派遣会社の正社員はあり?比較表で一般派遣や正社員との違いが一目瞭然!

公開日: / 更新日:

派遣会社の正社員はあり?

派遣会社の正社員を聞いたときに

「派遣会社の正社員は一般派遣とどう違うの?」

「待遇は一般の正社員と同じなの?」

と気になる方は多いのではないでしょうか。

派遣会社の正社員は一般派遣とどう違うの?

実は、派遣会社の正社員は、常用型派遣を指します。

常用型派遣とは派遣会社の正社員になり、様々な派遣先へ派遣される雇用形態です。

この雇用形態が一般的でないため

「ありなの?どう?」気になっている方は多いでしょう。

筆者は10年間、人事・採用担当を経験し、正社員・派遣社員・常用型派遣社員をみてきました。

それぞれの待遇やキャリア、どんな人におすすめかをこの記事で解説しています。

この文章を読めば、派遣会社の正社員である常駐型派遣の実態を知ることができます。

また、キャリアについても具体的に理解することができるでしょう。

誤ったキャリアを選択しないためにも最後まで一読してみてください。

正社員になりたい方へ

結論から申し上げますと、正社員になる最大の近道は転職することです。

そして、あなたが本当に正社員になりたいのなら転職エージェントへの相談をおすすめします。

一人で悩むよりも、転職のプロに客観視してもらった方があなたに合った仕事が見つかりやすいためです。

当然あなたに合った求人に応募すれば、選考を通過できる確率も格段に上がります。

特におすすめはDYM就職です。

DYM就職は未経験OKの求人を幅広く紹介してくれます。

そのため、あなたに合った業界や職種の仕事を紹介してもらい新しい価値観に気づくことがもできます。

サービス満足度90%と、ほとんどの人が満足いく内容のサービスを受けられています。

全て無料でサービスが受けられますので、少しでも悩んでいるのなら相談だけでも損しないことを保証しますよ。

>DYM就職に無料で相談する

目次

派遣社員の正社員は「常用型派遣」を指す!

派遣会社の正社員は、「常用型派遣」を指します。

常用型派遣は派遣会社の正社員です。

身分は派遣会社の正社員のままメーカーなどの派遣先で仕事をすることになります。

派遣契約がなくなっても派遣会社の正社員であるため原則、月給が支払われます。

そのため通常の派遣社員とは異なり常用型派遣は仕事が安定して受けられるというメリットがあります。

次は、常用型派遣の年収・キャリアについて解説します。

常用型派遣とは?年収・キャリアなど待遇を一般派遣と比較!

常用型派遣の待遇

「常用型派遣の年収・キャリアや待遇はどうなっているのだろうか」と気になっていませんか。

常用型派遣のポイントとして、雇用の保証や賞与があります。

下記の図表に常用型派遣と派遣の待遇についてまとめました。

待遇常用型派遣(派遣会社の正社員)一般的な派遣
雇用主派遣会社派遣会社
雇用期間65歳まで3年間
勤務時間派遣先に準じる派遣先に準じる
休日派遣先に準じる派遣先に準じる
有給ありあり
給料月給時給
ボーナス(賞与)ありなし
交通費ありなし(派遣先によってはあり)
健康保険ありなし(派遣先によってはあり)
厚生年金保険ありなし(派遣先によってはあり)
雇用保険ありなし(派遣先によってはあり)
退職金ありなし
福利厚生ありなし
キャリア勤続年数に応じてキャリアアップキャリアは断絶する可能性が高い

