20代の転職

転職でスキルなしだと20代でも厳しい?何歳まで可能?採用担当者の評価とは

更新日:

20代と若くまだスキルがない方は

「転職でスキルなしだと20代でも厳しい?」

「20代後半でスキルなしの転職は可能?スムーズに内定が出る方法を知りたい」

「未経験OKでも転職できるおすすめの求人はどれ?」

と悩んでいませんか?

 

私はこれまで約10年間、複数社で採用担当者をしてきました。

もちろん、スキル・キャリアがない20代も採用しています。

結論から言えば、20代であればスキルなしでも転職できます。

日本企業は20代であればスキルの有無よりも、会社と合うかどうかを気にするためです。

一方で面接では入社後に戦力となるか慎重に見極められます

そのため採用担当者の評価ポイントを押さえた転職対策をしておかないとなかなか内定がでないことがありえます。

この記事では採用担当の筆者が20代でスキル無しの転職者をどう評価しているか紹介していきます。

「20代でスキルもないのに転職できるのかな?」と不安になっている方は必ず最後まで読んでいって下さい。

スキルなしで転職する裏技

「20代でスキルがないと転職は難しいのかな」

「ブラック企業にしかいけないんじゃないの」

と、スキルに自信がないと不安な気持ちになりますよね。

しかし、20代ならスキルやキャリアがなくても将来性を見込んで採用される可能性があります。

「膨大な企業の中から自分でホワイト企業を探せばいいの。」

そんなときに着目すべきは「定着率」です。

定着率とはその会社の新入社員がどれだけ短期で退職していないかを見る数字です。

つまり定着率が高いほど、長く働きやすい会社と言うわけです。

ただし定着率は基本的に公表されておらず、チェックするのは相当大変です。

そこでおすすめしたいのが18-39歳の方を対象としているジェイックという就職支援サービスです。

ジェイックには定着率の悪い求人は紹介しないという特徴があり、なんと定着率90%以上の実績もあります。

つまりプロが認めた働きやすくやりがいのある仕事の求人しか取り扱わないということです。

もちろん無料で利用でき、なんと書類選考もありません。

「スキルがなくても絶対にホワイト企業に転職したい」

そう思うならジェイックをフル活用すべきと断言します。

>ジェイックに無料で相談する

スキルなしの転職でも20代ならOK!

冒頭でもお伝えしたとおり20代はスキルなしでも転職できます。

日本企業は20代に関しては、スキルよりも伸びしろと会社との相性を重視するためです。

ただし、以下の点には注意する必要性があります。

  • スキルなしは不利なのは変わりない!準備は万全に!
  • 第二新卒での転職(~25才、26才)ならスキルなしが前提
  • 20代半ば(~26才、27才)でも多めに見てもらえる
  • 20代後半(28才から)は面接でのチェックも厳しくなってくる!対策は必須

それぞれについて解説します。

スキルなしは不利なのは変わりない!準備は万全に!

スキルなしで20代は転職可能です。

しかし、スキルのある他の候補者よりも不利なことには違いがありません。

経験者と未経験者がいれば、企業は経験者の方を選ぶためです。

それでも未経験者が採用されるのは入社後に戦力になると判断されるためです。

つまり「伸びしろ」が重要となります。

準備として、会社のことをしっかりと調べて、なぜ応募先の仕事をしたいと思ったのかなどの志望動機を固めて、熱意を面接官に伝えられるようにしましょう。

ハタラクティブ

第二新卒・20代半ばでの転職(~25才、26才)ならスキルなしが前提

25歳や26歳くらいまでの第二新卒での転職は、スキルがないことが前提となっています。

第二新卒は若いため入社後にスキルを身につければよいと企業側は考えているためです。

このように若ければ若いほど企業も甘く評価してもらえます。

もしあなたが26歳程度の若手であれば未経験で転職しても比較的かんたんに転職が可能なためいち早く動く必要があることを理解しておきましょう。

20代後半(28才から)は面接でのチェックも厳しくなってくる!対策は必須

20代後半(28才から)は未経験でも採用はされるものの面接での評価が厳しくなってくる年齢です。

年齢が上がるほど入社後に早く戦力として活躍してほしいのが企業の思惑です。

20代半ばまでの方のようにゆっくりと教えるのではなく、現場で貪欲に吸収しメキメキと成長する方を求めています。

そのため主体性・責任感・自立的といった点を強く持ち合わせていないと落とされる年代です。

さらには「もう30才近いし今後は転職はしないでうちで骨をうずめてくれるよね」という企業側の思惑も働きます。

このような企業側の評価ポイントの

対策として、

  • 志望動機の完成度を上げることと
  • これまでの仕事経験の棚卸を行い出来る限り転職先で早期に戦力化し、活躍できるイメージを与えられるような自己PRを行う
  • 今後のキャリアイメージの明文化

をしてください。

以上のように未経験でも転職できる人物像は「伸びしろがある」「成長が見込める」といった方となります。

次ではこのような伸びしろを採用担当者がどのように判断しているかを紹介していきます。

20代後半の転職については、

【悩んでる方必見】20代後半の転職は強みを活かせば成功させられる!

