転職エージェント

看護師に強いおすすめ転職エージェントはどこ?評判が集まる転職エージェントとは

投稿日:

看護師の転職にあたり

「看護師に強いおすすめ転職エージェントはどこ?評判の良いサイトを知りたい」

「看護師向けの転職エージェントは使わないとダメなの?理由を知りたい」

と気になりませんか。

看護師向けの転職エージェントを利用すると転職者に対して担当者が付きます。

  • 良い担当者にあたると
  • 病院内の雰囲気や方針

を教えてもらうことができ、転職後に「失敗した!」といったリスクを大きく減らすことができます

そのため看護師転職に特化した転職エージェントを選ぶことで、より多くの情報が集まっているためまずは知名度の高い看護師向け転職エージェントの利用がおすすめです。

この記事では看護師向けの転職エージェントはどこを選べばいいのかを紹介していきます。

看護師で転職エージェントをどこにしようかと悩んでいる方はぜひ最後まで読んでいってくださいね。

目次

看護師は転職エージェントをフル活用することが成功のコツ

看護師の転職をよりスムーズで確実に進めるためには転職エージェントの利用が成功のコツとなります。

実は無料で採用できるハローワークや掲載が目的化している転職サイトの求人の質は転職エージェントと比較すると高いとは言えないためです。

さらに転職にあたり事前に知っておきたい

  • 病院の風土
  • 評価制度
  • 求められているポジション
  • 退職する方・入社する方の傾向

などの必要な情報を得ることが転職エージェントを使わないと得ることが厳しいでしょう。

そのため、看護師は転職エージェントをフル活用して転職前に病院内の濃い情報を集めましょう。

転職先の病院を知ることで転職後に「こんなはずではなかった・・・」と後悔して短期離職するリスクを減らすことができます。

他にも看護師が転職エージェントを利用するメリットがあります。

大きくは次の3つがありますのでそれぞれ解説していきますね。

  • 病院の雰囲気を確認しながら求人を選べる
  • 複数の転職エージェント利用で求人数の確保と客観的な判断材料が可能となる
  • 人材不足の看護師は転職エージェント経由で有利に転職活動を進めやすい

それぞれについて解説します。

病院の雰囲気を確認しながら求人を選べる

看護師向けの転職エージェントの強みとして、病院の雰囲気を確認しながら求人を選べるという点があります。

転職エージェントによっては特定の地域ごとに担当者が据えており、在籍看護師の雰囲気を聞けるなどの強みを持っているためです。

一方で求人情報しか掲載していない転職サイトは給与や勤務地などの労働条件はあるもののそれ以外の病院情報が少なく入社してみなければ分かりません。

運任せの転職はリスクが高いと言わざるを得ません。

さらに入社してすぐに辞めてしまえば短期離職となり履歴書・経歴書にも影響してしまい転職の難易度を上げてしまいかねません。

ハローワークを中心に求人を出している国立系病院では勤務体系的に融通が利かないなど病院特有の問題点もあります。

転職エージェントで私立病院を含めて様々な病院の情報を得るようにしましょう。

複数の転職エージェント利用で求人数の確保と客観的な判断材料が可能となる

「転職エージェントって1つだけ登録すればいいのかな」と思ってしまっていませんか?

実はより良い転職のためには複数の転職エージェントを利用した方が多くのメリットを受けられます。

なぜなら複数の転職エージェントを利用することで

  • 求人を網羅できる
  • 複数から情報と提案をもらうことで客観的な判断ができる

ためです。

逆に1サービスのみの利用の場合、応募できる求人は限定的となりますし、転職エージェントがノルマ達成のために無理に特定の求人をおすすめされる可能性もあります。

複数の転職エージェントの利用は登録や面談が面倒ですが、最初だけです。

そのあとは上述したメリットが活きてきます。

急がば回れで情報をたくさんとるように心がけてみてくださいね。

人材不足の看護師は転職エージェント経由で有利に転職活動を進めやすい

看護師は景気に関係なく需要が高い職業なので人手不足になりがちな職業です。

そのため希少な人材のため転職エージェント経由で転職することで有利に進めることができます。

特に昨今では新型感染症に直接さらされるハイリスクな職業だとしてさらに人手不足に陥っており、日経新聞では愛知県知事が現場復帰を求めているというような情報でも出ているほどです。

