20代転職を成功させるには?失敗を避けるための知識とおすすめの職種

公開日: / 更新日:

20代で転職したい方は

「20代でおすすめの転職サイトはどこ?転職エージェントも利用したほうがいいの?」

「20代で転職回数が多いと評価が悪いの?何回までなら問題ない?」

「20代転職でおすすめの職種を知りたい」

「20代女性で転職する予定だけど注意点や知っておくことを教えてほしい」

と気になりませんか。

筆者は約10年間、採用担当者を経験し300名以上の20代転職者を採用してきました。

その経験からお伝えすると20代転職はは非常に成功しやすい年齢です。

企業としては20代の将来性に期待して採用ができ、年収を抑えて採用できためです。

ただし、転職しやすいからといって何度も転職を繰り返してしまうと30代以降のキャリア形成において非常に印象が悪くなり転職しにくくなります

この記事を読めば、20代の転職で注意するべきことが理解でき転職を成功につなげやすくなります。

20代で転職を検討している方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

20代転職は成功しやすいが失敗もしやすい

20代の転職は成功しやすいのは事実ですが失敗も多いのが20代です。

なぜなら中途半端な転職でも成功するためです。

中途半端に転職をすると「思っていた仕事と違ったから転職しようかな」とャリア形成につながりづらく、短期での転職を繰り返してしまいます

その結果、30代以上になったときに即戦力を持った強みがないキャリア形成となってしまいます。

年収は上がりづらいですし転職もしづらく、挽回するのは大変となるでしょう。

このように20代は転職しやすいために職種や企業をコロコロ変えるような転職をしてしまうと一気に強みのないキャリアとなります。

そのため転職サイトの求人を適当に選ばないことが重要です。

必ず将来のキャリアにプラスになる選択肢を選んでくださいね。

ところで「失敗をしないためにはどうすれば良いの?」と気になっていませんか?

