【人事が酷評】年間休日105日は少ない!最低限あると良い休日の目安を解説

公開日: / 更新日:

年間休日105日は少ない!!

プライベートもある程度確保したい方は

「年間休日105日って少ないの?」

「どれくらいヤバいの?」

「年間休日は何日あればよいの?」

と気になりませんか?

年間休日105日って少ないの?

結論から言うと、年間休日105日は少ないです。

あとから紹介しますが、ほぼ祝日はありません

私は約10年間、人事として年間休日スケジュールを組む経験をしてきました。

さらに、年間休日96日の会社で働いた経験もあります

休みが極端に少ない会社に長く勤めると、たとえ自分で納得した条件だったとしても

「自分はどうしてこんなにも働いているんだろう」と憂鬱で無力感に襲われることが私自身何度もありました。

休みの日でさえ心の余裕がなくなる時があり、当時は本当にきつかったです。

年間休日105日がどのようなイメージかを理解できないと、就職・転職後に大きく苦労します。

この文章を読めば、年間休日105日がどれほど少ないのか、本当にその会社でいいのかを理解することができます。

「休みも取れないようなブラック企業には勤めたくない」という方はぜひ一読してくださいね。

休日がしっかりとれる優良企業に

「入ってみたら休日の少ないブラック企業だった」

このような企業選びの失敗はよくあります。

求人サイトの掲載情報だけでは企業内部の実際の情報を見極めるのが難しいからです。

企業選びに自信のない方はジェイックで無料の就活支援サポートを受けて見ませんか。

ジェイックは独自の厳しい審査基準でブラック企業を排除し、優良企業の求人を多く扱っているのが特徴です。

実際にジェイックが転職者に紹介した求人の定着率は90%以上の実績があります。

「今の自分のスキルでも年間休日120日以上の会社に就職できる?」

「今度就職するなら理想の会社はあるけど、本当に転職できる?」

転職はやり方次第で誰でも理想に近づけることができます。 

悩んだら一度、ジェイックに相談してみてくださいね。

>ジェイックに無料で相談

目次

年間休日105日は少ない!条件次第ではおすすめできる企業ではない

「年間休日105日は多いのかな。少ないのかな」と気になっていませんか。

結論からお伝えすると年間休日105日は非常に少ないです。

労働基準法では月に4日間必ず、取得させる義務を使用者に課しています。

参考:労働時間・休日 |厚生労働省

また、1日の労働時間は8時間までで、週に40時間までとなっています。

1日8時間労働をさせようとすれば、必ず土日を休みにする必要性が出てきます。

1年間は52週(365日/7日)で週2日休みを取るとすれば104日休みがあります。

残りのあとの1日はどこかでとることになります。

年間休日105日は、ほぼ土日以外休みがない過密な労働スケジュールとなります。

次は年間休日105日の具体的なイメージについて解説します。

年間休日105日は週休2日程度(祝日・お盆・正月休みなし)

年間休日105日は週休2日程度になります。

つまり、

  • 祝日
  • お盆
  • 正月休み

などが、ほぼ「ない」状態です。

参考:年間休日105日の企業の実態に迫る!メリット、デメリットを解説!|ジェイックの就職支援-就活お役立ち情報-

また、仮にお盆や正月休みなどがあるとすれば、土曜日に出勤することが当たり前のカレンダーとなります。

週に1日しか休みがないとなると、「相当、職場の人間関係が良くないと勤務するのはしんどい」

ということにもなりかねません。

よくある勘違い:「週休二日制」と「完全週休二日制」の違いは重要!

よくある勘違いとして「週休二日制」「完全週休二日制」の違いがあります。

「週休二日制」では月に1回でも土日休みなど週に2日の休みが取れる状態を指します。

反対に「完全週休二日制」では必ず毎週、週に二日の休みをとることができます。

  • 週休二日制:月に1回でも土日休みなど週に2日の休みが取れる
  • 完全週休二日制:必ず毎週、週に二日の休みをとることができる

「完全週休二日制」であれば毎週、土日に休みがとれるため、非常に休みが安定して取りやすいです。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

