おすすめ転職エージェント

【転職エージェントの選び方と活用のコツ】賢い選び方で転職活動は大きく変わる

更新日:

転職エージェントを利用しようと思ったときに

「転職エージェントの選び方を知りたい。どうやって選ぶの?」

「30代だけど自分の年代にあった転職エージェントを知りたい」

「評判がよく、おすすめの転職エージェントはどこ?」

と気になっていませんか?

筆者は約10年間、採用担当者を経験し転職エージェントによる採用をしてきました。

その経験からお伝えすると転職エージェントの選び方は年代や職種、転職目的に沿った転職エージェント選びが重要です。

企業も第二新卒や30代、ITエンジニアなどのように年代や職種でなど採用したい人物像に合わせて転職エージェントを使い分けています

そのため、自分にあった転職エージェントを使い分けないと目的の求人にたどり着くことができません

この記事を読めば転職エージェントの選び方が分かり、自分に合った転職エージェントを選ぶことができます。

転職エージェントの選び方について迷っている方は必ず一読してください。

転職エージェントの賢い選び方には「目的」を整理しよう

転職エージェントの賢い選び方には「目的」を整理することが重要です。

具体的には、以下のような目的です。

  • 目的1:転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらう
  • 目的2:転職エージェントに業界や企業の特徴・内部事情を教えてもらう
  • 目的3:内定が出やすいように書類・面接の対策をしてもらう

それぞれについて解説します。

目的1:転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらう

転職エージェントを選びに「適職探しのサポート」を軸として検討しましょう。

転職エージェントは仕事柄、非常に多くの職種や企業を知っています。

そのため、あなたの強み・弱み、仕事への価値観に合う適職を高い精度でアドバイスしてもらえます。

過去の成功事例から適職探しを行ってもらったり、自己分析を手伝ってもらうことで自分が本当に行きたい企業を探すことができるようになります。

目的2:転職エージェントに業界や企業の特徴・内部事情を教えてもらう

転職エージェントに業界の動向や、志望企業の特徴・内部事情を教えてもらいましょう。

転職エージェントは各企業の採用担当者と情報交換をしており、離職率や企業の特徴・内部事情などに精通しているためです。

内定前に会社の内部を知ることでミスマッチが起こりくくなり、転職失敗による再転職を未然に防ぎキャリアに傷が入ることを避けてくれます。

例えば応募企業の業界が斜陽産業であれば毎年のように減収減益が続き、成果を出したとしても給与は上がらないどころかリストラの危機に合う可能性もあります。

企業風土も同様です。

実際に入ってみたら転職組は評価されなかったり年功序列で我慢を強いられることもありえます。

これらの失敗が内容に積極的に転職エージェントから業界情報・企業情報を収集しましょう。

目的3:内定が出やすいように書類・面接の対策をしてもらう

内定が出やすいように転職エージェントへ書類・面接の対策を受けましょう。

特に転職エージェントの書類添削は絶対に受けておきましょう。

書類とは履歴書や職務経歴書のことです。

あいまいに書けば書くほど書類選考では落ちます。

企業の採用担当者は書類の良し悪しで応募者の能力を測ります。

当たり障りのない書類を見ると「志望度が高くないのだろうな」と書類選考で落ちてしまいます。

特に大卒事務系のホワイトカラーの方はしっかりとした書類を作成するようにしましょう。

完成度を求められるためです。

転職エージェントは毎日のように書類選考を企業に送っているため、「落ちる書類」「通る書類」を熟知しています。

内定が出やすいように書類選考対策・面接対策をしっかりとサポートする転職エージェントを選ぶ必要があります。

ではどのように転職エージェントを選べば良いのでしょうか?

