30代ニートの就職方法は?社会復帰するには就職支援サービスの活用が必須

この記事は有料職業紹介事業として厚生労働大臣の許可を受けている株式会社しごとウェブ(許可番号:13-ユ-306679)が制作しています。

「30代ニートだけど正社員になれる?就職するスムーズな方法を知りたい」と不安に思っていませんか。

ニートで30代になると、もう就職できないのではないかと絶望的な気持ちになっている方も多いのではないでしょうか。

30代ニートだけど正社員になりたい。

筆者はこれまで約10年間採用担当者をしてきた経験から言うと、正しい就活をすれば30代のニートの方でも正社員として再就職することは可能です。

実際に筆者も、30代のニートを1年間で30名ほど採用した経験があります。

いま中小企業はもちろん大手企業も若手の採用に苦戦しており、人手不足からニートの方にも就職のチャンスがある絶好のタイミングだと言えるでしょう。

様々な事情で働けずに30代を迎えてしまった方も、就職を諦める必要は全くありませんので安心してください。

この記事では30代ニートの方の正しい就職法=「就職支援サービスの利用」について深堀りしていきます。

おすすめの就職支援サービスは、マイナビAGENTす。

就職支援サービスでは面接対策や書類添削もしてもらえるので、サポートを受けつつ正しい就活方法を知ってニートから社会復帰しましょう。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。

定着率が低いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

上手く就職している人は合う仕事を見つけて紹介してくれるハタラクティブという就職支援サービスを利用しています。

自分に合った仕事しか紹介されないため、入社後も満足度が高くなっています。

しかも無料で利用でき、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。

デメリットは若手向けのサービスであることなので、30代以上の方はなるべく早めに相談して1日でも若手のうちに優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

30代ニートは就職できるのか?厳しいと言われる理由とは

「30代ニートが就職活動を頑張ったところで、社会復帰出来るのか」と思っている方は非常に多いと思います。

マイナビの2023年度の調査によると20代やフリーターを合わせて既卒者の就職率は34.8%となっており、前年より10pt減少しています。

参考:2023年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

既卒で就職できる人は、おおよそ1/3は就職に成功するという計算になりますね。

しかし全体で見た就職率よりも、30代ニートの就職はもう少し難易度があがります。

採用担当者からすると、ニートは職歴を積んできた人材よりも自己分析等が甘く、なぜ就職したいのか等が見えにくいという部分があります。

ニートの就職が厳しい理由として、以下の理由があります。

  • 自己分析が甘く価値観が曖昧で意欲を感じない
  • 企業分析ができていないと判断されてしまう
  • コミュニケーション力が低い方が多い

それぞれについて解説します。

理由1:自己分析が甘く価値観が曖昧で意欲を感じない

30代ニートの特徴として自己分析が甘く、働く意欲が自分なりに見いだせていない方が多い印象を面接官をしていて受けることがあります。

自分なりになぜ働きたいのか、なぜ志望する企業で働きたいのかを把握できていないと面接時に面接官に刺さるような話し方をすることができません。

自分自身の過去の行動やニート期間の行動や思考などを整理して、なぜ働きたいのか、どんな会社で働きたいのかを見つめなおすようにしてください。

どんなときに自分自身が働きたいと思ったのかを過去から遡り、感情をベースにして考えるとうまくいきやすいといえます。

ニートを脱出するためにも自己分析は徹底的に行うようにしましょう。

理由2:企業分析ができていないと判断されてしまう

ニートの就職が厳しい理由として、企業分析ができていないと判断されてしまうことが挙げられます。

志望する企業がどんな事業を行っており、どんな部分で社会に貢献しているのかをよく見るようにしてください。

企業分析をしっかりと行わないと自分自身の志向と合致しているかが分からず、内定が出にくくなります。

企業分析をしないと、企業の方向性と自分自身の志向が合致せず、面接の場でうまく話せず、面接官に響かないケースがあります。

また、入社後にミスマッチを起こしてしまう可能性も高くなります。

ミスマッチを起こせば短期離職する可能性が高くなり、企業にとっては採用費も教育費も無駄になり最悪の結果です。

「採用で無駄な金を使うな!」と採用担当は社内で責任を問われるため、

  • なぜその業界を選んだのか?
  • どのような企業選びをしたのか?
  • 応募した企業でどんな仕事をしたいのか?

