大企業を辞めるのはもったいない?失うメリットと辞めていい人の特徴とは

公開日: / 更新日:

大企業がつまらなくて退職を考えている方は

大企業を辞めるのはもったいないのかな。勇気がでない

「大企業を辞めて後悔したくない。退職した人の事例を知りたい。」

と悩んでいませんか?

筆者も新卒で大手に就職し転職した経験があります。

そして大企業と中小企業、ベンチャーで10年ほど人事の経験をしてきました。

その経験からお伝えすると大企業を辞めると人によっては大きく後悔する可能性があります。

退職金や手厚い福利厚生、優秀な同僚を失うことが大半でしょう。

このようなリスクを事前に理解した上で大企業を退職するかどうかを決めることが大切です。

この記事では大企業を辞めるリスクや後悔しがちな点を理解し、失敗を回避することができるでしょう。

大企業を辞めるかどうかを考えている方はぜひ最後までご覧ください。

大企業を辞めることで失うメリット

「大企業を辞めると何を失うの?」と気になりませんか?

筆者も大企業を辞めた経験があるため、

  • 後悔しないか?
  • 単に中小企業やベンチャーに憧れているだけではないのか?
  • 大企業を辞めるのはもったいないのではないだろうか?

と長い間悩んだことを覚えています。

ここでは大企業を辞めた時に失う大企業のメリットを紹介していきます。

具体的には次のとおりとなります。

  • 知名度の高いプロジェクトや最先端のプロジェクトに関われる
  • 知名度の高い企業や優秀な方と取引がしやすく人間関係が広がりやすい
  • 人事評価や社内システムなど最先端の仕組みを享受できる
  • 人材育成が手厚く辞めた後も応用できる内容が多い
  • 退職金が多く老後の貯蓄で困りにくい
  • 中小企業と比べ大手企業の社員のレベルが傾向として高い

それぞれについて解説します。

知名度の高いプロジェクトや最先端のプロジェクトに関われる

大企業は知名度の高いプロジェクトや最先端のプロジェクトに関われるという大きなメリットがあります。

大企業は予算が潤沢で、規模の大きな案件を担当することができます。

規模だけではなく最先端の取り組みであったり世間で話題のプロジェクトなどにも関われるチャンスが多くあります。

その結果、大手で働くことにより人生を代表する実績を作ることができるでしょう。

知名度の高い企業や優秀な方と取引がしやすく人間関係が広がりやすい

大企業は実績や知名度が大きく、取引先も知名度の高い企業であることが多くなります。

仕事の実績として紹介しやすくなり職歴に困ることはないでしょう。

さらに優秀な方と仕事をする機会が多く人間関係が拡がりやすいというメリットがあります。

大手から中小企業を見てきた筆者として、やはり大手には優秀な方が多く存在する傾向にあると考えています。

大手を辞めて中小企業やベンチャーで働くとレベルの差から働きづらさを感じる可能性があります。

人事評価や社内システムなど最先端の仕組みを享受できる

大企業では最新の人事評価制度や、社内システムなどを導入する傾向にあります。

社員数が多いため、効率的な制度やシステムを導入することで大きな効果が得られるためです。

そのため大企業で働くと知らない間に最先端の制度やシステムにふれることができ、自然と視野が広くなっています。

一方で中小企業では予算ありきで社内を統合する関係上、大企業には遠く及ばない人事評価制度や、社内システムです。

最先端の経営システムを知るためには高いコンサル費を支払う必要があります。

このように大企業に務めることで最先端の経営システムを享受することができます。

人材育成が手厚く辞めた後も応用できる内容が多い

大企業は人材育成にもお金をかけています。

具体例をあげると、

  • ファシリテートスキル
  • 個人情報管理
  • 会議の進め方

などです。

転職しても活かせる汎用的な内容も多くあります。

これらの教育は人材開発の担当者がカリキュラムを組むため受け身でもどんどん教育が受けられます。

中小企業やベンチャーではこれらの情報は自ら勉強して獲得するしかありません。

退職金が多く老後の貯蓄で困りにくい

大企業は中小企業の2倍の退職金がもらえるため老後の貯蓄で困りにくくなります。

実際にデータも出ており、厚生労働省によると大企業は退職金の金額が大きく、大企業では2,489万円の退職金がある一方で、中小企業は1,277万円しか退職金がありません。

