転職の基礎知識

ネットワークエンジニアの年収の相場はいくら?現役が教える年収1000万円の可能性とは

投稿日:

ネットワークエンジニアの年収の相場はいくら?

ネットワークエンジニアの職種に興味がある方は

「ネットワークエンジニアの年収の相場はいくら?低いの?」

「ネットワークエンジニアで年収1000万円は可能?」

「20代の年収は低い?やめておいたほうがいい?」

と気になりませんか?

ネットワークエンジニアの年収の相場はいくら?

結論からお伝えするとネットワークエンジニアの年収は高い傾向です。

もちろん1,000万円を狙うことも可能です。

ネットワークは社会のインフラです。

将来性も安定していますし、スキルも身につくため仕事に困ることはないでしょう。

この記事では現役のネットワークエンジニアの筆者が、現場感の年収を伝えていきます

ネットワークエンジニアの年収の実際のところを知りたい方はぜひご一読ください。

裏事情も表事情もすべて記載しています。

ネットワークエンジニアの年収の相場はいくら?

ネットワークエンジニアの年収は455万円です。

参考:ネットワークエンジニア 職種別平均年収ランキング|マイナビエージェント

これは、私の肌感覚とも完全に一致します。

ただし、全国平均で455万円ですが東京で働く場合は100万円ほど高く、550万円程度の印象です。

もちろん「平均年収」ですのでばらつきは大きいです。

未経験からネットワークエンジニアになった直後は年収250万円という方もいます。

もちろん、トップエンジニアとなれば年収1,200万円を稼いでいる人もいます。

次の章で、ネットワークエンジニアの年収について具体的に掘り下げていきます。

ネットワークエンジニアの年収は低いの?一般的な年収相場との比較

「ネットワークエンジニアの年収が低いですか?」とご質問をいただくことがあります。

結論からお伝えすると、ネットワークエンジニアの年収は低くはありません。

他職種と比べ遜色ありません。

下の表をご覧ください。

ネットワークエンジニアの平均年収

参考:ネットワークエンジニア 職種別平均年収ランキング

20代、30台ともに平均年収は全体平均と僅かに下回るだけです。

さらに私の印象ではスキルのあるエンジニアは他職種に比べて稼いでいる印象すらあります。

一方でネットワークエンジニアの年収は平均値と近かったり「ネットワークエンジニアの年収は低い」と言われるケースがありますがそれはなぜでしょうか。

よくネットワークエンジニアの年収は低いと言われるのは次の2つのケースです。

  • ケース1:(IT業界の他職種と比べて)ネットワークエンジニアの給料は低い
  • ケース2:(ハードワークな割に)給料安い

それぞれ解説していきます。

ケース1:IT業界の他職種と比べネットワークエンジニアの給料は低い

同じITエンジニアといっても、ネットワークエンジニアもあればプログラミング言語を利用した開発系のITエンジニアもいます。

特に開発系のITエンジニアはネットワークエンジニアよりも高い傾向です。

開発系のITエンジニアでは平均年収は542万円と言われており、100万円弱高い傾向となっています。

参考:製品開発、研究開発 職種別平均年収ランキング|マイナビエージェント

さらに、同じITインフラ系でもネットワークエンジニアよりもサーバエンジニアのほうが年収は高いです。

そのため「ネットワークエンジニアは(他IT職種に比べ)年収低い」と言われてしまうことがあります。

ケース2: ハードワークな割に給料安い

ネットワークエンジニアはハードワークな割に給料が安いと言われることがあります。

これは発言が独り歩きし、曲解されてしまうパターンです。

ネットワークエンジニアには運用監視というポジションがあります。

確かにネットワーク運用監視は本当にキツイです。

具体的な仕事内容は

  • 24時間/365日をシフトの輪番制で回す(夜勤や土日出社もあります)
  • 回線トラブル等の対応
  • 年次予算が決まっているためエンジニアの年収が上がりにくい
  • 花形部署ではないため会社やお客様からも稟議が通りにくい

