Linkedinとは何?注意点と特徴を知り有利に転職活動を進める方法の全て

公開日: / 更新日:

SNS型で転職時におすすめと言われるLinkedInが気になっていませんか?

LinkedIn(リンクトイン)とはアメリカ・シリコンバレーの企業が運営するビジネス向けのSNSです。

実名で登録して日本国内だけではなく外国で働くビジネスマンと交流が可能なSNSです

特に特筆すべき点として、転職活動が活発に行えて本当に面接にたどり着き内定を得ることができるSNSという点が他のSNSとは一線を画しています。

他のSNSとは異なり、炎上することも少なく安定感のあるSNSです。

一方で、好みが分かれる足跡機能があるためご注意ください

筆者はこれまで約10年間、人事を経験しSNSアカウントを運営してきた経験があります。

さらに転職時にはLinkedInを活用しています。

この記事を読めば、LinkedInの特徴や注意点を理解でき安心して使うべきかどうか判断できるようになるでしょう。

LinkedInについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

LinkedIn(リンクトイン)とは?

LinkedInとは、2003年5月にスタートした世界最大級のビジネス向けのSNSです。

呼び方は「リンクトイン」と読みます。

日本では転職用のSNSだと思われている方もまだまだ多いです。

確かに転職につながりやすいSNSではありますが、実際のところ転職活動のためだけに登録するようなSNSではありません。

他の会社で同じ職種で働いている方と繋がって情報を得るなど自分の仕事に活かすことが可能なSNSとなっています。

ここではLinkedInに関する特徴を紹介していきます。

リンクトインのユーザー数は6億人以上

LinkedInのユーザー数は全世界に6億人以上が登録しており、日本では200万人以上が登録しているとされています。

世界的には非常にポピュラーなSNSではあるものの、日本ではまだまだ普及してないため、マイナーなSNSの部類に入ります。

Twitterが4500万人、LINEが8600万人の登録者数を抱えていることを考えると、LinkedInの200万人はかなり登録人数が少なくマイナーですね。

LinkedInに登録しているユーザーのほとんどは外国人であり、英語が使える人は楽しめるSNSとなっています。

企業の採用に使われるため転職活動にもおすすめ

LinkedInは企業の採用担当者が採用に使うため、転職活動をする方は利用がおすすめです。

利用することで企業の採用担当者や転職エージェントからダイレクトに求人が送付されてきます。

求人の内容も転職エージェントに掲載されていない求人が多い傾向です。

優良な求人を見逃さないためにも転職時には活用しましょう。

ところでLinkedInとFacebookは良く比較されFacebookですが就活向きであるのは圧倒的にLinkedInです。

筆者はLinkedInを活用しているのですが、鳥取県の外資系メーカーや東京の外資系人事コンサルティング企業の採用担当者から直接オファーを受けて面接に向かったことがあります。

ただし外資系企業全般で求められる英語能力がTOEIC800点に対して筆者は500点程度しかなかったため、選考基準を満たさずに落ちてしまいました。

海外を中心に外資系でLinkedInが使われているため英語が得意な方は活用すべきSNSです。

オファーも年収800万円から1500万円までと、外資系の給料が高い点も見逃せません。

Twitter上では以下のような口コミも見受けられました。

このように英語で履歴書や強みを書くことで、実際に多くのオファーをもらっている方もいます。

外資系企業への転職を考えている方はLinkedInを転職活動に活用することを強くおすすめします。

コラム:LinkedInに危険性があるのか?