コラム:年間休日105日以下の会社で働いており、心身ともに疲弊している方へ

既に年間休日が105日以下の会社に勤務しており、悩んでいるのなら転職も検討しましょう。

その会社で働くことにやりがいも感じず、休日の少なさに心身ともに疲弊しているのなら辞めたほうが良いです。

もし転職を考えるなら、年間休日が少ない業界は避けて検討してみてください。

業種別の休日数ランキング_doda

引用元:業種別の休日数ランキング -全80業種 |転職ならdoda(デューダ)

この他にも夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇取得数などのランキングも業界別でまとめてありますのでぜひ参考にしてください。

参考:【データ集】全80業種の平均休日数一覧|業種別の休日数ランキング -全80業種 |転職ならdoda(デューダ)

退職するなら必ず次の転職先を決めてから

先述したように、いま現在年間休日が105日以下の会社に勤めていて、悩んでいるのなら転職も検討しましょう。

なぜなら若ければ若いほど、転職のチャンスがあるからです。

ただし転職先が決まっていない状態ですぐに辞めてしまうことはおすすめできません。

もし仕事を辞めるなら、必ず次の転職先を決めてからにしてください。

転職先はすぐ決まるとは限りません。

次の手職先がなかなか決まらないと金銭的にも精神的にも余裕がなくなります。

焦って妥協して合わない職場に転職しても、また辞めてしまうと可能性もあります。

このような悪循環だけは必ず避けましょう。

忙しくて転職活動が出来ない方は転職エージェントに相談してみるのもおすすめ

「ただでさえ休日が少なく、一人で転職活動できる余裕がない」

「年間休日日数で妥協したくない」

そんな方には転職エージェントを活用することをおすすめします。

一人で転職活動するよりも効率的だからです。

企業分析やおすすめの業界についてアドバイスがもらえるため、転職成功までの時間を大幅にカットできます。

まずは今の働き方について、転職エージェントに相談してみてください。

数多くの転職事例からあなたの働き方に合った仕事を求人紹介してくれます。

例えばハタラクティブなら、未経験OKの求人を多数扱っているので、自分に合った仕事を幅広く知ることができます。

また、休日が少なく忙しい場合でも、時間に対応が利くので安心できます。

もちろん無料でサポートを受けられるので、今の職場から少しでも早く抜け出したいならまずは相談してみましょう。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

中小企業・ベンチャーで、したい仕事であればOK!そうでなければ見送ろう

どうしても挑戦したい仕事があれば年間休日105日の企業を受けても問題ないといえます。

そうでない場合には、見送ったほうが賢明であるといえます。

年間休日105日しかないということは、長期連休などが存在しません。

参考:【2021年版】年間休日とは? 平均日数・カレンダー通り休日数・休みが多い業種ランキング|マイナビ転職

そのためよほど好きな仕事でないと続かないというデメリットがあるためです。

できれば、自分の好きな仕事ができるという場合以外には、見送るようにしましょう。

もし中小・ベンチャー企業で良い求人を探したいのならマイナビエージェントへの登録は必須です。

マイナビエージェントは大手マイナビのグループ企業であり、知名度が高く中小・ベンチャー企業も多く登録しているためです。

リクルートと比べると敷居が低いと感じて求人を依頼する企業が多いため、中小・ベンチャー企業志望者はぜひ登録してみましょう。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

しかし、環境によっては年間休日が105日でも問題ない場合もあります。

どのようなケースが問題なのか、筆者の見解を次で解説していきます。

年間休日数が105日で事務職は非常に待遇が悪い!115日以上を狙おう

よく「事務職でも年間休日数105日はダメですか?」と聞かれます。

結論からお伝えすると事務職でも待遇が悪いといえます。

事務職であっても年間休日数は115日以上ある求人を選ぶようにしましょう。

職種にもよりますが、年間休日数が少ない事務職は下手をするとやることがありません。

そのため、無駄な時間を待機する羽目になりがちです。

私も実際に年間休日数96日のベンチャー企業に在籍していました。

給与計算などの忙しい時期を除いては社員数が少ないため、仕事時間を持て余してしまいました。

結局、本を読んで社労士の過去問をする時間をとるような状態になったことがあります。

年間休日数が115日以上であれば連休が何度かあります。

かつ週休二日をとることができるため、働きやすいといえます。

もし事務職で求人を探したいのならパソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリアは女性の求人にも強く、事務職求人を多く取り扱っています。

