転職エージェント

エン転職の口コミから分かる本当の評判とは?わかりやすく特徴とおすすめな人も紹介

更新日:

エン転職の評判とは?

エン転職の利用にあたり

「エン転職の評判は悪くない?口コミ評判を知りたい」

「エン転職の特徴を知りたい。利用すべきなの?」

「エン転職はどんな人におすすめ?」

と気になりませんか。

エン転職の評判は悪くない?

筆者は約10ほど採用担当者としてエン転職を利用して採用を行っており、エン転職の裏側を見てきました。

その経験からお伝えするとエン転職は優良な中小企業の求人に強い転職サイトです。

さらに中小企業ばかりが求人掲載しているわけではなく大手企業も募集しています。

実際、筆者が参加していた京都経営者協会主催の人事担当者交流会においては

「エン転職ってかなりいいんだ。応募者が多く来て」

と語っている大企業の採用担当者の方もおり、転職サイトとして高評判です。

この記事ではエン転職の口コミから本当の評判を解説していきます。

エン転職の利用に悩まれている方はぜひ最後までご覧ください。

目次

エン転職が利用される大きな特徴4つ

エン転職を筆者は採用担当者としても、転職希望者としても活用した経験があります。

応募者にとっては分かりやすく企業を紹介されている点が良い点です。

採用担当者としては求人広告費が安いにも関わらず丁寧に企業を掘り下げた求人を行ってくれるという良い点があります。

つまり安い掲載費にも関わらず質の良い求人を掲載できるため筆者は好んで使っていました。

そのため中小企業に人気の転職エージェントです。

「大企業は窮屈に感じる」

「田舎だから大企業がない。中小企業を探したい」といった方におすすめです。

では具体的にエン転職が利用される特徴を紹介していきましょう。

大きく

  • 特徴1:職場の動画・元社員の口コミを掲載
  • 特徴2:研修講座を無料で受けられるエンカレッジを運営
  • 特徴3:5件に4件はエン転職だけの求人
  • 特徴4:中小企業の求人案件に強い

