転職エージェント

コンサルに強い転職エージェントはどこ?裏事情から分かる選び方の極意

更新日:

コンサルとして転職するにあたり

「コンサル転職に強い転職エージェントはどこ?」

「コンサル転職で知っておくべきことがあれば知りたい」

「未経験からコンサル転職するにはどのエージェントがおすすめ?」

と考えていませんか?

筆者は10年ほど企業の採用担当として数十社以上の転職エージェントと付き合ってきました。

その経験からお伝えするとコンサルで転職しようと考えている方はハイクラス向けの転職エージェントを選びましょう。

なぜならコンサルの転職者は高年収の傾向があり、転職エージェントも非常に力を入れいている職種のためです。

高年収であれば転職エージェントが企業から受け取る紹介料も高くなるためコンサルタントの求人を多く保有していますし丁寧にサポートしてもらえます

この記事を読めば、コンサルに強い転職エージェントを知ることができます。

よりよい転職をしたい方はぜひ一読してください。

コンサルの転職に強い転職エージェント5選

「コンサルの転職に強い転職エージェントはどこなのだろうか」と気になりませんか。

コンサルには様々な分野があり

  • 事業戦略
  • ITコンサル
  • 人事コンサル

などがありますがハイクラス向け転職エージェントがおすすめです。

なぜならコンサルタントの年収は高いため求人がハイクラス向け転職エージェントに集まるためです。

転職エージェントは転職した方の年収の1/3(33%)を企業から受け取るビジネスモデルです。

年収が高ければ高いほど転職エージェントの収入が良くなるため必死に求人紹介をします。

つまりコンサルタントの転職者は手厚い転職支援を受けられるため転職エージェントは上手く活用することが転職成功のコツとなります。

コンサルの転職に強い転職エージェントとして、以下の5つがあります。

  • おすすめ1:JACリクルートメント
  • おすすめ2:ランスタッド
  • おすすめ3:キャリアカーバー
  • おすすめ4:ビズリーチ
  • おすすめ5:エンワールドジャパン

それぞれについて解説します。

おすすめ1:JACリクルートメント

JACリクルートメントはコンサルタントの転職に非常に力を入れており、おすすめの転職エージェントです。

ハイクラス向けの求人が多く、監査法人の求人などを扱っており、求人数が多いためです。

コンサルティング業界専門の転職コンサルタントも在籍しており、万全のサポートを受けることができます。

>JACリクルートメントに登録してハイクラス求人を見る

おすすめ2:ランスタッド

ランスタッドはコンサルタントの求人紹介をしており、ITコンサルタントを目指す方におすすめです。

特にランスタッドはIT領域のコンサルタントの転職支援に力を入れているためです。

IT領域のコンサルタントに興味のある方はぜひ、ランスタッドに登録してみましょう。

>ランスタッドでITコンサルタント求人を探す

おすすめ3:キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営する転職エージェントであり、コンサルタントでの転職を検討している方におすすめです。

キャリアカーバーは年収が非常に高く最低年収800万円以上の求人紹介に特化しているためです。

最低年収が800万円からということでまさに外資系コンサルティングファーム等の用意している年収帯ですね。

>キャリアカーバーに登録する

おすすめ4:ビズリーチ

ビズリーチは職歴を登録しておくことでスカウトがもらえる転職サイトです。

転職エージェントには求人を出していない企業も多くあるため意外な企業から好待遇の求人が届くことも少なくありません。

特にコンサルティング業界に在籍していなくとも、コンサルティング業界から需要のある業界で高い実績を収めていればスカウトされる可能性もあるのでぜひ登録してみましょう。

>ビズリーチでスカウトを待つ

おすすめ5:エンワールドジャパン

エンワールドジャパンはコンサルティング業界への転職希望者におすすめの転職エージェントです。

エン転職のグループ企業であり、コンサルティング業界専門の転職コンサルタントを設置するなどして力を入れているサービスがエンワールドジャパンであるためです。

コンサルティング業界への転職を考えている方はぜひ活用してみましょう。

>エンワールドジャパン

次は、未経験からコンサルへ転職する方法を紹介します。

未経験からコンサルへ転職するならIT業界の企画営業がおすすめ

未経験からコンサルへの転職は意外と多くの事例があります。

コンサルティング業界の主な原資は「人材」となり、コンサルティング事業の拡大には人が必要なためです。

一方で転職業界を見渡したときに経験者は限られており、どうしても未経験からの採用が必要となっているためです。

ただし、年齢としては30代半ばまでが限度でしょう。

40代以降となってくると極端にコンサルへの転職事例が減ります。

20代・30代の方は積極的にコンサルへの転職を検討してみましょう。

JACリクルートメントがおすすめです。

もし、「未経験からコンサルへの転職は勇気がでない・・・」と考えている方はIT業界の企画営業がおすすめです。

企画営業とは自社の事業をもとに協業できそうな企業へ提案・推進をしたり、既存顧客とより大きな取引ができるように企画・提案・実施をする職種であり、コンサルタントに近い仕事となっているためです。

未経験でも募集しており成長産業であるIT業界のため成果も出しやすくコンサルへとキャリアアップすることがしやすくなるでしょう。

未経験から企画営業に転職するにあたってはワークポートという転職エージェントが非常におすすめです。

ワークポートはIT系企業に対して人材紹介を行ってきたIT系人材紹介の老舗であり、企画営業の求人も多くあるためです。

コンサルティング業界へ転職するための実績を積みたいと考えている方はぜひワークポートを活用してみましょう。

ところでコンサル転職にあたり転職エージェントを利用する理由はなぜでしょうか?