となります。

そのためエンジニアからの下記の愚痴の結果、給料が安いといった悪評が出るのではないかと思います。

  • 仕事キツすぎ
  • この仕事とこの給料では割に合わない
  • ネットワークエンジニアの給料安い

厳密に言えば、運用監視のエンジニアでも年収300万円から600万程あり安いわけではありません。

しかし、夜勤やトラブル対応等の体力的・精神的きつさが割に合わないという気持ちから

「ネットワークエンジニア給料安い」と言われています。

一方で、このような仕事があるおかげで未経験からネットワークエンジニアを目指しやすいのも事実です。

ネットワークエンジニアの年収相場の決まり方

ネットワークエンジニアの年収は派遣や正社員などの雇用形態によっても変わってきます。

ここでは雇用形態ごとのネットワークエンジニアの年収相場を紹介していきます。

派遣社員の場合は年収270~850万円

派遣社員として勤務する場合、良くも悪くも年収に上下のレンジができます。

下限値は時給1,300円☓8時間勤務☓22日☓12ヶ月 = 約270万円

上限値は時給4,000円☓8時間勤務☓22日☓12ヶ月 = 約850万円

ネットワークエンジニアは技術職のため事務職とくらべて時給は高い傾向です。

そのため事務職とくらべて時給単価が低く設定されることはまずありません。

下限値の相場はおおよそ時給1300円程度です。

ただし、派遣社員の場合は「給料天井なし」とはならず上限もあります。

派遣の求人サイトをご覧いただければわかると思いますが時給4,000円が一つの目安です。

時給4,000円以上となってくると正社員になれたりフリーランスとして仕事ができる経験と技術レベルのためそれ以上はなかなか求人がありません。

別の角度から検証してみましょう。

派遣社員としての平均年収は約500万円というデータがあります。

参考:派遣社員の給料はどれくらい?業種・地域ごとの平均から、給料アップ方法まで

時給換算すると2,500円ほどです。

ネットワークエンジニアであれば早い方であれば、1~2年で時給2,500円に達します。

キャリアチェンジして年収を手っ取り早くあげるために派遣社員としてのキャリアを歩んでいくのも選択肢のひとつです。

正社員の場合は年収250~1,500万円

正社員の場合は月給以外にも賞与や昇進によって年収が上がる要素が多くあります。

例えば

  • 社内評価
  • 給与テーブル(年齢、学歴、在籍期間)
  • 会社業績
  • 目標達成
  • 役職

などがあります。

そのため企業によって年収の傾向は変わるものの、ここでは筆者が見てきたネットワークエンジニアの年収を紹介していきます。

ざっくり「平均」のイメージを掴んでいただければと思います。

筆者の職場環境では下記のような年収の推移のイメージとなります。

  • 22歳 大学卒 通信インフラ企業へ入社:年収320万円
  • 23歳 なんとか業務を一人でこなせるようになる:年収350万円
  • 24歳 大学同期と年収の話になるも周りと大差ない:年収370万円
  • 25歳 入社3年目。転職エージェントのコピーに惹かれ始める:年収400万円
  • 27歳 日常業務は何も考えなくても、手が動く状態になる。:年収450万円
  • 28歳 30歳を前に思い切って転職。転職で150万円も給料アップ:年収600万円
  • 30歳 転職先企業で役職がつく:年収700万円
  • 33歳 フリーランスへの転身がよぎる:年収700万円
  • 35歳 なんだかんだ、会社員もいいなと思い始める:年収750万円
  • 40歳 係長に昇進。手を動かす作業からマネジメントにシフトする:年収850万円
  • 45歳 課長に昇進。ある程度やりたいようにやれる:年収950万円
  • 50歳 部長に昇格。取締役も見えてくる:年収1200万円
  • 55歳 部長にて役職定年:年収700万円
  • 60歳 関連会社に出向:年収500万円
  • 65歳 定年:年収500万円

この章を総括すると「ネットワークエンジニアで一人前の正社員だと年収700万円」

といったところです。

フリーランスのネットワークエンジニアの年収は500万円〜1000万円

フリーランスのネットワークエンジニアの年収は500万円~1000万円の間です。

平均月収にすると65万円くらいでしょう。

フリーランスにはある程度経験を積んでからなるケースがほとんどです。

よって、未経験の割合は極端に少ないです。

結果、フリーランスの平均年収は高くなります。

フリーランスエンジニアの年収イメージを記載します

  • ネットワークの監視 (経験1年):40万円/月
  • ネットワークの運用・障害対応(経験2年):50万円/月
  • ネットワークの構築 (経験3年) :60万円/月
  • 仮想化ネットワークの構築 (経験5年) :70万円/月
  • 仮想化ネットワークの設計(経験5年) :90万円/月

このようなイメージです。

ご覧の通りネットワークエンジニアはスキルと経験ありきです。

未経験者または経験が浅い方はフリーランスをおすすめできません。

2〜3年(最低1年)程度、経験を積んでから挑戦するのがよいでしょう。

ネットワークエンジニアとサーバエンジニアの年収はどれくらい違う?