と4つの特徴があります。

特徴1:職場の動画・元社員の口コミを掲載

エン転職の良い点としては就職前に事前情報を多く手に入れられるという点があります。

なぜならエン転職の特徴として職場の動画・元社員の口コミを掲載しているという特徴があるためです。

参考:転職は慎重に | 転職サイトなら日本最大級の【エン転職】

「実際に働いてみたらどんな環境なんだろう」

と気になる方はエン転職の口コミを見ることができ、事前に評判を知ることができます。

また、エン転職は求人依頼をすると担当者が熱心に取材や動画撮影を行います。

エン転職は応募者にとっては情報が手に入りやすいため、転職の際に判断材料が多くなることが良い点です。

特徴2:研修講座を無料で受けられるエンカレッジを運営

エン転職では研修講座を無料で受けられるエンカレッジを運営しています。

参考:【エン入社後活躍支援プログラム】 - エン・ジャパン入社後活躍支援サービス

エンカレッジでは転職先で活躍するための心構えから、自分自身のビジネススキルのチェックまで様々な情報を得ることが可能です。

例えば

  • 入社後にやってはいけないこと
  • 入社後に積極的に行うべき行動

などです。

「前職はこうでした」といって前職の進め方を転職先の職場の理解を得ないで導入すると非常に反感を持たれます。

転職に関する失敗事例や成功事例を学べるため、初めての転職の方は一度チェックすることをおすすめします。

特徴3:5件に4件はエン転職だけの求人

エン転職に掲載されている求人の80%、つまり5件に4件はエン転職だけの求人となっています。

参考:転職なら【エン転職】| 日本最大級の転職サイト

多くの転職サイトでは求人の多くが重複しており、複数サービスに登録しても新しい求人に出会いにくいです。

しかしエン転職では80%もエン転職だけの求人です。

そのため「もっと他に求人がないのかな?」と思っている方におすすめの転職サイトです。

エン転職に登録しないと出会えない企業が多いため、登録をおすすめします。

特徴4:中小企業の求人案件に強い

エン転職の強みとしては中小企業の求人案件に強いという特徴があります

中小企業では

「どうせ、うちみたいな中小企業が転職サイトに求人掲載しても人なんか来ない」

とあきらめている傾向にあります。

エン転職は独自に取材して魅力的に企業を紹介しているため中小企業でも多くの応募があります

「中小企業であってもエン転職であれば採用できるらしいよ」

という採用担当者の間の評判が浸透しており、採用意欲の高い中小企業の求人をたくさん集めることに成功しています。

熱心に採用している中小企業が多いため良質な求人にも出会いやすいでしょう。

ところで「エン転職ってどんな評判なのだろうか」と気になりませんか。

次は、エン転職の評判について紹介します。

エン転職の評判

ここではエン転職の評判を紹介していきます。

TwitterやYahoo!知恵袋で見かけた口コミを「良い評判」と「悪い評判」に分けて紹介していきます。

まずは気になるエン転職の悪い口コミ評判から紹介していきます。

エン転職のひどい口コミ評判

エン転職のひどい口コミ評判として、以下の評判がありました。

  • ひどい対応をされた
  • 全然興味のない業界からスカウトが届く
  • 自分の希望職種とは無関係のスカウトがいっぱいくる

それぞれについて紹介します。

ひどい評判1:ひどい対応をされた

Twitterではエン転職のひどい評判として以下の評判があります。

何があったのかは分かりませんが、ブラック企業が掲載されていたとのことです。

正直、大手よりも規模の小さい中小企業の方がブラック企業が多くなります。

これはエン転職に限った話ではありません。

他のサービスを利用しても一定の確率でブラック企業に遭遇する可能性はあります。

面接で社員やオフィス、経営者の考え方などをチェックして独自に防衛しましょう

エン転職の場合は口コミや動画などで事前にチェックできるため、他サービスよりもチェックがしやすいと言えます。

ひどい評判2:全然興味のない業界からスカウトが届く

Yahoo!知恵袋では全然興味のない業界からスカウトが届くというエン転職の口コミがありました。

エン転職でスカウト設定したら、全然、興味のない会社から大量にスカウトのメールが届くのですが、対象を興味のある業界に絞るには、どうすればいいですか?

「WEB履歴書」の「希望条件」で、

「希望職種、希望業種」を設定してあるのですが。

エン転職でスカウト設定したら、全然、興味のない会社から大量にスカウトのメ... | Yahoo!知恵袋

すごい量のスカウトが届くので戸惑ってしまう方も多いと思います

全然興味のない業界からスカウトが届く現象は実は筆者もエン転職で経験しています。

おすすめの対策としてはエン転職に登録している職務経歴書に今後どのような働き方をしたいかを書いておくことが重要です。

これまでの経験職種を羅列も重要ですが仕事のスタンスを書いておくことでスカウトの精度も良くなるためです。

筆者もスカウトが多すぎて悩んでいました。

対策として職務経歴書欄に「人事職種でキャリア構築を考えている」

と記載したところ、それからは人事職種からのスカウトが多く届くようになりました。

ひどい評判3:自分の希望職種とは無関係のスカウトがいっぱいくる

上述の評判のとおり筆者としてもスカウトが多すぎることが利用した中で気になりました。

特に全く関係のない職種からのスカウトが多い点に不満があります。

対応策としては採用担当者の画面から見える職務経歴書欄に

「営業職での勤務を希望しています」と記載しましょう。

明確にやりたい仕事を記載しておくことをおすすめします。

なぜならエン転職を筆頭に転職サイトにおいては、採用担当者からは職務経歴書が一番目につく仕様となっているためです。

筆者はエン転職の職務経歴書には

「周囲の社員や経営者に嫌われようが人事として会社にとって最も良いと思ったことを発言し人を引っ張っていく。

周囲の人間の顔色を気にしていては人事などできないし、会社内の人間に忖度する人事マンなど人事部にはいらないとの考えで人事をしている」

と仕事のスタンスと職種を明確化しました。

それを見て、他の企業の採用担当者の方から

「同じ人事マンとしてあなたの考え方に共感した」

メッセージが届きスカウトの精度が上がったことがあります。

以上がエン転職の悪い評判でした。

次ではエン転職の良い評判を紹介していきます。

エン転職の良い口コミ評判

エン転職の良い口コミ評判として、以下の評判がありました。

  • 良い評判1:良い転職先が見つかりそう
  • 良い評判2:企業の口コミを見られるので安心
  • 良い評判3:中小企業でも採用できるという希望が見えた転職サイト

