ネットワークエンジニアのフリーランスはいくら稼げる?年収相場や案件の探し方を徹底紹介

公開日: / 更新日:

ネットワークエンジニアのフリーランスはいくら稼げる?

ネットワークエンジニアのフリーランスについて調べている方は

「ネットワークエンジニアはフリーランスになれるの?年収相場はいくらくらい?」

「フリーランスの案件はどうやって探すの?」

と気になりませんか?

ネットワークエンジニアはフリーランスになれるの?年収相場はいくらくらい?

筆者は現役のネットワークエンジニアで、フリーランスの事情を見てきました。

この記事ではフリーランスに転身した際のネットワークエンジニアについて紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ

  • IT業界で働いていて、ネットワークエンジニアのことを知りたい方
  • ネットワークエンジニアで働いており、フリーランス転身をお考えの方
  • ネットワークエンジニアのフリーランス事情をざっくり知りたい方
  • ネットワークエンジニアになろうかどうか迷っている人

上記について悩まれている方はぜひ、最後までご覧ください。

高待遇のネットワークエンジニアになりたい方へ

「ネットワークエンジニアで高待遇になるにはどうしたらいいの」

「転職をするならベストなタイミングはいつ?」

転職に迷っている方にまずやって欲しいことは、いち早く転職エージェントに相談することです。

転職エージェントには企業が非公開で募集する求人情報があります。

企業が非公開で求人を募集する理由は

  • 非公開にすることで、人事担当者の業務負担を減らす
  • 早急に人材が必要で効率良く採用したい

このような理由があります。

好条件の求人は人気のため、応募が殺到しやすく、企業はあえて非公開で募集することがあります。

また早急に人材が必要な場合も、選考する手間を省くために求職者を絞り込む目的で転職エージェントを利用します。

スキルや経験を積んだネットワークエンジニアの方は高待遇の求人案件が見つかります。

例えばマイナビIT AGENTであれば利益がしっかり出ている企業の求人が豊富です。

利益が多く出ている企業は大手の転職エージェントを利用しているからです。

転職に少しでも興味がある人は1日でも早く動くことが転職の成功につながっていきます。

マイナビITエージェントで情報収集から始めてください。

>マイナビIT AGENTはこちら

目次

ネットワークエンジニアとは?フリーランスになるために必要なスキルや経験について

ネットワークエンジニアってどんな職種なんだろう?と気になる方もいると思います。

まずはネットワークエンジニアの業務内容について解説します。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとはコンピュータネットワークの構築、運用、保守などに従事するIT技術者のことです。

ネットワークエンジニアには

  • ケーブルやネットワーク機器を設置する業務
  • ネットワークが安定稼働しているか日々、確認する業務
  • お客様に新規ネットワーク回線をセールスする業務
  • 仮想化ネットワークを設計する業務

など様々な業務があります。

ネットワークエンジニアには類似の単語が多く、

インフラエンジニア、サーバーエンジニア、クラウドエンジニア、セキュリティエンジニアなどが挙げられます。

参考:クラウドエンジニアの需要は高い!必要なスキルや年収、将来性を解説 | パソナテック

インフラエンジニア

インフラエンジニアとはネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの総称です。

担当する業務領域によって区別されますが、近年ではクラウドやセキュリティ等の新領域の台頭によって職種間の線引きはあいまいになってきています。

ネットワークエンジニアのフリーランスになるためにはどんなスキルが必要?

ネットワークエンジニアがフリーランスに転身するためには最低3年程度の業務経験を正社員で積みましょう。

フリーランスを経験すると分かるのですが、実は会社員は給料をもらいながら学ぶことができます。

業務に必要な知識や環境を会社が用意し、指示通りに仕事をすれば給料ができます。

加えて、ネットワークエンジニアのスキルアップ支援(資格等)も会社負担であることが多いです。

このように会社員として

  • 仕事の流れ
  • 必要な技術力や経験
  • 各業務で必要となるドキュメント

などを3年程度学んでから独立を検討しましょう。

3年の経験があればフリーランスに転身したとき月50万円程、稼ぐことができるでしょう。

次はフリーランスの年収について詳しく紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスの年収はいくら?案件相場から解説

