転職の基礎知識

「Webデザイナーやめとけ」って本当?本当の理由とデメリット回避の仕方

更新日:

「Webデザイナーやめとけ」と聞いたことはありますか?

もし聞いたことがある人は

「Webデザイナーはやめとけと言われたけどなぜ?正しく理由を知りたい」

「Webデザイナーやめとけと聞くけど、私は目指してみたい。なぜだめなの?」

と疑問や不安を感じているのではないでしょうか?

筆者はIT業界に15年以上在籍し、Web製作を企業から請ける会社を経営しております。

興味を持った仕事に対して頭ごなしに「やめとけ」と言われてしまうと不安になりますよね。

結論からいえば、Webデザイナーは薄利多売で儲かりにくい構造となっているのが事実です。

その分高い待遇が得にくい仕事のため、否定的な意見も多く見られます。

ですが個々にスキルが身につき独立も転職もしやすい魅力的な仕事であることも、間違いありません。

メリット・デメリットがあるのはどの職種でも言えることではないでしょうか。

「Webデザイナーやめとけ」と言われただけで夢をあきらめる必要は全くありません。

この記事を読めば「Webデザイナーやめとけ」と言われる理由について理解することができます。

さらにWebデザイナーを目指すに当たって、おすすめのスキル習得方法も紹介しています。

理由を知り、きちんと納得した上で自分自身が本当に挑戦したい仕事かどうかを判断し、選択することが大切です。

本気で「Webデザイナーを仕事にしたい」と考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

夢は目に見える形になる。
テックキャンプデザイナー転職でWebデザイナーへの近道を。

「Webデザイナーやめとけ」と言われる理由

「Webデザイナーって良いイメージがあるのだけれど、なぜやめとけと言われてしまうのだろうか」と気になりませんか。

具体的には、以下3つの理由があります。

  • Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい
  • Webデザイナーは残業が多い
  • Webデザイナーのキャリアパスが狭い

それぞれについて解説します。

Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい

Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい傾向にあります。

受注する金額が低いため人件費を上げにくいためです。

なぜ受注金額が低いかというとWeb製作会社が多く価格競争で受注をしているためです。

その結果、どれだけ良い仕事をしたとしても給料が上がりづらい業界です。

薄利ビジネスは値段が安く売れやすい反面、ひたすら手を動かす辛い仕事になる可能性が非常に高いです。

Webデザイナーは残業が多い

Webデザイナーは残業時間が多い傾向にあります。

朝8時から終電ギリギリの24時まで仕事をするのはざらです。

お客様の要望に応えるため、修正依頼などに限界まで答える必要性があるためです。

特にデザインや文章に対して明確に指示するお客様は少なく非常に大変です。

Webデザイナーのキャリアパスが狭い

Webデザイナーのキャリアパスは狭い傾向にあります。

Webデザイナーからステップアップした先が進捗を管理しつつ自分自身も実務をこなすディレクターしかないためです。

短納期で高負荷なプロジェクトの責任を負い、スケジュール通り納品を進めるためのディレクションはストレスフルとなります。

「昔は花形職業のイメージがあったWebデザイナーなのに、なぜ過酷な職業になってしまったのかな」と疑問に思いませんか。

次は、Webデザイナーの働き方が過酷になった背景について解説します。

Webデザイナーの働き方が過酷になった背景は2つ

Webデザイナーの働き方が過酷になった背景には、以下2つの理由があります。

  • Webデザイナーが増えた
  • 格安で制作するWeb制作会社の存在

それぞれについて解説します。

Webデザイナーが増えた

Webデザイナーの人数が増えたことで、待遇等が過酷になりました。

人数が増えると希少性が薄くなり、待遇が下がっていくためです。

Webデザイナーはたしかに専門性のある仕事ですが、価格競争が起こる程度には人材がいます。

専門職系の求人ではなく未経験の方を採用する企業も増えており、ますます希少性がなくなっています。

格安で制作するWeb制作会社の存在

格安で制作するWeb制作会社の存在がWebデザイナーの働き方を過酷にしています。

Web制作会社にもよりますが、格安で人件費などを考慮せずに仕事を取る会社が存在するためです。

販売単価が安ければ、当然、従業員に良い給与を支払うことは難しくなります。

このように2つの背景を経てWebデザイナーの現状は、過酷な労働環境となっています。

しかし、

「それでもWebデザイナーになりたい!どうすればいいかな?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

次は、本気でWebデザイナーになりたい方へのアドバイスを送ります。

Webデザイナーに本気でなりたい方へのアドバイス

Webデザイナーに本気でなりたい方へ以下4つのアドバイスを送ります。

  • 格安のWeb制作会社には入社しないこと
  • Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないこと
  • Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付けること
  • Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討すること

