精神的に楽な仕事ランキング13選!楽な仕事の選び方や条件を紹介

精神的に楽な仕事ランキング13選!

この記事は有料職業紹介事業として厚生労働大臣の許可を受けている株式会社しごとウェブ(許可番号:13-ユ-306679)が制作しています。

精神的に楽な仕事とはどんな仕事があるのかわからない人も多いです。

精神的に楽な仕事は、人によって定義が違うため自分の適性を見極めて検討することが大事です。

この記事では、ニーズによって違う楽な仕事を13種類ピックアップして紹介していきます。

ストレスの少ない仕事ランキングとしては以下のようになります。

楽な仕事を探し、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

楽な仕事探しは転職エージェントに相談

楽な仕事に就きたくても、志望動機が「楽そうだから」では間違いなく落とされます。

企業分析を徹底して、納得させられる志望動機を作ることが大切です。

業界大手のマイナビエージェントに相談すれば、企業の内情や求める人材についての情報をもらうことができ、志望動機の添削もしてもらうことができます。

楽な仕事で内定をいち早く取りたい方は、マイナビエージェントに相談しましょう。

>マイナビエージェントで楽な仕事を見つける

目次

楽な仕事の条件とは?

楽な仕事の定義とは?

楽な仕事とは「精神面的に楽な仕事」「体力的に楽な仕事」「楽で稼げる仕事」「長く安定的に働けて楽な仕事」に区別することができます。

人によって、何を希望するかによって仕事内容が変わってきますので最初に楽な仕事の方向性を決めましょう。

ここでは楽な仕事の特徴をそれぞれ具体的に紹介していきます。

精神的なストレスが少ない仕事

精神的なストレスが少ない仕事を楽な仕事と捉える人は多くいます。

しかし、精神的なストレスは人によって感じ方が違うため、自分にとって何がストレスになるのかを把握するのが大切です。

例えば、人と関わるのが苦手な方にとって、コミュニケーションを重視する仕事は大きなストレスになりやすいです。

また自分のペースで仕事を進めたい気持ちが強い方には、ノルマが課せらる事も自分へのプレッシャーになりやすく楽な仕事とは言えません。

逆に淡々と同じ作業を繰り返すのが苦手な方にとっては、ルーチンワークが多い仕事がストレスになることもあるでしょう。

人によって感じ方は違えど、精神的なストレスが少ない仕事は楽な仕事の条件と言えるでしょう。

簡単な仕事内容に対して年収が高い仕事

簡単な仕事内容に対して年収が高い仕事を楽な仕事と言えるでしょう。

高収入な仕事は一般的に起業といった不安定な立場で成り上がるケースや、正社員であってもハードワークでかつ責任のある仕事の傾向にあります。

そのため、楽な仕事は簡単な仕事内容にもかかわらず年収が割高な仕事と考えることができます。

仕事の内容、立場、給料の程度バランスが大切と言えます。

体力を使わない仕事

楽な仕事の条件として、身体を酷使しないことが挙げられます。

例えば、デスクワークやマシンオペレーターなどが体力を使わずにできる仕事に挙げられます。

年齢が20代・30代の若いうちは1晩眠れば体力が回復しますが、年齢を重ねるほど回復に時間がかかる傾向があります。

筋力や体力に自信がない方や持病がある方、40代以降の加齢による体の衰えから選ぶ方が多い傾向です。

無理して体力を使う仕事をしてしまうと体調を崩してしまう恐れがありますので体力的に楽な仕事を選ぶようにしましょう。

このように体力的に楽な仕事を希望する方は1日中パソコンの前に座っていられるデスクワークの仕事や、警備員の仕事など走る必要性が薄い仕事がおすすめです。

責任のない仕事

プレッシャーを感じやすい人にとって、責任のない仕事は楽な仕事の条件となります。

なぜなら、プレッシャーを感じやすい人にとって責任が大きくなればなるほど、失敗することへの恐怖が大きくなるためです。

具体的には以下のような仕事は避けるべきでしょう。

  • リーダーシップを求められる仕事
  • 命を預かる仕事(医師・看護師・消防士)
  • お金を運用する仕事(トレーダーなど金融全般)

