仕事辞めたい

「仕事が楽しくない。辞めたい」方は要注意!理由と対処法を人事が全解説

更新日:

「仕事が楽しくないから辞めたい。どうすればいいの?」

「仕事が楽しくないのは当たり前なの?やはり転職は避けたほうがいいの?」

「仕事が楽しくない理由はなに?知って改善したい」

と悩んでいませんか。

仕事が楽しくないと1日が長く、重たく感じますよね。

筆者は約10年間、人事を担当し社員のモチベーション調査において「仕事がつまらない」と愚痴る社員の悩みをヒアリングしてきました。

実は仕事が楽しくないということは良い精神鍛錬の機会でもあります。

楽しくない仕事を繰り返し行うことで、やりたい仕事像が明確化されていくためです。

頭からどっぷりと楽しくない仕事につかることである日突然、

「ああ、これがやりたかったことなんだ!」と気づかせてくれる瞬間に出会うことができます。

仕事が楽しくないからとすぐに辞めるのではなく、まずは冷静になって現状を見つめ直していきましょう。

この記事では「仕事が楽しくない」という悩みについての答えを見つけることができ安易な転職をせずに解決する方法が分かります

仕事をより充実にしたい方は必ず一読してください。

対処法が気になる方は「仕事が楽しくないときの対処法は5つ!まずは現状を理解する」こちらで詳しく説明しています。

仕事が楽しくないと感じても転職は最後の選択肢と心得よう

筆者は10年、人事を経験していますが

「仕事がつまらない」といって辞めていった人で良い結末を迎えた人を筆者はみたことがありません。

転職をする前に、まずは自社内で異動が出来ないかどうかを上司に相談してみましょう。

異動して配置転換をすれば新しい気分で仕事に打ち込むことができます。

転職はリスクが高いため今の企業内でリスクが低いことから試すようにしましょう。

もし今仕事が楽しくないと感じいたとしても、転職は最後の選択肢だと心得てください。

例えば隣の芝生は青く見えるという名言にもある通り、

会社を辞めてやりたい仕事についたが会社自体がブラック企業だったなどの事例が多々あるためです。

特にクリエイティブ系企業は多いです。

仕事は楽しいかも知れませんが待遇は極端に悪いという企業のオンパレードです。

楽しくない仕事に耐えることは無駄ではありません。

「楽しくない」という感情を見守りつつ、冷静に対応していけば解決方法は見つかります。

辛いことに耐えた経験があなたの人生を強くし、高待遇で自由度の高い仕事を呼び寄せてくれます。

コラム:仕事は楽しくない説は本当か?サラリーマン人生を何人も見送ってきた人事が語る

仕事が楽しくないのは、あなたがその職種でプロレベルに達していないからという可能性が非常に高いです。

言われたことだけをこなすアマチュアレベルの仕事では、なかなか仕事を楽しめません。

筆者も新卒で人事に配属されましたが、実は

「海外営業でヨーロッパ支店かアメリカ支店で仕事がしたい!」

と考えていたので思い切り落胆をしたことがあります。

そして仕事はつまらないルーチンワークばかりでした。

しかし経験が5年を超えたあたりから部署のリーダーを任されたり昇進したりとやりがいが出てきました。

実に1万時間程度の時間がかかりました。

年間休日115日の会社として、

※1万時間 = 1日8時間×250日(年間休日115日)×5年間

少し唐突かも知れませんが、マルコムグラッドウェル氏の提唱する1万時間の法則というものがあります。

参考:天才! 成功する人々の法則 | マルコム・グラッドウェル, 勝間 和代 |本 | 通販 | Amazon

ほとんどの人が同じ職種で仕事を1万時間以上努力すればプロレベルに達するという法則です。

つまり、あなたがいま楽しくない仕事であってもやり抜くことでプロレベルに達すれば楽しく仕事をできる可能性があります。

実力が完成していないのに転職をしてしまうよりも、まずは目の前の仕事を完璧にこなせるように努力してみて下さい。

それでも楽しくなければもっと待遇の良い会社にその経験を持って転職すれば良いです。

焦らないでください。

成功は焦らない人にやってきます。

地道にキャリアを積むという選択肢も悪くない選択です。

筆者が人事を勤めた大企業でも結局は長く勤務して耐えた人が取締役などに出世し思う存分権力をふるい、高い年収を得ています。

ところで「仕事が楽しくない原因が分からない」と悩んでいませんか。

この問題、1人で悩むのはNGです。

他の人の意見を聞いてみましょう。

次は、仕事が楽しくないときの対処法について解説します。

仕事が楽しくないときの対処法は5つ!まずは現状を理解する

仕事が楽しくないからといって、1人で悶々と考え込むのは辞めましょう!

