25歳職歴なしはやばい?面接官の反応と内定を獲得するための就活テクニック

公開日: / 更新日:

25歳職歴なしの就職活動で

「25歳で職歴なしだけれど正社員になれるの?採用してくれるところはあるの?」

「職歴なしの25才ってやばい?面接に行っても評価されないのでは?」

「就かせてもらえる職種も限られているのではないか」

と悩んでいませんか?

筆者は約10年採用担当を経験し、職歴なしの方の採用もしてきました。

その経験からお伝えすると25歳は職歴ありでも職歴なしでも、就職には問題ありません。

25歳が就職するのに遅いということはないので、どうぞ安心してください。

ただ、明確な意思を持たず曖昧な考え方のまま就職活動をしても、内定をもらえることはないでしょう。

何人もの面接を経験している面接官は、なんとなく面接を受けているような人はすぐ見抜きます。

きちんと対策して就職活動を進めることが大切です。

この記事では、25歳のあなたが内定を取るためのアドバイスをお伝えします。

このまま職歴がないキャリアが続くと、ゆくゆくは未経験OKの求人が激減してしまいます。

企業は若手人材の確保に苦労しているので、25歳の今なら将来性が期待できる年齢なのでまだ間に合います。

この記事を読んで職歴なしの25歳が正社員就職する方法を理解し、就職活動を進めましょう。

焦りを感じている方はぜひ最後まで読んで、内定を獲得してくださいね。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

25歳で職歴なしはやばい?採用担当者の反応

25歳で職歴なしでも気にする必要性はありません。

日本企業は20代の若手に関しては過去を問わない傾向にあるためです。

「会社に入社してから成長してくれれば問題ない」

と考える採用担当者が多数派なので25歳で職歴がないことを気にすることはありません。

職歴がなくても採用する企業の理由とは?

25歳で職歴がなくとも採用する企業の理由として、若くて仕事の吸収が早いことが挙げられます。

年齢が若いので「仕事をしながら覚えていく前向きさ」に企業は期待しています。

それだけではなく職歴がない方が前職を経験していない分、素直に仕事が出来ると期待できます。

30歳を超えて前職がある方を採用すると

「前の会社ではこうやっていた」

など、いらないプライドを持っていることも多く扱いづらいという本音もあります。

実力があれば別ですが実力もないのに前職のことを引きずる人は企業の雰囲気を悪くするということですね。

就業経験のないニートでも大丈夫?

企業によって変わりますが就業経験がない方がベターというケースもあります。

20代の方の場合は就業経験が下手にあると素直に仕事を吸収しないためです。

職種経験5年以下であれば、経験者も未経験者も大差がないというのが企業の本音ですからね。

悩まなくても大丈夫ですよ。

【事例紹介】25歳職歴なしのフリーターを採用した事例

25歳まで職歴なしのフリーターの方を筆者はよく営業職で採用していました。

営業職に関してはある意味、人と最低限話すことが出来れば自己成長できると判断していたためです。

25歳までコンビニのアルバイトを転々としていた方でしたが、

「これからは腰を据えて仕事をしたい。ずっと座っている仕事は向かない」

と話してくれていた25歳のコンビニのアルバイトの方を正社員に採用しました。

入社後無事に定着し、営業職としてしっかり活躍してくれました。

25歳で職歴なしはやばい?採用担当者の反応まとめ

  • 日本企業は20代の若手に関しては過去を問わない傾向にあるため、気にする必要性はない
  • 企業は仕事をしながら覚えていく前向きさに期待している
  • 就業経験がない方がベターという場合もある
  • 営業職ではフリーターからの採用事例も多数ある

採用担当が教える25歳・職歴なしの就活テクニック

25歳で職歴なしから就職するにあたっては大卒者はできる限り新卒枠を狙うようにしましょう。

卒業後3年以内は新卒扱いとする企業が多数のためです。

また、高卒者は既卒枠で応募することができます。

それぞれについて詳しく解説していきます。

大卒なら新卒枠で大手を狙え!

