マイナビ転職の評判はどう?裏側を知る採用担当者が特徴や利用すべき人を解説

公開日: / 更新日:

マイナビ転職の評判は?

マイナビ転職の利用を検討するにあたって

「マイナビ転職の評判は大丈夫?注意点があるなら知りたい」

「マイナビ転職はどんな人が利用すべき?特徴を知りたい」

と気になりませんか。

マイナビ転職の評判は大丈夫?注意点があるなら知りたい

筆者は10年ほど採用担当を経験し、マイナビ転職を活用した採用を行っており裏側も見てきました。

その経験からお伝えすればマイナビ転職は製造業に強い転職サイトです。

登録者の傾向としては35歳以下の若手社会人が多く登録しており、若手社会人が多く活用している大手の転職サイトとなっています。

この記事を読むことでマイナビの特徴や評判を知ることができ活用するかどうかを決めることができます。

マイナビ転職に登録しようかどうか迷っている方はぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

マイナビ転職とは製造業に強く、正社員就職を望む35歳以下の利用者が多い転職サイト

「マイナビ転職ってどんな人が使っているの」と気になりませんか。

筆者がメーカーで約10年間、採用担当者を経験してきた感覚としてマイナビ転職は製造業の転職と35歳以下の若手の転職に強い転職サイトです。

マイナビ転職経由で応募してくる年代としては20代・30代前半が多く40代は少なくなります。

求人職種としては現場作業系の求人だけではなく総務経理や設計開発などの事務系の求人まで幅広く活用されています。

実際に採用担当者向けの求人広告代理店のoneによると、マイナビ転職の登録者は60%が35歳以下で、活用している人の学歴は58%が大卒となっています。

参考:特設ページ|マイナビ転職で求人募集するなら求人広告代理店ONE

また、マイナビの運営する中途採用サポネットによると求人の雇用形態は正社員が68%・契約社員が13%となっており直接雇用求人が多いことも特徴です。

業種別に見ると製造業の求人が31%と突出して高くメーカー求人が3割を占める製造業に正社員で転職したい方に向いている転職サイトです。

参考:マイナビ転職が選ばれる理由 |中途採用サポネット

製造業の採用担当経験が10年近くになる筆者としても感覚的に近いものがあります。

確かにメーカーではマイナビを好んで正社員求人の掲載依頼を行いますし、大卒の方が応募者の方に多いという実感もあります。

製造業求人とマイナビ転職が若干ミスマッチな点としては、大卒よりも高卒を求めている求人も多く掲載されている点です。

その結果、採用担当者としては「高卒者が思っているほど採用できない」という事態が起こっています。

マイナビ転職とマイナビエージェントとの違い

マイナビ転職とマイナビエージェントの違いとしては、マイナビ転職が求人閲覧と応募のみを行うのに対してマイナビエージェントは書類選考対策や面接対策などの担当者によるサポートが付く点が大きな違いです。

そのためマイナビ転職では自分で書類の送付、面接日程調整を行うのに対し、マイナビエージェントでは担当者に代行してもらうことが可能となります。

とにかく求人を自分で探して多く応募したい方にはマイナビ転職がおすすめとなります。

ですがもし、

「転職が初めてで進め方が分からない」

といった方は担当者からアドバイスがもらえるマイナビエージェントをおすすめします。

書類選考に通りやすい書き方や面接対策をしてもらえるため内定率もアップします。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ところで「マイナビ転職の評判ってどんな口コミがあるのかな」と気になりませんか。

