就活エージェントおすすめ6選|採用担当が教える本当におすすめな就活エージェントとは

公開日: / 更新日:

おすすめ 就活エージェント

おすすめの就活エージェントを探すにあたり

就活エージェントとは何?デメリットはないの?

おすすめの就活エージェントを知りたいどこが評判良いの?」

「就活エージェントを利用すると本当に有利なの?」

と気になりませんか。

就活エージェントとは何?デメリットはないの?

筆者は10年ほど新卒採用の担当者を経験し、採用担当者の立場から新卒エージェントを利用してきました。

その経験からお伝えすると就活エージェントは夏になっても内定が出ていない人におすすめです。

就活のやり方が根本的に間違っている可能性があるためです。

実際、書類選考や面接の対策をしている人とそうでない人の差は激しいです。

この記事では

  • 就活エージェントメリットやデメリット
  • おすすめの就活エージェント

を紹介していきます。

どの就活エージェントを活用するか悩んでいる方はぜひ、最後までご覧ください。

就活エージェントとは

就活エージェントとは、個別に就活をサポートする無料サービスとなっており、求人サイトよりも手厚いサポートを受けることが可能です。

就活サイトは自分自身で求人探しを行いエントリーして面接までたどり着くサービスですが、就活エージェントは自分に合った求人探しも行ってもらえます。

さらに書類選考や面接の対策をしてもらえるため、コツをつかめば通過率も大きくアップするでしょう。

就活サイトと就活エージェントの違い

就活サイトと就活エージェントの大きな違いは担当者が付く点です。

そのため、個別に下記の3つのサポートが受けられます。

  • 求人選びのサポートが受けられる
  • 書類選考対策のサポートが受けられる
  • 面接対策のサポートが受けられる

これらのサポートを無料で受けることができるため、求人選びに困っている方やスムーズに内定取れない方は積極的に利用を検討しましょう。

就活サイトと就活エージェントの比較表

比較項目就活エージェント求人サイト
費用無料無料
求人数
求人選びサポートー:なし
書類選考対策サポートー:なし
面接対策サポート―:なし
就活期間○:短くなる傾向

就活エージェントのサポートを受けることによってスムーズに就活が進むことが最大のポイントとなります。

例えば書類選考対策では企業ごとに異なるエントリーシートの対策を立てることができ心強いでしょう。

また、面接対策サポートの中には、企業に落ちた理由を知ることができるなどの特典があります。

就活サイトだけでは対策を立てられなかった部分の対策を立てることが可能です。

就活エージェントおすすめ6選

就活エージェントには就職支援業界の老舗である

  • マイナビ
  • doda
  • リクルート

が展開しているものから新興企業まで様々なエージェントがあります。

筆者がおすすめしたいのは、大手の就活エージェントと、少し知名度の低い就活エージェントを併用することです。

大手の就活エージェントでは求人数が多く事例も豊富です。

一方で知名度の低い就活エージェントであっても独自の求人を確保しており、丁寧にサポートしてもらえる可能性があります。

採用担当者歴10年の筆者がおすすめする就活エージェントは、以下の6つです。

  • キャリアチケット
  • マイナビ新卒紹介
  • doda新卒エージェント
  • リクナビ就活エージェント
  • キャリアスタート
  • キャリタス就活エージェント