大きな違いや質問をよく受けるポイントについて解説していきます。

常用型派遣と一般派遣の大きな違いは雇用期間と年収

常用型派遣と一般派遣の大きな違いは雇用期間年収です。

一般派遣はよほどのことがない限りは3年を目途に雇用期間が終わります。

反対に常用型派遣は、会社が倒産しない限りは65歳までの雇用が保証されています。

正社員待遇の常用型派遣は賞与が支給されるため、一般派遣よりも年収が高くなる可能性があります。

常用型派遣の年収は会社規模・職種によって大きく変化する

常用型派遣の年収は、派遣会社の会社規模や職種によって大きく変化します。

単純労働系の派遣は年収が低いです。

ですが技術系の派遣は派遣先から受け取る単価が高いこともあり、年収が高くなります。

技術系であれば派遣といっても、年収が単純労働系の派遣よりも1.5倍ほどは高い可能性があります。

メイテックなどのエンジニアを中心とした常用型派遣では、生涯勤め上げることも可能です。

常用型派遣はキャリア設計も可能

常用型派遣はキャリア設計を行うことも可能です。

雇用形態が正社員としての雇用であることによって社内で勤続と共に地位が向上する可能性があるためです。

通常の派遣であれば派遣先の雇用期間が終わればそこでキャリアが断絶します。

反対に、常用型派遣はキャリアが派遣先の都合で断絶しません。

次は、常用型派遣(派遣会社の正社員)のメリットとデメリットについて解説します。

常用型派遣(派遣会社の正社員)のメリットとデメリットは?

「常用型派遣のメリットとデメリットってなんだろう」と気になっていませんか。

常用型派遣のメリットとデメリットは以下になります。

メリットは、

  • 正社員なので雇用が安定している
  • ボーナスが支給される
  • 教育制度がある(先輩後輩、育成カリキュラム)
  • 社外のコネクションができる

デメリットは、

  • 中堅以上は派遣先が減少!専門的スキル・経験が必要
  • 仕事の自由度が派遣社員よりも下がる
  • 時給換算すると派遣社員よりも給料が低いこともあり得る
  • 派遣先で正社員登用の打診に応じられない

それぞれについて解説します。

常用型派遣のメリット

常用型派遣のメリットとしては、雇用が安定しており、ボーナスの支給などがあることです。

また、教育制度や社外のコネクションを作ることができるなど、様々なメリットがあります。

常用型派遣のメリットについて解説します。

ハタラクティブ

正社員なので雇用が安定している

正社員なので雇用が安定しています。

一般派遣は3年を目途に雇用が終了します。

常用型派遣では、65歳まで会社が存続する限りは雇用の保証を受けることができます。

安定して就労することができます。

ボーナスが支給される

一般派遣が時給で働き、福利厚生などがないのに対して、ボーナスが支給されることがあります。

会社の規模によっては支給されない可能性があります。

ですが、正社員雇用のメリットであるボーナスの支給が受けられる可能性があるのは魅力です。

教育制度がある(先輩からの指導、育成カリキュラム)

