元人事が教える期間工から正社員になる5つの条件とは?具体的な手順の全て

公開日: / 更新日:

正社員を目指している期間工の方は

「期間工から正社員に本当になれるの?実際は難しいんでしょ。」

「正社員になるには何をすれば良いの?正社員になりやすい期間工求人を教えて」

「正社員の給料はいくら?低くなるって本当?」

と気になりませんか?

筆者はトヨタ自動車・ダイハツ工業グループで期間工の正社員登用試験において試験監督・面接官を経験してきました。

実際に何名も正社員にしています。

その経験からお伝えすると期間工から正社員になることは可能です。

ただし、正社員になりやすい条件があります

例えば、必ず係長推薦を受ける必要があるということです。

この係長の推薦を受けるまでが最も大変で、推薦をもらえれば努力次第で合格することができます。

さらに会社が儲かっていることも重要な条件となってきます。

年度ごとに会社は決算を出しているため、不景気な年には正社員登用の人数は少なくなります。

もっと言えば生産需要の大きい工場が有利となります。

生産需要が低く残業の少ない工場では正社員登用に期待できません

このようにこの記事を読めば、期間工から正社員になる方法について理解することができ、実践することができます。

本気で期間工から正社員を目指したい方はぜひ最後まで一読することをおすすめします。

期間工から正社員は難しいのか?

期間工から正社員になることは難しくはありません。

なぜなら期間工の正社員登用比率はなんと約10%確保されており、倍率はたったの10倍となっているためです。

大企業の一般中途採用枠ではあり得ないくらいの合格率で、大手自動車メーカー・大手自動車部品メーカーでは正社員中途採用者の面接倍率が100倍を超えることもあります。

例えば事務系では募集人数がたった1人なのに対し100名以上の応募者が集まることも頻繁にあります。

大手自動車メーカーに限らず大手部品メーカーも同様です。

その中で期間工の正社員登用確率は一般中途採用者枠の約10倍ということです。

比率に直すとすごく希望のある数字です。

次は、期間工から正社員になるための条件について解説します。

期間工から正社員になるための条件5つ

期間工になるためには条件をクリアする必要があります。

年齢的な条件や、勤務評定などをクリアしないと正社員登用されないためです。

実は期間工は普段から勤務評定がつけられています。

期間工という契約社員待遇から正社員待遇になるために普段から一定の評価基準が設けられており、係長と人事部の間で評価表を共有しています。

具体的には、以下の条件があります。

  • 20代であること
  • 勤務評価が高いこと
  • 残業を月40時間以上協力していること
  • 係長推薦をもらっていること
  • 勤務している工場の生産需要が高いこと