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの年収はどれくらい違うのでしょうか。

マイナビエージェントによると

  • サーバエンジニアの平均年収:465万
  • ネットワークエンジニアの平均年収:455万

となっており、サーバーエンジニアの方が年収が少し高い傾向です。

一方で筆者の感覚ではサーバエンジニアの年収はもう少し高く平均500万円位です。

サーバエンジニアの年収がネットワークエンジニアに比べ高い理由は次の2点です。

  • 理由1:サーバエンジニアの求人数が多い
  • 理由2:サーバエンジニアの難易度が高い

理由1:サーバエンジニアの求人数が多い

ネットワークエンジニアよりサーバーエンジニアの方が高年収な傾向には求人の多さが影響しています。

求人数は

「サーバエンジニア>>ネットワークエンジニア」

となっています。

ネットワークエンジニアの求人よりもサーバーエンジニアの求人は倍以上ある比率です。

そのため転職市場の原理によってサーバエンジニアの年収の方が高くなりがちだと言えるでしょう。

理由2:サーバエンジニアの難易度が高い

サーバエンジニアのほうがネットワークエンジニアに比べて難易度が高い傾向です。

サーバエンジニアはコマンドやシェルなど覚えるべき事が多数あります。

加えて、変数などのプログラミング的なことも学ぶ必要もあります。

そのためサーバエンジニアのほうが難易度が高く、その分給与も高い傾向にあると言えます。

このようにネットワークエンジニア比べるとサーバエンジニアの方が稼げます。

しかし、ネットワークエンジニアからインフラ業界に入ってもいずれサーバサイドのことも学ぶことになります。

サーバエンジニアも同様で、いずれネットワークについて学ぶ必要が出てきます。

未経験からなるにはネットワークエンジニアの方が難易度が低いかと思いますので、難易度と給与を天秤にかけて目的に合わせて選べば良いでしょう。

ネットワークエンジニアの年代別の年収目安

ネットワークエンジニアの年代別の年収を記載します。

それぞれの年代ごとの特徴と年収をまとめましたのでご覧ください。

20代ネットワークエンジニアの年収は240万円〜800万円

最初は全員未経験からのスタートです。

未経験の場合は就活に成功し、大企業へ入社した場合は年収450万円スタートです。

一方でSESや派遣社員としてキャリアを始める場合は年収300万円弱です。

ネットワークエンジニアはIT職種のなかでも間口が広いです。

その分、ネットワークエンジニアになってから勉強が必要です。

20代自己努力を重ねた人が出世orフリーランスに転身していきます。

20代でフリーランスになった場合年収800万円弱のイメージです。

組織内でうまく出世すると年収700万円くらいです。

30代ネットワークエンジニアの年収は350万円〜1000万円

30代になると未経験の方と経験者とでは年収に大きく差が出てきます。

定常監視のような単純作業で働いていても給与はアップしません。

反面、30歳になるとスキルを身につけフリーランスに転身するエンジニアも増えます。

よって稼げる人と稼げない人との差が如実に開いてきます。

40代ネットワークエンジニアの年収は400万円〜1500万円

40代になると稼ぐエンジニアと稼げないエンジニアとの差が明確に出ます。

稼げるエンジニアは、CIO(技術担当役員)やフリーランス転身、組織内で出世していきます。

稼げないエンジニアは、社内で傍流ポジションに流されるか転職していきます。

ただし「稼げないエンジニア=悲惨」というものでもありません。

ネットワークエンジニアの経験を生かして転職できる先は多いです。

社内SEやヘルプデスクはその代表例です。

結果、ワークライフバランスは充実し、それなりに楽しくやっているケースをよく見ます。

未経験からネットワークエンジニアになったときの年収は安い

未経験からネットワークエンジニアになった場合の年収は安いです。

未経験だと年収は250~350万円位です。

実際、私は28歳未経験でネットワークエンジニアの内定を3ついただきました。

その際に提示された年収は270万、310万、385万円でした。

東京なので他業種と比較し、安いほうです。

私も「年収安すぎ!!」と思いました。

下は私が実際に内定をいただいたモバイルコミュニケーションズの労働条件です。

ネットワークエンジニアの内定条件例

参考:筆者が内定時にいただいた労働条件

未経験からネットワークエンジニアになるのはカンタンです。

しかし、最初は年収も安く勉強することも多いです。

未経験から転職後1~2年は修行期間と割り切りましょう。

その分、経験とスキルを積めば給与は上がりますしスキルが身につき求人に困ることが減ります。

スキル・経験を積めばキャリアアップの転職でより高収入を狙える

ネットワークエンジニアはスキルや経験を積み重ねていくことで年収アップが可能です。

この章ではネットワークエンジニアと年収アップについて記載いたします。

ネットワークエンジニアはスキルを可視化しやすいです。

そのため、年収100万アップや転職で年収150万円アップということも可能です。

以下で詳しく解説していきます。

社内評価のアップで年収アップはかんたん?

