「今の仕事向いていないのかな…」5つのチェックポイントと仕事の探し方とは

公開日: / 更新日:

仕事が上手くできずに

向いていない仕事は続けるべきなの?」

「今の仕事が向いていない。向き不向きの判断をしたい」

と悩んでいませんか?

筆者は10年ほど人事を経験し、人事異動や能力開発を采配してきました。

仕事は人生の大半を費やす大切なものです。

仕事が向いていないと感じる職場で仕事を続けるのは人生の浪費となるでしょう。

最悪の場合、向いていない仕事を続けることでメンタル疾患にかかってしまうといった事態も起こりえます。

この記事では人事の経験をもとに向いていない仕事の判断基準や対処法、向いている仕事の探し方を紹介していきます。

仕事が向いていないと悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

仕事が向いていないと判断する5つのチェックポイント

「この仕事向いてないな」と判断するためにはどのようなポイントがあるでしょうか。

例えば、興味を全く持てない仕事や体調が悪くなるほど嫌な仕事をしている場合が向いていない仕事です。

興味がなければやる気がでませんしミスをしやすくなります。

行き過ぎるとメンタル疾患になることもあります。

ここでは仕事が向いていないと判断する具体的なポイントを5つ紹介いたします。

  • 没頭できるほど興味を持てたか?
  • 自分の強みと弱みを事例から説明できるか?
  • ストレスでメンタルや体調に影響が出ているか?
  • 常に仕事の評価が最下位か?
  • 向いていないと感じる仕事は2年以上続けているか?

それぞれについて解説します。

没頭できるほど興味を持てたか?

仕事に対して没頭できるほど興味を持てたかどうかは仕事が向いているかどうかを判断する上で重要なポイントです。

興味のある仕事や向いている仕事は自発的に仕事をすることができ、苦痛を感じにくいためです。

勝手に集中力が湧いてくるため、時間を忘れて打ち込むことができます。

普段の生活においても知らず知らずのうちに情報収集をしたり新たなアイデアがひらめくでしょう。

没頭できない場合はその逆です。

興味がないため理解も遅く、成果が出るのも遅いでしょう。

作業者になりがちなため凡ミスを連発し、上司やお客様から信頼をもらうことは厳しいでしょう。

そのため、没頭できる仕事ではない場合、転職するか人事異動を検討しましょう

自分の強みと弱みを事例から説明できるか?

自分の強みと弱みに合う仕事であるかチェックしてみましょう。

具体的には強みが活かせる仕事を積極的に選び、弱みとなる仕事は避けましょう

そのほうが早く成果がでるため信頼や期待から新たな仕事を任され年収も上がることになります。

ただし、「自分自身の強みや弱みを知らない」という方が多いと思います。

その場合は、強みと弱みの棚卸しが必要です。

まず、自分が思う強みと弱みを文字に書き出してみましょう。

次にその強みと弱みを裏付ける事実を紐付けて再確認してみましょう。

このようにしながら自分の自己理解を深めましょう。

深く自己理解をした人ほど仕事選びも上手くいきます

めんどくさいと思わず行動した人ほど成功するためぜひ強みと弱みを文字に書き出してみましょう。

ストレスでメンタルや体調に影響が出ているか?

ストレスでメンタルや体調に影響が出ている場合、仕事を続けることは避けた方が良いでしょう。

メンタルや体調に影響が出ている時点で、長期的に仕事は厳しいです。

お金以上に健康に過ごすことができる時間は大切です。

特にメンタル疾患は一度かかってしまうと回復までに1年間以上かかることもあり、多大な損失を被ってしまう可能性があります。

「メンタル疾患かも知れない」と思うようであれば、一度心療内科を受診してみましょう。

休職して冷静に判断できるようにすることが先決です

常に仕事の評価が最下位か?

常に仕事の評価が最下位であればその仕事は続けるべきではありません。

サラリーマンの従事する仕事は一部の研究開発など特殊技能の必要な仕事を除いては誰でも努力すれば成果が出るように設計されています。

もし評価が常に最下位であれば思い切って変更することをおすすめします。

あなたに合う仕事はきっとあります。

いま以上に活躍できる可能性が高いです。

向いている仕事の探し方は後述しますのでぜひご覧ください。

向いていないと感じたまま2年以上同じ仕事を続けているか?

向いていないと感じる仕事を2年以上続けている場合は、同じ仕事を続けるのは避けましょう。

最初は不慣れでも半年から1年程度続けていると要領を得て活躍する方も多くいます。

ですが、2年を超えて向いていない場合はそのまま続けても上手くいかない確率が高いでしょう。

逆に半年や1年程度で「うまくいってないなから向いていないのかな」と諦めるのはやめましょう。

ある程度の期間は逃げずに黙々と打ち込むことも大切です

向いていない仕事を続けることはおすすめできない

筆者は10年ほど人事を経験し、人事異動や能力開発の采配を通して仕事が向いていない方の対応をしてきました。

その経験からお伝えすると向いていない仕事を続けることはおすすめできません。

なぜなら、得意でない仕事をしても能力が伸びないためです。

伸びたとしても時間がかかります。

また、モチベーションも高くならず周りも迷惑する可能性があります。

逆に向いている仕事につけばより短期間で成果を出すことも可能となります

モチベーションも上がり、様々な仕事が舞い込むでしょう。

このように向いていない仕事を続けることは避けましょう

得意で強みが活きる仕事を選ぶことがおすすめです。

ところで「仕事を変えて本当に上手くいくのかな?」と気になってはいませんか?

