退職届の正しい書き方|退職願・辞表との違いや例文テンプレートを紹介

公開日: / 更新日:

退職届の書き方

いざ会社を辞めることを決めると、

「退職届ってどう書くの?そのままコピーできる例文をみたい」

「退職届と退職願の違いはなに?どちらを書けばいいの?」

「退職届と辞表の違いはなに?失敗したくない」

と迷いませんか。

退職届ってどう書くの?そのままコピーできる例文をみたい

私は人事を10年経験してきて、退職届で失敗してきた方を何人も見てきました。

例えば退職日のタイミングが悪く社会保険の空白期間ができたり余分な保険料がかかってしまったりするケースです。

また、会社が指定するフォーマットの退職届があり再提出となった方などがいました。

さらに退職届と退職願の違いを理解していない方も多いようです。

結論からいえば、

  • 退職届は会社に一方的に雇用関係の終了を通告する書面
  • 退職願は会社に対して退職の許可をとる書面

です。

会社が退職を認めない時など憲法違反甚だしい違法行為に及ぼうとしたときに提出するのが退職届です。

会社と揉めていないうちは、退職願を出すようにしましょう。

この記事を読めば、正しい退職の届け出の方法を理解することができます。

最後に失敗しないように必ず最後までご一読ください。

退職届と退職願・辞表の違いを理解しよう

退職届や退職願、辞表にはそれぞれ異なった意味があります。

提出するタイミングや役職によって何を提出するべきか判断し使い分ける必要があるのです。

順に紹介していきますので、しっかり使い分けれるように必ず理解しておきましょう。

退職届と退職願の違い

退職願と退職届は、全く違った意味を持ちます。

退職願は、会社に対して、退職日を通知して、承認してもらうことが目的です。

そのため、退職日を変更されることもあり得ます。

一方、退職届は、会社に対して雇用契約を一方的に解除する!と強い意志を込めて叩きつけるものです。

退職届は、本当に出したら後戻りできないほど、強い効力があるということです。

退職届を出した場合には、もう取り消すことはできません。会社側も拒絶できません。

退職届と辞表の違い

退職書類はついている役職や所属している組織によって違います。

公務員や役員といった経営層は退職ではなく、辞表を出します。

民間企業の役員は基本的に雇用されているのではなく、経営者側の人間のためです。

例えば常務取締役の地位にあった方が仕事上で致命的なミスを犯すなどして降格人事を受け、一般社員に戻って勤務する場合などに辞表を書きます。

そして役員の職を辞してから再度、一般社員に戻ることになります。

一方で、退職届は一般企業の役員以下の職責の社員が書くものです。

退職届の正しい書き方!コピペOKの例文テンプレート付き

退職届の例文テンプレートとして、以下のテンプレートを活用してください。

そのまま名前欄と会社名を打ち換えて使用してOKです。

ポイント1:退職届と明記する

退職届という文言を必ず入れるようにしてください。

ごくまれにここが抜け落ちている退職届があります。

ポイント2:私事を必ずいれる

フォーマットなので、必ず枕詞代わりに私事を入れるようにしてください。

ポイント3:退職いたしますと一方的に通告する

退職届は一方的に雇用関係を終了させる文書です。

そのため、退職を願い出るような文章は避けましょう。

勝手ながら退職すると通告してください。

ポイント4:名前の下に印鑑を押す

名前を記載したら必ず印鑑を押してください。

本人が確かに書いたものだと証明するようにしてください。

パソコン作成の場合も、手書きの場合も同様です。

次はすぐに退職届を作成できるテンプレートについて解説します。

退職届のおすすめのテンプレートまとめ

有名転職サイトのテンプレートをまとめてみました。

登録不要のボタン一つでテンプレートをダウンロードすることが可能です。

非常に便利なので、ぜひ、活用してみて下さい。

提供会社テンプレート名URL
doda退職届 テンプレート A4版https://doda.jp/guide/naiteitaisyoku/001.html
マイナビ転職退職届テンプレート・フォーマットhttps://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/taishoku_todoke
リクナビネクスト退職届https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/8540/
エン転職退職願・退職届のテンプレートダウンロードhttps://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/guide/taishokutodoke/
マイナビジョブ20s退職届・退職願のテンプレートダウンロードhttps://mynavi-job20s.jp/howto/resignation-paper.html

退職届の書き方でよくある質問

退職届の書き方について以下のような質問が筆者のもとによく届きます

  • 退職届はパソコンで作成してもいいの?
  • 退職届は横書きでもいいの?

それぞれについて解説します。

退職届はパソコンで作成してもいいの?

退職届はパソコンで作成しても問題ありません。

手書きである必要はないです。

用紙もコピー用紙でOKです。

ただし、本人が書いたと証明するため、名前の下にハンコを押すようにしましょう。

退職届は横書きでもいいの?

退職届は縦書きでも横書きでもどちらでもOKです。

ただ、会社が指定しない限りは縦書きが一般的です。

横書きになると、企画書のようなフォーマットになることがあり、少し間延びした印象になります。

ところで退職届はどのように提出するか知っていますか?