筆者はLinkedInを2年ほど活用しています。

LinkedInに登録後、外国人の名前で迷惑メールが急に増え、少し危険を感じているのが事実です。

外国の投資会社などから怪しい投資案件の案内が来るためです。

全文英語での投資のお誘いであり、最初はかなりびっくりしました。

いまは迷惑メールフォルダに振り分けられているので完全なスパムメールでしょう。

以下の様に詐欺か判別しづらいようなオファーが来たと言った方もいました。

フィッシング詐欺を含め迷惑メールを見抜けられない方には危険性があると言えるでしょう。

逆に言えば、情報リテラシーが高い方は問題ないと言えます。

他には有名企業で勤務している方は社長などがLinkedInで気ままに投稿しているため、うっかり登録すると友人申請されて気まずいと思います。

まとめると、下記の危険性があると言えます。

  • LinkedInに登録すると怪しい迷惑メールが来る
  • 自社の人にバレて気まずい思いをする

次は、LinkedInの使い方について解説します。

LinkedInの使い方

LinkedInの使い方として、転職活動や、人脈を広げるなど使い方は様々です。

ビジネス目的の交流で活用する方が多いため、以下のような使い方をすることがおすすめです。

  • 外資系企業への転職活動に活用
  • 意中の企業の採用担当者と知り合いとなる
  • 同じ職種や業界とつながり人脈を広げる

それぞれについて解説します。

外資系企業への転職活動に活用

LinkedInは外資系企業への転職を考えている方は活用必須です。

なぜなら、ガンガン外資系企業から面接のオファーが来るためです。

特に東京在住者の方は多いでしょう。

筆者は東京の外資系企業の採用担当者からたくさんオファーを頂きましたが、残念ながら京都を離れる気がないため高収入の求人のオファーを断っています。

東京在住者であれば面接まで容易にたどり着けるため、LinkedInは積極的に活用すべきです。

意中の企業の採用担当者と知り合いとなる

LinkedInの使い方として意中の企業の採用担当者と知り合いになる方法があります。

個別に直接つながることが可能なため、うまくやりとりをすることで採用につながる可能性があります。

入りたい企業があれば、友達申請を行いましょう。

ポジションに空きが出た場合、採用をLinkedIn経由で行うこともあります。

同じ職種や業界とつながり人脈を広げる

LinkedInには同じ職種や業界とつながり人脈を広げるという使い方がはあります。

LinkedInでは他の企業の同職種の人が経歴欄から分かり友達になりやすいためです。

ちょっと仕事上悩んでいることを投稿すると「うちの会社ではこう対処しましたよ」など知恵を貸してくれることがあります。

ですが人事部など守秘義務を扱う部門はあまり盛り上がりません。

オープンにしていい情報とそうでない情報を上手く切り分けて、同じ職種や業界の方たちとつながりましょう。

そのためITエンジニアや営業の方に向いていると言えるでしょう。

次は、LinkedInを活用する上での注意点について解説します。

LinkedInの注意点

LinkedInの注意点として以下のような注意点があります。

  • 足跡の機能に注意
  • 即効性は低い
  • 外国人からのメッセージは英語か現地語

それぞれについて解説します。

足跡の機能に注意

LinkedInには足跡機能があります。

活用するにあたっては、足跡にご注意してください。

自分が他人のプロフィールを閲覧すると、相手方の画面に「〇〇さんがあなたの経歴を閲覧しました」と通知がされます。

知らないアカウントを閲覧しても気まずいですが、最も気を付けるべきは同僚のアカウントや自社の経営者などのアカウントを閲覧してしまうことです。

足跡がついて気まずい相手のアカウントは閲覧しないように注意しましょう。

即効性は低い

LinkedInの特徴として、転職活動をする場合即効性が低いことに注意してください。

なぜなら、あくまでもビジネス交流が目的のアカウントであり、転職だけを目的としたSNSではないためです。

早く転職したいなら転職エージェントか転職サイトを併用するようにしましょう。

基本的にはスカウトを待つことが基本となるため、全くスカウトが来ない可能性もあります。

体感的には1年スパンで転職活動を考えている方ならLinkedInがおすすめで、3か月以内など早いスパンでの転職を考えている方は転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

外国人からのメッセージは英語か現地語

LinkedInは利用者の大半が外国人です。

そのため、外国人からのメッセージは大半が英語か現地語となります。

英語ならまだいい方で、いきなり知らない国の言語でメッセージが来て面接をしたいと言い出す方もいます。

あまり良く分からない言語でメッセージが来た場合、翻訳で中身だけ把握して返信しなくても問題ありません。

外国人からのメッセージが怪しいメッセージだった場合は返す必要は無いでしょう。

次は、LinkedInを活用する上で最も重要な職務経歴の登録について解説します。

LinkedInに経歴を詳細に記載して多くのスカウトを受け取ろう

LinkedInに経歴を詳細に記載することで、多くのスカウトを受け取ることができます。

他のSNSとは異なりLinkedInの職務経歴欄は転職サイト並みに情報を盛り込める仕様となっているためです。

企業の採用担当者や転職エージェントは職務経歴を検索してたどり着くことが多いため、書けば書くほどオファーが来ることになります。

特にこれまで在籍した企業の企業名だけではなく、職務と地位、詳細な仕事経験についてしっかりと書き込むようにしましょう。

いつからいつまでどんな業務をしていたのか、どこの部署にいたのか、職位はどんな職位だったのかなど仕事内容を一つ一つ丁寧に書きましょう。

また、LinkedInに登録するついでにビズリーチにも登録しておくこともおすすめします。

ビズリーチもLinkedIn同様に企業の採用担当者や転職エージェントからスカウトが来るタイプの転職サイトです。

ビズリーチも無料で利用が可能です。

LinkedIn同様に、転職サイトには公開されていない企業の求人も多数ある傾向です。

ビズリーチはLinkedInよりも圧倒的に転職エージェントや企業の動くスピードが早いため、併用することで好待遇な求人に出会える可能性がアップします。

LinkedInに詳細な職歴を入力しスカウトを待ちつつ、ビズリーチも活用し、早期に内定獲得を目指しましょう。

ビズリーチ
職業紹介事業
許可・届出受理番号
13-ユ-306019
求人数96,000件
対応エリア全国・海外
年代20代~50代
年収400万円~1000万円以上
  • 国内最大級のハイキャリア向け転職サイト
  • 優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトを受けられる
  • 自身の市場価値を把握でき、年収・キャリアアップへ繋がる
口コミ/評判はこちら公式サイトはこちら

まとめ

今回は、LinkedInについて解説しました。

LinkedInはアメリカ・シリコンバレーで生まれたビジネス交流のためのSNSです。

LinkedInには以下のような特徴があります。

  • リンクトインのユーザー数は6億人以上
  • 企業の採用に使われるため転職活動にもおすすめ

LinkedInの使い方は以下の使い方がおすすめです。

  • 外資系企業への転職活動に活用
  • 意中の企業の採用担当者と知り合いとなる
  • 同じ職種や業界とつながり人脈を広げる

LinkedIn活用時の注意点は以下の通りです。

  • 足跡の機能に注意
  • 即効性は低い
  • 外国人からのメッセージは英語か現地語

職務経歴欄を充実させ、好待遇求人のスカウトを待ちましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。