といったビジョンがないと面接で落とされることになります。

志望する企業の強みや事業内容を把握し、自分なりに志望動機を伝えられるようにしてください。

理由3:コミュニケーション力が低い方が多い

30代ニートの方の特徴として、コミュニケーション能力が低い方が一定数います。

質問に対して的を射た答えを出来ず、受け答えができないことです。

具体的には、自己紹介をしてくださいといっているのに、なぜか自己PRをしてしまったりするようなことです。

自己紹介と自己PRは異なるものであり、何を聞いてもしっくりした答えが返ってこない方も多いです。

正確に質問されたことに対して答えを返すようにしてください。

コラム:30代ニートなら資格・進学よりもとにかく就職!

30代ニートなら資格・進学よりも就職をするようにしましょう。

専門学校に進学して資格を取得しても、30代以降の人材に求める採用条件は戦力になれるかどうかであることが多いためです。

学校に進学することで空白期間がさらに伸びることになりますし、資格だけ持っていても経験が伴わないと採用される可能性は低くなります。

30代ニートの方は、迷わずに就職を選ぶようにしましょう。

正社員に就職する方法として最も確実で早い方法は就職支援サービスを活用することです。

現状、自分に足りていない部分を補うことができ、必ず就職することができます。

まずは登録することをおすすめします。

30代ニートの就職方法4つ

30代ニートが就職するには就職支援サービスを利用することが一番おすすめです。

もし就職支援サービスを利用することに抵抗がある場合は、他の3つの方法も試してみてください。

  • 就職支援サービスを利用する
  • 期間工として職歴を積む
  • プログラミングスクールに通う
  • 自信が無い方はバイト・派遣で職歴を積み上げよう

それぞれについて解説します。

方法1:就職支援サービスを利用する

30代ニートの方は、正社員になるためには必ず就職支援サービスを活用することをおすすめします。

就職支援サービスを活用することで、自己分析を含めて就職するのに必要なことを徹底的に叩き込んでもらえるためです。

先ほど紹介した、「30代ニートの就職が厳しい理由3個」自分1人だけでは解決しにくい問題ばかりです。

そのため、就職支援サービスの手を借りたほうが良い結果になる可能性が非常に高いのです。

知識を持たずに就活しても、内定が取れず苦しむ期間が長くなるので就職支援サービスで必ずサポートを受けましょう。

方法2:職歴なしでも全く問題ない!期間工でキャリアを積む

ニートの就職方法として期間工でキャリアを積むという方法があります。

期間工の面接で職歴を問うことは滅多にありません。

そもそも期間工の採用は経歴にワケありの人材を採用することが前提となっていることもあります。

また、30代であれば若いため採用されやすいです。

アイシンAW等の自動車部品メーカーであれば30代でも正社員登用を狙える可能性も高いので、積極的に狙ってみて下さい。

期間工が職歴にならないと思っている方もいると思いますが、期間工を経験すればたいていの仕事はこなせる自信がつき、結果的に正社員として就職していく方も多いです。

体力とガッツを身につけたい方にはおすすめできます。

事例:30代ニートを1ヶ月で5人採用しているメーカーの紹介

自動車メーカー全般で30代ニートを一ヶ月に5人以上採用しています。

私も自動車メーカーで採用担当者をしていた時代は元ニートの方を期間工として1か月で5人以上は採用していました。

ニートをしていたけれど、期間工でお金を貯めて自立したいという真面目な方が30代ニートには多かった印象があります。

期間工であれば初年度から年収400万円以上狙える上、入社祝い金も貰えます。

期間工.jpを経由することで自動車メーカーと求人紹介会社のダブルゲットができることもあるため、貯金したい方は絶対に活用しましょう。

期間工.jpはコチラ

方法3:プログラミングスクールに通いITエンジニアになる

プログラミングスクールに通いITエンジニアになるという方法もあります。