次では退職届を入れる封筒について解説します。

退職届の提出方法は封筒または機密情報として配慮されたクリアファイル

退職届をそのまま出すことは避けるようにしましょう。

封筒に「退職届」と書き、上司に提出することをおすすめします。

封筒が嫌な場合には、大事な書類なので、中身の見えない黒いクリアファイルに入れるようにしましょう。

実際に好ましい封筒の書き方を紹介します。

★縦書き箇所の画像です

封筒の表には退職届と記載し、封筒の裏面には、所属と氏名を記載しましょう。

また、郵便番号の入っている封筒は非常に格好が悪いので、避けましょう。

退職届でありがちなミス6選

「退職届ってどんなミスがあるの」と気になりませんか。

筆者が人事をしてきて約10年間の間に、30名ほど、退職願の書き直しをお願いしたことがあります。

また、出すタイミングや順序にも注意してくださいね。

退職願・退職届をいきなり提出される側は非常に困ります。

具体的には、以下のようなミスです。

  • 退職の意思を伝える前に退職届を出してしまう
  • 退職日が上司と調整できていない状態で退職届を出してしまう
  • 退職日のタイミングが悪く社会保険の空白期間ができたり社会保険料が余分にかかる
  • 会社が指定するフォーマットの退職届があり再提出となる
  • 退職届を提出後に撤回する人

それぞれについて解説します。

ミス1:退職の意思を伝える前に退職届を出してしまう

退職の意志を伝える前に退職届を出すことは原則、NGです。

いきなり退職届を出してしまうと、もめ事に発展する可能性が高くなります。

必ず直属の上司に時間を確保してもらい、話をしたうえで提出するようにしましょう。

しかし、どうしても上司に退職の意思を伝えにくい場合もありますよね。

上司に退職を伝えにくい場合、人事部門に直接、退職届を提出する方法があります。

特に、上司が絶対に辞めさせない、訴えるなどの言葉を使っている場合、もうそのまま人事に話をしてしまいましょう。

人事部がない会社なら、経営者に提出してもOKです。

ミス2:退職日が上司と調整できていない状態で退職届を出してしまう

退職届には必ず日付を入れる必要性があります。

そのため、事前相談なしでいきなり退職届を叩きつけると、上司側も「聞いていない」と拒絶反応を起こしてしまいます。

必ず辞める日を相談してから書類作成するようにしましょう。

また、引継ぎができず退職日が伸びてしまうという問題が起こり得ます。

退職日は申し出てから法律上は2週間。

常識的には1ヶ月~2ヶ月ですから、それ以上を妥協する必要はありません。

引継ぎ担当者がいないのは人事権がないあなたの問題ではないなく、経営者や人事部門の責任問題であり、あなたが気にする必要はありません。

どうしても無理なら退職代行のSARABAがおすすめです。

SARABAはユニオン組織となっており、企業の違法行為を拒絶し、交渉で撃退する能力を保有しています。

はっきりいって人事関係者はユニオンと揉めたいなどと絶対に思っていません。

筆者もユニオンと経営者側で戦ったことがありましたが、とにかく精神的に休まる日がありませんでした。

二度と戦いたくありません。

思ったよりもあっさりと退職を認めてもらうことができます。

>退職代行SARABAはこちら

ミス3:退職日のタイミングが悪く社会保険の空白期間ができたり社会保険料が余分にかかる

退職日のタイミングは、出来るだけ月末にするようにしましょう。

月末に退職することによって、健康保険と厚生年金を会社負担のまま、給与から天引きしてもらえるためです。

もしも中途半端な時期に退職をすると国保と国民年金を支払うことになり、割高な保険料が発生することになります。

また、空白期間が出来ると自分で区役所に足を運んで空白期間の保険申請をすることになり、転職先に行く前に余計な手間がかかります。

転職先への入社日はできるだけ空けないようにしておきましょう。

ミス4:会社が指定するフォーマットの退職届があり再提出となる

退職届を勢いよく書いたけれど会社の所定のフォーマットでないと認められないケースがあります。

人事側も退職理由を把握して次の離職者が出ないようにExcelに関数を組むなどして、データ収集をするケースがあります。

特に従業員が多い会社の場合は退職届のフォーマットが用意されているケースが多いです。

退職の意思を上司に伝えて承諾をもらえたら退職届のフォーマットがないか確認しましょう。

ミス5:退職理由が「一身上の都合」でない

退職理由が一身上の都合によりと書いていないと、退職理由を上司から詰められる可能性が高くなります。

よくあるケースですが、「実家の家業を継ぐために」など書かないほうが良いですね。

退職届に細かな理由は不要でシンプルに「一身上の都合により」とだけ記載するようにしましょう。

ミス6:退職届を提出後に撤回する人

もしも退職届を出したあとに「やっぱり辞めたくない」と言っても、退職届は撤回できません。

心理的に「退職を伝えたあとに辞めたくなくなったらどうしよう」

と思ってしまう可能性のある方は、退職願の方を書きましょう。

退職願であれば、いつでも撤回可能です。

退職届は撤回できません。もう後戻りはできないと考えるようにしましょう。

次は人事をしていて退職届に関するよくある質問について解説します。

まとめ

退職願と退職届、辞表は、全く違った意味を持っています。

退職願いは退職を企業に願い出る書類である一方、退職届は強制的に雇用関係の終了を会社に通告します。

退職届は出したらお終いです。

もう二度と戻ることはできません。

退職届には以下のようなミスが目立ちます。

  • 退職の意思を伝える前に退職届を出してしまう
  • 退職日が上司と調整できていない状態で退職届を出してしまう
  • 退職日のタイミングが悪く社会保険の空白期間ができたり社会保険料が余分にかかる
  • 会社が指定するフォーマットの退職届があり再提出となる
  • 退職届を提出後に撤回する人

これらのミスには充分に注意するようにしましょう。

退職届はパソコンでも横書きでもOKです。

ただ、一般的には縦書きの方が良いですね。

退職届を作成するにあたっては、テンプレートにも記載されている通り、必ず願い出るのではなく一方的に通告するようにしてください。

出したら後戻りできないということを胸に刻んでおいてくださいね。

関連記事

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。