それぞれについて解説します。

キャリアチケット

キャリアチケットはレバレジーズという就職支援会社を運営する企業が経営しています。

レバレジーズはハタラクティブなど若者向けの転職エージェントでの実績があり、キャリアチケットにおいても新卒という若手に向けたキャリア支援を強みとしています。

自分に合った企業を紹介してもらえるため、便利であるだけではなく最短2週間で内定をゲットした就活生もいるほどです。

ぜひ、登録してみましょう。

>キャリアチケットの無料登録はこちら

マイナビ新卒紹介

マイナビ新卒紹介はマイナビグループが展開する新卒に特化した就活エージェントです。

専属のキャリアアドバイザーが担当者としてついてくれるため、キャリアカウンセリングを通して自分に合った企業の紹介などをしてくれます。

また、登録しなければ紹介してもらえない非公開求人もあります。

マイナビ新卒紹介で、自分に合った企業を探しましょう。

>マイナビ新卒紹介の無料登録はこちら

doda新卒エージェント

doda新卒エージェントはリクルートに次ぐ老舗企業であるインテリジェンスの運営する就活エージェントです。

登録すると専属のキャリアアドバイザーが付くため、キャリアカウンリングを通して自分に合った企業を紹介してもらえます。

また、5,000社以上の登録企業がおり、求人量が豊富です。

面接の合否の結果だけではなくどこが良くなかったのかを教えてくれるため面接対策が可能です。

エントリーシート不要の求人も用意されており、最短1週間で内定を獲得することも可能となっています。

早く内定を獲得して安心したい人はぜひ登録してみましょう。

>doda新卒エージェントはこちら

リクナビ就職エージェント

リクナビ就職エージェントは、リクルートが運営する就活エージェントです。

業界最大手のリクルートが運営するサービスだけあって大手企業の求人紹介にも期待感が持てます。

求人数も多いですし事例も豊富です。

リクナビやマイナビだけではなかなか内定が出ない方はぜひ、活用してみましょう。

>リクナビ就職エージェントの無料登録はこちら

キャリアスタート

キャリアスタートは新卒・第二新卒などの若手に特化した就職支援を行っている就活エージェントです。

若手の就職支援に強く、新卒や第二新卒の就職支援実績は1万名を超えています。

また、キャリアカウンセリングを通して個々人の価値観や強みなどを引き出すことに重きを置いており、希望に沿った求人紹介を受けることができるでしょう。

若手の支援に強い就活エージェントのため、ぜひ登録してみましょう。

>キャリアスタートの無料登録はこちら

キャリタス就活エージェント

キャリタス就活エージェントは、新卒の学生に特化した就活エージェントです。

メリットとして以下の3点があります。

  • 優良企業求人の紹介(独自の基準で優良企業認定を実施)
  • キャリアカウンセリング
  • 就活の効率アップ(履歴書登録1枚のみで複数企業を受けることが可能)

過度に人事側に偏ったアドバイスではなく、応募者本人のためにアドバイスをしてくれます。

新卒の就活で悩んでいる方はぜひ、登録してみましょう。

>キャリタス就活エージェントの無料登録はこちら

就活エージェントはいつから使うべき?