参考:離職中の看護師に「復帰を」 人手不足で愛知知事|日本経済新聞

これから高齢化を迎えた日本社会では病院と無縁で過ごせる人はほぼ存在しないため、ますます需要が高くなる職業が看護師です。

需要が高い職業ですので転職エージェントを経由して企業を受け続ければ良い条件の病院が見つかる可能性が高いです。

内定時に提示される給与面などの労働条件も転職エージェント経由で交渉すると非常にスムーズです。

本人から給与面の交渉はやるべきですが言い出しにくいのが現状です。

次は、看護師におすすめの転職エージェント5つを紹介します。

看護師におすすめの転職エージェント5選

「看護師におすすめの転職エージェントはどこ?」と気になりませんか。

良い転職エージェントの条件は病院に転職する前に内情を教えてくれたり、丁寧なフォローを受けられるところです。

さらに、転職エージェントによっては希望する病院名を伝えると求人開拓をしてくれるところもあります。

もし希望の病院がある場合は、

「御社には◯◯病院の求人はありませんか?個別に求人を確保することはないですか?」

と確認してみましょう。

看護師におすすめの転職エージェントは以下の5つです。

  • 転職前に現場情報を知りたいならマイナビ看護師
  • 丁寧なフォロー体制を望むなら看護roo!
  • 次の職場では長く働きたい!と心から思う方は看護のお仕事
  • 働きたい病院を指名したいならナースではたらこ
  • 実績で選ぶならナース人材バンク

それぞれについて解説します。

転職前に現場情報を知りたいなら「マイナビ看護師」がおすすめ

転職前に現場情報を出来るだけ詳細に知りたいという方にはマイナビ看護師がおすすめです。

マイナビ看護師は入社前に病院の現場情報をしっかりと把握しているためです。

大手であるマイナビグループの企業であり、信頼を元に求人を集めているだけではなく病院の離職率や有給取得率の情報などを得ています。

入社したら交代要員が少なくて夜勤ばかり入る羽目になってしまったり、有給休暇さえ取れないような病院だったら最悪です。

事前情報を得て良い病院を探すようにしましょう。

>マイナビ看護師に無料で登録

丁寧なフォロー体制を望むなら「看護roo!」がおすすめ

丁寧なフォロー体制を望むのなら看護roo!がおすすめです。

看護roo!では転職エージェントの担当者1人が転職希望者と病院の双方をフォローする一気通貫の体制を取っているため、丁寧なフォローを期待できるためです。

転職エージェントによっては病院の担当者と求職者担当者に完全に分けてしまっているところもあります。

効率的ですが情報が分断されるため利用者にとっては濃い情報が得られません。

ですが看護roo!であれば一気通貫性のおかげで病院の採用担当者と求職者の両方の意向をしっかりと掴み、より自分の望む転職を実現できる可能性が高くなります。

>看護roo!に無料で登録

次の職場では長く働きたい!と心から思う方は「看護のお仕事」がおすすめ

「次の職場では長く働きたい!」と心から思う方は看護のお仕事がおすすめです。

看護のお仕事は年間4,000回を超える病院訪問で病院ごとの離職率を把握しているからです。

担当者が転職希望者であるあなたの希望を聞いた上で病院の離職率や体質などからマッチングを行い自分に合った職場を紹介してくれます。

じっくりと職場選びをしたい方におすすめの転職エージェントです。

>看護のお仕事に無料で登録

働きたい病院を指名したいなら「ナースではたらこ」がおすすめ

「転職エージェントに登録しているけれど、なかなか希望の求人に巡り合えない」という方は「ナースではたらこ」がおすすめです。

「ナースではたらこ」という転職エージェントは非常に珍しいサービスを展開しており、なんと働きたい病院を指名して求人を開拓してもらうことが可能となっているためです。

そのため「求人がない」と悩むことは確実に減ります。

もちろん求人開拓の依頼を受けてから提携をはじめるため必ずしも紹介してもらえるかは分からない部分もありますが転職エージェントの大半が「いまある求人の中から選んでね!」というスタイルなのに対して「ナースではたらこ」は働きたい病院を指名できるので革新的なサービスとなっています。

