「Webデザイナーやめとけ」って本当?本当の理由とデメリット回避の仕方

公開日: / 更新日:

「Webデザイナーやめとけ」と聞いたことはありますか?

もし聞いたことがある人は

「Webデザイナーはやめとけと言われたけどなぜ?正しく理由を知りたい」

「Webデザイナーやめとけと聞くけど、私は目指してみたい。なぜだめなの?」

と疑問や不安を感じているのではないでしょうか?

筆者はIT業界に15年以上在籍し、Web制作を企業から請ける会社を経営しております。

結論からいえば、Webデザイナーは薄利多売で儲かりにくい構造となっているのが事実です。

待遇面や労働環境から「きつい仕事」というイメージもあるため、

「Webデザイナーはやめたほうがいい」というような否定的な意見も多いのも事実です。

ですが個々にスキルが身につき独立も転職もしやすい魅力的な仕事であるとも言えます。

未経験からでも手に職をつけて、Web制作デザインで活躍されている方や成功している方も多くいます。

Webデザイナーで成功するためのポイントは、「どのような企業でWebデザイナーとして働くか」が重要です。

この記事では、まずWebデザイナーはやめとけと言われる理由について解説しています。

そしてWebデザイナーになるメリットについても紹介しています。

理由を知り、きちんと納得した上で自分自身が本当に挑戦したい仕事かどうかを判断し、選択することが大切です。

Webデザイナーを目指す方におすすめのスキル習得方法も紹介していますので。

「Webデザイナーを仕事にしたい」と本気で考えている方は、ぜひ最後まで一読ください。

【高待遇を探している方へ】

実はIT系の高待遇な求人は非常に多く出ていますが、大半が非公開求人のため見ることができません。

高待遇な求人を見るためには転職サイトへの登録が必須です。

おすすめはマイナビIT AGENTです。

無料で登録もスマホで3分程度です。

しかも裏技があり登録時に職務経歴書を添付すると優先的に非公開求人がきます

かんたんでも良いので絶対に職歴を記入しておきましょう。

求人量を確保するためにも複数登録することが成功のポイントです。

登録後はエージェントに任せて進めていくだけです。

本気で転職に成功したい方は全て無料なので登録だけでも必ずしておきましょう。

>マイナビIT AGENTはこちら

「Webデザイナーやめとけ」と言われる理由

「Webデザイナーって良いイメージがあるのだけれど、なぜやめとけと言われてしまうのだろうか」と気になりませんか。

具体的には、以下3つの理由があります。

  • Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい
  • Webデザイナーは残業が多い
  • Webデザイナーのキャリアパスが狭い

それぞれについて解説します。

Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい

Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい傾向にあります。

受注する金額が低いため人件費を上げにくいためです。

なぜ受注金額が低いかというとWeb制作会社が多く価格競争で受注をしているためです。

その結果、どれだけ良い仕事をしたとしても給料が上がりづらい業界です。

薄利ビジネスは値段が安く売れやすい反面、ひたすら手を動かす辛い仕事になる可能性が非常に高いです。

特に中小企業のWebデザイナーは単価が安く、給与も上がりづらい傾向があるため注意です。

Webデザイナーは残業が多い

Webデザイナーは残業時間が多い傾向にあります。

朝8時から終電ギリギリの24時まで仕事をするのはざらです。

お客様の要望に応えるため、修正依頼などに限界まで答える必要性があるためです。

特にデザインや文章に対して明確に指示するお客様は少なく非常に大変です。

Webデザイナーのキャリアパスが狭い

Webデザイナーのキャリアパスは狭い傾向にあります。

Webデザイナーからステップアップした先が進捗を管理しつつ自分自身も実務をこなすディレクターしかないためです。

短納期で高負荷なプロジェクトの責任を負い、スケジュール通り納品を進めるためのディレクションはストレスフルとなります。

「Webデザイナーやめとけ」と言われる3つの理由

  • Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい
  • Webデザイナーは残業が多い
  • Webデザイナーのキャリアパスが狭い