次は、マイナビ転職の評判について解説します。

マイナビ転職の評判を口コミの傾向から解説

「マイナビ転職って実際のところ、評判っていいの」と気になりませんか。

  • マイナビ転職のひどい評判
  • マイナビ転職の良い評判

それぞれについて解説します。

マイナビ転職のひどい評判

マイナビ転職のひどい評判として、以下の評判があります。

  • ひどい評判1:書類選考が通らない
  • ひどい評判2:企業から返信がこない
  • ひどい評判3:アプリが使いにくい

それぞれについて解説します。

ひどい評判1:書類選考が通らない

マイナビ転職のひどい評判として、書類選考が通らないというものがありました。

実際問題として転職サイトの書類選考の通過率はどのサイトでも低くなる傾向にあります。

転職エージェントとは異なり書類添削が受けられない上に、ネットエントリーのため応募倍率が高くなるためです。

筆者もマイナビ転職で事務職の求人掲載を行ったことがありますが、たった1人しか採用しないのにも関わらず50名近い応募が来たこともありました。

マイナビ転職で倍率が高くてなかなか書類選考に通らない場合は、転職エージェントを併用してみましょう。

転職サイト経由よりも転職エージェント経由の方が書類選考対策をしてもらえるだけではなく、転職エージェントが採用担当者に推薦を口頭で行うため書類選考に通過する確率がアップするためです。

同じ求人には重複して応募しないように注意しつつ、転職エージェントを併用してみましょう。

ひどい評判2:企業から返信がこない

マイナビ転職のひどい評判として、企業から返信が来ないというものがありました。

マイナビ転職から応募確認メールは来ましたがそれ以来返信が来ません。

普通はどれくらいできますか?

引用:Yahoo!知恵袋

マイナビ転職に限らずネットエントリーだけの求人は意外と不採用の連絡を企業の採用担当者が忘れている可能性があります。

あってはならないことですが、インターネットでの求人募集に慣れていない企業の場合、合格者だけに連絡を行い、不合格者には通知を後回しにしてしまうことがあります。

もし連絡がない場合には、応募者から催促をしてみましょう。

目安として1週間経過して何の連絡もなければ不合格者のため連絡を後回しにしている可能性があります。

ひどい評判3:アプリが使いにくい

マイナビ転職の悪い評判として、アプリが使いにくいという評判がありました。

いまやスマホで転職活動をするのは当たり前のため少し困ってしまいますよね。

マイナビのアプリは求人にエントリーするボタンが分かりにくいなどの欠点があるため、アプリではなくインターネットサイトをブックマークしておき求人閲覧をするのがおすすめです。

アプリ画面で求人を探すよりも直接インターネットサイトをブラウザから開いた方が効率的に求人検索をすることができるからです。

画面が見やすい方で求人閲覧をするようにしましょう。

>マイナビ転職はこちら

次は、マイナビ転職の良い評判について解説します。

マイナビ転職の良い評判

マイナビ転職の良い評判として、以下の評判があります。

  • 良い評判1:スカウトが来るようになった
  • 良い評判2:マイナビ掲載求人は力が入っていて良い
  • 良い評判3:他のサイトに掲載されていない良い求人がある