オリコン顧客満足度調査|パソナキャリア

引用元:転職エージェントのパソナキャリア 転職エージェントが支援する求人・転職情報サイト

筆者も採用活動で事務職を採用する際には非常に重宝していました。

事務職の求人情報が多く担当者が詳しく把握していますのでまずこちらは登録しておきましょう。

>無料でパソナキャリアに登録する

コラム:年間休日数105日でも、残業なしであれば悪くない

年間休日数105日でも「残業なし」であれば悪くありません。

筆者も年間休日数たったの96日という企業に勤務していたことがありますが、残業は1秒もない会社でした。

そのため、プライベートな時間で簿記や社会保険労務士の勉強が出来ました。

残業がない会社であれば、年間休日が少なくとも問題ないといえます。

参考:業界ごとに違う!年間休日の目安

筆者は人事として、以下の業界を経験してきています。

  • 重機業界
  • 自動車業界
  • 印刷業界
  • 青果の卸売り

業界ごとにそれぞれ年間休日数に特色があるため、解説していきます。

重機メーカーは年間休日数123日から126日が主流

重機メーカーの年間休日数は123日から126日が主流です。

3日に1日休み、という風に考えると非常に休みが多いことに気が付くと思います。

重機メーカーは一台あたりの販売価格が高く、あくせく生産しなくてもしっかり儲かる商売をしています。

そのため、年間休日数は多くなるといえます。

自動車メーカーは121日。スズキ・日産以外はトヨタカレンダーで動く

自動車メーカーは部品子会社を含めて、ほぼ年間休日数121日のトヨタカレンダーで働きます。

ワークポート

スズキと日産自動車に関してはトヨタ系列の会社ではないため、別カレンダーとなっています。

トヨタカレンダーは基本的に土日休みです。

ですが、祝日も出勤となったり繁忙期の1月と2月は土曜日出勤があり完全週休二日制ではありません。

その代わり、8連休以上の長期休暇が年に3回(お盆や年末年始など)あります。

印刷業界は115日が平均

印刷業界は115日程度が平均となっています。

年間休日数115日の場合、年に何回か土曜日出勤が設定されています。

長期休暇は年に3回5連休がある程度となります。

たまに来る土曜日出勤が憂鬱ですが、それさえ耐えきれればなんとか勤務できる日数です。

野菜や精肉などの市場関係は96日が基本

野菜(青果)や精肉などの市場関係は年間休日数が96日です。

水曜日・日曜日が休みで、土曜日は基本的に出勤であることが多いです。

また市場関係の会社は市場が朝の3時から稼働していることもあり、早朝から仕事を始めることが多いです。

朝早い、休みは少ないというハードな職場環境になりやすいため、おすすめしません。

休みが多い会社は重機・自動車業界を狙おう

休みが多い会社は重機・自動車業界です。

休みが多くて賞与や給料が高い会社を狙う場合には、重機と自動車業界を狙うことをおすすめします。

休みが多い方がリフレッシュできます。

なによりも仕事のために自分を犠牲にしている感覚をなくすことができます。

おすすめはメイテックネクストです。

メイテックネクストはメーカーを中心に取り扱っており、自動車・重機業界の求人も多数あります。

メイテックネクスト ホームページ

引用元:エンジニアの転職ならメイテックネクスト

業界に精通したコンサルタントがサポートしてくれるので、あなたの理想に合った求人を紹介してくれます。

>無料でメイテックネクストに登録する

「年間休日105日は少ない」まとめ

  • 年間休日105日は週休2日程度。つまり祝日・お盆・正月休みがない。
  • 「週休二日制」では月に1回でも土日休みなど週に2日の休みが取れる状態を指す。
  • 「完全週休二日制」では必ず毎週、週に二日の休みをとることができる。
  • 中小企業やベンチャー企業で、どうしても挑戦したい仕事があれば年間休日105日の企業を受けても問題ない。
  • 年間休日数105日でも「残業なし」であれば悪くはない。
  • 休みが多くて、賞与や給料が高い会社を狙おうと考え場合には、重機と自動車業界を狙うことがおすすめ。