ここまで「Webデザイナーはやめとけ」と言われる理由について解説しました。

しかしデメリットだけではなく、当然メリットもあります。

次はWebデザイナーになるメリットについて解説します。

もしここまでを読んで、Webデザイナーやめておこうと思った方は「Webデザイナーはやめようと思った人へのアドバイス」へ進んでください。

【本当にやめたほうがいい?】Webデザイナーになる3つのメリット

デメリットだけを聞くと

「本当にやめたほうがいいのかな?」と思う方もいると思います。

ですがそうではありません。

Webデザイナーになるメリットもそれ以上にあります。

  • スキルが身について職に困らない
  • 単価が高いので年収アップ
  • 営業力のある人は独立も可能!

これら3つは働き方において非常に大きなメリットとなります。

Webデザイナーやめとけと言われても安易に諦めるのはもったいないです。

メリットについてそれぞれ解説します。

ワークポート

スキルが身について職に困らない

ひと昔までは生涯雇用が当たり前となっていました。

しかし今の時代、会社の倒産やリストラで正社員でも終身雇用が怪しくなっています。

大手企業でも副業OKを解禁しています。

転職が当たり前となっている中で、手に職があるという人は強いです。

一生使えるスキルがあれば60代・70代まで会社にしがみつく必要もありません。

会社に70歳までずっと働くぞと強く決意している方はいいですが、

「定年まで働くイメージを持っていない」方はスキルを身に付けることで仕事の幅が広がるのは間違いありません。

これからの時代は稼げる、長く使えるスキルを持っている方が活躍できると言えます。

Webデザイナーの他にもおすすめのスキルはあります。

気になる方は「手に職をつけるには何がおすすめ?転職やキャリアアップに強いスキルの全て」こちらの記事も併せてご覧くださいね。

単価が高いので年収アップ

スキルや経験があると待遇面で考慮されやすいです。

時給でも月給でも技術や経験に応じて報酬は上がります。

問題は、先にお伝えしたような安い単価でWeb制作を受注するような企業だと年収は上がりにくいという点です。

スキルがあると待遇はアップしますが、安い金額で仕事を受注するような会社だと正社員としては割に合わないことが多いです。

単純に利益を出すために人件費を削減する可能性が高いからです。

すべてがそうと言うわけではありませんが、中小企業は価格競争で仕事を得ているため薄利多売になる傾向があります。

逆に言えば、大手の制作会社やWebサービス自体を事業にしているベンチャー企業などは年収アップも狙えます。

未経験でいきなり大手は難しいと思いますが、まずは経験を積む目的として一度就職することをおすすめします。

そして Webデザイナーとしての下積みを作ることからはじめましょう。

「実績を積んでからスキルアップのために転職」などのステップを踏むと大手や有名広告会社も狙うことも可能です。

営業力のある人は独立も可能!

Webデザイナーとして5年から10年ほど経験を積むことで、Web制作の流れを理解することができるようになります。

リーダー経験をすることが出来れば会社を飛び出して独立することも十分に可能です。

パソコンとデザインツールがあれば、Web制作はすぐに出来るため独立しやすい職種です。

実際、育児や介護をきっかけに独立される方も多くいます。

いまや飲食店のメニューからチラシまで、世の中にはデザインがあふれています。

Webデザイナーの需要は今後も増えると予想されるため、将来性のある職業だと言えます。

Webデザイナーになる3つのメリット

  • スキルが身について職に困らない
  • 単価が高いので年収アップ
  • 営業力のある人は独立も可能!

