アクセンチュアは第二新卒で転職可能!特殊な選考内容と難易度を徹底解説

公開日: / 更新日:

アクセンチュアは第二新卒で転職可能!

アクセンチュアに転職したい第二新卒の方は

「アクセンチュアは第二新卒で転職できるの?」
「アクセンチュアに転職するのにはどうすれば良い?」
「アクセンチュアの選考内容や面接の質問を知りたい」

と気になりませんか。

アクセンチュアは第二新卒で転職できるの?

結論からいえば、アクセンチュアは第二新卒として転職できます。

選考は少し特殊で面接でのプレゼンとテストです。

特殊なだけに難易度は高いと言えるでしょう。

コンサルティング会社なので、論理的思考能力があるかどうかを念入りに調べられます。

第二新卒は未経験の状態でも大手など希望の企業に入れる最後のカードです。

もし「アクセンチュアの転職に成功したい!」と考えている方は情報収集と対策は必須です。

この記事を読めば、アクセンチュアに第二新卒で転職する方法を知ることができます。

夢を叶えるために知識という武器を身につけましょう!

ぜひ最後まで読んで、自信をつけてチャレンジしてください。

また、第二新卒の転職で確実に押さえておきたい知識については

第二新卒の転職で失敗したくない人が知るべき全知識(採用担当者が評価ポイントを全公開)

で詳しく解説しておりますので合わせてご覧ください。

業界トップクラスの求人数と提案力で徹底サポート。
あなたの生涯年収大幅アップをお手伝いします。

アクセンチュアは第二新卒で転職可能!求人内容を解説

アクセンチュアは第二新卒で転職可能です。

求人内容については、以下の職種で募集をしています。

  • 戦略コンサルタント
  • ビジネスコンサルタント
  • ソリューション・エンジニア

アクセンチュアは基本的に企業の経営課題解決を目的とした仕事がメインとなっています。

ソリューション・エンジニアに関しても同様ですが、ITを活用してシステム設計を行うなど、戦略コンサルタントとビジネスコンサルタントとは少し違った仕事の進め方になる可能性があります。

参考:第二新卒 採用情報|アクセンチュア

通年採用だから転職時期はいつでもOK!

アクセンチュアは第二新卒採用を通年で採用しています。

特定の期間のみ募集しているわけではないので、応募したいと思ったら積極的に応募しましょう。

第二新卒を通年で採用している会社は非常に珍しく、貴重です。

アクセンチュアは第二新卒で転職可能!まとめ

  • アクセンチュアは第二新卒で転職可能。しかも通年で採用している
  • 募集している職種は、戦略コンサルタント・ビジネスコンサルタント・ソリューション・エンジニア
  • アクセンチュアは基本的に企業の経営課題解決を目的とした仕事がメインとなっている

「アクセンチュアの面接は難しいの」と気になっていませんか。

次は、アクセンチュアの選考難易度について解説します。

倍率は10倍以上!アクセンチュアは人気企業で常に倍率は高い

アクセンチュアは10倍以上の倍率のあると考えるようにしましょう。

採用予定人数などは公表されていませんが、人気企業では10名程度の採用枠に100名以上が応募することはよくあります。

特に第二新卒で入社できる外資系企業ということもあり、アクセンチュアは応募者が多いと考えるようにしましょう。

【要注意】必要最低限の学歴が必要

大手コンサルティングファームは東大や一橋、早稲田・慶應以上の学歴が必要となることもありますがアクセンチュアは比較的ゆるいです。

もちろんアクセンチュアも学歴が必要ですが、MARCH関関同立レベルの大学でも選考を通過することができます。

他のボストンコンサルティングファームなどに比べると比較的、学歴要件は緩いと言えるでしょう。

筆者は出身大学が明治大学でしたが、選考に通過した事実を考えると、最低でも明治・青山・中央・法政・立教などいわゆる、大手企業に入るために必要な最低限の学歴であるMARCH・関関同立(関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学)以上の大学出身者であれば選考に通ることができると考えるのが良いと推測できます。