一般派遣とは異なり、常用型派遣には教育制度があります。

先輩から指導を受けたり、育成カリキュラムを受けることができます。

スキルアップの役に立つことも多いので、非常に魅力的ですね。

社外のコネクションができる

社外のコネクションが出来る機会を得ることができます。

派遣先で様々な会社の社員と交流をし、コネクションを作ることで仕事の幅が広がることもあります。

様々な会社の社員と交流して、視野を拡げることが出来るのは魅力的です。

常用型派遣(派遣会社の正社員)のメリット

  • 正社員なので雇用が安定している
  • ボーナスが支給される
  • 教育制度がある(先輩からの指導、育成カリキュラム)
  • 社外のコネクションができる

JAIC

常用型派遣のデメリット

常用型派遣のデメリットとして、年齢が高くなるほどスキルを求められることになる点にあります。

また、仕事の自由度なども、一般派遣と比較すると下がります。

常用型派遣のデメリットを解説します。

中堅以上は派遣先が減少!専門的スキル・経験が必要

中堅以上は派遣先が減少し、専門的スキルや経験が必要となってきます。

技術系などでは特に顕著で、専門的なスキルや経験を持った人材は重宝されます。

ですが一方、年齢相応の技術を身に着けていない方は派遣先が少なくなっていきます。

専門的なスキルを身に着けることが大切です。

仕事の自由度が派遣社員よりも下がる

仕事の自由度が派遣社員よりも下がることがあります。

一般派遣とは異なり、派遣会社の正社員として会社の看板に傷をつけないように勤務する必要があるためです。

勤務先も派遣元の命令を受けて派遣されることになるため、選べる選択肢は一般派遣よりも少なくなります。

時給換算すると派遣社員よりも給料が低いこともあり得る

常用型派遣の場合、時給換算をすると一般派遣の派遣社員よりも給料が低いこともあり得ます。

一般派遣は雇用の保証がない代わりに時給を高めに設定されているためです。

常用型派遣では技術系など特殊な技能を持っていない限り、高い給与は得られないと考えた方が良いでしょう。

派遣先で正社員登用の打診に応じられない

派遣先で正社員登用の打診を受けても応じられないことになります。

派遣元の正社員であることを企業も理解しています。

仮に大企業の派遣先から正社員登用できる水準の実力を持っていると判断されたとします。

その場合でも、なかなか正社員登用の声はかかりません。

仮に声がかかっても、派遣元の了承を得る必要があります。

常用型派遣(派遣会社の正社員)のデメリット

  • 中堅以上は派遣先が減少するので専門的スキル・経験が必要
  • 仕事の自由度が派遣社員よりも下がる
  • 時給換算すると派遣社員よりも給料が低いこともあり得る
  • 派遣先で正社員登用の打診に応じられない

常用型派遣がおすすめな人は技術系の人

常用型派遣のメリット・デメリットを紹介してきましたが、常用型派遣がおすすめ人は技術系の人です。

技術系であれば派遣先に派遣されやすいですし、月給も高くなるためです。

技術系以外で常用型派遣になるのは筆者としてはおすすめできません。

もし気になるのであれば、40代以上の常用型社員がどのようなキャリアを描いているか確認しましょう。

自分でそのキャリアを歩めそうであれば問題ないでしょう。

20代後半〜30代半ば、40代でも、技術や経験がある方は経験を活かした転職も可能です。

おすすめはメイテックネクストで、エンジニア派遣のトップ企業であるメイテックのグループのエージェントです。

モノづくり系企業と多数の取引実績があり、非公開の技術系求人も多数あります。

「自分のスキルで一体どれくらいの稼げる企業に就職できるの?」

と気になる方は登録だけして、今の条件と比較してみるのも手です。

>メイテックネクストはこちら

メイテックネクスト ホームページ

次は、常用型派遣と正社員の比較について詳しく説明していきます。

常用型派遣と一般企業の正社員との比較

常用型社員の検討を進めると、

「常用型派遣と一般企業の正社員の違いってどんなところなのだろうか」と気になっていませんか。

常用型派遣と一般企業の正社員の違いは勤務地です。

他は大きく変わるところがありません。

以下の表にて解説します。

待遇常用型派遣(派遣会社の正社員)一般企業の正社員
雇用主派遣会社企業
勤務地派遣先企業の拠点すべて
雇用期間65歳まで65歳まで
勤務時間派遣先により変わる企業の終業時間に合わせる
休日派遣先により変わる企業の指定する休日
有給ありあり
給料派遣元の水準所属する企業の水準
ボーナス(賞与)ありあり
交通費ありあり
健康保険ありあり
厚生年金保険ありあり
雇用保険ありあり
退職金ありあり
福利厚生ありあり
キャリア長期勤続により形成可能長期勤続により形成可能