TECH::EXPERTではスクールで勉強をした上に、就職先を紹介してもらえます。

スクール修了後の就職率は98.5%なっており、もしも修了後に就職できなかった場合は、全額返金となります。

勉強を教えてもらえた上に、もしも就職できなかったらお金まで帰ってくる非常に良いサポートとなっています。

>TECH::EXPERTはこちら

方法4:自信が無い方はバイト・派遣でまずは無職から脱出してみよう

自信が無い方はバイト・派遣で職歴を積んでみましょう。

アルバイトや派遣から正社員登用されるという会社もありますし、何よりも仕事をしてお金を稼ぐという体験をすることが大切であるといえます。

ニートでバイトを探す場合はバイトルなどで探してみましょう。

新聞を取っている方は月曜日の朝刊にアイデムの折り込みチラシにアルバイト求人情報が載っている可能性が高いです。

派遣登録のサービスとしてはアデコがおすすめです。

アデコは世界各国に拠点をもつ大手人材紹介サービスです。

事務系の派遣求人が豊富で、有名企業の求人も取り扱っているため探してみて下さい。

>アデコはこちら

自信が無い方ほど、どんな形でもいいから仕事をすることが大切です。

就職支援サービスの特徴とは

就職支援サービスの特徴として30代ニートの方の就職への不安を払拭してもらえるという特徴があります。

いざ就職活動を始めようと思っても、何から始めたらいいのかと困ってしまいますよね。

ひとりで迷っているより、とにかくまずは就職支援サービスに登録すれば

「自分はどんな会社に行きたいのか分からない」

「面接時にどう話せばいいのか」

というときに親身なサポートを受けることができます。

具体的には、以下のようなサポートを受けることができます。

  • 自己分析のサポートと適性のある仕事を紹介してもらえる
  • 書類選考・面接の対策をしてもらえる
  • ニートOKの求人のみを紹介してもらえる

それぞれについて解説します。

特徴1:自己分析のサポートと適性のある仕事を紹介してもらえる

就職支援サービスでは自己分析をベースにして、適性のある仕事を紹介してもらえます。

就職において一番重要な部分である自己分析を1週間近くかけてサポートし、自分自身がどんな仕事をしたいのかを明確にしてもらえます。

しっかりとした自己分析をベースにした求人を紹介してもらえるので、ミスマッチが減ります。

就職支援サービスで受けられる自己分析を徹底して行い、自分に合った仕事を紹介してもらうことができるため、就職しやすくなります。

特徴2:書類選考・面接の対策をしてもらえる

就職支援サービスでは書類選考・面接の対策をしっかりと行ってもらえます。

書類の書き方でどんな風に履歴書を記載したら良いか分からないといったレベルの悩みから、面接の対策まで幅広くサポートしてもらえます。

履歴書については1枚提出しておけば使いまわし出来るようになりますし、面接の対策は模擬面接を実践してもらえます。

書類選考と面接の対策をしてもらえるため、非常に頼もしいですね。

特徴3:ニートOKの求人のみを紹介してもらえる

就職支援サービスではニートOKの求人のみを紹介してもらうこともできます。

既卒向けの就職支援サービスでは、無職のニートや引きこもりの方を歓迎している求人が集まっているからです。

求人を受けるにあたって

「ニートだから・・・」

と頭ごなしに差別を受けることは全くありませんので安心して利用してください。

職歴なしを前提としたサービスとなっています。

不安を持つことなく、堂々とサービスに登録しましょう。

ちなみになぜ企業がニートを採用するかというと、これから会社を支えてくれる人材が欲しいから募集を行っているという背景があります。

中小企業を始め、大手でも採用には苦労しています。

しかも日本には知名度のない中小企業でも、優良企業が数多くあります。

「空白期間があるから」「ニートだった過去がある」

としても穴場の優良企業に就職する道がありますのでぜひ狙っていきましょう。

30代ニートの方におすすめの就職支援サービス3つ

既卒向けの就職支援サービスで、どこを利用すればいいのかな?と知りたくありませんか?