MARCHや関関同立で入社できる外資系大手は貴重ですね。

「実際に面接はどんなことをするの」と気になりませんか。

次は、面接について解説します。

アクセンチュアの選考は面接でのプレゼンとテスト

アクセンチュアの選考は面接でのプレゼンとテストです。

コンサルティング会社なので、論理的思考能力があるかどうかを念入りに調べられます。

具体的には、以下のような形式です。

  • アクセンチュアはプレゼン形式の面接が特徴的
  • WEB適性検査は玉手箱の可能性が高い

それぞれについて解説します。

アクセンチュアはプレゼン形式の面接が特徴的

アクセンチュアはプレゼン形式の面接が特徴的です。

具体的には、面接に入ると課題を与えられます。

30分間程度で課題について結論を出し、面接官の前で5分間程度のプレゼンを行うことになります。

論理的なプレゼンが出来るように、しっかりと筋道を持って言葉を話せるようにしておく必要性があります。

話して納得させるという点では、営業職経験のある人が有利です。

WEB適性検査は玉手箱の可能性が高い

アクセンチュアのWEB適性検査は玉手箱の可能性が高いです。

新卒採用に関してはアクセンチュアは玉手箱を活用しているためです。

第二新卒採用でも同じものを使用している可能性が高いです。

筆者の場合、リクナビネクストのプライベートオファーからいきなり面接選考に進んだため、WEB適性検査を受ける機会はありませんでした。

Web適性検査については、

【WEB適性検査14つのまとめ】見分け方・内容・対策法をチェックして準備万全にしょう

の記事を読めば対策もしっかりできますので是非ご覧ください。

「アクセンチュアに応募するためにはどうすればいいの」と気になっていませんか。

次は、アクセンチュアに応募するための経路について解説します。

アクセンチュアへの応募経路は3つ。おすすめは転職エージェント経由

アクセンチュアへの応募経路は以下の2つがあります。

  • 【おすすめ】転職エージェント経由で応募する
  • 転職サイト経由で応募する
  • 採用ページから直接エントリーする

それぞれについて解説します。

【おすすめ】転職エージェント経由で応募する

アクセンチュアの応募経路としては、転職エージェント経由での応募をおすすめします。

筆者はリクナビネクストのプライベートオファーがたまたま来たので応募した経緯がありますが、転職サイトには求人掲載されておらず、明らかに「良さそうな人材がいたら声をかけよう」というスタンスを感じられたためです。

エージェント経由の方が求人を受けられる可能性があります。

WEB適性検査もなく面接から選考を受けられます。

また、転職エージェントは内定を出すために必死に交渉するため、内定が出やすいという有利な点もあります。

特におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

  • リクルートエージェント
  • JACリクルートメント
  • リクルートダイレクトスカウト

それぞれ紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートが運営している転職エージェントです。

そのため、求人数がとにかく豊富で非公開求人も多く取り扱っています。

もちろんアクセンチュアの求人もありますので、転職するなら登録しておいて損することはありません。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメントは大手や外資系に強いハイクラス向けの転職エージェントです。

企業を熟知した採用のプロが、あなたの市場価値に合わせた企業を提案してくれます。

また、応募先企業に合わせて具体的な対策を考えてくれるので、

「どうしてもアクセンチュアに行きたい」

と言う方にも心強い味方になってくれるのは間違いありません。

JACリクルートメント
求人数
15,000件(60%が非公開求人)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

30代~50代

年収

600万円~2000万円

  • 一人一人の専門性や可能性、希望を最大限配慮したポジションを提案
  • 外資系・海外進出企業など、グローバル転職の支援に強み
  • 業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルがあなたをサポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは業界大手のリクルートが運営するハイクラス転職エージェントです。

20代・30代の転職実績が豊富で、ほとんどの方が年収アップに成功しています。

アクセンチュアはもちろん、高待遇なの求人が多数あるので相談するだけでも損はありません。

リクルートダイレクトスカウト
求人数
74,000件
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代

年収

600万円~2,000万円

  • リクルートが運営するハイキャリア向けヘッドハンティングサービス
  • スカウトを待つだけであなたに最適なハイキャリア求人が見つかる
  • 転職決定者の平均年収900万円以上
【無料】公式サイトはこちら

ここまで3つ紹介してきましたが、1つのみの登録は転職エージェントの賢い使い方ではありません。

転職エージェントによって掲載している企業が異なるためです。

選択肢を増やし、それぞれ比較検討できる意味でも、複数登録しておくといいでしょう。

次はおすすめの転職サイトについて紹介します。

転職サイト経由で応募する

おすすめの転職サイトは以下の二つです。

  • リクナビNEXT
  • ビズリーチ

それぞれ紹介していきます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTリクナビエージェント同様に大手リクナビが運営する転職サイトです。

他の転職サイトと比較してもとにかく求人数が豊富です。

実際に、筆者はリクナビNEXT経由でアクセンチュアからプライベートオファーが来ました。

もちろん直接応募もできますので、第二新卒ならリクナビNEXTへの登録は必須と言ってもいいでしょう。

>リクナビNEXTに無料で登録する

ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けの転職サイトです。

登録しておくだけでスカウトが来るので時間がない方にも非常におすすめです。

また、企業があなたの実績をみてスカウトを送るので、自分の市場価値を知ることもできます。

良い企業からスカウトが来れば、アクセンチュアなど優良企業に挑戦する自信にもなるのではないでしょうか。

意外な企業と出会える可能性もありますので是非登録しておきましょう。

ビズリーチ
求人数
96,000件
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代

年収

400万円~1000万円以上

  • 国内最大級のハイクラス転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

採用ページから直接エントリーする

採用ページから直接エントリーする方法もあります。

採用ページからの直接エントリーに関しては、転職エージェントのように推薦文などがつかないため、場合によっては学歴要件や職歴要件だけで判断されて落とされる可能性があります。