もちろん常用型派遣の方が「派遣業務」

である以上、クライアント都合で業務内容やプロジェクトがよく変わるかも知れません。

様々な企業やプロジェクトに関わっていきたい方に常用型派遣が合っていると言えます。

ハタラクティブ

スキルに自信のない人は一般企業の正社員を「すぐ」に目指そう

スキルに自信のない人は一般企業の正社員を「すぐ」に目指すようにしましょう。

常用型派遣と一般企業の正社員とを比較すると勤務地以外は一見、変わらないように見えます。

しかし実際のところ、常用型派遣は派遣先に要請され続けるスキルが必要になります。

どこでも通用するスキルに自信がある場合には、常用型派遣を選んでも問題ありません。

ですが勤務し続ける難易度だけを考えると圧倒的に一般企業の正社員の方が楽となるケースが多いでしょう。

もし一般企業の正社員を目指すのであれば、ビズリーチがおすすめです。

これまでの業務内容に合わせて企業や転職エージェントからオファーをもらえるでしょう。

ビズリーチ
求人数
96,000件
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

400万円~1000万円以上

  • 国内最大級のハイクラス転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

もし、スキルや経験にアピールできるものがない場合は「未経験OKの就職支援サービス」

を使うことでスムーズに転職できます。

正社員になるならジェイック

正社員を目指したいならジェイックの活用がおすすめです。

ジェイックは18-39歳までの

  • 派遣社員、契約社員
  • 既卒者、第二新卒者、大学中退
  • 正社員経験3年未満
  • フリーター

というような条件に該当する方をメインに就職支援している無料のサービスです。

ジェイックは「厚生労働省委託・職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。

就職成功率が81.1%、入社後の定着率は91.5%と非常に高いのが特徴です。

登録すると就職カレッジという無料の研修会が受けられます。

「履歴書の書き方や面接の対策を知りたい」という方や、

「自分の強みや活かせるスキルが分からない」など自己分析が苦手な方にもおすすめです。

就職後も担当者から定期的なフォローがあり、カウンセリングが充実しているので

「これから正社員になりたい方」におすすめの心強いエージェントです。

最短で正社員になりたい方は、ジェイックを上手く活用して内定を獲得しましょう。

JAIC

>ジェイックで「正社員になる・就職サポートはこちら(無料)」

34歳までなら未経験OKな若手向け就職支援サービスの利用がおすすめ

34歳までなら未経験OKな若手向け就職支援サービスを利用するようにしましょう。

34歳以下であれば未経験でも採用したいという企業が昨今では増えてきています。

実際、未経験にかかわらず正社員への内定率は80%以上を超えています。

今回は就職支援サービスで特におすすめである

  • ジェイック
  • ハタラクティブ
  • DYM就職
  • ワークポート

について紹介します。

おすすめ1:セミナー・カウンセリングが充実!ジェイック

ジェイックでは就職カレッジという研修会を1週間開催しています。

研修会を受講すれば、書類選考なしで優良企業30社との連続面接に参加することができます。

登録から1ヶ月以内の短期間で内定を獲得することが可能です。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ2:幅広い職種が魅力!ハタラクティブ

ハタラクティブは営業職の求人だけではなく、事務系やクリエイティブ系など幅広い職種の求人も用意されています。

ジェイックは営業職中心の求人紹介です。

事務系やメーカー勤務など、営業職以外で正社員になりたい方は、ハタラクティブを活用してみましょう。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ3:サービス満足度90%!就職成功サポート実績があるDYM就職

DYM就職は18歳~35歳まで利用できる転職エージェントです。

DYMの就職率は転職成功者14,000人の実績があります。

求人紹介を根気強く行っている証拠ですね。

非常に高い確率で内定が出るエージェントのため、サービス満足度は90%を誇ります。

絶対に正社員で内定を獲得したいと考えている人におすすめです。

DYM就職
求人数
2,000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代(35歳まで)

年収

250万円~600万円

  • 第二新卒・フリーター・ニート向けの求人を多く保有
  • 上場企業・ベンチャー等多彩な求人から書類選考免除で面接可能
  • 自己分析から面接まで無料サポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ4:IT系の未経験OKの求人が多い!ワークポート

IT業界はこれからも人材需要があり、将来性の高い成長産業のため未経験からスキルを付けたいという方が多いです。

IT系未経験OK求人が多いワークポートは非常におすすめの転職エージェントです。

もともとIT系企業を専門とした特化型エージェントのため、非公開求人でも独自の未経験OK求人を保有しています。

無料のプログラミングスクールもあり、未経験からプロのプログラマーを目指して専門的に学ぶこともできます。

筆者は採用担当者として活用しただけではなく転職希望者として登録してみたことがありますが、未経験者に非常に優しい転職エージェントです。

「IT系に興味がある」「IT系ってどんな仕事があるの?」と気になる方は一度相談してみてくださいね。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

