くなる傾向にあるためです。

ポイント:面倒くさくても複数の転職エージェントと面談しよう

面倒くさくても複数の転職エージェントと面談するようにしましょう。

一度、しっかりと対話することで複数の転職エージェントからサポートを受けられます。

転職エージェントにも強み・弱みがあるため、複数利用することで最大の効果を得られやすくなります。

最初は面倒くさいでしょうが後から大きく影響してくるため、複数のエージェントと面談しておくことが成功のコツとなります。

STEP3:転職エージェント経由で求人に応募しよう

転職エージェント経由で求人に応募していきましょう。

転職エージェント経由で応募すると企業に推薦文をかいて提案してもらえます。

評判の良い転職エージェント経由の場合は、それだけで書類選考がグッと通過しやすくなることもあります。

特に転職エージェントが懇意にしている企業の場合は「ここに紹介してもらった人材は良い人材が多いな」という印象があり、内定までがスムーズになることもあり得ます。

内定が出た後は年収などの待遇の交渉もしてもらえます。

転職エージェント経由での応募の方がメリットが多くあることを理解しておきましょう。

STEP4:転職エージェントから面接対策を受けよう

求人応募をし、面接日程が決定したら転職エージェントから面接対策を受けるようにしましょう。

面接対策を受けておくとぶっつけ本番での面接でうまく話せないという事態を避けることができるためです。

話し方や自己PR・志望動機の話し方やうまく伝わっているかどうかを含めてアドバイスをもらえます。

とくに「志望動機」の対策をしっかりとするだけで面接の印象が大きく変わります。

志望動機だけは最低限の対策をしましょう。

STEP5:転職エージェントから面接後のフィードバックをもらおう

面接をすると転職エージェントから面接後のフィードバックをもらえます。

直接応募では採用担当者もフィードバックしづらいため聞き出しにくいですが転職エージェントを経由することでフィードバックしてもらいやすくなります。

その結果

「意欲が高いことが分かったが、具体性がなくて評価できなかった」

など次回の面接に役に立つアドバイスがもらえ、面接の通過率がどんどん上がるようになるでしょう。

STEP6:内定がでたら給与や入社日の交渉をしてもらおう

内定がでたら給与や入社日の交渉をしてもらうようにしましょう。

入社日は出来るだけ内定先の都合に合わせた方が良いですが、給与について納得ができていない場合には必ず一度は交渉してもらうようにしましょう。

転職エージェントでは転職市場の「相場」を把握しているため客観的に交渉してもらえ、スムーズです。

出来る限り納得のいく条件を引き出せるようにしましょう。

転職エージェントは早く利用するほど有利

上述のとおり転職エージェントは早く利用するほど有利となります。

意中の求人情報を見逃す可能性が減りますし、自己分析が深く進むことで転職理由や志望動機が磨かれていくためです。

転職は若いほど有利です。

現職でスキル・経験がつかない場合は年齢を重ねるだけ不利になります。

もし「3年後には転職したい」など考えている場合は早く転職エージェントを使って有利に進める環境をつくっていきましょう。

ところで「どの転職エージェントがおすすめなの?」と気になっていませんか。

次は、おすすめの転職エージェント3つについて解説します。

おすすめの転職エージェント3つ

おすすめの転職エージェントとして、以下の3つがあります。

  • おすすめ1:マイナビエージェント
  • おすすめ2:リクルートエージェント
  • おすすめ3:ワークポート

それぞれについて解説します。

おすすめ1:マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手マイナビ傘下のグループ企業です。

新卒採用でマイナビを活用した企業がそのまま依頼するパターンも多く、優良企業やメーカーが多く求人を出しています。

知名度を活かして優良企業求人を集めており、転職初心者にもおすすめです。

>マイナビエージェントはこちら

おすすめ2:リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルート傘下の国内最大級の転職エージェントです。

特に営業職の求人に強みがあります。

リクルート自体が非常に有名であり、リクルートが運営しているのでとりあえず求人を出してみようかと出す企業も多いです。

そのため、ベンチャー企業から大手企業まで様々な業種が求人を出しています。

>リクルートエージェントはこちら

おすすめ3:ワークポート

ワークポートはもともとはIT系企業に強い転職エージェントでした。

現在でもIT系企業の転職支援に強みがあるのですが、営業職求人や人事・総務・経理・法務などの管理部門系職種の求人にも力を入れています。

20代の転職支援にも強く、未経験で様々な仕事に挑戦してみたいという方はぜひ、登録してみてくださいね。

>ワークポートはこちら

まとめ

転職エージェントの上手な使い方としては早めに登録をし、複数活用することです。

転職の成功に必要な情報収集には転職エージェントが必要不可欠となります。

転職エージェントの利用目的は以下の4つです。

  • 目的1:転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらう
  • 目的2:転職エージェントに業界や企業の特徴・内部事情を教えてもらう
  • 目的3:内定が出やすいように書類・面接の対策をしてもらう
  • 目的4:年収や入社時期の交渉をしてもらう

具体的な転職エージェントの賢い使い方として、以下の6STEPがあります。

  • STEP1:転職の検討段階から転職エージェントを利用する
  • STEP2:転職エージェントと面談し自己分析や適職のアドバイスや具体的な求人紹介をしてもらう
  • STEP3:転職エージェント経由で求人に応募しよう
  • STEP4:転職エージェントから面接対策を受けよう
  • STEP5:転職エージェントから面接後のフィードバックをもらおう
  • STEP6:内定がでたら給与や入社日の交渉をしてもらおう

おすすめの転職エージェントとして、以下の3つがあります。

早めに転職エージェントを活用して転職活動を有利に進めるようにしましょう。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-おすすめ転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職