転職エージェント

管理部門に強い転職エージェントはどこ?待遇をより良くする転職テクニックとは

更新日:

経理や法務、総務、労務などの管理部門で転職を検討している人は

「管理部門に強い転職エージェントはどこ?」

「転職先もやはり管理部門がいいのかな?企業選びはどうすればいいの?」

「管理部門の転職エージェント選びに注意点はあるの?」

と気になりませんか。

管理部門に強い転職エージェントはどこ?

筆者は10年間ほど人事を経験し管理部門の採用に携わってきました。

その経験からお伝えすると管理部門の転職エージェントは大手求人を扱うエージェントがおすすめです。

なぜなら管理部門の給料は完全に固定されており、企業規模で大きく差がつくためです。

この記事を読めば、管理部門の転職で選ぶべき転職エージェントについて理解することができます。

転職エージェント選びを間違えなければ、失敗も激減させることができるでしょう。

一読するだけで転職がスムーズにすすみますのでぜひ最後までご覧ください。

管理部門は大手求人を扱う転職エージェントがおすすめ管理部門は大手求人を扱う転職エージェントが非常におすすめです。

管理部門は営業部門や工場などの製造部門と異なり1円も利益を生まないコスト部門です。

そのため、経営に余裕のある大企業でなければ運営できない部署となっています。

もちろん大手ほど年収は高くなります。

そのため「年収を上げたい」「安定して働きたい」という転職の場合は企業規模が大きい企業を狙いましょう。

利用すべき転職エージェントも必然と大手企業と取引のある大手転職エージェントがおすすめとなります。

次は具体的な管理部門におすすめの転職エージェントを紹介します。

管理部門に強いおすすめの転職エージェント4選

管理部門に強い転職エージェント

管理部門に強いおすすめの転職エージェントとして、以下の4つがあります。

  • 人事ならdoda
  • 法務ならJACリクルートメント
  • 総務ならリクルートエージェント
  • 労務ならMSジャパン

それぞれについて解説します。

管理部門に強いおすすめの転職エージェント:人事ならdodaがおすすめ

人事職で求人を探す場合にはdodaの活用がおすすめです。

筆者は人事職でしたが、dodaで優良企業の人事職に転職できました。

また、実際に登録してみると大量の人事職求人をもっており、関西でも応募先には困りませんでした。

ぜひ人事職で転職を考えている方は活用してみてください。

doda
おすすめ度
2
求人数
11万件
対応エリア

全国

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円以上

  • 幅広い業種・職種に向けて、良質な求人を紹介してもらえる総合転職エージェント
  • 保有する求人は約10万件と業界トップクラスの求人数を保有
  • 特に大阪・関西在住者の方におすすめ!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

管理部門に強いおすすめの転職エージェント:法務ならJACリクルートメントがおすすめ

法務ならJACリクルートメントの活用がおすすめです。

JACリクルートメントは法務求人を多く持っているためです。

法務は給与が良く、専門性も高い職種です。

ハイクラス向けの転職エージェントであるJACリクルートメントが得意にしている分野でもあります。

JACリクルートメント
おすすめ度
4
求人数
15,000件(60%が非公開求人)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

30代40代50代

年収

600万円~2000万円

  • 一人一人の専門性や可能性、希望を最大限配慮したポジションを提案
  • 外資系・海外進出企業など、グローバル転職の支援に強み
  • 業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルがあなたをサポート
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

管理部門に強いおすすめの転職エージェント:総務ならリクルートエージェントがおすすめ

総務ならリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは総務系の求人を保有しているためです

特に東京などの首都圏在住者におすすめです。

関西ではあまり総務の求人はありませんでしたが、東京では非常に多くの総務の求人がありました。

リクルートエージェント
おすすめ度
2
求人数
25万件(非公開20万件)
対応エリア

全国海外

おすすめ年代

20代30代40代50代以上

年収

200万円~1,000万円

  • 業界最大手のリクルートの転職エージェント
  • 転職支援実績No1による手厚いサポート
  • 業界最大規模の求人数で仕事が見つかる!
詳細はこちら【無料】公式サイトはこちら