大卒で25歳であれば卒業後3年以内のため、大手企業の新卒枠を狙うようにしましょう。

と言うのも、リーマンショックの影響を受けて、2010年頃から新規採用を控える企業が増えました。

この就職氷河期の影響を受けて、厚生労働省が青少年雇用機会確保指針を改正したのです。

青少年雇用機会確保指針

引用:青少年雇用機会確保指針|厚生労働省

この指針の改正により、新卒枠で応募できる対象が拡がりました。

卒業後3年は新卒枠で応募できる最後のチャンスです。

大手企業は若手人材が社内に不足しているため、採用される可能性も高くなっています。

大卒なら積極的に新卒枠を狙いましょう。

新卒についての記事が「【新卒枠を逃すな】採用における新卒の意味は卒業後3年以内に新卒枠で入社する人材」にありますので、さらに知りたい方は合わせてご覧ください。

つまり大卒で25歳以下であれば、大手の方が採用される確率が高いということですね。

さらに就職活動を進めやすくなるための転職エージェントを紹介します。

新卒枠の求人探しにおすすめの求人サイトはマイナビジョブ20’s

新卒枠の求人探しにおすすめの求人サイトは、マイナビジョブ20’sです。

新卒募集の際に、大手マイナビを活用していた企業がそのままマイナビジョブ20’sを活用するケースがあるためです。

特に新卒枠で既卒者を採用するような大手としっかりとコミュニケーションを取れているマイナビは良い案件を持っています。

>マイナビジョブ20’sへの登録はこちら

ただし、マイナビジョブ20’sで紹介される求人は難易度が高いものが多くなっています。

次で紹介する他の就職支援サービスと併用するのがおすすめです。

高卒なら既卒枠で正社員就職を狙え!

高卒なら既卒枠で正社員就職を狙いましょう。

実は学校を卒業後に就業経験がない人向けの求人があります。

既卒枠で就職を狙うなら、業界最大手のリクルートが運営する就職shopが非常におすすめです。

就職shopは既卒や第二新卒、フリーターといった20代の方に評判の良い就職支援サービスです。

一人一人に寄り添ったサポートをしてくれるだけでなく書類選考がないため、職歴が不安な方でも自信をもって面接に挑めます。

大手なだけあり優良求人も多数保有していますが、人気なため早めに相談することをおすすめします。

就職Shop
求人数
10,000件
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・神戸

おすすめ年代

20代30代40代

年収

~500万円

  • リクルートが運営する既卒・第二新卒向けの最大級の転職エージェント
  • 学歴・社会人経験不問のため、書類選考なしで利用できる
  • 全て直接取材した企業の求人なので内側の情報も知ることができる
【無料】公式サイトはこちら

既卒についての記事が「【既卒とは?】定義・第二新卒との違い・就活の成功率倍増テクニックを全公開」にありますので、さらに知りたい方は合わせてご覧ください。

大卒者が一定の時期に採用するしかないという縛りがあるのに対して、高卒者採用は空きがあれば即採用する傾向にもあります。

既卒枠は次で紹介する就職支援サービスで探すことができます。

採用担当が教える25歳・職歴なしの就活テクニックまとめ

  • 大卒なら新卒枠で大手を狙え!
  • 大卒で新卒枠の求人探しにおすすめの求人サイトはマイナビジョブ20’s
  • 高卒なら既卒枠で正社員就職を狙え!