仕事に対する価値を変えるのも、新しい仕事にチャレンジするのも一人で考えても限界があります。

具体的には、以下のように対処していきましょう。

  • 対処法1:同僚に相談する
  • 対処法2:上司に相談する
  • 対処法3:友人や両親に相談する
  • 対処法4:仕事以外に楽しみを見つける

それぞれについて解説します。

対処法1:同僚に相談する

まずは会社の同僚に相談してみましょう。

一番、親身に相談にのってもらえるでしょう。

新卒入社しているなら、同期会で少しだけでも愚痴ってみましょう。

同期は色々なアドバイスをしてくれますし、何よりもあなたと同じ立場なので、助言をしてくれます。

ただし、同期がみんな辞めたい、しんどいなどといっていたら要注意。

引きずられないようにしましょう。

同僚への相談はしやすいものの起死回生となるアドバイスも期待できないのが同僚への相談です。

あまり良いアドバイスが無いようでしたら次の方法を試しましょう。

対処法2:上司に相談する

なかなか言い出しにくいかも知れませんが、素直に上司に相談してみましょう。

愚痴を言うのではなく、「この仕事をやっていて楽しくないが、どうすれば乗り越えられるのですか」など前向きな相談をしてみましょう。

職場の中には同じ仕事をしているようですが、よく見れば役割がそれぞれ微妙に違います。

上司も人間ですので言われないと気づかないこともあります。

上司に相談し新しい役割をもらったり後述する配置換えをしてもらいましょう。

ただし上司は本音が言いづらいこともあります。

辞められては困るため良いことしか言わないケースもあるでしょう。

そのため、より客観的に進めるため次の方法も試してみましょう。

対処法3:友人や両親に相談する

友人や両親に仕事が楽しくないと素直に相談してみましょう。

特に両親はあなたがつまらなさそうに仕事をしていれば、心配をしてくれているためです。

話すだけで楽になることもあります。

父親にもぜひ相談してみましょう。

同じような経験や同僚を見てきた可能性があります。

ゆっくりと相談することで親子の仲を深める良い機会にもなるでしょう。

対処法4:仕事以外に楽しみを見つける

仕事以外に楽しみを見つけるようにするのもおすすめです。

夢中になれる楽しみを見つけることでプライベートと仕事にメリハリがつき明るく元気に仕事ができるようになるでしょう。

同僚とのコミュニケーションも弾み、仕事の感じ方が変わってきます。

筆者のおすすめとしては、以下の趣味がおすすめです。

  • 旅行
  • ランニング
  • ゴルフ
  • 映画鑑賞
  • ゲーム
  • パチンコ、パチスロ、カジノ
  • 競馬
  • 競輪
  • 古本屋巡り

特にゴルフはおすすめですよ。

1人で熱中できるものから仲間で楽しめるものまで、趣味を見つけて思いっきり楽しんで見ましょう!