次は、転職エージェントの選び方について解説します。

転職エージェントの選び方は「自己理解サポート・情報提供力」に注目しよう

転職エージェントの選び方は「自己理解サポート・情報提供力」に注目するようにしましょう。

具体的には、以下のような項目に注目しましょう。

  • 自己理解サポート「強み・したいこと」のカウンセリング力で選ぶ
  • 情報提供力「求人量・求人情報の質・提案力」で選ぶ

それぞれについて解説します。

自己理解サポート「強み・したいこと」のカウンセリング力で選ぶ

転職といえば「求人情報」といったイメージが強いかもしれませんが、その前に「適職」の理解が重要です。

強みが活かせない職場に入社すると人一倍苦労する仕事人生となります。

転職エージェントはあなたの強み・弱みやしたいことを引き出してくれるカウンセリング力の高さで選ぶ用にしましょう。

自分自身の強み・弱みを把握し、したいことをカウンセリングする力がある転職エージェントを選ぶことによって自分の望む仕事につける可能性がアップするためです。

情報提供力「求人量・求人情報の質・提案力」で選ぶ

転職エージェントを選ぶ際には情報提供力「求人量・求人情報の質・提案力」で選ぶということも重要です。

適職が分かってもそれを活かせる職場がなければ意味がないためです。

そのため、転職エージェントが保有する求人の量で選ぶことは見逃せません。

さらに年収が600万円を超えてくるハイキャリアになると求人の「質や提案力」も重要です。

ハイキャリアになると転職者の実力を見抜く必要がありますし、企業側も転職者に対して相応のスキルや経験を求めますが、簡単に言語化できるものではありません。

転職エージェントは転職者のスキル・経験、企業が募集する人物像を感じ取り双方に提案する力が求められます。

このように、求人の量・質・提案力がなければ転職者・企業の両者に満足度の高い転職ができません。

求人の量・質、そして転職エージェントの提案力を見極めて選ぶようにしましょう。

コラム:突破口を開く転職サイトにも登録がおすすめ

転職の序盤にスカウト型の転職サイトにも登録しておきましょう。

過去の経歴を生かしたポジションを提案してもらえるだけではなく、思わぬ提案をしてもらえる転職エージェントだからです。

例えば思いもよらない業界からのオファーを受けたりニッチな経験が評価されたり、地元の中堅企業からオファーが来ることもあります。

転職活動の中盤では停滞気味になるケースがありますがスカウト型の転職サイトに登録しておくことで突破口になることがあります。

ぜひ積極的に活用するようにしましょう。

筆者のおすすはビズリーチです。

比較的オファーが多く提案内容も高いため登録だけでもしておきましょう。

>ビズリーチはこちら

ここまで転職エージェントの選び方を紹介してきましたが「結局どこがおすすめなの?」と気になるのではないでしょうか。

次は、転職活動で登録すべき転職エージェントについて解説します。

転職活動の序盤では大手転職エージェントへの登録がおすすめ

転職活動の序盤では大手転職エージェントへの登録がおすすめです。

大手転職エージェントは保有している求人量が豊富なため、転職活動初期で求人をたくさん紹介してもらえるためです。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

  • おすすめ1:メーカーに強いマイナビエージェント
  • おすすめ2:求人量が豊富なリクルートエージェント
  • おすすめ3:20代や未経験職種に強いワークポート
  • おすすめ4:年収600万円以上ならJACリクルートメント

それぞれについて解説します。

おすすめ1:メーカーに強いマイナビエージェント

マイナビエージェントはメーカーに強いという特徴があります。

新卒採用でマイナビを活用したメーカーがそのままマイナビエージェントも活用してみるといった流れがあるためです。

国内の優良メーカーに転職してみたいという方はぜひ活用するようにしましょう。

>マイナビエージェントはこちら

おすすめ2:求人量が豊富なリクルートエージェント

求人量が豊富なリクルートエージェントがあります。

特に営業職で転職したいという方におすすめです。

知名度が高いため、営業職を求人しているベンチャー企業なども活用しています。

>リクルートエージェントはこちら

おすすめ3:20代や未経験職種に強いワークポート

20代や未経験職種に強いワークポートは非常におすすめです。

ワークポート管理部門系職種にも力を入れており、貴重な事務系職種の求人紹介もあります。

未経験から事務職に挑戦してみたい方などはぜひ活用してみてください。

>ワークポートはこちら

おすすめ4:年収600万円以上ならJACリクルートメント

年収600万円以上ならJACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメント大手企業・外資系企業求人に強みを持っており、高年収の求人紹介を行える力を持っているためです。