それぞれについて解説します。

格安のWeb制作会社には入社しないこと

格安のWeb制作会社には入社しないようにしましょう。

販売単価が安ければ、それだけ従業員にしわ寄せがいくためです。

HP制作10万円・20万円と安く受けている会社は薄利多売をしています。

値段を安くすることで仕事が取れるのは当たり前です。

安さ以外値打ちがないと市場に評価されてしまっている企業への入社は避けるようにしましょう。

具体的には企業のサービス内容をみてください。

価格に「格安・激安」や「20万円で製作可能」などの訴求がある会社は避けましょう。

Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないこと

Webデザイナーが独身ばかりの製作会社には入社しないようにしましょう。

独身ではなくなったときに仕事をしにくくなる可能性が高いためです。

家庭と両立したWebデザイナーがいない企業は避けるようにしましょう。

実際にオフィスに行って確認するしかありません。

面接時に質問してみましょう。

Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付けること

Webマーケティングスキルを付けて、製作以上の付加価値を付けられるようになりましょう。

Web制作だけになると価格競争に巻き込まれるためです。

そこで、集客もできるようになると、高単価で仕事を請けることができます。

ただ作って終わりではなく、お客さんを集めるという役割も担うことで付加価値を生むことができます。

Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討すること

Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討することは非常に重要です。

自社事業があるとデザイン力がプロモーション力につながるためです。

また、デザインにしっかりこだわることもできます。

利益が高い事業なら給料も上がりやすいため、将来性という観点から見ると実は一番良いですね。

「どうすればWebデザイナーになれるのだろうか」と気になりませんか。

次は、Webデザイナーになる方法について解説します。

Webデザイナーになりたい方は転職保障付きのスクールに通うことがおすすめ

Webデザイナーになりたい方は、転職保証付きのスクールに通うことをおすすめします。

未経験でスキルがない人を採用してくれる企業は少ないためです。

自分である程度は勉強しておくことで採用されやすくなります。

独学で習得することも可能だとは思いますが、スクールに通うメリットはたくさんあります。

  • 短期間でのスキル習得が可能
  • 最新のスキルを学ぶことができる
  • 人脈を広げることができる

上記は独学では得られないメリットばかりです。

スクールでおすすめなのは「テックキャンプ デザイナー転職」というデザイナーの養成学校です。

テックキャンプ デザイナー転職では、600時間にわたってカリキュラムが組まれており、転職保証するという仕組みも持っています。

ここで言う転職保障とは、デザイナーとしての転職が成功しなかった場合には受講料が全額返金されるというものです。

受講料を支払うとはいえ、転職できなかった場合のリスクはなく勉強することができます。

大変人気で受講枠に限りがあるため本気でWebデザイナーになりたい方は早めの相談(無料)がおすすめです。

>テックキャンプ デザイナー転職の相談はこちら

Webデザイナーについてよくある質問と回答

Webデザイナーについて解説するときによく聞かれる質問をまとめました。

IT業界に15年以上在籍し、Web製作を企業から請ける会社を経営してきた筆者が回答していきます。

Webデザイナーやめとけと言われるのはなぜですか?

Webデザイナーは薄利多売で年収が高くなりづらい傾向にあるためです。

また、残業が多く、24時まで働く企業もざらにあります。

これらのように待遇、ワークライフバランスの観点から「やめとけ」と言われます。

Webデザイナーに将来性はあるの?

Webデザイナーは基本的にステップアップした先がディレクターしかないため、キャリアパスは狭い傾向にあります。

しかし、スキルが個人に身につくため転職や独立がしやすく魅力的な仕事であることには間違いありません。

マーケティングスキルなどと掛け合わせれば、高単価で仕事を受けることも可能なので、努力次第で将来性は広がるでしょう。

Webデザイナーの働き方はなぜ過酷になったのですか?

Webデザイナーの働き方が過酷になったのは2つの背景があります。

1つ目にWebデザイナー人数が増え、希少性が薄くなったことにより待遇が過酷になったことが挙げられます。

2つ目に格安で人件費などを考慮せずに仕事を摂る会社の存在です。

販売単価が下がる分、当然従業員の給料が下がるということです。

Webデザイナーに本気でなりたいのですがどうしたらいいですか?

結論、転職保証付きのスクールに通うことをおすすめします。

未経験でスキルがない人を採用してくれる企業が少ないためです。

筆者のおすすめは転職保証付きで、600時間にわたるカリキュラムが組まれているテックキャンプ デザイナー転職です。

他にも本気でWebデザイナーを目指したい人向けに4つのアドバイスがありますので気になる方はご覧ください。

Webデザイナーに本気でなりたい方へのアドバイス

まとめ

Webデザイナーやめとけと言われる理由として、

  • 薄利多売の企業が多い
  • 労働時間が長い傾向にある
  • キャリアパスが狭い

という3つの要因があります。

また、Webデザイナーが増えたことで待遇が悪くなっている現状もあります。

そのような現状を踏まえてもWebデザイナーになりたいという強い思いがある方は、

  • 格安のWeb制作会社には入社しないこと
  • Webデザイナーが独身ばかりの制作会社には入社しないこと
  • Webマーケティングスキルを付けて制作以上の付加価値を付けること
  • Web制作会社だけではなく自社事業がある企業も検討すること

といった点に注意し、悔いのない挑戦にしましょう。

また、本気でWebデザイナーになりたい方は、転職保証付きのテックキャンプ デザイナー転職に通って自主的に勉強することをおすすめします。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-転職の基礎知識

一人で悩まず就職支援を受けませんか?
マンツーマンで手厚く支援

© 2021 しごとウェブ転職