いつから就活エージェントを使うか悩むかもしれませんが利用のタイミングとしては、

  • 就活に困った段階
  • 就活を開始して間もない

という2種類のタイミングがあります。

筆者のおすすめの活用法としては、就活の最初に1社に登録してカウンセリングを受ける方法がおすすめです。

求人の選び方や履歴書やエントリーシートの書き方など参考になることが多くあり、スムーズに就職活動が晋ためです。

就活エージェントの裏側

とても親切に感じる就活エージェントですが、「なぜ無料でサポートしてくれるのだろう?怪しい・・・」と感じる人もいると思います。

このように怪しいと感じる就活エージェントの裏側には、中小企業を紹介したいという就活エージェントの思惑があります。

中小企業は知名度の低さから新卒の応募が少なく採用に困っています。

そのため就活エージェントの担当者を通して中小企業の紹介をしているという裏側があります。

もし大手企業を希望する場合は面談時にしっかりと伝えましょう。

就活エージェントの思惑があるものの、就活サポートはとても強力であるため賢く使うことがおすすめです。

次は、就活エージェントのデメリットについて深堀りしていきます。

就活エージェントのデメリット3個

就活サイトと比較すると、就活エージェントは担当者がつくためそれに応じたデメリットが発生します。

具体的には以下のデメリットがあります。

  • 相性の悪い担当者になる可能性がある
  • 取り扱い求人数が少ない
  • 強引で「うざい」と思うケースがある

それぞれについて解説します。

相性の悪い担当者になる可能性がある

就活エージェントには担当者が付き、アドバイスをしてもらうことになります。

そのため、相性の悪い人が担当者になってしまう可能性があります。

このデメリットは避けることができないため、もし相性の悪い人が担当者になってしまった場合には、

  • 他の担当者に変えてもらうよう依頼する
  • 複数の就活エージェントを利用する

などの対策をとりましょう。

就活サイトとは異なり、人間関係に気を使う必要性がある点がデメリットとなります。

取り扱い求人数が少ない

就活サイトと比較すると、就活エージェントは取扱求人数が少ない傾向にあります。

就活サイトと比べると就活エージェントは費用が高いためです。

就活サイトは企業側が1年間いくらという単位で契約をしてお金を支払いますが、就活エージェントでは内定者1人単位でお金を支払う形式になっています。

具体的には下記のように費用がかかります。

  • 就活サイトは通年で約100万円。何人採用しても同じ値段
  • 就活エージェントの相場は1人85万円から100万円。採用した人数分、費用がかかる

費用が高いため利用する企業も少いということが就活エージェントのデメリットとなります。

そのため、就活エージェントで就活テクニックを学び就活サイトも併用して就活することがおすすめです。

強引で「うざい」と思うケースがある

就活エージェントはサポートした方が内定を得ることによって内定先の企業から売上が入ってきます。

そのため売上を上げるため強引で「うざい」と思うようなゴリ押しで面接に進めるケースもあります。

内定者が出なければ売上がないため仕方ない側面がありますが、もし過度なゴリ押しをされたら担当者変更を依頼しましょう。

担当者の顔色をみて応募する必要は全くありません。

興味のない求人は遠慮なく断りましょう。

デメリットの解消には複数エージェントの利用が必須

デメリットの解消には複数エージェントの利用が必須となります。

なぜなら、複数の就活エージェントを利用することで合わない担当者や求人数不足をカバーできるためです。

また、新卒向けの就活エージェントは開始したばかりのサービスであり、特定の就活エージェントに求人を出すと決めている企業はありません。

複数利用することで

  • 質の良い求人確保
  • 複数の担当者のアドバイスを聞くことで客観的な評価がしやすい
  • 1サービスに依存することがなくなる

といったメリットにも繋がります。

就活を成功させたい方は必ず複数利用しましょう。

ところで就活エージェントを使うとどれくらい有利になるか気になりませんか?次で解説します。

企業の採用担当が教える就活エージェントの有利性

「就活エージェントを活用すると、どんな点で有利になることができるの」と気になりませんか。

就活エージェントを活用することによって、以下の点で他の就活生よりも優位に立つことが可能です。

  • 情報量
  • エントリーシートの精度
  • 面接での受け答えの精度アップ

上記は実は新卒の就活では少し出来るだけで大きな差になるものです。

例えば求人に関してネットで検索しても表面的な内容ばかりです。

一方で就職エージェントの担当者経由の情報は中身が濃く具体的な仕事への理解につながります。

そうすると、結果的に志望動機の内容が具体的で意欲的となり書類選考や面接の通過率が劇的に変わってくるのです。

さらに就活エージェントでは面接での質問の意図を教えてもらえます。

面接官が「どのような意図で質問をしているのか?」を知ることで的確な回答ができ、一度コツを覚えてしまえば面接の通過率は非常に高くなるでしょう。

このように「少しのこと」と感じるかもしれませんが就活においては大きく結果が変わる可能性があります。

次はどの就活エージェントがおすすめかを紹介していきます。

まとめ

この記事では就活エージェントについて解説しました。

就活サイトとは異なり、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることができ、履歴書の提出代行などを行ってくれます。

また、エントリーシートや履歴書作成のサポートを行ってくれます。

デメリットは性格的に合わない人が担当者になることがある点です。

そのため複数のサービスを利用することが就活を成功するポイントとなります。

おすすめの就活エージェントは以下のエージェントです。

  • キャリアチケット
  • マイナビ新卒紹介
  • doda新卒エージェント
  • リクナビ就活エージェント
  • キャリアスタート
  • キャリタス就活エージェント

就活でなかなか内定が出ない方やこれから就活だという方はぜひ、就活エージェントに登録しましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。