プレッシャーを感じやすい方は自分のペースで出来る仕事の方が力を発揮できる傾向にあります。

責任のない仕事をすることが、楽な仕事の条件です。

人間関係が良好な仕事

人間関係が良好な仕事は、楽な仕事の条件となります。

穏やかに平和に仕事をしたい人にとっては人間関係の良さは重要となるでしょう。

不平不満ばかりを言う人が多い職場や、すぐに怒鳴る人が多い職場は避けるべきでしょう。

余談にはなりますが自動車や建設機械を作る業界は基本的に怒鳴る人が多いです。

筆者は新卒時代によく朝一番に経営者や役員から「お前、しばくぞボケ!」などよく暴言を受けていました。

暴言というよりも大声で自分の伝えたいことを主張するのが当たり前の職場環境でした。

次第に大声で怒鳴ることにも怒鳴られることにも耐性が付いていきましたが、穏やかな人が多い職場の方が精神的には安定します。

業種や職種は慎重に選ぶ必要性があります。

人間関係が無い又は良好な職場を選ぶことが楽な仕事の条件です。

ノルマがない仕事

ノルマがない仕事は、楽な仕事の条件となります。

なぜなら、ノルマがなければ焦って仕事をしなくても良いためです。

また時間的な余裕があればミスをすることも少なくなります。

人と比較されずに自分らしく働けるといった点もあるでしょう。

楽な仕事を探すためにはノルマの有無をチェックしてください。

自分のペースでできる仕事

自分のペースでできる仕事は楽な仕事と言えます。

なぜなら働く時間、働く場所を自分で決められれば他人の意見に左右されず、すべて自分の意志で決めることができるからです。

例えば在宅で業務が可能なデータ入力の仕事は時給ではなく、決められた納期までに作業データを納品すれば良いケースもあるため、好きな時間に働くことができます。

このように、自分のペースでできる仕事は楽な仕事として挙げられます。

変化を求められない仕事

新しいことを覚えることが苦手な方にとっては変化を求められない仕事が、楽な仕事の条件となるでしょう。

変化を求められる仕事は常に理解や創意工夫を要求されるためです。

同じ作業をコツコツとすることが得意な方にとっては変化のある仕事は非常にストレスを感じるでしょう。

一般的には製造業などの有形商材を取り扱う仕事やマニュアルに沿った手続き関連が厳格に決まった仕事が変化が少ない仕事です。

長く安定的に働ける仕事

長く安定的に働けることも楽な仕事の条件と言えます。

雇用が安定しない仕事だと、数年先の自分がどうしても不安になってしまうものです。

社員が辞めていきやすい職場も同様で、残った社員にしわ寄せが来やすくストレスになります。

長く働ける比較的離職率の低い職場なら、会社の雰囲気も良い傾向にあります。

何より長期的な雇用が期待できることで、メンタル的にも将来的にも楽になると言えます。

精神的に楽な仕事ランキング

筆者は約10年ほど採用担当者を経験し、体力的・精神的に楽だと言われている仕事の採用にも関わってきました。

また、中途採用した方の前職について深く聞く機会もありました。

その経験から、どの仕事が体力的・精神的に楽な仕事かについて良く知っています。

ここでは、特に精神的に楽な仕事ランキングを発表します。

それぞれについて解説します。

1位:警備員

警備員の仕事は精神的に楽な仕事です。

なぜなら、仕事がルーチンワークかつ、人間関係が少ないためです。

筆者は工場警備のために業務委託をしたことがありますが、夜勤時の工場巡回時以外はほぼトラブルもなく時間通り仕事をされていました。

さらに働いていた工場では、委託先の方が短期間で離職するという状況もありませんでした。

警備の方の話を聞くと前職はノルマに追われる営業職の方が多かったです。

警備員の仕事に決めたのは、ストレスが少ないことが一番の決め手だと言われていました。

このようなことから警備員の仕事は精神的に楽な仕事であると言えるでしょう。

>警備員の仕事を探すなら求人ボックスで

2位:ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事は、煩わしい人間関係が苦手な方におすすめです。

なぜなら、ビルメンテナンスの仕事は人間関係が少ないためです。

ビルメンテナンス業務を行う委託先では、業務内容が個人ごとに異なります。

自分の持ち場を終わらせれば仕事が終了するため、煩わしい人間関係がありません。

ビルメンテナンスの仕事で煩わしい人間関係から解放されましょう。

>ビルメンテナンスの仕事を探すならdodaがおすすめ

3位:大学の事務職

大学の事務職は安定した職場であり、精神的に楽な仕事です。

なぜなら、大学の事務職はルーチンワークがメインかつ、ノルマもなく、出世競争もなく、サービス残業もほぼ存在しないためです。

上から与えられた仕事を黙々とこなすだけで高評価されることもあり、他の職場には転職できなくなるほどホワイトです。

筆者の友人には大学職員がいますが「給料も高いし、天職だ」と言っている人が多いです。

夏休みなどの長期休暇も学生と同じだけ取得できるということで、ワークライフバランスも充実しています。

一つ難点があるとすると癖のある教授から仕事が来る場合がある点です。

このときばかりは心を無にして仕事を進めましょう。

このように大学の事務職は精神的に楽な仕事の一つです。

>大学の事務職の仕事を探すならリクルートエージェント

4位:ルート営業

ルート営業の仕事は、人間関係が固定されており、ルーチンワークとなっているため新規開拓の営業職と比較すると精神的に楽な仕事といえます。

ルート営業は特定の取引先と人間関係を維持しつつ、取引を行うことがメインです。

一方で新規開拓営業は取引実績のない会社や個人に何度もアプローチすることになるため断れ続けたり、時には罵声を浴びることもあるため人によってはきついと感じるでしょう。

