転職の基礎知識

転職の面接ではどんな質問が出る?面接官が教える鉄板の質問5つと高評価な回答

投稿日:

転職の面接対策にあたり

「転職の面接でどんな質問が出るの?例を知りたい」

「転職の面接でよく聞かれる質問一覧を知りたい。質問される数はどれくらい?」

「質問すべてに対策は必要?コツやテクニックを知りたい。」

と考えていませんか?

筆者は複数社で約10年間、採用担当者を経験し数千人の方に面接で質問をしてきました。

その経験からお伝えすると面接では評価点の大きい定番な質問があります

志望動機、転職理由、自己PRなどです。

これらが対策すべき質問です。

確実に対策しておけば、その他の質問も自然と答えられるでしょう。

質問の数も大きなテーマでは5つ程度で、あとは枝葉の細かなものが多いです。

むやみに対策するよりも、評点が高くて必ず質問される内容を対策することで面接の通過率はグッと高くなります

もし面接になれていない方やスムーズに内定を取りたい方は必ず一読することをおすすめします。

面接の質問数は大きな内容が5個前後

面接の質問数は大きな内容が5個前後となります。

この大きなテーマを掘り下げる形で小さな質問をしていきます。

大きなテーマとは以下のような質問です。

  • 転職理由
  • 志望動機
  • 自己PR
  • これまでのキャリア紹介
  • 自分自身の強みと弱みの把握

意欲や価値観、強みを把握するために様々な角度から質問し、

  • 求める人物像に合っているか?
  • 一貫性があって事実だろうか?

といったことを確かめていきます。

次は、転職者の面接で絶対にされる質問について面接社であった筆者が解説します。

転職者の面接で鉄板な質問とその質問意図

転職面接を突破するためには、転職者の面接で鉄板な質問とその質問意図について知ることが重要です。

質問の意図を理解することで的を射た答えを返すことができるためです。

質問意図に沿った回答をする方は地頭が良く、コミュニケーション能力も高いと判断されるため高評価です。

この章では面接の場でよく聞かれる質問を紹介していきます。

応用しやすいように質問の意図も合わせて紹介します。

質問「これまでのキャリアを含めた自己紹介をお願いします」

経歴を含めた自己紹介では面接の最初にお願いすることが多いです。

最初に職務経歴書や履歴書の内容よりも深く理解するためですが、回答しやすい内容から始めることで転職者の緊張をほぐす目的でもあります。

厳しくチェックしている面接官の場合、

  • キャリアの棚卸をしっかりとできているか?
  • これから何をしたいのか?
  • 人生の大きな分岐店でどんな価値観で選択をしてきたのか?

等を確認をしています。

そのため、「何となく今の職場が嫌で転職活動をしている」といった方は、このタイミングで分かってしまうこともあります。

進学・就職・転職などで自分がどのような考え方でその道を選んだか答えられるようにしておきましょう。

質問「転職を通して達成したいことは何ですか?」(転職理由の確認)

「転職を通して達成したいことはなんですか?」

という質問の意図は転職理由の確認です。

転職とは大きなリスクを伴う決断であるため、相応の理由が予想されます。

仕事に対する意欲や論理的思考力の確認にかかわってくるため面接官は注意深く確認しています。

もしこの質問に対して逃げの姿勢な理由やあいまいな判断と捉えられるような回答をすると大きく評価は下がります。

面接官にとっては「そのような理由なら転職しなくてもできるのでは?」「当社に入社しても同じ理由で転職するのかな?」といった風に受け取るからです。

転職をしてまで実現したかったことを明確に伝えられるようにしましょう。

質問「当社に応募したきっかけは何ですか?」(志望動機の確認)