次で解説していきます。

20代転職を成功させるためには情報が必須

20代転職を成功させるためには情報が全てです。

転職のしやすさに甘えた安易な転職は絶対にNGです。

上述したとおり「とりあえず転職したけれど、中途半端な職歴になってしまった」などの悲惨なケースが後を絶たないためです。

しっかりと情報収集し自分に合った仕事選びをしましょう。

具体的には、以下の情報を集めるようにしましょう。

  • 自分の強みの認識と「したいこと」の認識
  • 伸びる業界と沈む業界を知ること
  • 自分の価値観と合う企業を選ぶこと

それぞれについて解説します。

自分の強みの認識と「したいこと」の認識

自分の強みと「したいこと」を必ず把握するようにしましょう。

強みとは苦労せず人以上の成果を出せる領域のことです。

  • 計算が早い
  • 決められた手順に沿って進める作業をミスなく早くできる
  • 人の名前や顔、話した内容を覚えるのが得意
  • 共感力が高い

など、それほど努力していないのに人より得意なことをピックアップして強みを理解しましょう

まずは10個以上ピックアップし、グルーピングすることで強みの大枠が見えてきます。

同様に「したいこと」もピックアップしましょう。

  • モノづくりがしたい
  • アイデアを出して実現したい
  • 決まった仕事をしていたい
  • 人と話す仕事がしたい

など、自分の価値観に沿った「したい仕事」を洗い出します。

10個はピックアップしてみましょう。

そしてグルーピングをして自分のしたい仕事の方向性を認識しましょう。

もし自分の強みと「したいこと」を若いうちに認識出来なければ、適性がない仕事やしたくない仕事に就く可能性があります。

そうなると一生我慢しながら働くか再転職が待ち構えています。

自分の強みと自分のしたいことの認識は必ず実施してください。

もし強みや「したいこと」を上手くピックアップ出来ない人や面倒くさい人は自己分析を手伝ってもらうことがおすすめです。

このような自己分析は転職エージェントに相談すれば無料でしてもらえます

伸びる業界と沈む業界を知ること

転職をする前に伸びる業界(成長産業)と落ち込む業界(斜陽産業)を把握しましょう

もしあなたが斜陽産業に入社したら一生明るい経営状態を見ることは無いかもしれません。

常に前年対比でマイナスの報告が続き、利益が減るため給料もボーナスも減っていきます。

役職のポストは埋まり昇進できず後輩も増えないため一生下っ端の役割になる可能性があります。

中国などの海外に企業が買収されることもあります。

よほどこだわりが無い限り斜陽産業は避けるべきでしょう

一方で成長産業に入社すれば売上や利益などの経営指標は過去最高記録になることが多く活気に溢れています。

事業も増え役職も不足しているため若くして採用し部下も多くなります。

成長産業の難点があるとすれば給料水準が低かったり福利厚生が整っていないことがあると言う点です。

最初の待遇の低さを受け入れる必要がありますが、成長産業であれば給料は増え待遇も次第に改善していきます。

人生は長く、定年はどんどん伸びていますのでよほどの理由がない限りは成長している業界を選ぶことがおすすめです。

自分の価値観と合う企業を選ぶこと

出来るだけ自分自身の価値観に合った業界を選ぶようにしましょう。

自分の価値観に合わない企業に入社するとそれだけで全力を尽くせなくなるためです。

特に経営者のメッセージや面接中の態度は注意してチェックしてください

あなたが「顧客のために一生懸命に仕事がしたい」と思っていても経営者が「お客の満足度よりも企業の利益追求をする」というタイプだとストレスが溜まります。

必ず経営方針は確認するようにしましょう。

企業の価値観は

  • ホームページの企業理念
  • ホームページの社長メッセージ
  • ホームページの先輩社員のメッセージ
  • 会社説明会
  • 転職エージェント

から知ることができます。

特に転職エージェントは企業の内部を長く見てきているため「企業の実際のところ」をよく知っています。

不況が来たらすぐに人を退職させる企業やワンマン企業などを事前に知りたくはありませんか?

転職エージェントから実情を聞くのは必須です。

次では20代におすすめの転職エージェント3つについて解説します。

20代におすすめの転職エージェントは3つ

20代におすすめの転職エージェントは

  • 相談しやすいこと
  • 幅広い可能性を提示してくれること
  • 紹介する求人数が多いこと
  • 自己分析を手厚くしてもらえること

が重要になってきます。

このような点を踏まえて筆者がおすすめする20代向けの転職エージェントは次の3つです。

  • おすすめ1:マイナビエージェント
  • おすすめ2:ハタラクティブ
  • おすすめ3:ワークポート

それぞれについて解説します。

おすすめ1:マイナビエージェント

マイナビ転職エージェントは大手マイナビの傘下企業です。

新卒採用でマイナビを活用していた企業がそのままマイナビ転職エージェントを活用することも多く大手企業の求人に期待することができます。

特に優良メーカーの求人に強く非常におすすめです。

マイナビエージェント
求人数
2万件(非公開10万件)
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

400万円~600万円

  • 人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 業界・職種ごとの専任アドバイザーが手厚くサポート
  • 第二新卒を始めとした20代向けの転職に実績あり
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ2:ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験者前提の転職エージェントです。

ハタラクティブは未経験者採用が前提となっている上に、IT系企業の求人紹介に強いという特徴もあります。

新型感染症の影響で倒産する企業も多い中、IT系企業は業績好調となっているところも非常に多く有望な転職先に恵まれる可能性があります。

ハタラクティブ
求人数
常時1000件以上
対応エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめ3:ワークポート

ワークポートはIT系企業の求人に非常に強い転職エージェントです。

筆者は採用担当者として社内SEの求人などでお世話になっていました。

また、自分自身も「IT系企業に興味がある」と伝えて求人紹介してもらったことがあります。

未経験でも応募できるPGなどの求人を紹介してもらえたので非常におすすめです。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代~0代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