それぞれについて解説します。

条件1:20代であること

期間工から正社員登用されるためには20代であることが重要です。

理由として、期間工の正社員採用はスキルなしの方を正社員にするという激甘の採用基準で採用することになってしまうためです。

一般的には中途採用では30歳を超えた方の採用では厳しい職歴要件が設けられる年齢です。

そのためスキルなしの30代が期間工として正社員登用されるほど甘くはありません。

スキルなしで正社員登用されるのは20代までです。

正社員採用の厳しさが伝わってくるのがこの年齢制限です。

30代以上については後半の「期間工以外から正社員就職する方法★内部リンク」を参考にしてください。

条件2:勤務評価が高いこと

正社員登用されるためには勤務評価が高いことが大前提です。

優れた人材でなければ正社員登用することは難しいためです。

勤務評価を上げるためには

  • 積極的に残業に協力する
  • QC大会で発表役を買って出る

などの行動に出るようにしましょう。

行動した分だけ勤務評価は高くなります。

反対に目立った行動実績もなく残業時間もそれほどしていないという状態では評価は上がりません。

条件3:残業を月40時間以上協力していること

繁忙によって差が出ますが、残業に積極的に協力をしているかどうかはとても重要です。

なぜなら自動車業界においては残業をする人が偉い人という風潮が残っているためです。

残業時間が多ければ残業代を貰えるだけではなく、会社からも評価されやすくなるということです。

残業時間40時間と目安を記載しましたが、40時間を超える残業を積極的に行い生産に尽力している方はもっと高い評価を得られます。

また、自動車業界自体が残業体質から脱却出来ていないため残業に抵抗感がない方が正社員ライフを幸せに過ごせます。

条件4:係長推薦をもらっていること

期間工から正社員になるためには係長推薦を受けることが大切です。

係長推薦がなければ正社員登用試験の対象にもならないためです。

現場の係長推薦はいわば人材の質の担保となっています。

現場から推薦を貰えない人に正社員登用は難しいです。

条件5:勤務している工場の生産需要が高いこと

正社員登用試験の合格人数にも影響しますが、勤務している工場の生産需要が高いことが重要です。

暇な工場では正社員登用しても受け入れる場所がないためです。

現場が常に定時上がりなのに人を増やしてもやってもらう仕事がありません。

生産需要が高い工場はいつも人手不足状態ですから積極的に正社員を求めています。

正社員登用を考えている方は残業が多い工場を勤務地に選ぶようにしましょう。

定時上がりが常態化している工場は、いずれ工場ごと消滅する運命です。

生産が少ないということはそれだけ売り上げが低い工場ですから、生き残ることは難しいでしょう。

人材紹介会社の期間工.jpから応募する際に、担当者から残業が多く正社員登用の人数が多い工場を教えてもらうようにしましょう。

どの工場の残業が多くなっているのかは人材紹介会社の人が把握していることが多いです。

>期間工.jpに無料で相談する

「正社員登用されるためにどんな準備ができるの」と気になりませんか。

次は、正社員登用されるためにできる準備について解説します。

正社員登用されるために普段からしておくべきこと

正社員登用されるためには必ず残業に協力し、欠勤をなくしましょう。

「なんだそんなことか」と思われるかも知れませんが、当たり前のことを当たり前にできる人材が工場には必要なため重要です。

工場では協調性もさることながら真面目に黙々と休まず作業を出来る人が求められています。

具体的には、以下のことです。

  • 残業に協力すること
  • 欠勤しないこと
  • 係長から信頼を得ること

それぞれについて解説します。

残業に協力すること

正社員になるためには積極的に残業をすることが大切です。

残業をすることで周囲から繁忙時に頼りになる人材だと評価されるためです。

同部署の期間工や正社員が残業をしているのに1人だけ定時で上がると「協調性がない」と評価が下がります。

残業代を稼ぎ、現場からの評価をアップさせるためにも残業は積極的に行いましょう。

欠勤しないこと

正社員登用推薦を受ける場合、欠勤しないことが重要です。

なぜなら、欠勤をする人は戦力にならないためです。

生産がひっ迫しているときに限って休んでしまうようでは頼りになりません。

正社員になったときも「この人は会社が困ったときに協力してくれるのかな?」と周囲を不安させてしまいます。

ただし、有休はOKです。

突発で休むのではなく、事前に係長に有給申請をして休む分には問題ありません。

係長から信頼を得ること

正社員登用試験に合格するためにも必ず係長から信頼を得るようにして下さい。

最終的に誰を正社員登用試験に推薦するかは係長が決定するためです。

係長は現場のことを一番よく理解して管理しているという立場の管理職ですから、彼らに推薦権があると考えて接するようにしましょう。