「当社に応募したきっかけは何ですか?」という質問の意図として、志望動機を確認したいという意図があります。

この質問が最重要です。

「御社でこんなことがしたいから入社しました」と具体的に答えられる人ほど高評価となります。

志望動機が強い人ほど、待遇や人間関係などの環境に関する不満は少なく活躍する傾向にあるためです。

そのため、志望動機に

  • 「福利厚生が良いから」
  • 「教育制度がしっかりしているから」
  • 「成長している企業だから」

環境面の理由を答える方は大きく評価を下げることとなります。

志望動機は過去の経歴や今回の転職理由と関連させて伝えることができると一貫性があり主張もより強いものになります。

面接の質問において志望動機は大きな評価ポイントとなるため志望動機だけはしっかりと対策をしておきましょう。

質問「他に選考を受けている企業はどのような企業ですか?応募の基準は何ですか?」

「他に選考を受けている企業はどのような企業ですか?応募の基準は何ですか?」という質問は、論理的思考や地頭の良さを確認しています。

この質問は「転職理由を実現するために相応しい企業は何か?」という意図を持ちますが答えるためには客観的な評価軸と指標を答える必要があります。

明確に答えられる人ほど

  • 主張の一貫性の高さ
  • 論理的思考力の高さ
  • 地頭の良さ

があると評価されます。

応募基準の内容が応募企業とマッチしているのもお互いが確認できるメリットもあります。

さらに転職者が優秀な場合、企業は「ぜひ来てほしい」と考えているため、他社の選考状況も確認でき便利な質問です。

不意に聞かれて答えられるような質問ではないため事前に対策しておくことで高評価を獲得できます。

ぜひ対策しておきましょう。

質問「ご自身の強みと弱みを教えて下さい」

「ご自身の強みと弱みを教えて下さい」という質問の意図はどれくらい自分自身の強みを把握しているのかを確認しています。

またその強みが求人とマッチしているかも重要です。

本人の強みが会社が求める人物とマッチしていないと早期離職を招くなどキャリアに深刻な影響を与えます。

さらに強みを客観的に答えることで論理力も推し量ることができます。

弱みについては強みの裏返しで伝えましょう。

「行動力があります」といった強みを主張している場合、弱みとして「周囲を振り回してしまう傾向があり、背景や目的を伝えてから行動するように心がけています。」

といった形で回答するようにしましょう。

質問「趣味は何ですか」

趣味は何ですかという質問にはストレス耐性に関する意図が含まれています。

現代はストレス社会とも呼ばれるほど誰もがストレスを抱えており、自分自身でリフレッシュする方法を知っている人材はストレス耐性が高いと判断されやすくなるためです。

ところで「面接で優秀と思われたい!どうすればいいの?」と気になりませんか。

次は、面接での質問に対する返答の方法について解説します。

面接での質問には全て意図がある!推し量った回答で高評価を得よう

面接での質問には全て意図があります。

面接者の方から質問に対して

「相手は何を知りたいのか?」

「なぜその質問をしたのか」

と推測しながら回答をすることが重要です。

質問の意図を読んで回答をしないと「コミュニケーションをとれない」と判断されてしまうためです。

もし質問の意図が分からなければ、「ご質問された意図は◯◯ということですか?」と確認したり、回答したあとに「回答になっていますか?」と確認しましょう。

それだけで一気に「コミュニケーション能力が高い人材だな」と評価が高くなります。

ところで面接では回答内容だけが評価対象ではありません。

実は態度や表情も細かく確認しています。

質問に受け答えしているときの態度・表情にも気をつけよう

質問に受け答えしているときの態度・表情にも気をつけるようにしましょう。

回答内容がよくても、目を見て話すことができない人は印象が悪くなるなどのケースがあるためです。

また、言葉を中途半端に濁したり、適当に同調してしまう人は印象が悪くなります。

転職者の人柄や価値観を知りたくて意見を聞きたいのにも関わらず適当に同調されると採用担当者は判断する材料がなくなっていきます。

このように質問の回答以外の態度・表情もチェックされているため、転職エージェントなどに客観的な面接対策を受けることがおすすめです。

次は、面接最後の逆質問について解説します。

面接最後の逆質問で評価は大きく変わる!

「逆面接」という言葉を知っていますでしょうか?

