転職エージェント

医師の転職エージェントはどこがおすすめ?高待遇の求人を見つけるコツとは

更新日:

医師におすすめの転職エージェント?

医師の転職にあたり

「医師におすすめの転職エージェントはどこ?」

「医師に高評判な転職エージェントを知りたい」

「医師の求人が多く、高待遇な求人の提案がほしい」

と気になりませんか。

医師におすすめの転職エージェントはどこ?

2004年(平成16年)に起こった新医師臨床研修制度によって医局が弱体化し、医師は転職エージェントを活用した転職の流れとなりました。

医局が機能している2004年以前であれば、医師は自分の希望に関係なく勤務する病院を選択させられていたわけですが、現在は自分で探さなければ就職先をあっせんしてもらえない状況となっているためです。

その結果、転職エージェントには医師の求人が豊富にある状況です。

高待遇な求人ほど大手の転職エージェントに集まるため、医師の転職には大手の転職エージェントの活用がおすすめです。

この記事を読めば、医師におすすめの転職エージェントについて理解することができ、自分に合った転職エージェントを選ぶことができます。

医師におすすめの転職エージェントを探している方はぜひ、最後まで読んでいってください。

医師におすすめの転職エージェント

医師の転職は医師に強い転職エージェントを選びましょう。

一般的な転職エージェントでは医師の求人を取り扱っていませんし、あなたのスキルや経歴を評価することもできないためです。

必ず医師に特化した転職エージェントを利用してください。

その中でもまずは大手の転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

求人が豊富なため、転職先を選びやすいですし何より事例が豊富です。

特に口コミ評判も良い医師におすすめの転職エージェントは次の3つです。

  • おすすめ1:産業医求人ならマイナビDOCTOR
  • おすすめ2:求人数を重視するならリクルートドクターズキャリア
  • おすすめ3:実績重視ならエムスリーキャリアエージェント

それぞれについて紹介していきます。

おすすめ1:産業医求人ならマイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは産業医の求人というマイナー領域までしっかりカバーしている転職エージェントです。

マイナビグループという大手人材紹介会社のノウハウを活かしており、マイナビ看護師やマイナビ薬剤師といったメディカル系求人をこれまでも手掛けているため求人数も5万件以上と豊富です。

いきなり医療の転職支援をスタートさせたわけではなく地道に医療系の転職サービスを展開してきており、非常に安心して利用できる転職エージェントとなっています。

「当直少なめ」や「産業医」などこだわりから求人を探すこともできます。

>マイナビDOCTORはこちら

おすすめ2:業界大手のリクルートドクターズキャリアも見逃せない

人材紹介の巨人リクルートが運営するリクルートドクターズキャリアも合わせて相談することをおすすめします。

なんと40年以上前の1980年からサービスを運営してきたため医療関係者とのコネクションが多く求人も豊富なためです。

転職エージェントも過去に多くの事例を見てきたベテランが勢揃いしているため相談してアドバイスをもらうことで不安の解消や新たな選択肢が得られるでしょう。

リクルートグループであり人材紹介に強いということもありますが、、ネームバリューだけではなくしっかりと医療業界と繋がってきたから長く運営できているサービスです。

>リクルートドクターズキャリアはこちら

おすすめ3:実績重視ならエムスリーキャリアエージェント

実績重視ならエムスリーキャリアエージェントも注目してください。

なぜならエムスリーキャリアは医師登録実績が8年連続No.1である転職エージェントです。

さらに転職した医師の満足度も96%を超えており転職者に支持されている転職エージェントNo1のサービスです。

参考:業界最大級の医師転職サイトならm3キャリア|エムスリーキャリアAGENT

運営しているエムスリーキャリアはSo-net(ソニー関連のネットワーク企業)が出資して設立された企業です。

挑戦を求めたい方にもおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

ところで、転職すべきか悩んでいませんか?

次では医師こそ積極的に転職すべき時代に突入している状況について説明していきます。

>エムスリーキャリアエージェント

医師の転職は難しい?医師こそ積極的に転職すべき理由

医師の転職は難しいというイメージを持っていませんか?

実は真逆で、医師こそ積極的に転職してキャリアアップする状況となっています。

それは次に説明する3つの流れが要因です。

  • 医師が転職エージェントを活用して転職するのは当たり前となっている
  • 病院も倒産する時代に突入しており転職は他人事ではない
  • 若いうちに他の病院を知り経験を積むことも重要