おすすめの転職エージェント3つは以上となりますがコツとしては3つとも利用することがおすすめです。

なぜなら1サービスだけだと担当者と相性が合わなかったり客観性を確保することが難しいためです。

転職エージェンとで正しい情報を多く仕入れることは重要です。

必ず複数の登録をして準備万端にしておきましょう。

転職エージェントに登録して自己分析や転職先となる業界・職種の方向性が分かってきましたら「転職サイト」に登録して求人を網羅していきましょう。

20代におすすめの転職サイトは3つ

転職エージェントでは担当者が転職に関する相談に応じてもらえますが紹介してもらえる求人はほんの一部です。

求人を多く紹介すると迷ってしまい転職活動が進まないためです。

ですがもし転職エージェントに3サービスほど相談した場合は自分自身で求人を見極めることが出来てきます。

その状態になれば求人情報が特集された転職サイトをチェックしてみましょう。

転職サイトの求人は原則非公開求人となるため登録しなければ求人を見ることはできません。

たくさん登録するのは面倒でしょうから、筆者がおすすめる転職サイト3つを次に紹介していきます。

  • リクナビNEXT
  • マイナビ転職
  • パソナキャリア

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルート社が運営する求人数が最も多い転職サイトです。

20代であれば若く採用需要が高いため、登録しておけばスカウトが来る可能性も高いです。

とりあえずどの転職サイトにするか迷ったら登録するようにしましょう。

>リクナビNEXTはこちら

マイナビ転職

マイナビ転職の強みは最大手企業ではなくその子会社などを含めて超大企業ではないけれど隠れた地元では有名な優良企業の求人が掲載されていることです。

求人広告掲載料金が最大手のリクナビより少し安い(10万円弱)ことが原因です。

親会社はリクナビを使っているけれど子会社はマイナビを使っているということは新卒採用でもよくある構図です。

>マイナビ転職はこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは女性の転職に強い転職サイトです。

採用担当者が女性の採用を考えたときにまず声をかけるのがパソナキャリアであり強みがあります。

本社がこれから東京都から淡路島に移転するなどこれから地方の求人にも強くなる可能性があります。

>パソナキャリアはこちら

注意:転職サイトは転職エージェントで情報収集してから利用しよう

転職サイトは転職エージェントで情報収集してから利用してみるようにしましょう。

求人情報だけ眺めていても良い企業を選定できる情報を持ち合わせてないから選ぶことができないためです。

結果、運任せの企業選びで失敗しやすくなります。

また、転職エージェントで見かけた求人を転職サイトで発見した場合、とりあえず転職エージェント経由で応募するようにしましょう。

転職サイト経由は非常に競争率が高く学歴の高い人や職歴の良い人から順番に面接をしていきます。

転職エージェントの方が直接電話をして交渉してくれるので書類選考通過率がアップします。

次は20代転職におすすめの職種について解説します。

20代転職におすすめの職種は「個人にスキルが付く仕事」

20代転職におすすめの職種は個人スキルが身につく職種がおすすめです。

20代のうちにスキルの身につく仕事を経験しておくと土台が固まっているためキャリア形成がしやすく30代以降もキャリアアップが目指せるからです。

20代のうちにスキルが身につけることで転職も優位になり将来は適正や価値観に合わせて専門職や管理職などの進路を選ぶことができます。

具体的に筆者がおすすめする職種は次の3つです。

  • おすすめ1:ITエンジニア
  • おすすめ2:Webマーケティング
  • おすすめ3:営業

それぞれについて解説します。

おすすめ1:ITエンジニア

ITエンジニアはスキルが身につき求人数も多く年収も高いため非常におすすめの職種です。

パソコン一台で習得でき仕事もできるため場所や時間に縛られにくいのも特徴です。

待遇も良く将来は独立することも可能なため少しでも興味がある方は挑戦してみることをおすすめします。

社会人になった20代からでも挑戦できる職種です。

もし、自信がない方はプログラミングスクールの利用も検討してみましょう

独学よりも教えてもらったほうが圧倒的に効率的に覚えられるからです。

特に転職保証付きのスクールがおすすめです。

転職に失敗した場合は受講料が全額返金されるためです。

筆者のおすすめはDMM WEBCAMPです。

リスクなく覚えられるスクールは限られており非常に人気です。

少しでも興味がある方は早めに相談しておきましょう。

>DMM WEBCAMPはこちら

おすすめ2:Webマーケティング

Webマーケティングはインターネットを利用した集客のことです。

TVや雑誌の広告で集客する以上にインターネットでの集客が活用されています。

GoogleのリスティングやYouTube、インスタグラムなど多くの媒体がある中、売上・利益を達成するためにどのように集客すべきか調整し出稿する仕事となっています。