参考:退職給付(一時金・年金)の支給実態|厚生労働省

筆者は大企業と中小企業の両方で人事を経験し退職給付計算を経験していますが、統計通りです。

大企業は2,000万円以上退職金があり、中小企業では1,000万円を切るか退職金自体が存在しないということも多々あります。

中小企業と比べ大手企業の社員のレベルが傾向として高い

大企業の社員は中小企業と比較すると社員のレベルが高い傾向にあります。

大企業が大卒中心に採用していますし、人気なために競争倍率も高く厳選して採用しており社員のレベルが高い傾向にあります。

実際、筆者が大手から中小企業に転職したケースでは基礎学力やモチベーションが低い方に出会う確率が高いように感じました。

大企業と中小企業を比較すると、人の質に大きな差があることを理解しておきましょう。

ところで「大企業を辞めるべきときはどんなときなの」と気になりませんか。

次は、大企業を公開なく辞めるためのチェックポイントについて解説します。

大企業を辞めていい人の特徴

「大企業を後悔なく辞めるためのチェックポイントってどんなポイントなのだろうか」と気になりませんか。

筆者は吸収合併で会社にいても冷遇される未来が見えたことから、大企業を辞めた経験があります。

大企業を後悔なく辞めるポイントは、どうしてもやりたい仕事がある場合や、年齢が若い方、筆者のように在籍しても未来がないケースです。

具体的には、以下のチェックポイントがあります。

  • 大企業を辞める理由がある
  • 20代〜40代とまだ若い
  • 在籍し続けても人員削減される可能性が高い
  • 五月雨な仕事が来ることを覚悟できる
  • 自分の成長を自分で管理できる覚悟がある