ニッチな病院を探していたり地方で病院が限られていたりする方におすすめの転職エージェントです。

>ナースではたらこに無料で登録

じっくり良い病院を選びたいなら「ナース人材バンク」がおすすめ

じっくり良い病院を選びたいならナース人材バンクを活用してみましょう。

ナース人材バンクは2005年から病院介護施設に特化した転職支援サービスを展開しており、病院や施設情報をしっかりと蓄積しているため自分に合った求人を紹介してもらえるためです。

また無理に転職を進めることはせず現職に残った方が良いと判断された場合には率直に伝えてもらえるため客観的な判断ももらえます。

自分に合った病院が見つかるまでじっくり探したい方におすすめですね。

>ナース人材バンクに無料で登録

次は、看護師が転職エージェントをうまく活用し転職成功するコツについて解説します。

看護師が転職エージェントをうまく使うコツ5つ

看護師が転職エージェントを活用するにあたっては転職エージェントの本質を逆手にとる必要があります。

具体的には、以下のような5つのコツがあります。

  • 優良求人を引き出すためには「良い条件があればすぐ転職する姿勢」が重要
  • 履歴書・経歴書は丁寧に記載することで強みや経験を活かしやすい提案がもらえる
  • 転職の希望条件は遠慮せずはっきりと伝えよう
  • 提案求人が希望とあっていない場合ははっきりとフィードバックしよう
  • 担当者と合わない場合は遠慮なく担当者変更をお願いしよう