年間休日の多い企業を見つけるために

ここまで業界ごとに違う年間休日の特徴について解説しました。

もし年間休日105日の仕事で悩んでいるなら、

  • 年間休日が何日なら無理なく仕事を続けられるのか
  • その仕事が本当にやりたいことなのか

必ず自己分析を深めて、希望の条件や、やりりたいこと・やりたくないことを改めて明確にしてみてください。

そしてあなたの適正についてもよく知る必要があります。

自分に合っていない企業を選ぶとそれだけで仕事を続けていくことが難しくなるためです。

適職診断でおすすめなのはdodaの適職タイプ診断です。

引用元:適職探しのヒントが見つかる!転職タイプ診断|転職ならdoda(デューダ)

転職業界最大手のdodaが提供する適職タイプ診断は、転職希望者に的を絞った診断ツールですので、転職先やキャリアプランに悩んでいる方におすすめします。

全部で60問の質問に答えるだけで、仕事探しの軸を明確にすることができます。

7分程ですべての質問に回答することができますので、仕事で忙しい方でもすきま時間を利用して診断できます。

  • 「仕事を通じて成長性を感じるか」
  • 「社内の風通しはよいか」
  • 「残業は多いか」

など、現在の勤め先に関する質問もありますので、仕事に対する不満や理想を掘り下げることができます。

doda
求人数
11万件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

200万円~1,000万円以上

  • 幅広い業種・職種に向けて、良質な求人を紹介してもらえる総合転職エージェント
  • 保有する求人は約10万件と業界トップクラスの求人数を保有
  • 特に大阪・関西在住者の方におすすめ!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

理想の働き方や適職に納得感がない方はキャリア相談がおすすめ

ポジウィルキャリア

ここまでお伝えしたように、年間休日をはじめ理想の働き方を見つけるためにはまず自己分析を深めることが重要です。

  • 「適職診断サービスや他己分析をやってみたけど納得感が得られない」
  • 「絶対に転職を成功させたい」
  • 「手取り足取り転職活動をサポートして欲しい」

という方は、キャリアアドバイザーへのキャリア相談をおすすめします。

適職探しには深い自己分析や幅広い職種の把握が必要ですが、一人では到底できないためです。

転職エージェントでも簡易的な自己分析サポートはしてもらえますが、「転職支援」が目的の転職エージェントは自己分析のサポートは簡易的です。

「本当に自分にあった仕事を知りたい!」という方は迷わずキャリア相談サービスの利用がおすすめです。

例えば、キャリア相談で高評価なポジウィルキャリアであれば、

「あなたの人生を売り物にしない転職のパートナーがいる」というキャッチフレーズの通り、二人三脚で転職活動を進めることができます。

そのため、

  • 手厚い質の高いサポートを転職が決まるまで受けたい
  • 転職活動に自信がない
  • 自分の適性にあった理想の転職を叶えたい

といった方々におすすめです。

サービスの利用にあたっては有料ですが、相談は無料です。

ポジウィルキャリアでは

「どんな人生を歩んでいきたいか?」という観点から理想のキャリアを見つけるサポートをしてくれます。

少しでも興味がある方は、一度無料相談の予約をしてみてはいかがでしょうか。

>ポジウィルキャリアの無料相談予約はこちら

次は、年間休日以外の待遇について解説します。

年間休日だけを見るとうっかりと見落とす待遇があるので、絶対チェックしてください。

待遇は年間休日だけではない!後悔しないための待遇チェックリスト5個

「じゃあ年間休日の多い会社を選べばプライベートは充実するんだな」

と安易に年間休日だけを見て企業に応募するのは避けるようにしましょう。

年間休日の他にも賞与などチェックすべき点が多々あるためです。

具体的には、以下のような5つの項目があります。

  • 賞与の有無をチェック
  • 交通費が支給されるかチェック
  • 完全週休二日制をチェック
  • 退職金制度の有無をチェック
  • 同族会社であるか否かのチェック