の記事でも詳しく紹介しておりますので合わせてご覧ください。

【悩んでる方必見】20代後半の転職は強みを活かせば成功させられる!

20代後半の方は、 「20代後半だけど転職はしやすいのかな?注意点はなに?」 「20代後半から大手に転職は可能?」 「おすすめの転職エージェントはどこ?」 と気になりませんか? 私はこれまで約10年間 ...

続きを見る

採用担当者がチェックしているポイントは「入社後の伸びしろ」そのチェックポイントとは?

採用担当者が20代の転職希望者に期待しているのは「入社後の伸びしろ」です。

20代は仕事の経験が浅く即戦力を期待できません。

そのため入社後に戦力化する見込みのある潜在能力を採用担当者は判断しますl

筆者も20代のスキルなしの未経験者を採用する際には「現段階で何が出来るか」

よりも「どんなことをしたいのか。そのための努力をして達成する見込みはあるのか?」

を重視して採用活動をしていました。

若くて体力がある20代は様々なことを吸収することが出来る状態です。

そこに期待されて評価されるため、仕事への意欲を示せるように以下の3つは必ずやってください。

JAIC

  • 会社の理念をしっかりと理解する
  • 志望動機の完成度を高める
  • 入社後の1~3年程度のキャリアプランを伝えられるようにする

上記3つをしっかりと伝えることで、より内定率が高くなります。

ところで「どうすれば自分が転職したいと思える企業を探すことが出来るのかな」と悩んでいませんか。

これが見つからなければ中途半端な志望動機や意欲となり内定につながりません。

もし、志望動機の書き方を詳しく知りたいのなら、

【採用担当が教える】通るエントリーシートの志望動機の書き方!(例文付き)

こちらの記事も参照してみて下さい。

【採用担当が教える】通るエントリーシートの志望動機の書き方!(例文付き)

「志望動機を作ってみたいけれど、どう作っていいかわからない」 「どうすれば企業の採用担当者に響く志望動機を作ることが出来るのかな」 志望動機を会社ごとに作れと言われても、なかなかうまく志望動機を作れな ...

続きを見る

次は、本当にやってみたい仕事を探す方法について解説します。

まずは「本当に取り組みたい仕事探し」が重要!まずは求人情報を集めよう

本当にしたい仕事というのは実は答えがすぐに見つかるものではありません。

働きながら自分の価値観を見つめ直し、徐々に理想の仕事をが分かってくるものです。

たとえばiPhoneを発明したスティーブ・ジョブズも最初からiPhoneを構想していたわけではなく、学生時代は興味が赴くままにタイポグラフィーを勉強していました。

そのため、まずは未経験OKの仕事でキャリアを積み上げながら理想の仕事探しをすることをおすすめします。

20代で未経験OKの仕事につくには早いほど有利なため、転職活動を確実に進めるためには以下の方法がおすすめです。

  • STEP1:転職エージェントから求人を紹介してもらう
  • STEP2:興味を持った業界のトレンド・トップ企業・現状の課題を理解しよう
  • STEP3:興味を持った企業の理念・社長メッセージ・先輩社員の仕事内容をチェックしよう

それぞれについて解説します。

DYM就職

STEP1:転職エージェントから求人を紹介してもらおう

未経験OKの求人の傾向を知りましょう。

どんな業界のどんな職種で未経験OKの求人が出ているか知りましょう。

転職エージェントは求人のピックアップはもちろん、興味ある求人の仕事内容も丁寧に教えてもらえます。

情報の吸収量で言えば求人サイトを一人で見ているよりも圧倒的に転職エージェントにレクチャーしてもらったほうが多いです。

担当エージェントに仕事内容やキャリアイメージも合わせて聞くことで、理想の転職先を探すようにしましょう。

STEP2:興味を持った業界のトレンド・トップ企業・現状の課題を理解しよう

興味を持った業界のトレンド・トップ企業・現状の課題を把握しましょう。

志望動機が具体的になるだけではなく、ギャップを感じて短期離職するという最悪の事態を避けられるためです。

出来る限り事前情報を集めることで短期離職を防ぎ、内定率を高める努力をするようにしましょう。

入社してから「しまった!こんなはずじゃなかった!」と嘆いても後の祭りです。

ちなみに面接官は仕事内容すらイメージできていない応募者を採用することはないです。

意欲が低く、指示待ちの受身的な人材と思われ、最悪すぐに離職する危険性があると判断されるためです。

絶対に業界や職種に関する情報を深く理解しましょう。

ハタラクティブ

STEP3:興味を持った企業の理念・社長メッセージ・先輩社員の仕事内容をチェックしよう

興味を持った企業の理念・社長メッセージ・先輩社員の仕事内容をチェックするようにしましょう。

企業の理念や社長の考え方は、志望動機作成に大いに役立つためです。

「自立したバリバリのリーダーシップのある人材が欲しい」と社長が発信しているのに「私は協調性がある」と主張しても、採用される確率が低くなります。

企業の求めているものを知り、入社後のギャップもなくしておきましょう。

チェックすべきポイントは、

  • 企業理念
  • 社長メッセージ
  • 新卒採用ページ(転職者も必ずチェックしてください)
  • 先輩社員のメッセージ
  • SNSでの発信内容

あたりです。

企業によっては社長や社員がテレビなどに出演している企業もあるでしょう。

必ずチェックをしておきましょう。

では、どの転職エージェントに相談すれば効率的なのでしょうか?