コンサルならではの事情があるため次で解説していきます。

コンサルで転職するには転職エージェントは利用必須

コンサルで転職するには転職エージェントの利用は必須となります。

以下のような理由があるためです。

  • コンサルは労働集約型ではないため年収交渉をしやすい
  • 年収が高いため転職エージェントの本気度が高い
  • 効率重視で採用活動をしているためサイトには求人が出ない
  • 求人を網羅や客観的な提案をもらうためには複数の転職エージェント利用は必須

それぞれについて解説します。

コンサルは成果報酬型の仕事のため年収交渉をしやすい

コンサルは成果報酬型の仕事のため年収交渉をしやすいです。

コンサルは何時間働いたかよりもどれだけ成果を出せたかで給与が決まるためこれまで実績があれば年収がアップする確率が高まるためです。

これまで在籍した会社で何らかの成果を出せている方はぜひ、転職エージェントに年収交渉をしてもらいましょう。

年収が高いため転職エージェントの本気度が高い

コンサルの転職は年収が高いため転職エージェントの本気度が高いです。

転職エージェントは企業に人材を紹介して、内定した人材の年収の1/3(33%)を企業側から受け取るという収益構造になっているためです。

年収が高ければ高いほど利益率が高くなり、転職エージェントも力を入れることになります。

年収1,000万円の人材を紹介すれば330万円もの利益が出ますが、年収300万円の人を紹介しても100万円にしかなりません。

一般的な転職の3倍以上の利益が上がります。

外資系コンサルティング業界は年収1,000万円を超える人材が存在するため、力を入れるほど儲かるということですね。

そのためコンサルの転職者は手厚いサポートを受けることができます。

少しでも多くの転職エージェントに相談し多くのサポートをもらうことがおすすめです。

効率重視で採用活動をしているためサイトには求人が出ない

コンサルティング会社は基本的に効率重視で採用活動をしているため、転職サイトなどには求人が出ない傾向にあります。

いちいち転職サイトに求人掲載を依頼して応募者を集めて面接するという工程を省き、転職エージェントに最適な人材を紹介してもらった方が効率的なためです。

特に年収が高く人数が少ないポジションほど転職エージェントを活用することになるため、コンサルティング業界に行きたいという方には転職エージェントの利用を強くおすすめします。

求人を網羅や客観的な提案をもらうためには複数の転職エージェント利用は必須

求人を網羅し、客観的な提案をもらうためには複数の転職エージェント利用は必須です。

もしも転職エージェントを1社しか活用していないと、求人紹介される業界が偏るだけではなく相性の悪い転職エージェントが担当になった場合は転職の意欲ごとなくなる可能性もあります。

たった1社の転職エージェント利用ではリスクがあります。

複数の転職エージェントを出来る限り利用して、転職成功をさせるようにしましょう。

ところで「コンサルティングファームにはどんな種類があるの」と気になりませんか。

次は、コンサルティングファームの種類について解説します。

コンサルティングファームによって得意な領域は異なる

コンサルティングファームによって得意な領域は異なります。

全ての領域をカバーしているコンサルティングファームも存在していますが、人数を多く抱えている大手のコンサルティングファームでなければすべてをカバーすることは難しいためです。

詳しくは下図がわかりやすため参考にしてください。

参考:コンサルティング業界|ムービン

ここでは次の領域について紹介していきます。

  • 戦略コンサルタント
  • IT系コンサルタント
  • 人事コンサルタント
  • 財務コンサルタント

戦略コンサルタント

戦略コンサルタントは企業のM&Aやマーケティング戦略などのコンサルティングをする仕事です。

企業の弱みや強みを分析したり、M&Aを行って企業の成長をさらに促進したりといったこれから企業が生存していく上では欠かせないことを手伝います。

コンサルタントの腕によってM&Aの成否が変わるなど非常に重要な仕事です。

IT系コンサルタント

IT系コンサルタントはITを駆使して業務改善を行うことを得意としています。

IT系コンサルタントの魅力はITによって効率化を劇的に行えるところです。

業務フローを可視化しITで改善できる余地を見つけ提案していきます。

企業の生産性の根本的な部分を改革することもでき、目に見えて改善成果が出やすいため、自分の仕事の成果を目にしたいという方に非常におすすめです。

人事コンサルタント

人事コンサルタントは企業の人材に対する教育・研修・給与・年金(福利厚生)などに関するアドバイスを行います。

人事部門の抱える悩みを解決することに尽力することになるため、人事部門の経験が活きる分野です。

研修だけ外注するライトなものから給与システムの改善まで様々な仕事があります。

財務コンサルタント

財務コンサルタントは企業の会計などの財務に関するコンサルティングを行います。

具体的にはM&Aへのアドバイスや、資金調達、業務プロセスの改善などを行います。

特に企業で経理の仕事に精通している方などは知識があるため未経験でも挑戦しやすいです。

まとめ

今回は、コンサルティング業界への転職でおすすめの転職エージェントを紹介しました。

コンサルの転職に強い転職エージェントとして、以下の5つがあります。

特に本文中でも解説しましたが、基本的にはハイクラス向けの転職エージェントを活用することがおすすめです。

外資系コンサルティングファームなどは給料が高いため転職エージェントの取り分が多く転職エージェントが前向きに取り組んでいる職種です。

また、採用効率の問題もあり転職サイトよりも転職エージェントを活用する傾向にあります。

転職エージェントを活用し、積極的に転職活動を行うようにしましょう。

-転職エージェント

© 2021 しごとウェブ転職