34歳までの方におすすめの未経験OK・若手向け就職支援サービス

  • 営業職に強い、セミナー・カウンセリングが充実しているのはジェイック
  • クリエイティブ系や事務系など幅広い職種が魅力のハタラクティブ
  • サービス満足度90%!就職成功サポート実績があるDYM就職
  • IT系の未経験OKの求人が多いワークポート

35歳上なら業界最大手の求人数を誇るリクルートエージェントに相談

リクルートエージェントは言わずと知れた最大手の転職エージェントです。

35歳以上ならリクルートエージェントに相談するようにしましょう。

サポート年齢の制限がないため、30代・40代の方にもおすすめです。

業界最大級の10万件以上の求人を保有しており、幅広い求人提案能力があります。

様々な業界の求人を保有しているため、選択肢が多い点でもとてもおすすめです。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

35歳上におすすめの就職支援サービス

  • 業界最大級の求人保有数を誇るリクルートエージェントがおすすめ

派遣会社の正社員についてよくある質問

派遣会社の正社員って何?

派遣会社の正社員は、「常用型派遣」を指します。

常用型派遣は派遣会社の正社員となり、そこからメーカーなどの派遣先で仕事をすることになります。

身分は派遣会社の正社員のままです。

派遣契約がなくなっても派遣会社の正社員であるため原則、月給が支払われます。

そのため通常の派遣社員とは異なり常用型派遣は仕事が安定して受けられるというメリットがあります。

JAIC

常用型派遣と一般派遣の大きな違いは?

常用型派遣と一般派遣の大きな違いは雇用期間と年収です。

一般派遣はよほどのことがない限りは3年を目途に雇用期間が終わります。

反対に常用型派遣は、会社が倒産しない限りは65歳までの雇用が保証されています。

年収に関しても正社員待遇の常用型派遣は賞与が支給されます。

そのため、一般派遣よりも年収が高くなる可能性があります。

一般企業の正社員と常用型派遣のどちらがおすすめですか?

スキルに自信のない人は一般企業の正社員を「すぐ」に目指すようにしましょう。

一般企業の正社員と常用型派遣を比較すると勤務地以外は一見、変わらないように見えます。

しかし実際のところ、常用型派遣は派遣先に要請され続けるスキルが必要になります。

年齢を重ねるほど厳しさは増すでしょう。

やはり同じ仕事ができるのであれば若い人が好まれます。

どこでも通用するスキルに自信がある場合には常用型派遣を選んでも問題ありません。

ですが勤務し続ける難易度だけを考えると、圧倒的に一般企業の正社員の方が楽となるケースが多いでしょう。

「自分のスキルに自信がない」

「今まで派遣のお仕事をしていたけれど、今の私の年齢やキャリアだとどれくらいの企業が目指せるの?」

「自分の能力にあった企業はどんなところがあるの?」

気になる方は求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントで、一度ご自身のスキルにマッチする求人情報を確かめてみてください。

派遣か一般企業の正社員かどちらかで悩んでいると、狭い範囲で考えてしまいますが、選択肢は多数あります。

情報収集が転職成功の重要なポイントです。

情報比較をするために複数の転職エージェントに登録するのが成功への近道です。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

もっと質問を見たい

この他の質問については就職・転職 なんでも相談室でお受けいたします。

お気軽にどうぞ。

まとめ

派遣会社の正社員は常用型派遣のことを指します。

常用型派遣の大きなメリットは65歳までの雇用の保証です。

デメリットとしては自由に働くことが一般派遣に比べて難しいところです。

一般的な企業の正社員と常用型派遣を比較すると、勤務地以外大きな差はありません。

しかし、実際のところ、常用型派遣は派遣先に要請されるスキルを磨く必要があるため、一般的な企業の正社員の方が仕事そのものをしていくのは楽です。

スキルに確固たる自信がない方は、一般的な企業の正社員を目指すようにしましょう。