それぞれについて紹介します。

良い評判1:良い転職先が見つかりそう

Twitterではスカウトの多さに喜ぶエン転職の口コミがありました。

エン転職に登録したら意外とたくさんのスカウト求人が来たので応募してみたいということです。

現在の仕事よりも好条件の仕事ができるのではないかと期待しており、非常に前向きです。

スカウトによって「この仕事をしてみたい」と企業や仕事に興味がわいてきます。

「どの仕事もピンと来ない」と悩んでいる方におすすめです。

良い評判2:企業の口コミを見られるので安心

Yahoo!知恵袋では口コミや対応力でエン転職が良いという口コミがあります。

特定派遣の求人がいっぱい

ぶっちゃけ、転職サイトNo.1だと思う

口コミ見れるし、ブラック企業だった

場合の対応が早い

参考:エン転職とかいうサイトにありがちなことは何ですか? - 特定派遣の求人が... -|Yahoo!知恵袋

転職サイトで一番良いとも言われており、口コミもみられるだけではなくブラック企業だった場合の対応も早いということでした。

良い評判3:中小企業でも採用できるという希望が見えた転職サイト

筆者は採用担当者としても、転職希望者としてもエン転職を活用していますが、エン転職は中小企業でも良い人材を採用できるという希望を見せてくれた転職サイトです。

自分では気づかないような会社のアピールポイントをしっかりと取材して見つけ出しており、会社側としては非常にありがたい存在です。

また、転職希望者としては地元で働きたいと考えたときにあまり情報がなく転職活動が大変だなと思ったこともありました。

しかしエン転職は大企業求人が少ない代わりに地元密着の中小企業の求人が掲載されているので安心して転職活動を行うことができました。

次は、エン転職がおすすめな人について解説します。

エン転職がおすすめな人は優良中小企業志望な人・地元で仕事をしたい人

エン転職がおすすめな人は優良な中小企業や地元で仕事を探したい人です。

エン転職では大手企業の求人掲載が少ない代わりに中小企業の求人が多く掲載されており、地元にUターン就職したい方は非常に重宝します

さらに動画や口コミは、しっかり企業選びをしたい方やブラック企業を回避したい方にとって非常に頼りになる情報です。

企業の99%は中小企業です。

参考:最近の中小企業の景況について|中小企業庁

地元で働ける優良な中小企業を探したいかにおすすめできます

ただし、転職サイトは比較的スキルや経験が不要な求人が多いです。

もし、専門職であったり年収500万円以上のようなスキル・経験を求める求人を探したい方はエン転職のような「転職サイト」ではなく、

「転職エージェント」を利用しましょう。

選考が厳しい職種・業種は転職エージェントがおすすめ

選考が厳しい職種・業種は「転職サイト」ではなく「転職エージェント」の利用がおすすめです。

スキルや経験を問わない仕事や一度に複数名を採用するような求人の場合は採用費の安い転職サイトを利用しますが、専門性や経験、人柄を吟味するようなポジションの採用は転職エージェントで採用しています。

営業職は転職サイトでも問題ありませんが、人事や総務、経理、法務などの管理部門は転職サイトで探すよりも転職エージェントの方が採用される確率が高くなります

同様にITエンジニアやWebデザイナーなどの専門技術者や外資系求人や海外へ転職志望する方も転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでおすすめはリクルートエージェントとJACリクルートメントです。

リクルートエージェントは全国展開しており大企業に転職したい方に向いています。

>リクルートエージェントはこちら

またJACリクルートメントは大企業求人や外資系企業を取り扱っているため高年収であったり大企業に転職できる可能性があります。

>JACリクルートメントはこちら

次は、エン転職の使い方について解説します。

エン転職の利用は完全無料!登録で求人紹介・スカウトが来る

エン転職の利用は完全無料です。

エン転職の運営費は企業から求人掲載費として受け取っているため転職者側が料金を払うことは一切ありません

登録することによって求人紹介やスカウトが来ます

転職は情報を全てですので利用するだけ有利となります。

求人は早いもの勝ち!登録だけしておき情報収集がおすすめ

転職サイトにおいて求人は早い者勝ちです。

登録だけしておき情報収集をすることをおすすめします。

なぜなら転職サイトは転職エージェントと異なり求人掲載期間が決まっているためです。

企業はお金を払って求人を掲載しているため、掲載期間中にどんどん採用を進めたいと考えています。

その結果、早いもの勝ちで内定が出るケースが大半ですので良い求人を見つけたら即日エントリーするスピード感は絶対必要です。

内定が出ても承諾しない限りは断れますので気になる求人に対する行動が転職成功のポイントとなります。

次は、エン転職の利用方法について解説します。

エン転職の利用の流れ

エン転職の利用の流れは以下の通りとなります。

  • STEP1:サイトから利用の応募
  • STEP2:マイページで履歴書と職務経歴書を完成させる
  • STEP3:求人を探し応募する
  • STEP4:面接
  • STEP5:内定獲得
  • コラム:エン転職の退会の手順