ネットワークエンジニアのフリーランスはスキルや経験に応じて稼げる年収に大きな差があります。

年収が低いネットワークエンジニアのフリーランスであれば月20万円です。

高年収の方であれば月150万円稼ぐエンジニアもいます。

この章ではレベル別にどれくらい稼げるのかを記載します。

フリーランスのネットワークエンジニアの年収イメージとしてお読みください。

完全未経験からフリーランスの年収相場は月20万円~30万円

ネットワークエンジニアとしてスキルなしでフリーランスに無理やりなった場合について解説します。

ただし、パソコンの基本操作はできている前提です。

WordやExcel(何故かインフラ業界はExcelを多用します)、Accessの基本操作は

できる必要があります。

このようなスキルなしの方でも運用保守でフリーランス案件はあります。

しかし、高単価は望めず月収は20万円~30万円程です。

先述したように未経験からフリーランスになることはおすすめできません。

  • スキルアップにつながらない仕事。監視業務等(夜勤有り)
  • フリーランスのネットワークは月収20万円~30万円のそこまで高くない
  • フリーランスであるため正社員のような安定や福利厚生がない働き方となる

といったように、フリーランスとしてのメリットを享受できません。

よほどの事情がない限りはいきなりフリーランスはやめたほうが無難です。

経験1年程度の年収相場は月30万円~50万円弱

経験1年程度でフリーランスのネットワークエンジニアになったパターンです。

1年程度でフリーランスになる方は

  • とにかくフリーランスになりたくて先走ってしまったパターン
  • ものすごく優秀な人パターン

と言ったパターンが多いです。

私の肌感覚ではとにかくフリーランスになりたくて先走ってしまったパターンが8割です。

きっかけは人それぞれですが「自由に働ける」「自分らしく働く」「独立」と言う世論が後押ししている気がします。

独立する際に周囲から

「うまくいくわけがない」

「フリーランスは生半可な気持ちでやるものではない」

と言った声がありますが、エンジニア不足の昨今、それなりに上手くやれている人が多いです。

また、例外として半年から1年でフリーランスになり50万円/月を稼ぐ人もいます。

これはもともと地頭がいい、エンジニアの素養があった等の理由によるものです。

筆者としては正社員のほうが効率的にスキルアップできるため1年で退職するのはもったいないのかなと思います。

そのため、経験1年程度でのフリーランス挑戦は否定はしませんが、おすすめしません。

経験3年程度の年収相場は月40万円~60万円

経験を3年程度積んでからフリーランスに転身するのは経験上、「あり」です。

正社員の学習効率の良さとフリーランスの稼ぎの良さの両立ができるからです。

正社員を3年ほど経験することで

  •  CCNP(ネットワークエンジニアの資格)を取得する
  •  英語スキルを身につける
  •  現場で実機を使用するのにもなれておく
  •  周りのお手本にしたいエンジニアの働きぶりを見ておく

といったことができます。

加えて「海外での業務経験」や「エンドユーザとの折衝」等、会社員時代でしかできないことにも積極的に挑戦しておくと良いでしょう。

※フリーランスとしてでもできるのですがハードルは格段に上がります。

3年ほど正社員勤務し、フリーランスになった場合は月40万円~60万円程度の年収となるでしょう。

これからネットワークエンジニアになる方はまず3年を目安にすることをおすすめします。

業務経験5年以上のネットワークエンジニアの年収相場は月60万円~90万円

ネットワークエンジニアとして一人前であると自他共に認めるのは業務経験5年以上のエンジニアです。

エンジニアとしての知識や立ち回りを覚え、組織でも中核として活躍しているレベルです。

フリーランスに転身すると月60万円~90万円稼げるでしょう。

ただし、この段階で正社員からフリーランスに転身する人は少ない傾向に感じます。

理由は在籍している会社での居心地が良くなってきていることがあげられます。

例えば

  • 会社では中堅社員として頼りにされている
  • 正社員でもそれなりの給料を稼げる
  • 年齢も30歳を超え、場合によっては妻子持ちのため転職には及び腰
  • ある程度、自分のやりたいように仕事を進められる