それぞれについて解説します。

優良求人を引き出すためには「良い条件があればすぐ転職する姿勢」が重要

優良求人を引き出すためには「良い条件があればすぐに転職する姿勢」が重要です。

なぜなら転職エージェントは看護師が病院に転職して初めて成功報酬として病院から転職エージェントに支払われるためです。

つまり転職エージェントは応募者である看護師からは報酬を受け取らない代わりに病院から紹介料を受け取る仕組みになっています。

そのため転職者は転職エージェントを無料で利用できますが、転職する意欲がない方はサポートしても売上にはつながらず求人の紹介が少なくなってしまいます。

このようにあまり転職に前向きでない方には時間を割けないという事情があるので転職に積極的な姿勢を見せる必要性があります。

履歴書・経歴書は丁寧に記載することで強みや経験を活かしやすい提案がもらえる

履歴書・経歴書は丁寧に記載することで強みや経験を活かしやすい提案をもらえる可能性が高くなります。

転職エージェントは過去の経験から紹介する求人を決定する傾向にあるためです。

実は転職エージェントに求人依頼する段階で採用担当者は「できればこの経験が3年以上ある人が欲しい」という風に欲しい人材像を絞り込んで依頼しています。

詳細に書類を作成しておけば「この人ならあの求人にマッチングできる」と思って求人紹介をしてもらえます。

「ニッチで需要がないかな」と思うような経歴でも求めている方は意外といます。

面倒くさがらず丁寧に書類作成をしましょう。

転職の希望条件は遠慮せずはっきりと伝えよう

転職の希望条件は遠慮せずはっきりと伝えるようにしましょう。

転職の希望条件がはっきりと伝えられないとミスマッチが起こる可能性があるだけではなく求人に応募するモチベーションが下がる可能性が高くなるためです。

例えば給与アップを望んでいるのに伝えきれていないと仕事内容や勤務地は問題なかったとしても給与面だけが不満になるような求人ばかり紹介されてしまうこともあり得ます。

どれだけ求人を紹介しても興味を持たないと転職エージェントは「あまり転職に積極的でないのかな」と考え、求人紹介が減っていくこともあります。

必ず望んでいる条件は伝えるようにしましょう。

提案求人が希望とあっていない場合ははっきりとフィードバックしよう

提案求人が希望とあっていない場合は、はっきりとフィードバックするようにしましょう。

なぜなら提案求人が希望と異なっているときにはうまく希望が伝わっていない可能性があるからです。

もし提案いただいた求人にズレが合った場合は

「なぜこの求人提案になったのですか」

と聞いてみましょう。

もし、希望求人と違っていた場合は

「私としては希望条件は出来れば月給35万円総額でないと生活が苦しいので厳しいです」

など詳細を伝えて希望に合致した求人を紹介してもらうようにしましょう。

担当者と合わない場合は遠慮なく担当者変更をお願いしよう

残念ですが担当者と合わない場合は遠慮なく担当者変更をお願いするようにしましょう。

理由として合わないと感じる担当者と転職活動をしてもうまくいかない可能性が高いからです。

転職して新たな病院で仕事をしたいと考えているのに会うだけで苦痛が伴うような担当者と話をしていたらそのうちに転職意欲ごとなくします。

合わないときは遠慮なく担当者変更を行うようにしてください。

転職エージェントも担当者変更には慣れていますし、システム化されていることもあるほどです。

ところで「病院選びをするときにはどこに気を付けるべきなのかな」と気になりませんか。

次は国立病院と私立病院の違いについて解説します。

国立病院と私立病院はどちらがおすすめ?

「これまで私立病院でしか働いたことがないけど、国立病院に興味がある」という方や反対に「国立病院で勤務していたけれど私立病院に興味がある」という方もいると思います。

基本的に行う仕事内容は変わりませんが、以下のような違いがあります。

  • 国立は安定性が高いが融通が利かない
  • 国立は人間関係が固定化している
  • 私立病院は自由度が高く週に3日などの勤務条件も可能

それぞれについて解説します。

国立は安定性が高いが融通が利かない

国立病院は安定性が高い一方で融通が利かないという特徴があります。

国立病院は給与・賞与がしっかりと保障される一方で勤務時間は公務員または準公務員扱いとなるため公務員規定に縛られる傾向にあるからです。

夜勤回数などが特別に多いということはありませんが、基本的には一定の時間固定勤務となることが多い傾向です。

国立は人間関係が固定化している

国立は人間関係が固定化している傾向にあります。

理由として附属大学などから学生がそのまま看護師になることがあるからです。

国立病院は附属大学から上がってきた看護師が多いことですでに派閥などが出来上がっていることも多いでしょう。

そのため、外部から中途採用で入ってきた人材は馴染むまでに時間がかかる可能性もあります。

私立病院は自由度が高く週に3日などの勤務条件も可能

私立病院は自由度が高く週に3日などの勤務条件も可能となっています。

国立病院と違い公務員規定に縛られていないためです。

また、国立病院と比較すると人間関係も固定化していないので馴染みやすい傾向にあります。

自分がやっていけそうな環境の病院を選ぶことが重要です。

ライフスタイルが変わって柔軟な勤務が必要な方にもおすすめです。

まとめ

今回は、看護師向けの転職エージェントについて解説しました。

特に本記事の中でも解説したおすすめ転職エージェントは以下の5つです。

  • 優良求人を引き出すためには「良い条件があればすぐ転職する姿勢」が重要
  • 履歴書・経歴書は丁寧に記載することで強みや経験を活かしやすい提案がもらえる
  • 転職の希望条件は遠慮せずはっきりと伝えよう
  • 提案求人が希望とあっていない場合ははっきりとフィードバックしよう
  • 担当者と合わない場合は遠慮なく担当者変更をお願いしよう

以下のコツを意識して転職活動を成功させましょう。

  • 優良求人を引き出すためには「良い条件があればすぐ転職する姿勢」が重要
  • 履歴書・経歴書は丁寧に記載することで強みや経験を活かしやすい提案がもらえる
  • 転職の希望条件は遠慮せずはっきりと伝えよう
  • 提案求人が希望とあっていない場合ははっきりとフィードバックしよう
  • 担当者と合わない場合は遠慮なく担当者変更をお願いしよう

記事を読まれた皆さんが良い病院に転職されることを願っております。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

投稿日:

-転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職