おすすめの就職支援サービスを3つ紹介します。

実際に採用担当者として活用したものもあれば、利用者として登録をしてみて実態を知った上で一番使えるサービスを紹介します。

おすすめサービス1:ハタラクティブ

30代ニートの方におすすめの就職支援サービス1つめは、ニートなど職歴がない方におすすめの就職支援サービスハタラクティブです。

20代を中心としたサービスですが、30代でもサポートを受けることが可能です。

未経験向けの求人紹介に特化しており、紹介する職種の幅も広いため、選択肢を多く持って就職活動したい方にもおすすめとなります。

おすすめサービス2:マイナビエージェント

マイナビAGENTは業界最大手の転職エージェントでサポートが充実しています。

求人数もトップクラスなため、30代でニートの方でも応募できる求人もあるでしょう。

他では見られない求人もあり、情報の抜け漏れを減らす意味でも登録しておいて損はない転職エージェントです。

おすすめサービス3:DYM就職

書類選考なしで優良企業と面接をすることができるDYM就職があります。

個別サポートが手厚いことで定評があり非常におすすめのサービスです。

大手企業の求人も保有しており、書類選考なしで直接面接に進むことができます。

人によっては登録してから1か月から2ヶ月で正社員として内定を獲得することも可能です。

コラム:就職するなら今!企業の採用活動が活発化し30代のニートもチャンスあり!

就職活動をするならできるだけ急いで就職をするようにしてください。

オリンピックも終わり、男性労働者が各地に帰ってくるため就職バブルが終了したためです。

ただし、大阪で万博建設がスタートすることが決定しているので、その後も少しは採用需要が高い可能性があります。

いずれにせよいまの段階が最も若手需要が高まっているので、いまを逃さないようにしてください。

参考:2025年 大阪万博が決定、55年ぶり:日本経済新聞

30代ニートの選択肢として、他にも道はあります。

諦めずに就職する方法を粘り強く探すためにも、次の章も絶対に読んで参考にしてください。

30代ニートでも就職は可能!就職支援サービス利用で内定を勝ち取ろう

30代ニートの就職確立は低いと言えますが、不可能ではありません。

就職支援サービスを利用することで、就職率は45%まで上がりますので積極的に相談しましょう。

おすすめのサービスは以下の3つです。

  • 就職カレッジ
  • ハタラクティブ
  • マイナビAGENT

30代ニートの就職が厳しい理由として、コミュニケーション能力の低さ、自己分析の甘さ、企業分析の甘さがあります。

また、学歴が下がるほど就職意欲は低くなるというデータがあります。

就職支援サービスを活用するなどして就職に必要な情報や方法論を学ぶようにしましょう。

履歴書の書き方や、面接での対策も丁寧にサポートしてもらうことができるので、30代ニートの方の強い味方となるでしょう。

どうしても自信がない方は、期間工やプログラミングスクール、アルバイトや派遣からでもまず働く第一歩を歩むようにしましょう。

よくある質問と回答

30代ニートから正社員になれますか?

はっきりお伝えすると30代ニートの方は正しい就職法をしないと正社員採用は厳しいです。

しかし、ほとんどの30代ニートの方は正しい就職法を知らないと思われますので就職支援サービスの利用をおすすめしています。

就職支援サービスを利用することで自己分析や各種選考対策に加えて30代ニートでも受けられる求人を紹介してもらえます。

30代ニートの就職の難易度はどれくらいですか?

ニートの内定率は20代やフリーターを合わせても45%程度です。

年齢を踏まえると、30代ニートの就職活動は人一倍苦労することになります。

ですが、内定率を飛躍的にアップさせる方法もあります。

本文「運に頼らず正社員に就職する方法は就職支援サービスを利用する方法のみ!」を読んで、参考にしてください。

30代ニートの就職はなぜ厳しいのですか?

30代ニートの就職が厳しいのは企業の採用担当者からみて以下のような印象を与えやすいためです。

  • 自己分析が甘く価値観が曖昧で意欲を感じない
  • 企業分析ができておらず志望度が低いと判断される
  • コミュニケーション力が低く意図した質問の受け答えができていない

逆にこれらの対策ができていれば、採用担当者に好印象を与えやすいためしっかり対策しましょう。

監修者

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。