Webデザイナーのメリット・デメリットを理解した上で、

「Webデザイナーの仕事をしたい!Webデザイナーになるにはどうすればいいかな?」と気になる方もいるでしょう。

次は、本気でWebデザイナーになりたい方へのアドバイスを送ります。

Webデザイナーに本気でなりたい方へのアドバイス

Webデザイナーに本気でなりたい方へ以下4つのアドバイスを送ります。

  • 格安のWeb制作会社には入社しないこと
  • Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないこと
  • Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付けること
  • Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討すること

それぞれについて解説します。

DYM就職

格安のWeb制作会社には入社しないこと

先ほどもお伝えしたが、格安のWeb制作会社には入社しないようにしましょう。

販売単価が安ければ、それだけ従業員にしわ寄せがいくためです。

HP制作10万円・20万円と安く受けている会社は薄利多売をしています。

値段を安くすることで仕事が取れるのは当たり前です。

安さ以外値打ちがないと市場に評価されてしまっている企業への入社は避けるようにしましょう。

具体的には企業のサービス内容をみてください。

価格に「格安・激安」や「20万円で制作可能」などの訴求がある会社は避けましょう。

Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないこと

Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないようにしましょう。

独身ではなくなったときに仕事をしにくくなる可能性が高いためです。

家庭と両立したWebデザイナーがいない企業は避けるようにしましょう。

実際にオフィスに行って確認するしかありません。

面接時に質問してみましょう。

エージェントで無料の転職相談

「未経験で本当にWebデザイナーになれるの?」

と悩んでいる方も多いと思います。

そんな時は転職エージェントという転職サポートのプロに相談してみませんか?

就職エージェントは企業と求職者をつなぐ無料の就活支援サービスです。

企業の採用担当や人事と実際にやりとりしているので、

「企業がどんな人を求めているか」

「求職者の適正と希望の職種がマッチしているか」などの転職に関するアドバイスを的確にしてもらえます。

これから新しい職種にチャレンジしたい、という方には特に心強いサービスです。

「内定獲得するための書類選考・面接対策」といった実践的なサポートから

「あなたの活かせるスキルや強み」についてもキャリアカウンセリングで相談できます。

DYM就職は20代未経験OKの職種に強い就職エージェントで、

「半導体などの製造系エンジニア」や、

「生産設備の設計・管理を行うプラントエンジニア」の紹介も多数あります。

オンラインでの面談にも対応しているため、

「これからこんな仕事をしてみたい」

「未経験からやってみたい」という方はぜひ一度活用してみてください。

>DYM就職で「20代未経験OK、無料カウンセリングはこちら」

DYM就職

Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付けること

Webマーケティングスキルを付けて、制作以上の付加価値を付けられるようになりましょう。

Web制作だけになると価格競争に巻き込まれるためです。

そこで、集客もできるようになると、高単価で仕事を請けることができます。

ただ作って終わりではなく、お客さんを集めるという役割も担うことで付加価値を生むことができます。

Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討すること

Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討することは非常に重要です。

自社事業があるとデザイン力がプロモーション力につながるためです。

また、デザインにしっかりこだわることもできます。

利益が高い事業なら給料も上がりやすいため、将来性という観点から見ると実は一番良いですね。

Webデザイナーに本気でなりたい方へ送る4つのアドバイス

  • 格安のWeb制作会社には入社しない
  • Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しない
  • Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付ける
  • Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討する