それぞれについて解説します。

状況1:医師が転職エージェントを活用して転職するのは当たり前となっている

日本医師会の発表した病院における必要医師数調査結果において民間では医師が転職エージェントを活用して転職するのは当たり前となっています。

医師の採用方法

参考:病院における必要医師数調査結果|日本医師会総合政策研究機構

医師の転職方法のデータを見てみると医局を通じて転職した人が1番多い状態ではありました。

しかし、医師の転職で2番目に多いのは転職エ―ジェントを活用した転職です。

つまり転職エージェントを活用しての転職は非常にメジャーな転職方法となっているということ

です。

状況2:病院も倒産する時代に突入しており転職は他人事ではない

日経新聞によると、病院も倒産する時代に突入しています。

今後の人員整理を含めた転職は決して他人事ではありません。

参考:全国8割の病院で経営悪化 コロナで受信減響く|日本経済新聞

新型感染症の流行で病院に行かないお年寄りが増えた結果収入が厳しくなっている病院もあります。

社会情勢的にもいつ病院が倒産するか分からないため、転職を視野に入れておくことは非常に重要です。

1つの病院にしがみついて働くことは非常に窮屈です。

いつでも転職できるように準備をしておくことが大切です。

状況3:若いうちに他の病院を知り経験を積むことも重要

出来るだけ若いうちに他の病院を知り、経験を積むことも重要です。

いまの病院が倒産しても他の病院へ転職した経験があればストレスなく他の病院へ行けるためです。

反対に1つの病院でずっと勤務していたとすると他の病院に高齢になった際に移らなくてはならなくなったときに環境の変化から多大なストレスを受ける可能性があります。

一般的な転職市場でも新卒から20年以上働いてきたような方は転職しづらい傾向にあります。

1つの企業に慣れきってしまい、転職先で上手く順応して活躍すると判断しづらいからです。

医師も同様です。

1つの病院に慣れてしまうと、その病院の進め方が全てだと思いがちで転職先での進め方に慣れなかったり無理に押し付けて他の職員と溝ができてしまうことは多々あります。

若いうちに他の病院を知るのは転職が当たり前の現在、重要になっていることを理解しておきましょう。

ところで「なぜ、そんなに転職エージェントが流行しているの」と気になりませんか。

次は、転職エージェントが流行している理由について解説します。

医局が弱まった結果、転職エージェントが隆盛

上述したとおり転職エージェントを利用した転職が隆盛していますが、医局が弱まった結果だと考えられます。

具体的には、以下のような事実があります。

  • 人事権を持っていた医局が弱体化傾向
  • 小規模病院が独力で医師の採用をすることは困難

それぞれについて解説します。

人事権を持っていた医局が弱体化傾向

かつて医局は各大学病院や各系列病院の中で独自の人事采配を行うシステムを構築しており、医局が人事権を持っていました。

しかし、2004年に厚生労働省が新医師臨床研修制度という制度が導入されその結果、医局が形骸化してしまったためです。

参考:医師臨床研修制度の変遷|厚生労働省

実際、日本医師会では新医師臨床研修制度が導入された結果、地方の病院では人手不足が起こっているとも指摘されています。

参考:新医師臨床研修制度が医師不足顕在化の引き金に|日本医師会

医師はどうしても魅力のある都市部の大病院に集まってしまうため、地方では医師の確保が難しいという現状があります。

小規模病院が独力で医師の採用をすることは困難

以前は医局が実質人事異動などを行っていました。

そのため小規模病院でも系列であれば医師の確保は比較的計画的に進めることができましたが現在は上述の通り医局が弱体化し、医師を採用するノウハウがない小規模病院は医師の確保に困っています。

一方で医師の転職に特化した転職エージェントでは医師の採用はもちろん、転職が成功したときのみ利用料を払えばよいため人気を得てきました。

具体的には転職エージェントは内定者の年収の1/3を報酬として病院に請求しています。

年収1,500万円の医師の場合は500万円を採用費として転職エージェントに支払う必要がありますが、病院としては採用が成功したときの支払えばよいため確実に採用でき人気があります。

このような医局の弱体化と転職エージェントの便利さから医師の転職は転職エージェントの活用が一般化してきています。

ところで転職先の選び方に困っていませんか?

次は、医師が狙うべきフィールドについて解説します。

これからは精神科医が穴場

医師としてこれから需要が多く、仕事に困らないフィールドとして精神科医が穴場となってくるでしょう。

筆者もかつて精神科医を産業医として探していましたが既に医師を見つけることが難しく難航した経験があります。

精神科医がおすすめな理由は次の2つがあります。

  • 先行き不透明さが増す社会情勢で精神的な不安を抱える患者数が多い
  • 意外と少ない精神科医

それぞれについて解説します。

先行き不透明さが増す社会情勢で精神的な不安を抱える患者数が多い

新型感染症の流行などで不透明さが増す社会情勢で精神的な不安を抱える患者数が多くなっています。

日経新聞によると新型感染症が流行している影響でうつ病にり患してしまう方が増えているようです。

参考:コロナうつで初の実態調査 厚労省、1万人規模|日本経済新聞

不安な時代だからこそ精神科医が活躍するフィールドは大きくなっています。

意外と少ない精神科医

ニッセイ基礎研究所によると精神科医は増加傾向にはありますが、医師全体で見ると5.4%しかいません。

参考:精神医療の現状(前編)-「世界没落体験」とは何か?|ニッセイ基礎研究所

まだまだ人数が少ないのが現状です。

筆者もかつて産業医を探していましたがメンタルヘルス対策のできる産業医さんを探すことが難しく半年近く時間がかかってしまった経験があります。

これから働く人のメンタルを支える必要性がますます増えるので精神科医を目指すことは良いことではないかと考えています。

まとめ

今回は、医師におすすめの転職エージェントについて解説しました。

特に本文中でも紹介した以下の転職エージェント3つはおすすめです。

  • おすすめ1:産業医求人ならマイナビDOCTOR
  • おすすめ2:求人数を重視するならリクルートドクターズキャリア
  • おすすめ3:実績重視ならエムスリーキャリアエージェント

医局の弱体化などの様々な要因で転職エージェントが非常に強大化しているため、もしもあまり良い求人がないと嘆いている医師の方は転職エージェントを活用するようにしてみてください。

この記事を書いた人

髙橋弘樹

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

更新日:

-転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職