面接の終盤に差し掛かると、面接官から「転職にあたって何か質問はありますか?」と転職者に質問を促すことを「逆質問」といいます。

もし転職者が意欲高い方の場合、仕事内容や職場、プロジェクトなど多くの質問があると想定できます。

そのため「特に質問はありません」と答えると面接官は「当社や当社の仕事内容に興味なかったのかな?」と落胆してしまいます。

一方で「入社後はどのような役割を私に求めているのでしょうか?」などと求人や企業に関して積極的な質問をすることで志望度の高さを感じ非常に高評価となります。

必ず逆質問を行い、採用担当者の印象に残るようにしましょう。

逆質問は必ずされると想定して2〜3つ程度、事前に用意しておくことがこつです。

ただし印象を悪くしてしまう逆質問もありますので次で解説します。

避けた方が良い逆質問の事例

避けた方が良い逆質問の事例としては、以下の事例があります。

  • 逆質問をしない
  • 福利厚生や待遇に関する質問
  • 教育制度を期待するような質問
  • ホームページで紹介されているような内容の質問

それぞれについて解説します。

逆質問をしない

逆質問をしないということは「会社にあまり興味がありません」と宣言したことと同じです。

会社に興味や期待があれば質問が出てきて当然だと採用担当者は考えているためです。

必ず逆質問をするようにしましょう。

福利厚生や待遇に関する質問

福利厚生や待遇に関する質問は出来るだけ避けるようにしましょう。

待遇が良いだけであれば「他にも良い企業があるのではないかな」と思われてしまうためです。

福利厚生や待遇の交渉については内定が出て撤回できないタイミングになってから交渉するようにしましょう。

教育制度を期待するような質問

教育制度を期待するような質問は中途採用者の面接では避けるようにしましょう。

教育制度を期待する人は「教えてもらうことを望んでいる」と捉えられ、自ら本を買ったりして勉強するような主体性がないと判断されます。

そのような方は、自分の成長を企業に任せてしまう方が多く、企業に依存してぶら下がり傾向に感じられてしまいます。

中途採用者を企業が採用する最大のメリットは、教育コストが削減できるという部分だからです。

中途採用者に1から仕事を教えるのであればもっと若い新卒採用などで補った方が効率が良いと考える企業が多いため、教育制度に過度な期待を寄せることは避けるようにしましょう。

ホームページで紹介されているような内容の質問

ホームページで紹介されているような内容の質問は避けるようにしましょう。

「言葉では意欲あるように伝えているけど、事前に調査するほどの興味はないのだな」

と思われてしまうためです。

例えば

「会社にはどのような性格の方が多いですか?」

「どんな性格の方が高い成果を上げていますか」

のように会社独自の答えがでるような質問をするようにしましょう。

まとめ

転職の面接での質問はあまり多くありません。

面接の質問数は大きな内容が5個前後となります。

おおむね転職したい人に聞く内容は固まっているためです。

例えば、以下のような質問です。

  • 転職理由
  • 志望動機
  • 自己PR
  • これまでのキャリア紹介
  • 自分自身の強みと弱みの把握

転職面接を突破するためには、転職者の面接で鉄板な質問とその質問意図について知ることが重要です。

具体的には、以下のような質問です。

  • これまでのキャリアを含めた自己紹介をお願いします
  • 転職を通して達成したいことは何ですか?(転職理由の確認)
  • 当社に応募したきっかけは何ですか?(志望動機の確認)
  • 他に選考を受けている企業はどのような企業ですか?応募の基準は何ですか?
  • ご自身の強みと弱みを教えて下さい
  • 趣味は何ですか

面接での受け答えの態度はしっかりとするようにしましょう。

面接官の目を見ないで話すのは最悪です。

面接最後の逆質問で評価は大きく変わります。

避けた方が良い逆質問の事例としては、以下の事例があります。

  • 逆質問をしない
  • 福利厚生や待遇に関する質問
  • 教育制度を期待するような質問
  • ホームページで紹介されているような内容の質問

以上のような質問は避けるようにしましょう。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

投稿日:

ココがおすすめ

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-転職の基礎知識

一人で悩まず就職支援を受けませんか?
マンツーマンで手厚く支援

© 2021 しごとウェブ転職