「どうすれば最短でWebデザイナーになれるのだろうか」と気になりませんか。

次は、Webデザイナーになる方法について解説します。

Webデザイナーになりたい方は転職保障付きのスクールに通うことがおすすめ

Webデザイナーになりたい方は、転職保証付きのスクールに通うことをおすすめします。

未経験でスキルがない人を採用してくれる企業は少ないためです。

自分である程度は勉強しておくことで採用されやすくなります。

独学で習得することも可能だとは思いますが、スクールに通うメリットはたくさんあります。

  • 短期間でのスキル習得が可能
  • 最新のスキルを学ぶことができる
  • 人脈を広げることができる

上記は独学では得られないメリットばかりです。

スクールでおすすめなのは「テックキャンプ デザイナー転職」というデザイナーの養成学校です。

テックキャンプ デザイナー転職では、600時間にわたってカリキュラムが組まれており、転職保証するという仕組みも持っています。

ここで言う転職保障とは、デザイナーとしての転職が成功しなかった場合には受講料が全額返金されるというものです。

受講料を支払うとはいえ、転職できなかった場合のリスクはなく勉強することができます。

「業界について詳しく知らないけど、Webデザイナーってどんな業界なの?」

「1日の仕事内容はどんな流れなの?」

といった質問も無料のオンラインカウンセリングで教えてもらえます。

本気でWebデザイナーになりたい方、業界について知りたいという方は第一歩に相談予約してみてくださいね。

>「(無料相談はこちらから)デザイナーとしての就職が成功しなかった場合には受講料が全額返金」

最短でWebデザイナーになりたい方はスクールに通うことがおすすめ

  • 短期間でのスキル習得が可能
  • 最新のスキルを学ぶことができる
  • 人脈を広げることができる

【コラム】職業訓練校でWebデザインを学ぶ

ハローワークから申し込みができる職業訓練校でWebデザインを学ぶ方法もあります。

雇用保険の失業給付(失業保険)の受給資格がある場合には、お金をもらいながら勉強を教えてもらえます。

在職者向けのキャリアアップ講習もあり、スクールよりもお金をかけず気軽に学びたいという方におすすめです。

雇用保険に加入していないパートや専業主婦の方も求職者支援訓練があるため、

「仕事を探している」という方は職業訓練校に通ってWebデザインを勉強することもできます。

次は、Webデザイナーの働き方が過酷になった背景について解説します。

JAIC

Webデザイナーの働き方が過酷になった背景は2つ

Webデザイナーの働き方が過酷になった背景には、以下2つの理由があります。

  • Webデザイナーが増えた
  • 格安で制作するWeb制作会社の存在

それぞれについて解説します。

Webデザイナーが増えた

Webデザイナーの人数が増えたことで、待遇等が過酷になりました。

人数が増えると希少性が薄くなり、待遇が下がっていくためです。

Webデザイナーはたしかに専門性のある仕事ですが、価格競争が起こる程度には人材がいます。

専門職系の求人ではなく未経験の方を採用する企業も増えており、ますます希少性がなくなっています。

格安で制作するWeb制作会社の存在

格安で制作するWeb制作会社の存在がWebデザイナーの働き方を過酷にしています。

Web制作会社にもよりますが、格安で人件費などを考慮せずに仕事を取る会社が存在するためです。

販売単価が安ければ、当然、従業員に良い給与を支払うことは難しくなります。

このように2つの背景を経てWebデザイナーの現状は、過酷な労働環境となっています。

Webデザイナーの働き方が過酷になった2つの背景

  • Webデザイナーが増えて待遇等が過酷になった
  • 格安で受注するWeb制作会社の存在がWebデザイナーの働き方を過酷にした

Webデザイナーはやめようと思った人へのアドバイス

ここまでを読んで、「やっぱりWebデザイナーを目指すのはやめよう」と思った人もいるかもしれませんね。

デメリットをよく理解して頂いて出した結論なので、それも一つの立派な選択肢です。

WebデザイナーをはじめIT系の職種は数多くあり、どの職種も総じて人手不足となっています。

また、IT業界は時代の流れに乗った成長産業の代表格であり、おすすめの業界です。

Webデザイナー以外で転職を考える場合も、IT系の職種を検討してみてはどうでしょうか?