特にWebマーケティングは施策した結果が目に見えて売上・利益に反映されるため貢献度がわかりやすく評価もされやすいです。

これからより重要になるポジションのためIT業界を検討している方は必ずチェックをしておきましょう。

ちなみにWebマーケティングを教えるスクールもあります

例えばマケキャンでは転職を目的としたWebマーケティングスキルを学べます。

企業の採用も活発になってきているためIT業界でスキルを身に着けたい方は要チェックです。

>マケキャンはこちら

おすすめ3:営業

営業職のニーズはどの業界にも必須の職種です。

実際、全職種の中でも営業の求人数はトップレベルです。

40代になっても求人が出ているため中長期で仕事に困らない職種でしょう。

もし20代におすすめの職種をもっと知りたい方は

20代転職でおすすめの職種は個人にスキルが付く仕事。おすすめの9職種を大公開」をご覧ください。

次では20代転職の面接のコツをお伝えしていきます。

吟味した求人から内定を取るコツを知らなければ書類選考や面接で何度も落とされ転職に挫折することになります。

必ずチェックしてください。

20代転職の面接はスキルよりも伸びしろが評価される

20代転職の面接は実は「伸びしろ」が評価されます。

20代はスキル・経験がない人が多いためです。

ライバルのレベルも20代同士なので高くありません。

それでも採用されるのは期待されているからです。

つまり伸びしろを評価しているので現段階のスキルが全てという採用方針ではありません

では伸びしろはどのように評価しているのでしょうか?

具体的には、以下の3つのポイントで評価されています。

  • 伸びしろの評価ポイント1:志望動機が高い
  • 伸びしろの評価ポイント2:自発的で意欲が高い
  • 伸びしろの評価ポイント3:入社後の仕事内容やキャリアプランが具体的

それぞれについて解説します。

伸びしろの評価ポイント1:志望動機が高い

志望動機がしっかりと作りこまれている方の評価は高くなります

どうしても入りたい企業であれば企業をしっかりと調べた上で入念に志望動機を作ってくるだからです。

仕事のイメージは具体的にできていますし、入社後に失敗しても挫折することなく乗り越える方が多いです。

そのため志望動機の作りこみが甘いと選考からすぐ落ちます。

中途半端に応募するくらいでしたら遅らしてでも志望動機を作り込むことがおすすめです。

伸びしろの評価ポイント2:自発的で意欲が高い

自発的で意欲が高い人は伸びしろがあると判断されます。

自分で積極的に仕事を覚えたり、プライベートで勉強をしてくるためです。

そのため20代転職では自発的で意欲が高いかどうかが重視されます。

30代に入って家庭を持つなどするとなかなか勉強時間はとれなくなります。

いまのうちに勉強しておきましょう

伸びしろの評価ポイント3:入社後の仕事内容やキャリアプランが具体的

入社後の仕事内容やキャリアプランが具体的な20代は評価が高くなります。

特に仕事内容を具体的にイメージできているのであれば理想とのギャップが小さく短期離職するリスクも低くなると採用担当者は考えるためです

キャリアプランは挑戦的な内容が好まれます。

「半年から1年で仕事を覚え2年目では◯◯に挑戦していきたい。

なぜなら・・・」と具体的に語れる人ほど高評価です。

注意点として、キャリアプランは曖昧に作らないことです。

曖昧なキャリアプランは評価が低くなります。

具体的なキャリアプランを語れる用にしましょう

20代スキルなしで転職をどのようにすべきか悩んでいる方は

転職でスキルなしだと20代でも厳しい?何歳まで可能?採用担当者の評価とは」も合わせてご覧ください。

より具体的に解説しています。

ところで「20代で転職回数が多いと不利なの」と気になりませんか。

次は、20代の転職回数について解説します。

20代 の転職回数は2回程度までなら問題なし

20代の転職回数は2回程度までなら特に問題はありません。

1回目であればいまの企業よりももっと条件の良い他の企業を知りたいということは理解できますし、2回目であれば1回目に転職した会社とミスマッチを起こしたことも理解されます。

ただ、3回目以上の転職歴となると何を目的に転職しているのかが理解されにくくなります

採用担当者が転職回数を気にしているのは短期離職しない人物かをチェックしているためです。

転職回数が少なくても志望動機が曖昧であったり仕事内容を理解していないと

「入社後の仕事のイメージは持てているのかな?イメージと違った場合はすぐ辞めるのかな?」と勘ぐられて内定は出づらいでしょう。

逆に転職回数が多くても一貫した転職理由であった場合には

「この人なら再転職することはないだろう」と判断され採用されやすくなります

転職回数についてさらに知りたい方は

20代の転職回数は何回まで大丈夫?面接官が教える評価ポイントと注意点とは」こちらの記事も一読ください。

ところで「転職に失敗したくない。どうすればいいの」と気になりませんか。

次は、多くの人が失敗する中でも最上位の失敗パターンについて解説します。

転職を辞めてからするのはNG!