社内評価を高めることで年収アップを狙えるのでしょうか?

実は社内評価による年収アップは若手はのうちは簡単です。

ベテランになるにつれ難しくなります。

どういうことかというと若手社員は成長する環境があるからです。

ここで言う「若手」とは年齢が若いことではなく入社してからの月日が浅いことです。

ネットワークエンジニアは若手のうちはスキルアップをほぼ強制されます。

例えば・・・

  • 半期に一度は業務資格を取得する
  • 職場での業務習得
  • 四半期に一度の目標管理
  • 毎月の上長面談

などです。

このように若手のうちは、「成長せざるを得ない」環境であることが多いです。

そのため、サボりようがなくエンジニアは日々自己研鑽に励みます。

これが、入社5年ほどたち中堅になってくると緩くなってきます。

具体的には

  • 日常業務はこれまでの知識と応用でどうにかこなせる
  • 目標管理は何もしなくてもC評価(概ね優秀)くらいもらえる
  • 取るべき資格もそんなにない

といった感じとなります。

言葉を悪く言えば「手の抜きどころを覚えた状態」です。

そのため、なかなか社内評価がアップしません。

もちろん、ここでも自己努力し、ステップアップしてくエンジニアも多数います。

CCIE(ネットワークの最上位資格)を獲得するエンジニアはその典型です。

ただ、総じて見ると資格取得だけでは中堅以降は評価されづらい傾向にあります。

総括すると社内評価のアップするかどうかについては

  • 若手社員はほぼアップする
  • 中堅社員は本人次第

ということになります。

ネットワークエンジニアで年収1000万円を超えるには?

年収1000万円を超えるには「出世」or「フリーランス」この2択です。

年収1000万円を超える2つの方法をご紹介します

  • パターン1:出世
  • パターン2:フリーランスに転身

具体的に紹介していきます。

パターン1:出世

組織内で出世するパターンです。

大企業へ新卒で入りその後、経験とともにステップアップしていく方法です。

スキルありきのネットワークエンジニアでも大企業では年功序列のところが多いです。

富士通、NEC、NTT、IHI、伊藤忠あたりでは

「成果主義<<年功序列」

という話をよく聞きます。

日本企業のケースをすごくざっくりまとめると

「課長になり、ほんの少し部長職が見えたあたりで年収1,000万」

といったところです。

組織内での出世なので運要素も入ってきます。

組織内で評価されるのには自信があるという方は企業内での出世をめざしてもいいのかもしれません。

パターン2:フリーランスに転身

経験を積んでから、フリーランスになる場合、50万円/月稼ぐのはかんたんです。

しかし、年収1,000万(月単価83万円以上)稼ぐにはスキルを積み上げてからでないとむずかしいです。

どんな職業であっても年収1,000万円の壁は高く厚いです。

具体的な案件例を載せておきます。

【フリーランスで年収1000万円の例1:仮想化ネットワーク設計】

フリーランスで年収1000万円の例1:仮想化ネットワーク設計

参考:【AWS】SREエンジニア★生活空間IoTネイティブアプリ開発

【フリーランスで年収1000円万の例2:大規模ネットワーク設計・構築】

フリーランスで年収1000万円の例2:大規模ネットワーク設計・構築

参考:ネットワークエンジニア★某大手銀行向けネットワーク設計・構築

このように年収1000万円を稼ぐには高いスキルが必要です。

ネットワークエンジニアで1000万円を稼ぐためには

  • ネットワーク設計
  • 仮想化
  • セキュリティ
  • 大規模ネットワーク

の4つのスキルがあるとスムーズでしょう。

さらに言えばこの4つを掛け合わせることができれば最高です。

「仮想化ネットワーク」の「セキュリティ設計ができる」などです。

ここまでくれば年収1,000万は余裕で可能です。

このようにネットワークエンジニアはスキルを積み重ねていけば年収1,000万円は到達可能であると言えます。

まとめ

ネットワークエンジニアはきつい仕事です。

しかし、総じて見たときに、ネットワークエンジニアはとても魅力のある仕事だと思います。

ITエンジニアのためスキル・経験が自分に身につき、将来求人に困らない働き方ができます。

ネットワークは現在は立派なインフラですので、仕事がなくなることはないでしょう。

さらに年収も1,000万円を超える可能性もあります。

そして何よりネットワークの監視業務があるおかげで未経験でも求人が豊富な点です。

私はそのおかげでネットワークエンジニアになることができ、この業界に入ってよかったと思います。

読者の中にもキャアリアに迷ってらっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。

可能であれば、選択肢の1つにネットワークエンジニアを入れていただければと思います。

ご参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

投稿日:

-転職の基礎知識

© 2021 しごとウェブ転職