【表で分かる】正社員型派遣とは?気になる将来のキャリアやデメリットを全解説

公開日: / 更新日:

正社員型派遣とは?

正社員型派遣という単語から二面性を感じるため、

「正社員型派遣ってなに。正社員とはどう違うの?」

「正社員型派遣のメリットはどんなところにあるのだろうか?」

「どんなキャリアが積めるのかな?新卒として入ったら将来どうなるのだろう?」

と疑問に感じませんか?

正社員型派遣ってなに。正社員とはどう違うの?

筆者が正社員型派遣の方とお仕事したときに「派遣」のイメージとは逆でスキルも給料も高く驚きました。

さらには退職者も少なく派遣でありながら非常に安定感を感じました。

一方でやはり派遣ならではの苦労もあります。

この記事では正社員型派遣の待遇を表でまとめ、一般的な派遣との違いを比較しました。

さらに正社員型派遣のキャリアやデメリットも紹介しているため、将来「失敗した・・・」

と後悔したくない方は必ず一読してください。

この文章を読めば、正社員型派遣と登録派遣の違いが理解できます。

その上で、不安なく正社員型派遣に登録するべきかどうかを判断できるでしょう。

自分に合った仕事がわからない方へ

「自分にどんな仕事が合っているんだろう」

「自己分析をどれだけしてもわからない」

という方も多いのではないでしょうか。

確かに、一人で転職活動をしていると、本当はなにがしたいのか分からなくなることもありますよね。

そこで、客観的な視点を持つためにも転職エージェントに相談することをおすすめします。

何人もの求職者に提案してきた転職のプロならではのアドバイスと求人をもらうことができます。

特に、DYM就職がおすすめ、サービス満足度90%を誇るサービスです。

未経験OK求人も多く、職歴に自信のない方にも利用されている就職支援サービスです。

マンツーマンカウンセリングで自己分析・企業分析なども無料でサポートしてもらえます。

あなたの強みを活かして、幅広い職種からあなたにぴったりの求人情報を紹介してくれます。

>DYM就職に無料で相談する

正社員型派遣とは?一発で分かる比較表

「正社員型派遣と登録型派遣の違いはなんだろう」と気になっていませんか。

人材派遣の種類として、正社員型派遣は、いわゆる常用型派遣の中に分類されます。

つまり雇用期間が3ヶ月や半年などではなく、正社員のように雇用期間がない雇用となります。

以下がその表となります。

人材派遣の種類雇用期間派遣期間満了後雇用主就職難易度
登録型派遣有期雇用自分で仕事を探す必要あり派遣会社
常用型派遣正社員型派遣無期雇用派遣元企業との雇用契約は継続派遣会社
無期雇用派遣
紹介予定派遣有期雇用(最大6ヶ月)派遣先と派遣スタッフが合意した場合、直接雇用となる派遣先企業