取引先との取引状況を読み「来月はこの商品が切れそうだな」と思ったら先回りして補充の提案をして少し気を利かせれば評価されます。

このようなことからルート営業は精神的に楽な仕事と言えるでしょう。

>ルート営業の仕事を探すならマイナビエージェント

5位:塾講師

塾講師の仕事はマイペースに仕事をすることが可能なため、精神的に楽な仕事です。

なぜなら、塾講師の仕事は、自分の働く時間を決定することができるためです。

コマ割りが割り振られるため、好きな時間帯を選ぶことができる上、時給が高いという特徴があります。

授業に対する評価によって時給や仕事量が増減する可能性がありますが、実力によっては時給が上がることもあるでしょう。

仕事時間のコントロールが効く部分が大きく、塾講師の仕事は精神的に楽な仕事と言えます。

>塾講師の仕事を探すなら塾講師ナビ

6位:トラック運転手

トラック運転手の仕事は、わずらわしい人間関係が無く、精神的に楽な仕事といえます。

なぜなら、トラック運転手の仕事は集荷所・荷物の届け先以外でほぼ会話することがないためです。

集荷をして荷物を届けるまでは運転席で1人になれます。

また、隙間時間を楽しめる方にもおすすめ仕事で、集荷までの待機時間にスマホで映画や音楽、アニメなどを見て時間を潰す方も多いです。

わずらわしい人間関係が無い点が魅力と言えるでしょう。

トラック運転手の仕事を探すならマイナビ転職

7位:製造オペレーター

製造オペレーターはライン作業でコミュニケーションが少なく、単純作業を繰り返す仕事内容のため精神的に楽と感じる方が多い仕事です。

製造オペレーターは製品を早く正確に大量生産することが求められます。

口を動かす人よりも手を動かす人の方が信用される仕事であり、声を発する機会も少ないです。

休憩時間中以外はコミュニケーションそのものが発生しないため、マイペースに仕事ができます。

人間関係が少ないため楽に仕事がしやすいでしょう

>製造オペレーターの仕事を探すならマイナビエージェント

8位:公務員

公務員の仕事は、事務職に限定すれば精神的に楽な仕事です。

ノルマも出世競争も、解雇も存在しないためです。

特に公務員の解雇については国家公務員法75条で制限されています。

第七十五条 職員は、法律又は人事院規則に定める事由による場合でなければ、その意に反して、降任され、休職され、又は免職されることはない。

参考:国家公務員法75条(身分保障)|e-Gov法令検索

基本的に自分から辞めると言い出さない限りは解雇されることはありません。

毎年昇給があり、賞与も支給されます。

このような点において精神的に楽と感じる仕事と言えるでしょう。

>公務員の仕事を探すなら公務in

9位:データ入力

データ入力の仕事は、体力的に楽で、人間関係の少ない仕事です。

なぜなら、データ入力の仕事は入力すべきデータを渡されたら1日中黙々とパソコンに向かいエクセルなどにデータを入力するためです。

紙ベースで渡されたデータを、パソコンのデジタルですぐに活用できる形に入力して変換していきます。

入力が終わったら、責任者に報告して帰ることができます。

単純作業のため、データ入力の仕事は精神的に楽です。

ただし、考えることが好きな人にはあまりおすすめできませんのでご注意ください。

>データ入力の仕事を探すならテンプスタッフ

10位:総務事務

総務事務の仕事は定型を覚えてしまえば精神的に楽な仕事です。

総務事務では、社会保険手続きや雇用保険手続きなどの定型的な書類を作成するためです。