といった形で、フリーランスのメリットが薄れる傾向にあるためです。

当人からしても「フリーランスになったほうが稼げるのは分かっているんだけどね・・笑」

とまんざらでもない感じで働いている印象です。

ネットワークエンジニアとして独立できる選択肢をあえて選ばず「正社員として安定して働く」ことは合理的な判断だと言えます。

得意分野があるネットワークエンジニアの年収相場は月80万円~100万円

得意分野のあるネットワークエンジニアは稼ぎやすいです。

例えば・・・

  • 仮想化ネットワークの構築が得意
  • プロジェクトマネジメントができる
  • ネットワーク知識に加えて、英語対応OK
  • 提案から納品までこなせる

このように、得意分野があるとネットワークエンジニアとして稼ぎやすいです。

切り口はスキルだけではなく

  • システム会社のネットワークエンジニア構築が得意
  • 金融機関のネットワークに長年携わってきた

といったように得意な業界で強みを作る人もいます。

いずれにしても得意分野があることは大きなアドバンテージです。

フリーランスとして独立した場合、月80万円〜100万円程度の年収相場となるでしょう。

エンジニアとして、一通り業務ができるようになったら得意分野(強み)を作るもの良いのかもしれません。

スペシャリストの年収相場は月100万円~

ネットワークエンジニアの中でも一流のスペシャリストとして活躍できるスキルを身につけると

  • 時給1万円
  • CTO(技術担当役員)として参画
  • 月2時間コンサルティングするだけで10万円

といった形で働くことも可能となってきます。

ここまでくれば希望の条件で働けるようになるでしょう。

例えば

  • 起業参謀としてサービス立ち上げから携わる
  • 週1日だけはたらいてあとはのんびり
  • 二人分はたらいて月収200万円
  • 離島で完全リモートワーク

といったように働き方や希望のポジションも得られやすいです。

フリーランスのネットワークエンジニアを目指すのであればゆくゆくはこの頂きを目指されてはいかがでしょうか?

ただし、このレベルの美味しい案件はフリーランスエージェントには出ていないことが多いです。

「超」がつく美味しい案件を見つけるためには勉強会やオンラインサロンなど人脈づくりも必要になってきます。

スキルだけ一流でも信頼は得られません。

スキルはもちろん、過去の実績や周囲の評判がなければ美味しい案件にたどり着くことはできません。

一般的に会社員の方が大きな案件を担当しやすいです。

会社員のうちに人生を代表する実績づくりをしていきましょう。

情報収集したい方は、マイナビIT AGENTの利用がおすすめです。

マイナビIT AGENTでは未経験者向けの求人もありますが、経験者優遇求人を多数保有しています。

ITに精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のスキルやキャリアを考慮してお仕事を紹介してくれます。

マイナビIT AGENTは求人情報の8割が非公開求人ですが、公開求人検索から求人情報をチェックすることも出来ます。

ハイキャリア向けの求人情報は非公開となっている可能性が高いため、本気で情報収集したい方はぜひ相談してください。

マイナビIT AGENT
求人数
約18,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~1,000万円以上

  • マイナビグループが運営のIT・エンジニアに特化した専門の転職エージェント
  • シビアな条件交渉も得意なため要望を詳細に伝えるのが良い
  • 求人は自社サービスを持つ事業会社に特化
【無料】公式サイトはこちら

フリーランスはどのような案件がある?仕事内容について解説

ネットワークエンジニアのフリーランスではどのような案件があるのでしょうか。

ここでは地域や作業場所、役割に応じた仕事の傾向を紹介していきます。

都心と地方での案件の違い

ネットワークエンジニアの業務は都心に集中しています。

肌感覚で都心と地方の割合を示すと8:2くらいです。

そのため地方でフリーランスとしてネットワークエンジニアの仕事を受注するのは非常に難しいです。

フリーランスとして独立を考えるのであれば居住地を都心(できれば東京)にしましょう。

企業常駐の案件が大半でリモート案件はほぼない

ネットワークエンジニアは圧倒的に企業常駐の案件のほうが多いです。

これはフリーランス・正社員を問いません。

セキュリティ上の都合で、業務をリモートで行うことが難しいからです。

リモートワーク案件もないことはないのですが、割合としては10%程度です。

もちろん、人気案件のためなかなか回ってきません。

基本は企業常駐でのお仕事であることを理解しておきましょう。

担当フェーズは設計工程以上の上流が大半

ネットワークエンジニアは下記の4つの工程があります。

  • 設計:ネットワークを設計する
  • 構築:設計書をもとに構築する
  • 運用:構築された、ネットワークを運用する
  • 監視:問題なく、ネットワークが稼働しているか確認する