25歳の就職におすすめの就職支援サービス

25歳の就職活動には、大卒・高卒問わず、就職支援サービスに登録することをおすすめします。

就職支援サービスは、キャリアのない若者向けに未経験OKの正社員求人を専門に紹介しているエージェントです。

若者向けではない転職エージェントは、基本的には職歴がある人向けの求人ばかりとなっています。

職歴がない方が求人を探すこと自体不便な仕様となっており、求人の難易度も高くなっています。

フリーター・ニート・第二新卒・既卒向けおすすめ転職エージェント

逆に、今から紹介する就職支援サービスは、職歴のない方を対象としているサービスばかりです。

就職活動にかかわるノウハウ全てを無料でサポートしてもらえるのでおすすめです。

履歴書の添削・面接対策はもちろん、どんな仕事が向いているのか、自己分析も一緒に進めてもらえます。

ここでは特に20代の方に特化した就職支援サービスを紹介します。

転職活動をしている方は、登録して損はありませんのでぜひ活用しましょう。

おすすめ1:未経験OKの職種を幅広く取り揃えているハタラクティブ

未経験OKの職種を幅広く取り揃えているハタラクティブは非常におすすめです。

実はクリエイティブ系統の職種の紹介にも強く、IT関係の仕事の紹介も行っています。

幅広い職種を取り揃えているため、多くの選択肢からやりたい仕事を叶えることができます。

筆者的には若者でIT関係に就職したいと考えている方には非常におすすめできます。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ2:ブラック企業を排除し書類選考がないジェイック

ジェイックはとにかく早く正社員就職したい方におすすめです。

就職カレッジという研修を1週間程度受けることで、優良企業30社との面接会に参加することができます。

面接会は書類選考なしなので、履歴書で職歴がない部分をどう書くか頭を悩ませる必要もありません。

内定率も80%以上となっておりスピーディーに正社員就職することができます。

ジェイック
求人数
非公開
(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・兵庫・広島・宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ3:相談のしやすさと手厚さならウズウズキャリアサポートがおすすめ

相談のしやすさと支援の手厚さならウズウズキャリアサポートをおすすめします。

他社サービスと比べ10倍の時間をかけてもらえるため、自分にあった仕事相談や面接対策をしてもらえるためです。

さらにサポート形式も個人形式と集団形式から選べるため自分にあった進め方ができます。

紹介してもらえる求人もブラック企業を排除しているため入社後の定着率も95%と非常に良い水準です。

ただし人気で相談できる枠が限られているため、興味がある方は早めの相談予約がおすすめです。

>ウズウズキャリアサポートへの相談はこちら

おすすめ4:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは完全無料で、上京してCCNAを学べるスクールです。

31歳までであれば年々需要が高まっているITエンジニアを職歴がなくても目指せるのです。

スクール受講者は提携シェアハウスが最大2ヶ月無料で利用できます。

家具・家電付き、ほぼ新築のきれいな物件に入居して資格取得や就職活動に専念できるように支援してくれます。

もちろん敷金・礼金仲介手数料は一切不要です。

エンジニア経験者の講師が教えてくれるため、CCNA合格率は99%と驚異的な合格率を誇ります。

オンライン学習コースもあり、条件を満たす方は自宅でもネットビジョンアカデミーのカリキュラムを学ぶことができます。

職歴がなくてもここから人生を好転させる大きなチャンスですよ。

資料請求や無料説明会もあるので、気になる方はぜひ一度問い合わせしてみてくださいね。

>ネットビジョンアカデミーはこちら

【コラム】ハローワークはおすすめできない

正社員就職を望むにあたって、ハローワークは避けるようにしましょう。

採用担当者から見てハローワークはあまりにも評判が悪いためです。

失業保険の受給のつなぎで面接を受ける方が過去にたくさんいたため、

本気で会社に入社したいのかどうかが判断しにくいという事情もあります。

出来る限り民間の就職支援サービスの活用をおすすめします。

25歳の就職におすすめの就職支援サービスまとめ

  • 未経験OKの職種を幅広く取り揃えているハタラクティブがおすすめ
  • とにかく早く正社員就職したい方はジェイックがおすすめ
  • 相談のしやすさと支援す手厚さならウズウズキャリサポートがおすすめ
  • 本気で就職したいならハローワークは避けよう

ところで

「25歳でも就職できるのは理解できたけれど、何歳までなら就職できるの」

と気になりませんか。

次はニートが就職できる限界年齢について解説します。

何歳まで職歴なしでも正社員就職できるのか?