管理部門に強いおすすめの転職エージェント:労務ならMSジャパンがおすすめ

労務ならMSジャパンを活用することをおすすめします。

引用:管理部門(バックオフィス)・士業特化型転職エージェント転職決定率No.1のMS-Japan

MSジャパンは管理部門に特化した転職エージェントであり、労務の求人を保有しているためです。

主に東京・神奈川・愛知・大阪の案件がメインとなっています。

しかし、関西でも労務の求人をしっかりと保有しているのは評価できます。

ただ、管理部門は経営者のいる東京の本社に集中しているのが一般的です。

基本的には東京以外の求人は少ないと考えるようにした方が良いですね。

>MSジャパン「管理部門の求人を探すならこちら」

管理部門に強いおすすめの転職エージェント4選

  • 人事ならdoda
  • 法務ならJACリクルートメント
  • 総務ならリクルートエージェント
  • 労務ならMSジャパン

「管理部門の求人の選び方はどうすればいいのかな」と気になりませんか。

次は、管理部門求人の選び方について解説します。

管理部門の求人の選び方

管理部門の求人の選び方

管理部門の求人の選び方に困っているようでしたら目的から選んでみましょう。

管理部門に10年在籍した筆者がおすすめする求人の選び方は次のとおりです。

  • 給与や待遇を求めて転職するなら大手求人を選ぼう!
  • 仕事よりも家庭を重視したい方は採用担当や研修担当がおすすめ
  • キャリアアップしたい方は制度企画がおすすめ
  • 違う職種にチャレンジしたい人は異動がおすすめ
  • 未経験から管理部門への転職は経理がおすすめ

それぞれについて解説します。

給与や待遇を求めて転職するなら大手求人を選ぼう!