これらの工程は、スキル経験が必要な順として

「設計>構築>運用>監視」

となっております。

この工程の中でフリーランスに流れてくる案件の7割位以上は構築もしくは設計です。

それ以外の運用・監視は派遣社員に作業依頼しているケースが多くあります。

つまり、構築以上のスキル・経験を得てからフリーランスに転身するほうが、求人に困ることがありません。

これからネットワークエンジニアを目指す方は、ネットワークの構築・設計を経験しておきましょう。その経験が、フリーランスとしても大きな武器になります。

フリーランス案件の探す方法とは?フリーランスエージェントや人脈を活用するのがおすすめ

ネットワークエンジニアとしてのフリーランス案件の見つけ方は次の2つです。

  • フリーランスエージェントを利用する
  • 人脈を作る

それぞれ解説していきます。

案件の探す方法1:フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントで案件を見つける方法です。

「ネットワークエンジニア☓フリーランスエージェント」と検索すれば多数出てきます。

フリーランスエージェントの代表例としてPe-BANKやProEngineerを載せておきます。

Pe-BANK

>高単価案件を狙っていくならPe-BANK

ProEngineer

>経験浅でもフリーランスとして稼ぎたいのならProEngineer

フリーランスエージェントと聞くと敷居が高く感じられるかもしれません。

しかし、それは誤解です。

派遣会社の登録会とほとんど同じです。

強いて異なる点を上げるのであれば、細かくスキルチェックされるところです。

フリーランスとして働きたいのであれば案件を途絶えずに確保することは重要です。

仕事の傾向もわかるため登録だけでもしておくことをおすすめします。

案件を探す方法2:人脈を作る

自ら勉強会やエンジニア交流会に参加し、そこから案件に繋げる方法です。

この方法ではスキルが浅いうちは人脈から案件につなげることが難しいです。

経験を積むことで「時給1万円」や「サービスのリプレイスを自己裁量でできる」といったような魅力的な案件を獲得することもできます。

高待遇のネットワークエンジニアになりたい方へ

「ネットワークエンジニアで高待遇になるにはどうしたらいいの」

「転職をするならベストなタイミングはいつ?」

転職に迷っている方にまずやって欲しいことは、いち早く転職エージェントに相談することです。

転職エージェントには企業が非公開で募集する求人情報があります。

企業が非公開で求人を募集する理由は

  • 非公開にすることで、人事担当者の業務負担を減らす
  • 早急に人材が必要で効率良く採用したい

このような理由があります。

好条件の求人は人気のため、応募が殺到しやすく、企業はあえて非公開で募集することがあります。

また早急に人材が必要な場合も、選考する手間を省くために求職者を絞り込む目的で転職エージェントを利用します。

スキルや経験を積んだネットワークエンジニアの方は高待遇の求人案件が見つかります。

例えばマイナビIT AGENTであれば利益がしっかり出ている企業の求人が豊富です。

利益が多く出ている企業は大手の転職エージェントを利用しているからです。

転職に少しでも興味がある人は1日でも早く動くことが転職の成功につながっていきます。

マイナビITエージェントで情報収集から始めてください。

>マイナビIT AGENTはこちら

次は、フリーランスになるときの注意点について解説します。

ネットワークエンジニアのフリーランスになるときの注意点

「ネットワークエンジニアのフリーランスになるときの注意点はなに?」

と不安になる方もいると思います。

結論から記載します。

フリーランスになるときの注意点としてまず初めにお伝えしたいのは、

まずは「会社員としての一般教養を身に着けておくこと」をおすすめします。

具体的には

  • メール、報告書、稟議書の書き方
  • 報告、連絡、相談の仕方
  • 会議での立ち回り方
  • トラブル対応の手順
  • 経理、法務

等です。

私はフリーランスのネットワークエンジニアと一緒に仕事をしますが、会社員経験がない(もしくは浅い)エンジニアは少しずれていると感じます。

ぎりぎりにトラブルを伝えてきたり、メールの書き方が社会人として失礼であったり。

挙げ句、夜中に急ぎではない要件でTELしてきたりします。

本人はズレている認識はないのでしょうが明らかに社会人としての作法ができていない点が多くあります。

これも会社員としての一般教養を習得していないからです。

社会人としての一般教養を学んでおかないと周りに迷惑をかけます。

そのようなエンジニアはフリーランスとして高評価を得ることも難しいでしょう。

スキルがあっても人間的に問題があれば案件が終了する可能性も大いにあります。

そうならないために会社員時代に会社員としての立ち回り方を学んでおきましょう。

フリーランスネットワークエンジニアについてよくある質問と回答

ネットワークエンジニアはフリーランスとして独立可能?

ネットワークエンジニアはフリーランスとして独立可能な職種です。

むしろ他の職種と比較した場合フリーランスへの門戸が広く開かれていると言って良いでしょう。

スキルと経験を積むほど高単価で上流工程を担当できます。

逆に経験が浅いほど低単価で労働時間を切り売りするような働き方となります。

そのため筆者としては将来のキャリアや働き方を考えたときに、

「ネットワークエンジニアとして一定以上の経験を積んでからフリーランスに転身する」ことをおすすめします。

ただしフリーランスとなるとデメリットも多くあるため、

フリーランスネットワークエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え

でしっかりと事前にリスクを理解しておきましょう。

ネットワークエンジニアで在宅勤務は可能?