それぞれについて解説します。

大企業を辞める理由がある場合

大企業を辞めるべき人は、辞めるべき明確な理由がある方です。

具体的であればあるほど大企業を辞めるべきです。

逆にあいまいな理由の方は辞めるべきではありません。

「隣の芝生は青く見える」といったように幻想で中小企業が良く見えているだけの可能性があります。

そして辞める場合も社内異動や複業で実現できないかを必ず検討してください。

20代〜40代とまだ若い場合

年齢が若く、20代から40代の方は大企業を辞めても良いでしょう。

なぜなら、失敗してもまだ挽回できる年齢となっているためです。

また、新しい会社で働く気力が若ければ若いほど備わっています。

逆に50代以上の方は要注意です。

大企業ほどの待遇が良い求人は少いですし、あったとしても内定が出づらい年齢です。

そのため社内異動や複業も検討してみましょう。

どうしても大企業を辞めて転職したい方は、内定が出てから退職することを強くおすすめします。

在籍し続けても人員削減される可能性が高い場合

大企業を辞める判断基準の一つに、在籍を続けても人員削減されてしまう可能性が高いというものがあります。

大企業は新陳代謝を促すために、積極的にリストラを敢行しています。

特に長年成長ができていない業界や大きな変革をする場合は年収が高い中高年を対象としてリストラを実施します。

例えば日経新聞では大企業のパナソニックが1,000人超えの早期退職(リストラ)を行う予定だと報道されました。

参考:パナソニック、希望退職に1000人超 事業転換推進|日本経済新聞

もし将来的に在籍し続けることが難しい場合は積極的に辞めることも検討しましょう。

早期退職ではメリットも多くあります。

パナソニックの例で言えば、基本給の50か月分以上の退職金上乗せなどの特典があるため、転職したい方は経済的な余裕をもって転職活動をすることができるためです。

早めに見切りをつけるのも重要です。

様々な仕事が来ることを覚悟できる場合

大企業では人数も多く仕事内容が専業化していますが中小企業やベンチャーでは雑用も含めて全てをこなす必要があります。

五月雨に発生する仕事を全て対処できる自信が無い方は大企業を辞めるべきではありません

大企業とは異なり、中小企業では分業体制などが出来ておらず多くの仕事を同時並行で進める能力が必要となります。

自分の成長を自分で管理できる覚悟がある場合

大企業を辞めると仕事の規模が小さくなる傾向にあるため情報が少なく・古くなり、会社からの教育も減ります。

そのため大企業を辞めるなら、自分の成長は自分で管理していくという覚悟を決め、自分でキャリアプランを描けるか再確認してみましょう。

大企業は資金力があり、人材も豊富なためローテーションや人材育成計画で社員を育てますが、中小企業では自分で勝手に成長していく必要性があります。

大企業を辞めるにあたり計画的に自分自身で仕事をこなすようにしてキャリアアップを図れるかチェックしましょう。

大企業を辞めるか迷っているなら転職エージェントに相談がおすすめ

大企業を辞めるかまだ迷っているなら転職エージェントへの相談は在職中に絶対しておきましょう。

なぜなら転職エージェントではキャリアカウンセリングや、紹介可能な求人情報を提供してもらえるためです。

具体的な求人を提案してもらうことで仕事内容や年収が分かり、大企業を辞めるべきかどうかがより具体的に判断しやすくなるためです。

また、相談ついでに「どんな経験やスキルがあるとより年収が高くなりますか?」と聞いてみましょう。

今後のキャリア設計において大きな参考となるでしょう。

ここで重要となる点が相談する転職エージェントをどこにするかです。

転職エージェント選びを適当にすると良い提案がもらえず転職に失敗します。

次でおすすめの転職サイトを紹介します。

大企業を辞めたい方におすすめの転職サイト

転職サイトを活用するにあたり複数の利用は必須です。

なぜなら、企業はどこの求人サイトに求人を掲載するかを決めずに使っているためです。

求人が網羅できず見逃す可能性があります。

さらに転職エージェントはそれぞれに得意な求人領域が異なります。

必ず複数の転職サイトを利用して良い情報が入ってくるようにしてください。

筆者がおすすめする転職サイトは次のとおりです。

  • 年収600万円以上のハイキャリアならJACリクルートメント
  • 事例と求人が豊富なリクルートエージェント
  • 思わぬ企業との出会いがあるビズリーチ

それぞれについて解説します。

年収600万円以上のハイキャリアならJACリクルートメント

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイキャリアにおすすめの転職エージェントです。

年収が高い転職を支援しているため、大手やそれに準ずる中堅企業・ベンチャーの求人が揃ってます。

さらに、ITエンジニアや外資系企業の求人など年収の高い職種や業種にも強みがあります。

職種や業界ごとに担当者が変わるデメリットがあるものの、その分、非常に濃い情報を保有しており提案力も抜群です。

大手から転職したい方はまず登録して相談することがおすすめです。

JACリクルートメント
求人数
15,000件(60%が非公開求人)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

30代~50代

年収

600万円~2000万円

  • 一人一人の専門性や可能性、希望を最大限配慮したポジションを提案
  • 外資系・海外進出企業など、グローバル転職の支援に強み
  • 業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルがあなたをサポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

事例と求人が豊富なリクルートエージェント

事例と求人が豊富なリクルートエージェントは転職が初めての方におすすめです。

なぜなら、リクルートエージェントは業界№1の求人数を誇っており、様々な求人を扱っているためです。

採用担当者からの知名度が高く、様々な業種・職種の求人が豊富であり、多くの選択肢があります。

特に初の転職で分からないことがたくさんある方に向いており、様々な求人紹介に期待できます。

ぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

思わぬ企業との出会いがあるビズリーチ

思わぬ企業と出会いがあるビズリーチは、登録しておくだけで良い企業と出会える可能性がありおすすめです。

なぜなら、ビズリーチはスカウトを待つタイプの転職サイトとなっているためです。

自分だけで求人を探すと視野狭窄に陥りがちですが、企業側から声がかかる仕組みとなっているため、大胆な職種転換や企業選びも視野に入ってくることがあります。

大企業を辞めると決めているが、企業選びで悩んでいる方は登録してみましょう。

ところで「大企業を辞めた人はどんな人生を歩んでいるの」と気になりませんか。

現在、フリーランスとなっている筆者の現状について解説します。

ビズリーチ
求人数
96,000件
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代

年収

400万円~1000万円以上

  • 国内最大級のハイクラス転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

大企業を辞めた筆者の事例

筆者は新卒で入社した世界第三位の規模を誇る重機メーカー、三菱ロジスネクスト(旧ユニキャリア)を退職して、何度かの転職を経て起業に至っています。

色々な企業で人事を経験したのですが、納得いく企業がなかったため、自分で作るしかないという結論に至りました。

現在はライター業やコンサルタント業、講演会での講師など様々なことに挑戦しています。

「せっかく入った大企業を辞めて起業して大丈夫なの」という意見を言われますが、結果的にはサラリーマン時代よりも良い報酬に恵まれています。

また、精神的にも安定し、毎日が楽しくて仕方ありません。

こんなに楽しいなら、何も最初からサラリーマンになる必要性はなかったのではないかと思う瞬間も多々ありますが大企業での経験が活きているのも事実です。

大企業を辞める目的は人それぞれでしょうが、ぜひうまくいくことを祈っています。

まとめ

今回は、大企業を辞めることで起こることについて解説しました。

大企業を辞めることで失うメリットは以下の通りです。

  • 知名度の高いプロジェクトや最先端のプロジェクトに関われる
  • 知名度の高い企業や優秀な方と取引がしやすく人間関係広がりやすい
  • 人事評価や社内システムなど最先端の仕組みを享受できる
  • 人材育成が手厚く辞めた後も応用できる内容が多い
  • 退職金が多く老後の貯蓄で困りにくい
  • 中小企業と比べ大手企業の社員のレベルが傾向として高い

また、大企業を辞める基準としては以下の基準があります。

  • 大企業を辞める理由がある場合
  • 20代〜40代とまだ若い場合
  • 在籍し続けても人員削減される可能性が高い場合
  • 様々な仕事が来ることを覚悟できる場合
  • 自分の成長を自分で管理できる覚悟がある場合

大企業を辞めるかどうか非常に迷うと思います。

まずは転職エージェントに相談して具体的な求人を見たり、事例を紹介してもらいましょう。

おすすめはJACリクルートメントリクルートエージェントです。

情報収集を念入りにすることが転職成功のポイントです。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。