給与や待遇を求めて転職するなら大手求人を選ぶようにしましょう。

管理部門の給与・待遇は会社規模で決定されるためです。

仮に中小企業でも営業職であれば成果給などで補填することができます。

しかし管理部門は成果給がないため大手を選ばないと薄給となりがちで悲惨です。

給与・待遇を求めている方は絶対に大手企業を中心に転職活動をしましょう。

仕事よりも家庭を重視したい方は研修担当や採用担当がおすすめ

仕事よりも家庭を重視したい方は研修担当や採用担当がおすすめです。

人事部門の中でも研修・採用は比較的楽しくできて仕事も楽なためです。

研修担当のため1日中本を読むこともあり、勉強しながら給料を貰えるのは人事部門でも研修担当だけです。

また採用担当者はプレッシャーの少ない出張が多いことも特徴です。

ただし、他の労務・人事制度企画であれば出張などはほとんどありません。

経営陣や管理職と膝を突き合わせて会社の重要な事柄を決める仕事のため白い目で見られる事もあるようです。

キャリアアップしたい方は制度企画がおすすめ

管理部門の中でキャリアアップしたい方は制度企画をおすすめします。

人事部門の中で一番重視されるのは制度企画のためです。

まずは労務をしっかりと出来るようになってからキャリアアップしていくことになります。

会社全体の重要な取り決め・賃金制度など制度企画はまさに会社を支える要を作る仕事です。

企画ができるようになって初めて人事は一人前です。

違う職種にチャレンジしたい人は異動がおすすめ

違う職種にチャレンジしたい人は異動がおすすめです。

管理部門に在籍している時点で、すでに世間的にはかなり経済的な余裕のある安定企業にいるということです。

さらに経営陣と近い管理部門に在籍していれば異動の承認も通りやすいでしょう。

つまりキャリアチェンジしやすい環境であると言えます。

無理に転職して不慣れな環境で1から再スタートするのは大変です。

リスクを負うよりも、今いる安定した企業の中で人事異動をして望んでいる仕事をすることをおすすめします。

未経験から管理部門への転職は経理がおすすめ

未経験から管理部門への転職は経理がおすすめです。

経理職は簿記2級の資格さえ取得していれば大手企業にも採用される可能性があるためです。

引用:【徹底解説】経理の転職成功させるコツ10選(資格や面接準備など)|管理部門(バックオフィス)と士業の求人・転職ならMS-Japan

経理職は経験よりも正確に数字を読み取ることや入力することが重視される傾向にあります。

資格取得していて意欲があり、性格が几帳面だと思われれば採用確率が上がります。

【コラム】企業合併で飛ばされなかった管理部門(人事部)は制度企画と労務

筆者は企業の吸収合併を2度経験しています。

その時に管理部門(人事部)の中で生き残ったのは、制度企画と労務だけでした。

採用と研修の担当者は代替可能であるという結論が出て、いち早く関連企業に転籍させらました。

そのまま二度と戻ってくることはなく、転籍先でも居場所がなかったようで退職されたとのことでした。

採用や研修の担当者は会社が健全な時は仕事をしているフリでもお給料が貰えるおいしい立場でもあります。

しかし会社が経営危機に陥ったりすると「あいつらはいらないな」と一番最初に見切りをつけられます。

アリとキリギリスというお話があります。

アリは夏の間せっせと仕事をして食料を蓄えていました。

しかしキリギリスは遊びまわっていたので冬にご飯が食べられず死んでしまうという話です。

まさにこれは教訓であり、平時は仕事が楽でキリギリス状態でいられたのが採用担当者と研修担当者です。

しかし、緊急時には地道に仕事をしているアリに負けて冷遇されてしまう、ということです。

採用担当者や研修担当者になっても労務など他の仕事を積極的に手伝うという姿勢を持つことが大事ですね。

筆者は大企業の人事部に在籍していました。

しかし担当に拘らず、全ての業務ができるようにと日々努力してきました。

結果、採用・研修・労務管理・制度企画・安全衛生・工場人事など全ての領域を10年間で経験してきました。

そうすることで転職先にも困らず様々なことに経験を活かすことができています。

管理部門の求人の選び方まとめ

  • 給与や待遇を求めて転職するなら大手求人を選ぼう!
  • 仕事よりも家庭を重視したい方は研修担当や採用担当がおすすめ
  • キャリアアップしたい方は制度企画がおすすめ
  • 違う職種にチャレンジしたい人は異動がおすすめ
  • 未経験から管理部門への転職は経理がおすすめ
  • 採用・研修担当は全ての業務ができるよう努力しよう!

ところで「管理部門の選考はどんな感じなのかな?」と気になりませんか。

次は、管理部門の選考について解説します。

管理部門の選考は手厳しい!入念な対策が必要

管理部門の選考対策

管理部門の選考は非常に手厳しいので入念な対策が必要となります。

経営者直轄のポジションとなるため、これからのビジョンについてはかなり厳しく問われます。

例えば、人事部門の選考であれば

  • 「あなたはどんな信念で人事という仕事をしてきたのか」
  • 「あなたの理想とする組織とは何か」
  • 「どんな組織がこれからは生き残るのか」
  • 「どんな人材をあなたは育成することができるのか。研修の手段は?ありきたりなものならばいらない!」

などしつこく信念について問われることになります。

管理部門の社員は組織規模が大きくなるほど注目度が高くなり、他の社員の模範であることが求められます。

必ず自分なりのビジョンを示して、どう新しい会社で実現するのかについて話すようにしましょう。

また、筆者的には人事部門に転職したい方には

「社会と自分自身への怒りを持て」というメッセージを伝えたいです。

人事部門の仕事をしていれば法的な問題や矛盾をはらんだ問題に毎日触れることになります。

そうしたときに社会に対して

  • 「これはおかしい」
  • 「何が正解なのか」
  • 「自分のやっていることは本当に正解なのか」

自問自答をしながら仕事をしていくことがとても重要だからです。

問題に直面した時、感情的になる瞬間が多々あればそれがいま社会が持っている問題点です。

怒りのエネルギーをもって様々な問題を解決していってほしいと思います。

「管理部門に入れば将来は安泰なのかな」と思っていませんか。

次は、管理部門の現状について解説します。

要注意:管理部門は縮小傾向で業務量が増えつつある

管理部門転職での要注意なポイントとして、管理部門は縮小傾向で業務量が増えつつあるという点です。

経費削減のために間接部門削減の流れが来ており、人数が減らされて仕事量が増えていく傾向にあるためです。

回避するためには、これから伸びていくIT系企業の管理部門を筆者としてはおすすめします。

拡大傾向にあり、管理部門の活躍の場があります。

斜陽産業である印刷業界などは選ばないようにしましょう。

これからしぼんでいく業界ではリストラなどの辛い仕事を管理部門の社員がすることになります。

それだけではなく、自分たち自身もリストラされる可能性があります。

必ず伸びる業界を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、管理部門の転職エージェントについて解説しました。

特に本文中で解説した管理部門転職で使える以下の転職エージェントはおすすめです。

  • 人事ならdoda
  • 法務ならJACリクルートメント
  • 総務ならリクルートエージェント
  • 労務ならMSジャパン

また、管理部門に転職するにあたっては自分自身のビジョンが非常に厳しく問われます。

参考にしつつ、今後伸びていく業界を探して選び、最良の転職をするようにしましょう。

-転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職