次はスキルなしの方におすすめの就職エージェントを紹介します。

JAIC

スキルなし20代におすすめの転職エージェント3個

採用担当者を約10年経験した筆者が20代におすすめしたいエージェントは、以下の3つです。

  • マイナビ転職エージェントで大手をチェック
  • ワークポートでIT系の求人をチェック
  • ハタラクティブで未経験OK求人をチェック

それぞれについて解説します。

マイナビ転職エージェントで大手をチェック

マイナビ転職エージェントは業界大手の転職エージェントです。

マイナビは優良メーカー求人に強く、大手のメーカーの求人を保有しています。

情報量も確保でき大手求人も狙えます。

まずはここに登録して求人情報を一気に仕入れましょう。

転職は情報が生命線です。

>マイナビエージェントに無料で登録する

ワークポートでIT系の求人をチェック

今後伸びると言われているIT業界の求人はチェックしておきましょう。

IT業界は新しい業界のため未経験でも受け入れてもらいやすい業界です。

積極的に検討してみましょう。

その中でおすすめの転職エージェントがワークポートです。

ワークポートは全国展開している大手転職エージェントですが、もともとはIT系企業を専門として転職エージェントでした。

もちろん未経験OKの求人も多くありますし、無料でプログラミングスクールも受講できます。

キャリアチェンジしたい方は登録・相談をしてみましょう。

>ワークポートに無料で登録する

ハタラクティブで未経験OK求人をチェック

ハタラクティブはキャリアに自信がない方におすすめの転職エージェントです。

フリーターやニートなどの20代の職歴のない層に向けて転職支援を行っており、20代で職歴アリの人材が応募すれば内定する確率が高くなります。

未経験を前提として求人が中心で、職種も豊富でおすすめの転職エージェントです。

内定率はなんと80%です。

なかなか内定が決まらない方やキャリアに不安な方は一度登録・相談をおすすめします。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

また20代におすすめの転職エージェントについては、

20代転職エージェントはどこがおすすめ?採用担当者が活用するエージェントを大紹介

の記事でも紹介しておりますので是非ご覧ください。

20代転職エージェントはどこがおすすめ?採用担当者が活用するエージェントを大紹介

20代で転職を検討したときに 「20代におすすめの転職エージェントはどこ?」 「20代向けの転職エージェントの選び方を知りたい。」 「転職をスムーズに進めるために注意点やコツを知りたい」 と気になって ...

続きを見る

【コラム】スキルなしで転職するかたはお早めに

冒頭でもお伝えしたとおり

スキルなしで転職をする方は、1日でも若いうちに転職活動をすることを強くおすすめします。

日本企業はスキルよりも年齢が若い人を採用する傾向にあるためです。

それだけではなく、1日でも早く自分に自信をつけるためにもスキルを身につけることが出来る仕事に転職した方が良いです。

スキルがあれば転職は容易になり、年収アップも実現できるためです。

一方でスキルがないまま年齢を重ねるとその分、面接も厳しくなります。

結局、「スキルなしで転職をする」というのであれば「いま」動くことがベストです。

まとめ

20代はスキルなしでも転職できます。

日本企業は20代に関しては、スキルよりも伸びしろと会社との相性を重視するためです。

ただし、以下のような方は注意が必要です。

  • スキルなしは不利なのは変わりない!準備は万全に!
  • 第二新卒での転職(~25才、26才)ならスキルなしが前提
  • 20代後半(28才から)は面接でのチェックも厳しくなってくる!対策は必須

特に20代後半からは志望動機の完成度を上げるようにしましょう。

採用担当者が20代の転職希望者に期待しているのは、入社後の伸びしろです。

本当に取り組みたい仕事を探して、応募するようにしましょう。

ココがおすすめ

おすすめ度
5
求人数
常時1000件以上
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代

年収

300万円~500万円

  • 就職成功率80%以上の高水準
  • ニート・フリーター等未経験からの正社員就職が可能
  • 履歴書添削・面接対策などのフォローが万全
JAIC
おすすめ度
5
求人数
非公開(約20社参加の集団面接会を随時開催)
対応エリア

東京千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫広島宮城

おすすめ年代

20代

年収

~400万円

  • 書類選考なしの求人が多数あり
  • 専任スタッフが就職まで徹底サポート
  • 就職カレッジで社会人になっても役に立つ知識が身につく
ワークポート
おすすめ度
5
求人数
31,000件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代

年収

300万円~700万円

  • 確かな転職サポートにより転職決定率No.1
  • 未経験可の職種を多数提案
  • 人気のIT・WEB業界に強い
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-20代の転職

© 2021 しごとウェブ転職