それぞれについて解説します。

賞与の有無をチェック

賞与の有無を必ずチェックするようにしましょう。

賞与がなくて年間休日が仮に126日の会社にいても、お金はないのに休みだけある」

という全く楽しくない状況になります。

必ずお金をしっかりと支給されるかどうかをチェックするようにしましょう。

交通費が支給されるかチェック

交通費が支給されるかチェックするようにしましょう。

非課税限度額は10万円/月で、ちゃんとした企業ほどこの10万円までをしっかりと支給します。

もしも交通費の支給がない場合には、仕事に行くだけで赤字になってしまいます。

注意してみるようにしてください。

最悪なのは10万円以下に交通費が設定されているケースです。

必ず10万円まで毎月払うまともな企業を探すようにしてください。

ハタラクティブ

完全週休二日制をチェック

完全週休二日制かどうかは必ずチェックするようにしましょう。

「週休二日制」は一ヶ月のうち、一度でも週2日間休みが取れれば「週休二日制」を名乗れてしまいます。

「完全週休二日制」は毎週、必ず2日の休みがないと名乗れません。

大きな違いなので、チェックするようにしましょう。

退職金制度の有無をチェック

退職金制度の有無をチェックするようにしましょう。

退職金制度がない会社では、定年後の生活が成り立たない危険があります。

また、中退共か、会社独自の退職金制度かもチェックするようにしましょう。

中退共は安いです。

会社独自の退職金制度がある方が安心であるといえます。

ワークポート

同族会社であるか否かのチェック

同族会社ではいくら努力しても自分が経営者層になることは難しいです。

仮にどれだけ労働環境が良くても、同族会社では努力とは無関係に出世が決まっています。

そのため、出世を目指して頑張りたいという場合には、同族会社は避けるようにしましょう。

役員名簿などをホームページで見て、同じ苗字の役員ばかりがいたら要注意です。

コラム:ホワイト企業の探し方は転職サイトとエージェントを併用

ホワイト企業の探し方としては、転職サイトとエージェントを併用することが大切です。

サイトだけでは情報に偏りがありますし、特定のエージェントだけを活用すると求人の質が見極められません。

必ず転職サイトと転職エージェントに同時に登録して、求人を見極めるようにしましょう。

おすすめはリクルートエージェントジェイックです。

リクルートエージェントは最大手ですので、質と量が担保されています。

そのため、豊富な求人から自らの希望に合った求人を一緒に探してくれるでしょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ジェイックは定着率の低い求人は紹介しないという特徴があり、なんと定着率90%以上の実績があります。

つまり、働きやすく社員が辞めにくいプロが認めた求人を厳選して紹介してくれるのです。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

一人で求人を探すのは非常に大変です。

転職に対して一人で悩んでいるなら転職エージェントに一度相談してみましょう。

無料ですので失うものはなく、むしろ得られるものの方が大きいことを約束します。

年間休日105日についてよくある質問

<年間休日105日って少ないの?

結論からお伝えすると年間休日105日は非常に少ないです。

年間休日105日は週休2日程度になり、祝日・お盆・正月休みなどが、ほぼ「ない」状態です。

事務職でも年間休日数105日はダメですか?

事務職であっても年間休日数は115日以上ある求人を選ぶようにしましょう。

閑散期はすることがなく時間を持て余す可能性があります。

どんな人なら年間休日105日がおすすめですか?

どうしても挑戦したい仕事があれば年間休日105日の企業を受けても問題ないといえます。

そうでない場合には、見送ったほうが賢明であるといえます。

もっと質問を見たい

この他の質問については就職・転職 なんでも相談室でお受けいたします。 お気軽にどうぞ。

まとめ

年間休日105日は少ないです。

1年間を52週間と考えても、2日間土日休みで計算しても、お盆と祝日などの休みがありません。

どうしても行きたいと思えるような企業や、自分が好きだと思えるような仕事以外で応募することは避けるようにしましょう。

休みが多い業界としては自動車業界と重機業界となります。

年間休日数のみをチェックするのではなく、他の退職金などの福利厚生をチェックすることも忘れないようにしましょう。

特に交通費と退職金がまともに整備されていない会社は仕事にいけばいくほど赤字になります。

年間休日のみで判断するのではなく、総合的な待遇を見て入社を決めるようにしましょう。

企業分析をするなら転職エージェントを活用してください。

特におすすめは以下の2つです。

  • リクルートエージェント:業界最大手であり、質と量が担保される
  • ジェイック:職歴が浅くても優良企業を目指せる

他にもおすすめの転職エージェントを知りたい方は、「最適な求人が見つかるエージェントを人事が徹底比較」を参考にしてください。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。