一度覚えてしまえば全国どこでも転職先を見つけやすいという特徴もあります。

総務事務に挑戦する方は、社労士試験の過去問などを読んでおくとスムーズに業務に入ることができます。

急かされたりすることもなく、自分のペースで仕事ができるため、総務事務はストレスの少ない精神的に楽な仕事です。

総務事務の仕事を探すならマイナビエージェント

11位:受付

受付の仕事はノルマやプレッシャーがなく、時間的な余裕がある精神的に楽な仕事です。

なぜなら、受付の仕事はルーチンワークとなっているためです。

お客様を特定の部署やお店に案内することが仕事ですが、お客様が来ない時間帯は座って時間を過ごすことが可能です。

また、クレームなどの対応は特定の部署が行っているため、クレーム対応をすることも少ないです。

受付の仕事は精神的に楽な仕事であり、おすすめの仕事です。

>受付の仕事を探すならリクルートスタッフィング

12位:経理事務

経理事務の仕事は女性も活躍していることが多く精神的に楽な仕事です。

なぜなら、経理事務の仕事はほぼルーチンワークの仕事となっているためです。

経理事務は現場から送られてきた伝票や領収書などを保管し、パソコンに転記します。

また、売上などのデータを集計して月次決算書等を取りまとめます。

経理事務の仕事は専門性が高く、一度覚えれば転職しやすくなります。

未経験から挑戦する方は簿記2級または3級を取得しておきましょう。

資格を取得すれば採用もされやすくキャリアップも可能となるでしょう。

精神的に楽で専門性の身につく経理事務はおすすめの仕事です。

>経理事務の仕事を探すならマイナビエージェント

13位:法律事務所スタッフ

法律事務所スタッフの仕事は、体力的に楽でかつ、残業も少なく精神的なプレッシャーの少ない仕事です。

法律事務所スタッフの仕事は、依頼主や裁判所から送付された書類を整理し、顧問先や依頼主に弁護士に代わって連絡をする仕事です。

裁判所が開いている時間帯は平日の9時から17時に限られているため、残業が少ないです。

法律事務所によっては起案(裁判を起こすための書類を作成する事務)をすることもあります。

法律事務所スタッフは女性比率が高く、精神的に楽なおすすめの仕事です。

>法律事務所スタッフの仕事を探すならリクルートエージェント

番外編:避けた方が良いストレスの多い仕事は?

精神的に楽な仕事をピックアップして紹介しましたが、どうしても限定的になってしまうため逆に避けた方がいいストレスが多いと言われる仕事も紹介します。

具体的には以下の職種がストレスが多い職種です。

  • 金融業・保険業
  • 飲食店などの接客業
  • 介護士
  • 医療従事者(医師・看護師など)

精神的に楽な仕事を選びたいのであれば、上記は適性を見極めて向いていないと判断したらやめておきましょう。

楽な仕事探しには転職エージェントの利用が有利

転職エージェントは求人票だけではわからない会社の内情や実際の業務内容、人間関係についても把握しています。

精神的に楽な仕事を見つけるために、ぜひ一度相談してみましょう。

  • マイナビエージェント⇒徹底したサポート体制で2023年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 第1位
  • リクルートエージェント⇒一般に公開されていない「非公開求人」の数は、業界トップクラスの約10万件
  • DODA⇒業界最大級、10万件以上の求人から求職者に合ったものをご紹介。

楽な仕事をするメリットとは?