ここまで読んでも「やっぱり仕事内容を変えて欲しい」と悩んでいませんか。

次は、配置換えについて解説します。

仕事が楽しくない理由が「仕事内容」なら配置換えを検討してもらう

「現場仕事よりデスクワークが良いなぁ」

など、配置転換して欲しいという方も結構います。

筆者もかつて製造現場でうつ寸前までになっていた方を配置転換させた経験があります。

多くの方が配置転換で復帰していっています。

このように配置転換の希望をするのは精神が向上するほど良い方法です。

人事的には会社を辞められてしまうのが最悪のケースですからね。

配置転換のメリットとデメリットについて解説します。

配置転換のメリット

配置転換のメリットは、手軽に心機一転することが出来ることです。

他の工場に異動してしまうのではなく、同じ敷地内・事業所内で動けるためです。

仮にいまいるところが現場だとしても、同じ部署内の管轄である工場事務所の事務職などに異動することが出来るのが良いですね。

ただ、元気を取り戻すと大半の方は身体を動かしているほうが楽だといって結局現場に帰りたがります。

配置転換のデメリット

配置転換のデメリットは他者を巻き込むため実施が難しい場合もあるということです。

うまく人事や管理職を説得出来れば良いですが

「ただ単にこの仕事が嫌だ!」

というだけではなかなか稟議を切ってもらえないこともあります。

「メンタル疾患寸前だ」

「他の仕事の方が生産性を上げて進められる自信がある」

など、うまく説得できる材料を見つけるようにしましょう。

ところで

「思い切って他の部署に異動してしまいたい!新規事業などに携わりたい」

という想いもあるでしょう。

次は、人事異動について解説します。

仕事が楽しくない理由が「人間関係」なら異動願いを検討する

「人間関係が嫌でもう限界」

という方は思い切って異動を切り出してみましょう。

わざわざ辞める必要はありません。

いきなり退職届を叩きつけて会社から離れることはもったいないです。

異動で問題が回避しないか相談してみましょう。

会社は社員に「辞めろ」と言えません。ですが逆に社員はいつでも会社を辞める権利があります。

焦らずに異動を願い出ましょう。

異動願いのメリット

異動はあらゆるものをリセットできるメリットがあります。

人間関係はもちろん場合によっては勤務している事業所ごと変わるためですね。

退職するとまで思いつめていた方が、異動したら一気に気分が楽になったというケースも。

もっともリスクが低く、実行しやすい方法です。

退職せずに仕事が楽しくないという問題を解決できる可能性がありますね。

異動願いのデメリット

異動願いのデメリットとして、異動先を選べないという大きなデメリットがあります。

場合によっては人手不足の支店に飛ばされるなど、さらに人間関係の悪い部署に飛ばされることもあり得ます。

配置転換を飛び越えて部署や事業所をまたぐ異動のリスクはそれなりに高くなってきます。

ただし転職よりはリスクを低く進められます。

転職前に一度相談してみましょう。

次は、最終手段である転職について解説します!

どうしても改善されない!最終手段として「転職」を考える

「仕事内容も職場環境も合わないし我慢の限界だ!」

と爆発しそうなら、転職を考えましょう。

仕事内容、職場環境が合わないなら転職するしかないためです。

異動しても会社全体としてパワハラ・モラハラ気質な会社もありますからね。

無理して長居しても時間がもったいないという側面もあります。

特にもう5年近く勤務してあまり変化もないというような場合、思い切って転職するのもありでしょう。

仕事が楽しくないために人生を損するのは、間違っています。

ただ何度も転職を繰り返すナシですよ。

どんどん市場価値が落ちて転職できなくなってしまいます。

では、どうすればスムーズに転職できるのでしょうか?

筆者のおすすめは転職エージェントに相談し、転職できそうかどうかをヒアリングしてみる方法です。

失敗しないためにも転職エージェントの利用は必須!

自分1人で考えて結論を出すことは避けるようにしましょう。

転職エージェントに相談するべきです。

転職エージェントは幅広い業界・職種を熟知し、転職事例も何人も見てきています。

面談でキャリアの棚卸しや適正の確認をしてもらえば幅広い角度から提案がもらえます。

ただし注意点があります。

それは必ず在職中に転職エージェントに相談するということです。

辞めてから行くと、足元を見られてすぐに決まりそうな質の悪い求人を紹介される可能性も高くなります。

良質な転職エージェントを活用しましょう。

その中でもおすすめの転職エージェントは、以下の転職エージェントです。

  • おすすめエージェント1:doda
  • おすすめエージェント2:マイナビジョブ20s
  • おすすめエージェント3:JACリクルートメント

それぞれについて解説します。

おすすめエージェント1:doda

筆者的には上場している安定した大手企業を狙うなら、dodaがおすすめです。

筆者が人事を担当していた4社中、3社までが年収の高い人を採用する場合にdodaに求人依頼を出していました。

もともと、大手の転職エージェントであり、かなりの老舗です。

>dodaへの登録はこちら

おすすめエージェント2:マイナビジョブ20s

マイナビジョブ20sは、大手マイナビのグループ会社です。

特に20代に特化した転職エージェントとなっています。

大手エージェントの中でも、マイナビを新卒採用の際に活用していた企業がそのまま活用しているケースが多く、大手企業の求人があります。

>マイナビジョブ20sへの登録はこちら

おすすめエージェント3:JACリクルートメント

外資系向けの求人しかない、という偏見があるかも知れませんが、JACリクルートメントは国内向けの求人も取り扱っています。

筆者も活用していましたが、年収が25歳でも500万円以上の求人など、年収ゾーン高めかつ、優良企業が揃っています。

お給料もやりがいも、と考えている方は、ぜひ、一度活用してみて下さい。

まとめ

仕事が楽しくないと悩んでいるのは、自分自身がまだその職種のプロではないからかも知れません。

1万時間の法則にもあるように、自分自身が特定の仕事のプロとなれば、楽しくなる可能性があります。

1人で悩むのではなく、以下のような人に相談してみましょう。

  • 対処法1:同僚に相談する
  • 対処法2:上司に相談する
  • 対処法3:友人や両親に相談する
  • 対処法4:仕事以外に楽しみを見つける

仕事が楽しくない理由が「仕事内容」なら配置換えを検討してもらうようにしましょう。

メリットは気分転換になること、デメリットは、周囲の人への配慮からなかなか認められないことです。

仕事が楽しくない理由が「人間関係」なら異動願いを検討することです。

異動のメリットは、人間関係などのリセット効果があることです。

別の会社に行ったようなものですね。

デメリットは、異動したらもっと人間関係の悪い部署に飛ばされることがあり得ることです。

失敗しないためにも転職エージェントの利用は必須となります。

以下のエージェントを活用し、楽しい仕事を探してくださいね。

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-仕事辞めたい

© 2021 しごとウェブ転職