人間関係を円滑にするためにコミュニケーションをしっかりとり、積極的に残業やQC活動をこなしていきましょう。

ところで「正社員になりやすいところはどこなの」と気になりませんか。

次は、正社員になりやすい期間工ランキングを紹介します。

正社員になりやすい期間工ランキング

「正社員になりやすい期間工はどこ」と気になりませんか。

期間工から正社員になりやすい会社は求人票に「正社員登用アリ」と明記し、正社員登用の人数やパーセンテージをハッキリと示している会社です。

なぜなら、求人票に明確に数字や実績を記載した期間工求人は責任を持って正社員登用活動も行っているためです。

そのため実績や正社員登用ありと書いている会社を積極的に探して受けるようにしましょう。

ちなみに正社員登用人数はスバルとトヨタが突出して多いです。

正社員になりやすい期間工は以下の通りです。

  • 1位スバル:1,680名
  • 2位トヨタ:1620名
  • 3位ダイハツ:正社員登用年度における期間工総数の10%程度

こちらについて詳細を解説します。

1位スバル:1,680名

スバルは正社員登用人数が1,680名とたくさんの期間工を正社員登用しています。

スバルも現在はトヨタ傘下のため、トヨタと方針を同じく積極的に正社員登用を行っているためです。

スバルがある群馬県は地方で求人が少ないため、スバルのような大企業で正社員になることのメリットは大きいです。

地方は物価や地価が東京都と比較すると安いため、それほどコストがかからない場所で大企業の給与を得られる状態になります。

>スバルの期間工に応募する

2位トヨタ:1620名

トヨタは1,620名の正社員登用実績があると公表しています。

トヨタ自動車に一般的な中途採用枠で入社しようとすると難易度が高いですが、期間工なら1,620名も中途入社出来ているということです。

トヨタ自動車に正社員として勤務することができれば期間工という非正規待遇から一気に日本一の大企業正社員へと人生逆転させることもできます。

正社員になり10年ほど現場で我慢すれば机に座ってするような仕事でお給料を貰うようになることもできます。

>トヨタの期間工に応募する

3位ダイハツ:正社員登用年度における期間工総数の10%程度

ダイハツ工業は人数を発表していませんが正社員登用年度における期間工総数の10%を正社員と用しています。

1,000人期間工が在籍していれば100名は正社員になれるということです。

参考:期間社員採用ホームページ|ダイハツ工業株式会社

ダイハツの期間工で正社員登用を狙っている方はぜひ以下の拠点で仕事をしてください。

  • ダイハツ滋賀工場
  • ダイハツ九州

九州と滋賀が最も期間工の正社員登用が活発です。

ダイハツ九州は最新鋭工場であり、滋賀工場は生産のメイン拠点となっています。

ダイハツ九州に関してはダイハツ工業から独立した別会社になっているため求人を探す際はダイハツ九州だけの求人にエントリーしてください。

>ダイハツ九州の期間工に応募する

ダイハツ滋賀工場はダイハツ工業の求人からエントリーしてください。

特に滋賀工場は早期赴任手当という「特定の時期に入社してくれたらお祝い金を渡すよ」というキャンペーンをよくしています。

それだけ生産需要が高く忙しいため早期赴任手当がついています。

>ダイハツ滋賀工場の期間工に応募する

正社員登用においても滋賀工場は忙しい工場のため、正社員登用人数に期待ができます。

ただし、ダイハツ九州は九州工場で正社員登用試験を受けますが、滋賀工場組は大阪池田の本社で試験が実施される可能性が高いです。

関西組は試験日にホテルに宿泊するなど忙しい可能性があります。

ところで「面接で確認されるポイントってどんなポイントなの」と気になりませんか。

次は、期間工の正社員登用で面接官がチェックするポイントについて解説します。

面接で確認されるポイント

期間工の正社員登用の面接では「創意工夫をして仕事を進めているかどうか」が最も重要視されます。

現場の推薦があり仕事実績がすでにあるため一般的な中途採用面接のようなことは聞かれない傾向にあります。

また現場の管理職である係長の推薦を受けているため人物面等の担保は取れている状態となっています。

係長推薦を貰っている期間工を落とすことは係長の顔を潰すのと同じです。

期間工が正社員登用面接で確認されるポイントは以下です。

  • QC活動等でどんな発表をしたのか
  • 創意工夫をして作業をしているかどうか

つまり、漫然と仕事をせずに真摯に改善を意識して仕事をしているかどうかが問われるということです。

「あなたは期間工としてどんな仕事をしてきましたか」と面接官に問われたときに「必死に目の前の作業をこなしていました」と答えるのはNGです。

「仕事効率をアップさせるために段替えの時間を5秒短縮して生産をアップさせた」など具体的かつ創意工夫が伝わるような答え方をしましょう。

このように仕事中の自分なりの創意工夫やこだわりを知りたいと考えている役員・面接官が多いことを理解しておきましょう。

面接の次に「期間工の筆記試験って難しいの」と気になりませんか?