未経験からでも経験と努力次第でスキルアップを目指すことができます。

未経験からIT技術系の職種への転職は、ワークポートを利用するのがおすすめです。

ワークポート
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

ワークポートは元々IT系に特化した転職エージェントだったため、現在もIT系の職種の求人が豊富です。

また、高待遇なIT求人を探している方はマイナビIT AGENTがおすすめです。

マイナビIT AGENTは業界最大手のマイナビが運営しているだけあって、実績・求人数ともにトップクラスです。

IT業界に精通したエージェントばかりで、確かな提案力と濃い情報が得られるのも魅力でしょう。

高待遇な非公開求人も多数保有しているので、情報収集もかねて登録しておくだけでも大きなメリットになりますよ

マイナビIT AGENT
求人数
約18,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~1,000万円以上

  • マイナビグループが運営のIT・エンジニアに特化した専門の転職エージェント
  • シビアな条件交渉も得意なため要望を詳細に伝えるのが良い
  • 求人は自社サービスを持つ事業会社に特化
【無料】公式サイトはこちら

他にも、IT業界への転職でおすすめの職種・転職エージェントは、「ITエンジニアに強いおすすめ転職エージェントを徹底比較【2021年】」で詳しく解説しています。

新たな選択肢として興味がある人は、ぜひ読んでみてください。

Webデザイナーについてよくある質問と回答

Webデザイナーについて解説するときによく聞かれる質問をまとめました。

IT業界に15年以上在籍し、Web制作を企業から請ける会社を経営してきた筆者が回答していきます。

Webデザイナーやめとけと言われるのはなぜですか?

Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい傾向にあるためです。

また、残業が多く、24時まで働く企業もざらにあります。

これらのように待遇、ワークライフバランスの観点から「やめとけ」と言われます。

Webデザイナーに将来性はあるの?

Webデザイナーは基本的にステップアップした先がディレクターしかないため、キャリアパスは狭い傾向にあります。

しかし、スキルが個人に身につくため転職や独立がしやすく魅力的な仕事であることには間違いありません。

マーケティングスキルなどと掛け合わせれば、高単価で仕事を受けることも可能なので、努力次第で将来性は広がるでしょう。

Webデザイナーの働き方はなぜ過酷になったのですか?

Webデザイナーの働き方が過酷になったのは2つの背景があります。

1つ目にWebデザイナー人数が増え、希少性が薄くなったことにより待遇が過酷になったことが挙げられます。

2つ目に格安で人件費などを考慮せずに仕事を摂る会社の存在です。

販売単価が下がる分、当然従業員の給料が下がるということです。

Webデザイナーに本気でなりたいのですがどうしたらいいですか?

先ほどもお伝えしましたが本気でWebデザイナーを目指すならスクールで一から知識を身に付けることがおすすめです。

これはどの職種でも当てはまりますが、中途半端な気持ちでは仕事を続けていくのは難しいと思います。

未経験でスキルがない人を採用してくれる企業が少ないため、もし本気でWebデザイナーを目指すならまずは

「基本的なスキルを最短で身に付ける」ことを優先していくことが効率的です。

おすすめは転職保証付きのスクールです。

600時間にわたるカリキュラムが組まれているテックキャンプ デザイナー転職です。

オンラインで学べるため「通学が難しい」「独学で勉強しようと思ったけど挫折した」という方にも非常におすすめです。

本気でWebデザイナーになりたい方は「Webデザイナーに本気でなりたい方へのアドバイス」こちらをぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

Webデザイナーやめとけと言われる理由として、

  • 薄利多売の企業が多い
  • 労働時間が長い傾向にある
  • キャリアパスが狭い

という3つの要因があります。ですがデメリットだけではありません。

Webデザイナーになると、

  • スキルが身について職に困らない
  • 単価が高いので年収アップ
  • 営業力のある人は独立も可能!

という非常に大きなメリットもあります。

また、Webデザイナーが増えたことで待遇が悪くなっている現状もあります。

そのような現状を踏まえてもWebデザイナーになりたいという強い思いがある方は、

  • 格安のWeb制作会社には入社しないこと
  • Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないこと
  • Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付けること
  • Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討すること

といった点に注意し、悔いのない挑戦にしましょう。

また、本気でWebデザイナーになりたい方は、転職保証付きのテックキャンプ デザイナー転職に通って自主的に勉強することをおすすめします。