もしも経歴に自信がない方は、出来るだけ転職エージェントを活用した方が良いです。

【コラム】アクセンチュアはどんな会社?労働環境や働き方を解説

「アクセンチュアはどんな会社なのかな」と気になっていませんか。

労働環境と働き方について、以下のようになります。

  • 年収は430万円~1800万円
  • 仕事のハードさはどれくらい?
  • 社風は実力主義
  • 特徴的な福利厚生
  • 中途採用のキャリアは用意されているのか?
  • コンサルティングの仕事内容とは?
  • 英語は必須ではない

それぞれについて解説します。

年収は430万円~1800万円

アクセンチュアの年収は430万円から1,800万円程度となる可能性が高いです。

特に、入社1年目から高い年収を得られるのは魅力的ですね。

日系企業であれば入社5年目程度の待遇をいきなり得ることができます。

参考:アクセンチュアの年収【大卒新卒】や20~65歳の年齢別・役職別【アナリスト、コンサルタント、マネジャー】年収推移収

仕事のハードさはどれくらい?

仕事はお客さんによってハードさが変わりますが、基本的に激務となる可能性が高いです。

アクセンチュアは顧客が自社で解決できなかった課題を解決することで高い報酬を得ています。

ある意味その会社で利益を上げているプロである経営者相手に解決策を示す仕事です。

ハードに働いて提案を受け入れてもらえないと、プロジェクトを外されてしまうこともあり得ます。

社風は実力主義

アクセンチュアの仕事は実力主義です。

外資系のコンサルティング会社なので、実力があると経営陣に認められれば若い年齢でも給与は高くなる可能性があります。

反対に実力がなければあっけなく会社を辞めて欲しいと退職勧奨を受ける可能性が高いです。

特徴的な福利厚生

アクセンチュアは外資系企業には珍しく、退職金制度が用意されています。

通常、外資系は普段の給料の中に退職金分が含まれていて給料が高くなっています。

その点を普段の給与が高い上に退職金も貰えると考えると非常に美味しい福利厚生です。

中途採用のキャリアは用意されているのか?

中途採用のキャリアは用意されています。

外資系企業は中途採用者を活発に採用するためです。

日系企業が新卒だけしかほぼ大企業は採用しないのに対して、中途採用者を活かすノウハウを外資系は持っているので、気持ちよく勤務できる可能性が高いですね。

コンサルティングの仕事内容とは?

コンサルティングの仕事内容としては企業の経営戦略だけではなく、公務員団体のコンサルティングもアクセンチュアは行っています。

一般的な企業経営の改善や改革だけではなく、公務員団体を相手にシステム開発なども受託も行っており、多岐に渡る仕事があると推測されます。

公的団体は予算規模も大きく、仕事量も安定しているため、安心して仕事に打ち込めるでしょう。

英語は必須ではない

アクセンチュアは外資系コンサルティング会社には珍しく、英語能力に関しては大きく求められていない印象がありました。

筆者がオファーを受けた際には、TOEICスコアは500点程度とレジュメに記載していましたが、選考まですぐに進みました。

ただし外資系を狙うならせめてTOEICスコアは700点台を持っている方が良いです。

日系大手のグローバル企業でもTOEICスコアは600点台は欲しいところなので、せっかく外資系を目指すのであれば勉強しておくことをおすすめします。

まとめ

アクセンチュアは第二新卒で転職可能です。

アクセンチュアは第二新卒採用を通年で採用しています。

アクセンチュアの選考は面接でのプレゼンとテストです。

論理的思考能力を身に着けるようにしましょう。

アクセンチュアへの応募経路は以下の2つがあります。

  • 【おすすめ】転職エージェント経由で応募する
  • 採用ページから直接エントリーする

転職エージェントは非常におすすめです。

アクセンチュアの特徴としては、以下のような特徴があります。

  • 年収は430万円~1800万円
  • 仕事はハード
  • 社風は実力主義
  • 退職金がある
  • 中途採用のキャリアが用意されている
  • コンサルティングの仕事内容は企業の経営課題の解決
  • 英語は必須ではない

バイタリティのある方には向いている企業です。

関連記事

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。