ネットワークエンジニアで在宅案件は可能です。

しかし、開発系のエンジニアと比べると在宅案件は格段に少ないです。

そのため難易度は高めであることを理解しておきましょう。

工程ごとに在宅の案件の求人数を紹介すると

  • 設計:◯在宅案件は豊富
  • 構築:△在宅案件少なめ
  • 運用:✕在宅案件ほぼなし
  • 監視:✕在宅案件ほぼなし

という傾向です。

補足すると構築業務は、構築後にネットワークの検証を行う必要があります。

検証にあたり実機がある企業オフィスのほうが何かと都合が良いので、構築工程での在宅案件は少なめです。

運用・監視はセキュリティの都合上、企業オフィス出社のほうがメリットが大きいので在宅案件はもっと少なくなります。

運用監視ツールを多数使用するので、環境をリモート化しづらい側面もあると言えます。

このようにネットワークは電力や鉄道のように社会的なインフラであるため、在宅案件での仕事は厳しいことを理解しておきましょう。

ネットワークエンジニア未経験からフリーランスになれますか?

こちらもよく聞かれる質問ですが、未経験からでもフリーランスになることは可能です。

例えば、ネットワークエンジニアではそこまでスキルを必要としない運用監視という業務があります。

そういった業務では未経験でもいきなりフリーランスとして独立可能です。

しかし、絶対におすすめはできません。

この場合、スキルアップが見込めない業務に就くことになります。

加えて、単価も月30万円程度と決して高額ではありません。

「30万円もらえるのだから良いのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

  • 交通費
  • 社会保険料
  • 税金(所得税、住民税、事業税、消費税など)

などを差し引くとサラリーマンの平均以下になってしまいます

有給はありませんし、病気で休めば、完全に作業が止まってしまいます。

退職金や労災も全て自分でまかなう必要があります。

ネットワークエンジニアとしては非常に低い手取りとなる状況でしょう。

これではフリーランスになる意味がありません。

この点については「フリーランスネットワークエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え」で解説しています。

ネットワークエンジニア未経験でフリーランスを検討している方は必ず一読してください。

最後に未経験からネットワークエンジニアのフリーランスになる方法をについて紹介します。

未経験からネットワークエンジニアのフリーランスになる方法を紹介!

「未経験からネットワークエンジニアのフリーランスになるにはどうしたらいいの?」

と気になる方も多いと思います。

未経験からネットワークエンジニアになるにはまず「CCNA」という資格取得をおすすめします。

CCNAとはネットワークエンジニアとしての知見を問う資格です。

ネットワークエンジニアの登竜門的な資格となっています。

未経験で入社してCCNAを取得するエンジニアも多数います。

CCNAがあれば企業側からも「最低限ネットワークの知見はある」とみなされ就職に役立ちます。

【CCNA試験概要】

受験料33,600円 (税別)
合格点1000点満点中850点から932点(テストごとに異なる)
合格ライン正答率65%~80%※
試験合格率約60%※

※合格ラインと合格率は非公表です

未経験であれば300時間弱が学習時間の目安です。

3時間/日の学習を3ヶ月が一つの合格目安です。

未経験からネットワークエンジニアへ転職を目指すのであれば、まずはCCNA取得を検討してください。

CCNA取得後、選ばなければ転職先は豊富にあります。

転職エージェントや転職サイトで「未経験OK」や「経験浅歓迎」の企業に積極的に応募しましょう。

未経験からネットワークエンジニアを志す方に一つだけアドバイスさせていただきます。

ネットワークエンジニアは最初から高年収というわけではありません。

最初は他業種とくらべて少し低いくらいです。

そこから、経験を重ねるにつれて年収がアップしてきます。

そのため最初はあまりより好みしすぎないようにすることがポイントです。

ここから未経験からネットワークエンジニアのフリーランスを目指す一歩を踏み出してください。

まとめ

10年ほど前はエンジニアのフリーランスといえば開発系が主でした。

しかし、ここ2~3年で一気にネットワークエンジニアにもフリーランス化の波が押し寄せてきました。

フリーランス化の波は今後も大きくなってゆくでしょう。

フリーランス・パラレルワークに代表されるように今後は働き方が今以上に多様化してくることは明白です。

当記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

監修者

ともかず

18歳で上京し、現在33歳。兵庫県出身。ケータイ販売・光回線営業・ホテルマン・期間工・居酒屋店員と職を転々。現在は、インフラ系SEとして割とまったり就業中。