楽な仕事を選ぶことで得られるメリットはどんなものがあるでしょうか。

いくつかピックアップして紹介します。

情緒が安定するため、人生が楽しくなる

楽な仕事をすると、ストレスを感じることが少なくなり毎日を過ごすことが楽しくなることがメリットとして挙げられます。

精神的・身体的なストレスの少ない仕事に就き、情緒が安定することで生活を楽しむ余裕が出るためです。

精神的・肉体的に追い詰められていると考え方がネガティブになりがちです。

周りの友人や知り合いが自分より幸せそうに見えて自分と比べて落ち込んでしまい、人付き合いも億劫になることもあります。

精神的に楽な仕事に就くことで、ポジティブに人生を楽しむことができます。

プライベートの時間が充実する

楽な仕事で、プライベートの時間を充実させることができるのもメリットになります。

時間外労働が少ないことで、仕事の後の時間や休日を自分の好きなように過ごすことができるためです。

精神的・身体的に負担が大きい仕事だと、プライベートの時間も疲れがとれず仕事のことを考えてしまったりもします。

仕事のことが頭を離れないことで、せっかくのプライベートの時間の楽しさも半減してしまいます。

楽な仕事は、公私をしっかり分けてプライベートを充実させることができるということです。

長く働き続けることができる

楽な仕事に就くと、離職せずに長く働き続けることができることもメリットのひとつです。

外資系など実力主義の企業もありますが、日本は勤続年数によって給料が上がる定期昇給制度を採用している企業がまだ多数で、長く働くことで年収アップにもつながるためです。

自分に合わない仕事で負担を感じることで、転職してしまうと勤続年数は1年目からのスタートになります。

さらにスキルや実績のない転職となると、転職後に給与が下がってしまうこともあり得ます。

自分にとって楽な仕事をすることで、仕事を辞めたいと悩むことなく安定して働き続けることが可能です。

疲れが溜まらず、身体的にも楽

精神的に楽な仕事は疲れが溜まることが少なく、身体的にも楽であることがほとんどです。

労働時間が長かったり体力的に厳しい仕事は疲れが蓄積されて身体的負担になりますが、楽な仕事はどちらも当てはまらないことが多いためです。

身体的に過酷な仕事でなかったとしても、精神的な負担が大きいと夜眠れなくなったり身体的に影響が出る場合もあります。

夜はしっかり寝て、休日は休むという人間らしい生活ができることで身体的に疲れが溜まりにくい生活ができるのは精神的に楽な仕事のメリットです。

楽な仕事をするデメリットは?

精神的に楽な仕事にデメリットなんてあるの?と思うかもしれませんが、いくつかあるのが現実です。

後悔のない仕事選びのために知っておきましょう。

年収が低い傾向にある

精神的に楽な仕事は、年収が低い傾向にあるのがデメリットだと言えます。

簡単で単純作業が多い、誰にでもできる仕事というのは高収入にはなりづらいためです。

責任が重くなく、精神的負担が少ないという点も理由のひとつになります。

仕事を選ぶ際に楽な仕事だからといって安易に飛びついてしまうと、収入面で困ることになるので注意が必要です。

仕事に飽きて退屈に感じてしまう

一般的に楽な仕事と言われる仕事は単純作業が多く、退屈さを感じてしまう可能性もあります。

日々同じルーティンワークを繰り返す生活になるため、最初は新鮮でも飽きが出てきてしまうためです。

仕事へのやりがいや目標を自分なりに設定することができない人には、変化のなさがストレスになる可能性もあります。

楽であるということが逆に苦痛になりかねないため、楽な仕事は自分に合う仕事内容で選ぶことが大切です。

キャリアアップしにくいことが多い

楽な仕事に就くと、キャリアアップが難しくなる点もデメリットのひとつです。

上述した通り楽な仕事は単純作業や繰り返しの作業が多くなっており、スキルが身に付きづらいためです。

もし転職を考えることになった場合、自身の市場価値が上がっていないことが足かせになる可能性があります。

スキルを身に付けたいと思うのであれば、安易に楽な仕事を選ぶと後悔することになります。

志望動機が「楽をしたい」だけでは採用されない

楽な仕事に就きたいと思っていても、それだけが理由では志望動機として十分ではありません。

企業は、単純作業やルーティンワークにもやりがいや意義を見出せる人を求めているためです。

楽したいから雇ってくださいと言われても、採用担当者は絶対に内定は出しません。

精神的に楽な仕事に就きたいなら、企業分析や自己分析を徹底して内容の濃い志望動機を準備しましょう。

企業分析や自己分析は転職エージェントに相談するとサポートしてもらえるので利用がおすすめです。

>自己分析に強いマイナビエージェントはこちら

楽な仕事に就くために知っておくべきポイント

楽な仕事をいくつか紹介しましたが、紹介された順にとにかく転職すればいいというものではありません。

個々の価値観によって精神的に負担に感じる仕事は違うためです。

人と関わらないことに孤独感を感じるようなタイプの方には警備員は向きませんし、体を動かして働くのが好きな方に事務職やデータ入力は大きなストレスになる可能性もあります。