筆者も転職活動の際には非常に頼りにした転職エージェントでした。

>JACリクルートメントはこちら

最後に転職エージェントを賢く利用するコツを紹介します。

転職エージェントの利用のコツ

転職エージェント利用のコツとして、以下のコツがあります。

  • 転職の検討段階から利用することがおすすめ
  • 情報の網羅と客観性のために転職エージェントは複数利用がおすすめ
  • 常に提案がもらえるよう転職エージェントには週1回程度ログインをしておく
  • 担当者の連絡は無視せず積極的な転職姿勢を示す

それぞれについて解説します。

転職の検討段階から利用することがおすすめ

転職エージェントは転職の検討段階から利用することがおすすめです。

なぜなら、転職エージェンを利用することで

  • 自己理解が進み適職の方向性が見えてくる
  • 気になる業界・職種の方向性が見えてくる
  • 求人情報や企業情報を自身で見抜ける力がついてくる

ためです。

転職は情報の収集が全てです。

情報を検討段階から多く収集することで、幅広い視点で転職活動を進めることができます。

検討段階であっても転職エージェントは歓迎してもらえるため、積極的な利用が転職成功のコツとなります。

情報の網羅と客観性のために転職エージェントは複数利用がおすすめ

さらに転職エージェントは複数の利用が必須です。

なぜなら

  • 求人が網羅できる
  • 提案内容を客観視できる
  • 強引な求人紹介や相談しづらい担当者から解放される

といった転職エージェントのデメリットを回避することができるためです。

転職エージェンの注意点

最低3サービスの利用がおすすめです。

最初の面談は大変ですが、しっかりと対話して意思疎通を取ることで以降はメールや電話でやり取りがスムーズとなります。

転職のデメリットの回避のために3サービスの利用は必ず実施しましょう。

常に提案がもらえるよう転職エージェントには週1回程度ログインをしておく

転職エージェントの用意するマイページに週1回程度はログインをしましょう。

ログインを頻繁にすることで転職エージェントに

「転職意欲の高い人だな」

と認識してもらえます。

その結果、非公開の優良求人を優先的にしてもらえる可能性が高くなります。

週に1度ログインをするだけで有利に進めることができるため定期的なログインを必ずしておきましょう。

担当者の連絡は無視せず積極的な転職姿勢を示す

担当者の連絡は無視せず積極的な転職姿勢を示すようにしましょう。

あまりやる気のない転職エージェントだと2回ほど電話を取り損ねただけでサポートを終了するなどの対応をとってくるためです。

実際、筆者も複数でそのような経験があり、提案が一切来なくなりました。

出来るだけ連絡には応じるようにしましょう。

まとめ

転職エージェントを選ぶコツとしては自分自身がどんな転職を望んでいるかなどの目的や自己分析が重要となってきます。

転職エージェントの賢い選び方には「目的」を整理することが重要です。

具体的には、以下のような目的です。

  • 目的1:転職エージェントに自己分析や適職探しのサポートをしてもらう
  • 目的2:転職エージェントに業界や企業の特徴・内部事情を教えてもらう
  • 目的3:内定が出やすいように書類・面接の対策をしてもらう

転職エージェントの選び方は「自己理解サポート・情報提供力」に注目するようにしましょう。

具体的には、以下のような項目に注目しましょう。

  • 自己理解サポート「強み・したいこと」のカウンセリング力で選ぶ
  • 情報提供力「求人量・求人情報の質・提案力」で選ぶ

以下の4つの転職エージェントがおすすめです。

  • おすすめ1:メーカーに強いマイナビエージェント
  • おすすめ2:求人量が豊富なリクルートエージェント
  • おすすめ3:20代や未経験職種に強いワークポート
  • おすすめ4:年収600万円以上ならJACリクルートメント

転職エージェント利用のコツとして、以下のコツがあります。

  • 転職の検討段階から利用することがおすすめ
  • 情報の網羅と客観性のために転職エージェントは複数利用がおすすめ
  • 常に提案がもらえるよう転職エージェントには週1回程度ログインをしておく
  • 担当者の連絡は無視せず積極的な転職姿勢を示す

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-おすすめ転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職