それぞれについて解説します。

STEP1:サイトから利用の応募

エン転職のサイトから会員登録をしましょう。

まずはメールアドレスを入力して、登録受付をしてもらいます。

必要な情報を記載していきましょう。

>エン転職無料登録はこちら

エン転職のログインページはこちら

エン転職のログインページはこちらからです。

参考:ログイン|【エンジャパン】のエン転職

登録後にマイページにログインできる状態になります。

STEP2:マイページで履歴書と職務経歴書を完成させる

マイページにログイン後、履歴書と職務経歴書を完成させましょう。

所属企業ごとに職歴を記載する欄があります。

コツとしては企業ごとに出来るだけ短く担当職務と経験年数を記載することです。

丁寧に書いてあればスカウトの精度も上がります。

自分では「需要がないだろう」と思っているような業務経験を実は企業が探していることがあります。

面倒くさがらずに丁寧に記載していくことが良質なスカウトを受けるポイントとなります。

STEP3:求人を探し応募する

エン転職で応募したい求人を探すようにしましょう。

スマホを持っている方は定期的にアプリで応募したい求人をチェックするようにしましょう。

求人の取り逃しがなくなります。

良い求人を見つけたらすぐにエントリーボタンを押して応募するようにしましょう。

求人の掲載期間が過ぎれば無くなりますし、人気求人は早いもの勝ちですのでご注意ください。

STEP4:面接を受ける

書類選考が通ったら面接を受けるようにしましょう。

面接を受ける際には企業の口コミをチェックして企業の社風などもチェックしておきましょう

面接を受ける前に必ず志望動機や自己PRは完成させておくようにしましょう

面接に自信がない方は転職エージェントで面接対策をしてもらえます。

業界最大手のリクルートエージェントに登録して面接対策を進めるのも手です。

>リクルートエージェント無料の面接対策はこちら

STEP5:内定獲得

内定を獲得したら終了です。

転職サイト経由で内定通知が来るパターンと自宅まで内定承諾書を郵送してくるパターンがあります。

いずれのパターンにも対応するようにしましょう。

ただし、内定通知書を受け取るまでは在職中の企業に退職願いを出すのはやめましょう。

万が一、内定を取り消された場合は無職になってしまいますし、実際に事例はあります。

慎重に進めてください。

コラム:エン転職の退会の手順

エン転職の退会の手順としてはマイページにログインして、退会手続きページへ進むことで退会することができます。

ログインしたページで「各種設定」をクリックして「退会手続きへ進む」という文字をクリックして操作を進めてください。

最後により良い転職をするためのコツを紹介します。

賢く転職するためには3つの転職サイトの利用がおすすめ

賢く転職するためには最低3つの転職サイトを利用しましょう。

なぜなら、たった1社の転職サイトだけでは求人情報は網羅できないためです。

筆者も採用担当者をしていた時代には特に特定の転職サイトに求人掲載依頼をするということはありませんでした。

つまりエン転職に掲載されている求人以外にも多数の求人があるということです。

転職は情報が全てです。

転職に失敗してもやり直せますが日本では短期離職を繰り返す人材は評価されにくい傾向のため、

自分にマッチした求人を見逃すのは致命的です。

必ず下記の転職サイトにも登録して求人を見逃さないようにしてください。

  • 転職支援実績No1のリクナビNEXT
  • 関西に強く転職エージェントへの相談も可能なdoda

それぞれについて紹介します。

転職支援実績No1のリクナビNEXT

転職支援実績No1のリクナビNEXTは業界最大手のリクルート社が運営するサービスです。

最大手のため転職者も求人も集まっているため、情報収集のためにもまず登録すべき転職サイトです。

さらにリクナビNEXTにはプライベートオファーと呼ばれる高精度のスカウト機能もついており、登録するだけで転職活動が進むというケースもあります。

特に「転職したいけど、転職先はどうすれば良いか分からない」といった方におすすめです。

スカウトした企業と面談を重ねる毎に業界や仕事に対する理解が深まり、具体的な転職先のイメージが持てるようになるためです。

転職活動をはじめたばかりの方は迷わず登録することをおすすめします。

>リクナビNEXTの無料転職相談はこちら

関西に強く転職エージェントへの相談も可能なdoda

dodaは関西の求人に強く転職エージェントへの相談も可能な転職サイトです。

さらにdodaは関西資本企業の採用担当者はdodaを好んで使うため求人が豊富です

筆者が関西の大手企業で採用担当者をしていたときも例に漏れず利用していました。

事実、筆者が転職時にdodaを利用した際、他の大手転職エージェントでは「関西では求人がない」と断っているケースでもdodaに相談することで80社以上の紹介がありました。

また、リクナビNEXTに次いで第二位の求人数を誇っています。

もちろん大手企業や中小の優良企業の求人を多く抱えています。

関西で転職をする方はdodaも合わせて利用することをおすすめします。

>dodaで求人情報を探す

まとめ

今回は、エン転職について解説しました。

特に本文中でも解説しましたが、良くも悪くもたくさんのスカウトが受けられる転職サイトです。

中小企業に強く、優良な中小企業を見つけることが可能です。

口コミや動画紹介もあるため企業を深く理解しやすい転職サイトです。

中小企業が多いため地元で働きたい方にもおすすめの転職サイトです。

エン転職を活用して理想の転職を実現しましょう。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

-転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職