精神的に楽な仕事を見つけるためには、具体的には以下の3つのポイントがあります。

  • 自分にとって何が負担になるのかを知る
  • 求人を読み込んで、業務内容や条件についてしっかり把握する
  • 転職エージェントに相談する

ひとつずつ解説します。

自分にとって何が負担になるのかを知る

精神的に楽だと感じる仕事は三者三様です。

転職活動を始める前に、一体どんな仕事が自分にとって「精神的に楽」なのかを知ることが大切です。

自己分析を徹底し、仕事に対して自分が望む条件が分かればどんな仕事が向いているのかもわかってきます。

「人間関係」や「労働時間」、「体力面」など、自分が最重要視する点に順位をつけていきましょう。

その中から条件を満たす仕事を探せば、自分にとっての精神的に楽な仕事を見つけることができます。

ひとりで自己分析をするのが難しい場合は、転職エージェントにキャリア相談することをおすすめします。

求人を読み込んで、業務内容や条件に付いてしっかり把握する

求人を見て、業務内容や条件について齟齬のないようにしっかりと読み込んでおきましょう。

きちんと読み込まず理解不足だと、ぱっと見で精神的に楽な仕事を選んだつもりでも実際に働いてみると思っていたのと違ったとなりかねません。

失敗を繰り返してまた転職となってしまえば、回数を重ねれば重ねるほど転職は難しくなります。

求人は隅から隅までしっかり理解して応募しましょう。

また、社内の雰囲気や実際の内情などは口コミサイトで調べることも可能なので、参考にしておきましょう。

転職エージェントに相談する

精神的に楽な仕事を探す際に一番おすすめしたいのは、転職エージェントを利用することです。

転職のプロがあなたにとって精神的に楽な仕事を理解し、当てはまる求人を紹介してもらうことができるためです。

先にお伝えした2つのポイント「自己分析」・「企業分析」どちらも、転職エージェントに相談することでクリアすることができます。

自己分析・企業分析ともにひとりで行うことももちろん可能ですが、簡単な作業ではありません。

転職エージェントに相談することで、自分では知り得なかった自分に合った仕事を見つけることができる可能性もあります。

おすすめは深い自己分析サポートに定評のあるマイナビエージェントです。

各業界の転職に精通したキャリアアドバイザーがあなたにとっての最重要ポイントを整理し、条件に合った求人を提案してくれます。

アドバイザーは求人先の企業を実際に訪問しているので、求人票だけではわからない会社の内情や人間関係についても把握しています。

精神的に楽な仕事を見つけるために、ぜひ一度相談してみましょう。

>マイナビエージェントはこちら

まとめ

この記事では、楽な仕事についてお伝えしました。

楽な仕事は、以下のようなものがあります。

  • 警備員
  • ビルメンテナンス
  • 大学の事務職
  • ルート営業
  • 塾講師
  • トラック運転手
  • 製造オペレーター
  • 公務員
  • データ入力
  • 総務事務
  • 受付
  • 経理事務
  • 法律事務所スタッフ

楽な仕事を見つけるためには、転職エージェントに相談することがおすすめです。

自己分析・企業分析を徹底し、あなたにとっての楽な仕事を探すサポートをしてもらえます。

おすすめのサービスはマイナビエージェントです。

自分にとっての楽な仕事を見つけて、プライベートも充実させられるといいですね。

楽な仕事を探すならキャリアカウンセリングもおすすめ

精神的に楽な仕事を探すならキャリアカウンセリングもおすすめ

正社員で楽な仕事を探すなら、正社員向けの転職サイトを使うことをおすすめします。

なぜなら、楽な仕事を探すためには、キャリアカウンセリングを経て適切な求人紹介を受けることが重要なためです。

特にエージェント型の転職サイトを利用すれば担当者が付き、転職活動のサポートをしてくれます。

どんな仕事が合っているのかをアドバイスを貰い、希望の仕事の実態を教えてくれるなど転職後を見据えたサポートを受けることができます。

サポートの充実しているおすすめの転職サイトは以下の3つです。

  • 求人数が豊富なリクルートエージェント
  • 大手や知名度の高い求人が多いマイナビエージェント
  • 女性におすすめなパソナキャリア

転職エージェントには一般的な公開求人と比べ希少度が高く募集条件も良い傾向のある非公開求人も紹介してもらえるので、ぜひ活用してみてください。

監修者

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。