それぞれについて解説します。

良い評判1:スカウトが来るようになった

マイナビ転職を活用したときの良い評判としてスカウトが来るようになったという口コミ評判があります。

年齢が高いので転職しづらいかと思っていたらスカウトが来てよかったという評判です。

転職サイトの構造として情報更新をすると

「このユーザーはアクティブユーザーだ」

と判断されて企業からスカウトされやすくなるということがあります。

また、マイナビはメーカーの求人が多いので技術職の方がスカウトされやすいということもありますね。

企業の採用担当者もスカウト対象者を該当するスキルや経験をキーワードとして絞り込み検索しています。

丁寧に職歴を記載することでスカウトをもらえるようになるでしょう。

良い評判2:マイナビ掲載求人は力が入っていて良い

マイナビ転職の評判として求人掲載に力が入っていて良いという事例もあります。

ハローワークは大手の求人が非常に少ないです。

マイナビなどはお金をかけて即戦力を探しているので力の入れ方が違います。

両方で探すのが一番いいと思います。

引用:Yahoo!知恵袋

マイナビ転職は求人の掲載料金が高いため、企業の採用担当者も真剣です。

より丁寧に魅力的に求人紹介をしています。

さらに求人の掲載期間が決まっているため、短い期間で内定を出さなければ求人広告掲載費用がすべて無駄になることもあり得ます。

一方でハローワークや地域の求人情報サイトでは無料または安価で求人掲載ができるため採用担当者のプレッシャーは低く質も落ちるでしょう。

特にハローワークは無料で応募者が来るためよほど面接の結果が良くないと内定が出ないこともあり得ます。

必然的にマイナビ転職を活用している採用担当者は力を入れて採用活動をすることになるということですね。

良い評判3:他のサイトに掲載されていない良い求人がある

マイナビ転職の良い評判として、他のサイトに掲載されていない良い求人があるという評判がありました。

マイナビ転職に関しては製造業の求人が多いという特徴があります。

製造業では売上が安定した優良企業である一方で地味な企業が多い特徴があります。

しっかりと求人を吟味することで優良求人を見つけることができるでしょう。

見分け方が分からない方は転職エージェントに相談し、求人の探し方を教えてもらうのも転職成功のコツです。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

次はマイナビ転職がおすすめな人について解説します。

マイナビ転職がおすすめな人

マイナビ転職では

  • 大手企業や知名度の高い企業に転職したい人
  • 高い求人掲載料を支払う体力のある中堅企業に転職したい人
  • 製造業を志望している若手の人

がおすすめです。

マイナビ転職では大手転職サイトのため知名度が高く、

「早く採用したい」「多くの人を採用したい」と考えている大手企業の採用担当者がまず相談する転職サイトです。

そのため上場しているような大手企業やCMなどで有名な知名度の高い企業の求人が多く掲載されています。

また、掲載料も高いため零細企業はマイナビ転職にあまり求人を出さない傾向にあり、ある一定以上の中堅企業の求人がメインとなります。

最後に上述したとおり一見、地味だけど安定している製造業の求人も多くあるため製造業を志望する方にもおすすめです。

>マイナビ転職はこちら

では利用するにあたり気をつけたい点を次で紹介します。

マイナビ転職で注意すべき点

マイナビ転職で注意すべき点として、製造業の求人が中心なので年収が低いという点です。

メーカーにおいて若手は基本給が低いため、残業代で稼いでいく必要性があるためです。

35歳以下対象の求人が多く製造業中心の求人サイトではどうしても年収は低くなります。

高い年収だけに拘りたいという方は他の転職サイトを活用した方が無難です。

また転職サイト全般ですが勤務地や給与だけで求人選びをすると転職後に「こんな社風とは思わなかった・・・」と後悔することもありえます。

求人情報だけでは不安と感じる方は次章で紹介するようにマイナビエージェントも併用することがおすすめです。

次は、転職成功の確率をアップする方法について解説します。

転職エージェントを併用してスムーズな転職をしよう

転職活動は短期間でスムーズに終わらせたいですよね。

選考に落ちず、ミスマッチな転職を避けることがスムーズな転職につながります。

そのためには、

「書類選考でどこをチェックされているのか?」

「面接では何を聞かれ、何をチェックしているのか?」

「自分の強みを活かせ、自分らしく働ける企業はどんな企業か?」

といったことを知ることが必要です。

このような情報を知るためには過去の事例から学ぶことが重要です。

転職に不慣れな人ほど多くの事例を見てきた転職エージェントを利用しましょう。

特にマイナビエージェントは大手転職エージェントのため、非常に事例が多く担当者の経験が豊富です。

無料で使えスマホでも3分ほどの入力で登録ができます。

不慣れな転職ではサポートしてもらえる環境作りが転職成功の鉄則であることを理解しておきましょう。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

まとめ

今回は、マイナビ転職について解説しました。

マイナビ転職は製造業に強く、35歳以下の若手社会人が活用する転職サイトとなっています。

マイナビ転職とマイナビエージェントの違いとして、マイナビ転職は求人閲覧と応募のみを行うのに対してマイナビエージェントは書類選考対策や面接対策などの人によるサポートが付く点が大きな違いです。

マイナビ転職のひどい評判として、以下の評判があります。

  • ひどい評判1:書類選考が通らない
  • ひどい評判2:企業から返信がこない
  • ひどい評判3:アプリが使いにくい

マイナビ転職の良い評判として、以下の評判があります。

  • 良い評判1:スカウトが来るようになった
  • 良い評判2:マイナビ掲載求人は力が入っていて良い
  • 良い評判3:他のサイトに掲載されていない良い求人がある

マイナビ転職とマイナビエージェントを活用してよい転職を実現しましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。