「会社を辞めてから転職しよう」と思っている方は要注意です。

無職でお給料がない状態で転職活動をして面接で落ちたりすると、精神的に追い込まれるためです。

転職活動は1社応募して結果がでるまで3ヶ月程度かかってきます。

面接が上手く行かないと転職時期がどんどん先にずれていってしまい非常に焦りが出てきます。

すると「仕方ない。妥協してここに転職するか」といった安易な転職になりがちです。

すると転職後に「やっぱり違う」と感じて短期離職に繋がりやすくなります

納得のいく転職をするためにも必ず在籍しながら転職をするようにしましょう。

重要なことはいま在籍している会社よりも、もっといい会社に行くことであり、いまいる会社を辞めることではないということです。

20代で辞めてから転職をするデメリットについては

20代なら転職は辞めてからでも大丈夫?待ち受けるデメリットと回避策の全まとめ」こちらの記事で詳しく紹介しています。

転職失敗を避けるためにもぜひ一読ください。

次は、20代転職の失敗例について解説します。

20代転職の失敗例を知り回避しよう

次は20代転職でありがちな失敗事例を紹介していきます。

どれも転職開始時にしっかりと情報収集をすれば防げた内容ばかりです。

必ず失敗事例をチェックして情報収集の大切さを理解してください。

以下に20代の転職失敗事例を紹介いたします。

  • 求人内容の確認不足
  • 企業文化に合わない
  • ブラック企業に入社してしまう
  • 転職目的がなく短期離職を繰り返す
  • 人間関係を理由とした転職
  • 女性が少ない職場に転職してしまう
  • 実はやりたい仕事ではなかった

いかがでしょうか?

特徴としては準備不足・確認不足が多いと思います。

確認すれば回避できたものを確認しなかったがため、にキャリア形成に失敗するなどの痛手を負っています。

必ず内定先は調べるようにしましょう。

内定先をネットで調べたり転職エージェントに詳しく聞くなどの行動をするだけでブラック企業を見抜ける可能性があります

20代の転職失敗を避けるために、

20代転職の失敗とは?人事が見てきた失敗する人の7つの特徴と回避策を事例で紹介」こちらの記事もぜひ一読ください。

情報収集が出来ていれば、転職成功は必ず掴み取れます。

まとめ

20代転職は中途半端な転職が30代以降のキャリア形成の失敗になりやすいです。

20代で中途半端な転職をすると強みのない平凡な人材となり30代以降に転職しにくくなります。

20代転職を成功させるためには情報が必須です。

具体的には、以下の情報を集めるようにしましょう。

  • 自分の強みとしたいこと
  • 伸びる業界と沈む業界
  • 価値観のあう企業

20代におすすめの転職エージェントとして、以下の3つのエージェントがあります。

  • おすすめ1:マイナビ転職エージェント
  • おすすめ2:ハタラクティブ
  • おすすめ3:ワークポート

20代におすすめの転職サイトとして、以下の3つがあります。

  • リクナビNEXT
  • マイナビ転職
  • パソナキャリア

20代転職におすすめの職種としては、個人スキルが身につく以下の職種です。

  • おすすめ1:ITエンジニア
  • おすすめ2:Webマーケティング
  • おすすめ3:営業

20代は伸びしろに期待されており、以下の3つのポイントで評価されています。

  • 伸びしろの評価ポイント1:志望動機が高い
  • 伸びしろの評価ポイント2:自発的で意欲が高い
  • 伸びしろの評価ポイント3:入社後の仕事内容やキャリアプランが具体的

20代 の転職回数は2回程度までなら問題なしです。

20代の転職失敗事例を知り、回避するようにしましょう。

20代の転職失敗事例としては、以下の7つがあります。

  • 求人内容の確認不足
  • 企業文化に合わない
  • ブラック企業に入社してしまう
  • 転職目的がなく短期離職を繰り返す
  • 人間関係を理由とした転職
  • 女性が少ない職場に転職してしまう
  • 実はやりたい仕事ではなかった

内定先は入念に調べて悪い職場に入らないようにしましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。