総括すると、登録型派遣は有期雇用となり、就職難易度は低いです。

常用型派遣は無期雇用であり、仮に派遣先に契約打ち切りにあっても、仕事を継続することができます。

紹介予定派遣は、派遣先にマッチングした場合、派遣先で直接雇用となります。

それでは具体的に正社員型派遣の特徴や、それぞれの派遣形態ごとの違いについて比較解説していきます。

正社員型の特徴

正社員型の特徴として、雇用期間が定年まで保証されるという特徴があります。

また、正社員型派遣の場合は仮に派遣先での雇用が終了しても派遣元の派遣会社での雇用関係が継続しています。

定年まで勤務できるため、給料を安定的に貰えることが特徴です。

JAIC

正社員型派遣と登録型派遣の違いは雇用期間

正社員型派遣と登録型派遣の違いは雇用期間と仕事の探し方に違いがあります。

正社員型派遣は、雇用期間が定年65歳まであるのに対して、登録型派遣は派遣先の雇用期間が終了すると仕事が終わりになります。

また、派遣先の仕事がなくなった場合、正社員型派遣は新たな派遣先を紹介されます。

反対に、登録型派遣は派遣先を探してもらえません。

一般的な派遣求人では登録型派遣が大半です。

「正社員型派遣」を意識して求人を探す必要性も理解しておきましょう。

ハタラクティブ

正社員型派遣と常用型派遣の違いはない

正社員型派遣と常用型派遣の違いはありません。

どちらも雇用の保証があり、仕事先を探してもらえるためです。

正社員型派遣と紹介予定派遣の違いは雇用元と雇用の保証

正社員型派遣と紹介予定派遣の違いは、雇用元と雇用の保証の違いです。

正社員型派遣は雇用元が派遣元の派遣会社です。

紹介予定派遣は6ヶ月以下の派遣期間が終了すると、派遣元から雇用主が移り派遣先の企業に直接雇用されます。

正社員型派遣は雇用元である派遣会社が雇用の保証を65歳までという形をとっています。

紹介予定派遣は派遣先が雇用後は雇用の保証を行うという形をとります。

次は、正社員型派遣の待遇・将来性について解説します。

正社員型派遣の待遇・将来性

「正社員型派遣の待遇と将来性はどうなっているの」と気になっていませんか。

正社員型派遣の待遇と将来性については、登録型派遣をするよりは下記の点で将来性が高いです。

  • 正社員型派遣の給料
  • 正社員型派遣のキャリア形成

それぞれについて解説します。

正社員型派遣の給料について

正社員型派遣の給料は登録した派遣元の会社によって給料が異なります。

一般的な企業選びと同じで、大手の派遣元で正社員型派遣になることが出来れば給料は高いでしょう。

企業規模の小さな会社で正社員型派遣になれば給料は下がると考えて差し支えありません。

給料を重視するのであれば出来るだけ大手資本の派遣会社を選ぶようにしましょう。

正社員型派遣のキャリア形成について

正社員型派遣の場合は、一般的な企業の正社員と変わらないキャリア形成をすることが可能です。

派遣元が責任を持って仕事を継続させます。

さらに、正社員として派遣元で教育などを受けることが出来るためです。

また、派遣元に求められ続ける技術力や仕事力、知識が必要なため必然的に仕事が出来るようになります。

転職する際にも雇用元の正社員としての雇用のため、履歴書にも正社員としての職歴ありと書けます。

そのため、登録型派遣の経験しかない方よりも有利となります。

正社員型派遣の特徴を理解していただいた次はメリット・デメリットを紹介します。

こちらを理解することで、どんな方が正社員型派遣がおすすめかを理解できます。

自分に合った仕事がわからない方へ

「自分にどんな仕事が合っているんだろう」

「自己分析をどれだけしてもわからない」

という方も多いのではないでしょうか。

確かに、一人で転職活動をしていると、本当はなにがしたいのか分からなくなることもありますよね。

そこで、客観的な視点を持つためにも転職エージェントに相談することをおすすめします。

何人もの求職者に提案してきた転職のプロならではのアドバイスと求人をもらうことができます。

特に、DYM就職がおすすめ、でサービス満足度90%を誇るサービスです。

未経験OK求人も多く、職歴に自信のない方にも利用されている就職支援サービスです。

マンツーマンカウンセリングで自己分析・企業分析なども無料でサポートしてもらえます。

あなたの強みを活かして、幅広い職種からあなたにぴったりの求人情報を紹介してくれます。

>DYM就職に無料で相談する

正社員型派遣のメリット・デメリットから分かるおすすめな人

「正社員型派遣のメリット・デメリットってどんなところなのだろうか」と気になっていませんか。

正社員型派遣のメリットとしては、雇用が安定することです。

一方でデメリットとしては、派遣社員特有の仕事選びの自由度が低くなることです。

メリットとデメリットについて解説していきます。

正社員型派遣のメリットは3個

正社員型派遣のメリットとして、以下の3つのメリットがあります。

  • メリット1:収入が安定する
  • メリット2:雇用期間が保証される
  • メリット3:スキルアップができる

それぞれについて解説します。

メリット1:収入が安定する

正社員型派遣は雇用元で一定の収入が保証されます。

そのため、収入が安定するというメリットがあります。

継続的な収入を得て安心感を得たい人には良い仕組みとなっています。

メリット2:雇用期間が保証される

正社員型派遣のメリットとして、雇用期間の保証があります。

登録型派遣は雇用元の派遣会社で正社員として採用されていないため、雇用の保証がありません。

派遣先が契約更新はしないと伝えた瞬間に仕事を失います。

一方で正社員型派遣の場合、雇用元が雇用の保証を行っています。

たとえ派遣先に契約更新されなくなっても新たな派遣先を紹介してもらえます。

JAIC

メリット3:スキルアップができる

正社員型派遣の場合、スキルアップをすることができます。

派遣元が技術研修や、仕事に必要な知識を習得するために研修をしてくれるケースがあるためです。

また、それだけではなく、正社員としての職歴をしっかりと身に着けることができます。

将来的に事業会社の正社員になって活躍したいと考えたときもキャリアアップしやすいといえます。

正社員型派遣のメリットまとめ

  • 正社員なので、収入が安定する。
  • 派遣元で正社員になっているため、雇用期間の保障がある。
  • 派遣元で必要な知識を習得するための研修があるため、スキルアップができる