次は、仕事を変えて大活躍した方の事例について解説します。

仕事を変えて大活躍した方の事例

筆者が約10年間の採用担当者の経験の中で仕事を変えて大成功してた方は何名もいます。

ここでは特に印象的だった方の事例を紹介いたします。

その方の経歴は以下のとおりです。

【経歴】

  • 年齢は20代後半
  • 専門学校卒
  • 前職は自動車部品メーカーの調達
  • 転職後はIT部門へ転職

もともと専門学校でIT関係の勉強をしていた方で、

「前職では調達の仕事をしていたが肌に合わない」ということで離職されていた方でした。

業務未経験でIT部門に転職してこられた方でしたが、わずか2年で見事に課長職(職制)まで出世をしました

ちょうど会社が新体制に切り替わり、IT部門の強化を推し進めていたため、うまく時流にのった形です。

次は、向いている仕事を探すおすすめの方法について解説します。

向いている仕事の探し方

自分自身に向いている仕事探しにおすすめの方法として、自己分析を徹底的に支援してもらえるサービスの活用をおすすめします。

なぜなら、自己分析がしっかりと出来ていないとまた「この仕事は向いていない」と思うようになり早期離職につながっていくためです。

具体的には、以下のサービスがおすすめです。

  • キャリア支援サービスを利用する
  • 転職エージェントでおすすめの職種を紹介してもらう
  • リクナビNEXTのグッドポイント診断を活用する

それぞれについて解説します。

キャリア支援サービスを利用する

キャリア支援サービスとは、

  • 転職者の自己分析のサポート
  • 求人選びと企業との相性の評価
  • 選考対策(書類選考、面接)
  • 今後のキャリアプラン作成

をしてもらえるサービスです。

特に魅力的なポイントは本格的な自己分析ができる点です。

自分の強みが活かせる仕事選びや自分と価値観が合う企業選びが可能となり、長く自分らしく働けるようになるでしょう。

キャリア支援サービスで人気なサービスはポジウィルキャリアです。

ポジウィルキャリアはキャリア版のライザップを目指しているという意気込みもあり、短期間で自分が希望するキャリアを歩めるようにサポートしてもらえます。

初回は無料でキャリア相談ができるため、もし「自分に合った仕事を知りたい」と考えている方は一度相談をしてみることがおすすめです。

>ポジウィルキャリア無料相談はこちら

転職エージェントでおすすめの職種を紹介してもらう

転職エージェントは担当者が付き、求人の紹介や面接等の対策をしてもらえるサービスです。

何名も転職事例を見てきた転職エージェントはあなたに職歴や強みに合わせた求人の提案をしてくれます。

一度相談をしてみることで客観的な目線であなたにあった仕事が何か把握できます

さらに希望をすれば自己分析のサポートもしてもらえます。

特におすすめは転職支援実績がNo.1のリクルートエージェントです。

より的確なアドバイスをもらうことができるでしょう。

リクルートエージェント
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代~50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

リクナビNEXTのグッドポイント診断を活用する

転職エージェントやキャリア支援サービスを活用する時間がない方におすすめのサービスは、

「リクナビNEXTのグッドポイント診断」の活用です。

質問に答えていくことで簡単に自己分析をすることができます

リクナビNEXTに登録すればいますぐに診断が可能です。

筆者もやってみたことがありますが、かなり正確なデータが出てきます。

ぜひ、一度お試しください。

>リクナビNEXTグッドポイント診断はこちら

まとめ

今回は、仕事が向いていないという悩みと対策について解説しました。

仕事が向いているかどうかを判断する基準として、以下の基準があります。

  • 没頭できるほど興味を持てたか?
  • 自分の強みと弱みを事例から説明できるか?
  • ストレスでメンタルや体調に影響が出ているか?
  • 常に仕事の評価が最下位か?
  • 向いていないと感じる仕事は2年以上続けているか?

また、自己分析をするためのサービスとして以下のサービスがおすすめです。

  • キャリア支援サービスを利用する
  • 転職エージェントでおすすめの職種を紹介してもらう
  • リクナビNEXTのグッドポイント診断を活用する

サービスを活用し、向いている仕事を探しましょう。

監修者

髙橋弘樹

上場・ベンチャー・中堅企業で様々な役割を経験。今なお、採用・人事の業務を最前線で経験し、「いま」の「生きた」知見を発信しています。