未経験職歴なしで正社員就職できるのは原則30歳までです。

そして若いほど有利です。

年を取るほど難易度が上がるため25歳で不安を感じているようなら今就職すべきです。

若さは財産ですし、25歳という年齢でこれまで経験がないことを気にする必要はありません。

30才で職歴なしになると企業の担当者も教えることに気を使ってしまいます。

社内での給与水準も崩れてしまいます。

30才を超えると極端に難易度があがるため早めに就職がおすすめです。

ところで「面接では何で評価されるの」と気になりませんか。

次は、25歳職歴なしが面接で評価されるポイントについて解説します。

面接で評価されるポイントは「伸びしろ」。そのために意欲とコミュニケーション力は重要!

25歳職歴なしが面接で評価されるポイントは「入社後の伸びしろ」です。

具体的には、仕事への意欲とコミュニケーション能力が重要です。

意欲がないとすべて受け身になってしまい成長しないためです。

また、コミュニケーション力が低いとフィードバックに時間がかかり成長しない可能性が高くなります。

未経験職歴なしで正社員就職できるのは原則30歳までです。

そして若いほど有利です。

何歳まで職歴なしでも正社員就職できるのか?まとめ

  • 未経験職歴なしで正社員就職できるのは原則30歳まで
  • 若いほど有利で、25歳で不安を感じているなら今就職すべき
  • 面接で評価されるポイントは伸びしろである、意欲とコミュニケーション力は重要

空白期間対策と志望動機は最重要!就職支援サービスの活用が成功の分かれ道

25才の職歴なしの方が面接対策しておかないと行けない点は「空白期間」と「志望動機」です。

空白期間では

  • なぜ空白期間ができたのか?
  • なぜ働きたいと思ったのか?
  • 今後どうなりたいのか?

とった点を一貫性を持って答えられるようになりましょう。

コツは事実に基づいたエピソードを入れることです。

リアリティーが増して採用担当者の共感を得られやすくなります。

空白期間対策についての記事が「【採用担当者が教える】面接での「空白期間の答え方」の突破法を伝授!心に響く事例も紹介」にありますので、さらに知りたい方は合わせてご覧ください。

また志望動機では

  • なぜその仕事をしたいのか?
  • なぜその企業を応募したのか?
  • 将来どうなりたいのか?

といった点が重要です。

コツは入社後の仕事のイメージが想像できるほど業務や企業について理解をすることです。

具体的なイメージができている人ほど面接官をしていて意欲があると感じます。

ただ一人で対策するには限界があります。

独りよがりな面接対策をするのではなく、先ほどおすすめした就職支援サービスを活用することをおすすめします。

就職支援サービスの活用が成功の分かれ道まとめ

  • 空白期間と志望動機は一貫性を持って答えられるようにする
  • コツ1:事実に基づいたエピソードを入れる
  • コツ2:入社後の仕事のイメージが想像できるほど業務や企業について理解をする

ところで「本当にそんなに簡単に就職できるの」と気になりませんか。

次は、若いほど就活に有利な理由について解説します。

若いほど就活は有利!動くなら今!

就活は若いほど有利となります。

理由として日本企業では1社で長期勤続を行いキャリアを築くことがまだまだ重視されているためです。

正社員は解雇規制が厳しい分、出来れば長く勤務して戦力でいて欲しいと考える企業が多いですね。

まとめ

25歳で職歴がなくとも、やばくはありません。

25歳で職歴がなくとも採用する企業の理由として、若くて仕事の吸収が早いためです。

ニートでも問題ないのかと気になるかも知れませんが、むしろ就業経験がない方がベターです。

25歳まで職歴なしのフリーターの方を筆者はよく営業職で採用していました。

未経験職歴なしで正社員就職できるのは、原則30歳までです。

25歳職歴なしが面接で評価されるポイントは、入社後の伸びしろです。

若いほど就職には有利なため、出来るだけ早く就職してしまいましょう。