一方でデメリットも3つあります。

正社員型派遣のデメリットは3個

正社員型派遣のデメリットとしては、以下の3つのデメリットがあります。

  • デメリット1:派遣先がなくなれば派遣元に居づらくなる
  • デメリット2:時給などは登録型派遣に負ける可能性がある
  • デメリット3:自由度が低い

それぞれについて解説します。

デメリット1:派遣先がなくなれば派遣元に居づらくなる 

派遣先がなくなれば、派遣元に居づらくなる可能性が高いです。

派遣元は派遣先に自社の正社員型派遣の社員を派遣して、利益を出しています。

そのため、派遣先がなくなれば、いくら正社員とはいえ会社に居づらくなる可能性があります。

実際、リーマンショックのときに派遣先がないスタッフはセミナー受講をしている方が多くいました。

しかし、長くセミナー受講していると貢献していない気持ちになり、「居づらい」という声は多くありました。

デメリット2:時給などは登録型派遣に負ける可能性がある

短期的には時給などは登録型派遣に負ける可能性があります。

登録型派遣よりも雇用期間の保証がある分、高い給料が望めません。

正社員型派遣はお給料が低くても安定している方がいいと考えている人に向いている制度です。

一方で長く務めるとスキル・経験が積み上がり高い単価でクライアントと契約ができるようになります。

ITエンジニアであれば派遣であっても大手企業の平均年収より高くなることもあります。

長期的には登録型派遣よりも正社員型派遣の方が高い給料になってくる傾向です。

ワークポート

デメリット3:自由度が低い 

自由度が低いのが正社員型派遣のデメリットです。

一般的な登録型派遣であれば、派遣先が気に入らなければすぐに辞めることができます。

一方で正社員型派遣は、正社員として雇用元と契約関係があるため簡単に派遣先を辞めることができません。

正社員の場合、会社の指示に従わない場合、服務規程違反となり、退職せざるを得ない状況にも陥ります。

正社員型派遣のデメリットまとめ

  • 派遣先がなくなった場合に、会社に居づらくなる。
  • 登録型派遣に比べると時給が低い。
  • 簡単に派遣先を辞めることができないなど、自由度が低い。

正社員型派遣がおすすめな人は安定した環境で仕事がしたい人

正社員型派遣がおすすめな人は安定した環境で仕事がしたい人です。

正社員型派遣は、収入が安定し、派遣先を常に派遣元が探してくれるためです。

また、正社員としての職歴がつくため、キャリアアップ転職なども可能となります。

登録型派遣よりも我慢を強いられることはあるでしょうが、それ以外は良い環境と言えるでしょう。

次は、正社員型派遣のおすすめの企業を紹介します。

面倒見の良い会社を選ぶようにしましょう。

正社員型派遣の応募ならテンプスタッフがおすすめ

正社員型派遣を募集している派遣会社としてはテンプスタッフがおすすめです。

テンプスタッフでは大手メーカーの正社員型派遣を取り扱っており、研究職など技術系分野の求人も取り扱っています。

キャリアについての相談体制なども整っており、月給制で安定した待遇で仕事をすることができます。

派遣会社としても規模が大きいため、安心して就労することが可能です。

>テンプスタッフの登録はこちら

ハタラクティブ

まとめ

正社員型派遣とは派遣会社の正社員となり、派遣先で就労する形態のことを指します。

正社員型の特徴として、雇用期間が定年まで保証されるという特徴があります。

定年まで勤務できるため、給料を安定的に貰えることが特徴です。

正社員型派遣と登録型派遣の違いは、派遣型正社員は雇用の保証があり、派遣先で契約終了になっても仕事を探してもらえる点です。

正社員型派遣と紹介予定派遣の違いは、雇用元と雇用の保証の違いです。

正社員型派遣は最初から派遣会社の正社員となっているのに対して、紹介予定派遣は派遣期間が過ぎれば派遣先が雇用の保証を行います。

正社員型派遣の待遇・将来性については、常用型派遣よりも将来性があります。

給料が安定していることと、キャリアを積み上げることができるためです。

正社員型派遣のメリットは雇用が保証されていること、給与が安定していること、スキルアップができることです。

正社員型派遣のデメリットは、派遣先がなくなれば派遣元に居づらくなること、時給などは登録型派遣に負ける可能性があること、自由度が低いことです。

安定した環境で仕事をしたい方は正社員型派遣が向いています。

正社員型派遣はテンプスタッフが大手で安心して活用できます。