次で解説しますがハッキリ言って難しくありませんのでご安心ください。

筆記試験で求められる学力は?

筆記試験で求められる学力は中学卒業程度の学力です。

筆記試験の点数は満点を目指して努力してください。

毎年筆記試験で落ちる人が一定数いるためです。

本来は係長推薦を受けているので悪い点数を取らなければ落ちるはずがありません。

絶対に8割以上は取得するようにしましょう。

また、学力に不安がある方は各自動車メーカーの工場人事の方に国語ドリルや算数ドリルなどを借りましょう。

何度も繰り返し勉強するようにして下さい。

次は、期間工以外で正社員に就職する方法について解説します。

20代でない方や他の仕事の可能性も興味ある方はぜひチェックしてください。

期間工以外から正社員就職する方法

「年齢も年齢だし期間工以外で就職する方法を知りたい」と気になりませんか。

期間工以外から正社員になるためには既卒向けの転職エージェント活用や、紹介予定派遣等の手段があります。

具体的には、以下のような方法です。

  • 就職成功率80%超のジェイックから正社員になる
  • 紹介予定派遣から正社員になる
  • 手に職をつけて正社員になる

それぞれについて解説します。

就職成功率80%超のジェイックから正社員になる

ジェイックという就職支援会社があります。

既卒などの職歴のない若者の就職支援に特化しており、成功率80%を誇っておりおすすめできます。

ジェイックの優れた点は素早く正社員になれるシステムがあることです。

ジェイックの開催する営業カレッジを1週間受講すると優良企業30社との連続面接会に参加できます。

早ければ2週間程度で正社員になれるため、おすすめです。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

紹介予定派遣から正社員になる

いきなり正社員になるのは難しいと考えている方は紹介予定派遣から正社員になる方法がおすすめです。

紹介予定派遣は正社員登用を前提とした派遣となっているためです。

派遣期間中に会社が派遣社員の能力を見極め一定期間経過後に正社員にするかどうかを判断します。

紹介予定派遣では入社する会社をじっくり吟味して決めることができ早期離職を回避することができます。

紹介予定派遣について詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

手に職をつけて正社員になる

正社員になる方法として手に職をつけるという方法があります。

手に職をつけることによって、正社員として転職しやすくなるためです。

特にITエンジニアは需要も高く、正社員転職に有利なことに加えフリーランスとして独立することも可能です。

手に職をつけるため、ネットビジョンアカデミーを活用してみましょう。

ネットビジョンアカデミーは既卒・第二新卒をスクールに通わせ2か月で技術習得と就職支援を行う仕組みです。

無料でスキルを身に着けられる上に、就職率98%を誇る力強い求人紹介をしてもらえます。

>ネットビジョンアカデミーで手に職をつける

手に職をつけて正社員を目指したいと考えている若者はぜひ活用してください。

以下の記事も手に職をつけたい方に非常におすすめですのでぜひ参照してみて下さい。

まとめ

今回は、期間工から正社員になる方法について解説しました。

本文中でも解説しましたが特に注目して欲しいのは正社員登用の確率の高さです。

期間工の正社員登用は10%が正社員になれるのに対して、一般的な中途採用枠は1%しか枠がありません。

期間工の方が一般的な中途採用者よりも確率的には優遇されています。

正社員になるためには以下の条件をクリアする必要性があります。

  • 20代であること
  • 勤務評価が高いこと
  • 残業を月40時間以上協力していること
  • 係長推薦をもらっていること
  • 勤務している工場の生産需要が高いこと

条件をクリアし、正社員登用試験合格を目指しましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。